いとこ同士の子。 いとこに恋愛感情を抱くのはアリ!? 結婚がタブー視されるのはなぜ?|「マイナビウーマン」

いとこに恋愛感情を抱くのはアリ!? 結婚がタブー視されるのはなぜ?|「マイナビウーマン」

いとこ同士の子

いとこ同士の結婚は法律上問題ない? いとこ同士の結婚は法律上、問題ありません。 民法の第734条に「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻することができない。 」という表記があります。 直系血族というのは、自分の直系関係にあたる人のことで、父母、祖父母、子、孫などです。 傍系血族は、同じ先祖から分かれた血族のことで、同じ父母から生まれた兄姉弟妹、同じ祖父母の血族である叔父、叔母、甥、姪、従兄弟姉妹などです。 従兄弟は傍系血族に入りますが、四親等以降であれば結婚することができます。 兄姉弟妹は二親等、叔父叔母、甥と姪は三親等で結婚することはできません。 問題の従兄弟姉妹は四親等なので普通に結婚できます。 いとこ同士の結婚に賛成派の意見 では、いとこ同士の結婚に賛成派の意見をみていきましょう。 幼馴染と一緒• 漫画のようで素敵• いとこ婚の人が周囲に居るから気にしない 続いて、いとこ同士の結婚に賛成派の意見を、それぞれ詳しくみていきます。 血のつながりがあるからこそいとこという関係ですが、血のつながりが無ければ幼馴染のような関係だと言えます。 そのため、血のつながりはありますがいとこ同士であっても幼馴染の様な関係だと捉える人も居て、幼馴染同士の結婚と同じように考えるようです。 実際、小さい頃から一緒に過ごしている異性は大きくなるにつれて異性ではなく家族という認識になり、幼馴染同士でも恋愛関係になるのは難しいもの。 さらに血のつながりがあるいとこ同士だとなおさら家族の様な関係になりがちですが、そんな中で大切に恋心を育んできたいとこ同士の2人はとてもピュアな恋をしているのかもしれません。 実際、義理の兄が義理の妹に恋をする漫画などがありますし、そのように捉えることはおかしいことではありません。 自分の身近にない珍しいことなので、いとこ同士の結婚に関してドラマティックで素敵なものだと感じる人も居ます。 実は、祖父母の時代までは結構メジャーなことでした。 そのため、祖父母がいとこ同士での結婚だったりすることも。 そのような人が周囲に居るといとこ同士の結婚であっても、普通に祝福してくれるでしょう。 また、実際にいとこ同士で幸せそうな夫婦生活を送っている夫婦を実際に見ているのでいとこ同士の結婚を否定することはなく、普通の血縁同士の無い人同士の結婚のように受け入れてくれます。 いとこ同士の結婚に反対派の意見 では、いとこ同士の結婚に反対派の意見をみていきましょう。 血縁関係に抵抗がある• 子供への影響を考える• 親の兄弟仲に影響する可能性もある 続いて、いとこ同士の結婚に反対派の意見を、それぞれ詳しくみていきます。 そのため、いとこ同士の結婚が法律で認められているとはいえ、近親相姦に思えて受け入れられないという人も居ます。 実際、幼い頃から親戚付き合いをしていたいとこを恋愛対象に見ることができないという人は多いです。 そのため、いとこ同士の結婚を受け入れられないのは、その人の価値観なのでしょうがないことなのかもしれません。 いとこ同士の結婚は近親婚であり、子供が重篤な病気を持って産まれてくる確率が高いと言われているからです。 また、実際にいとこ同士で結婚している人が身近におり、その夫婦の子供の間に遺伝病を心配する人が多いのも事実。 産まれてくる子供のことを考えて冷静になるべきだという観点から反対する人も居るでしょう。 そのため、血縁関係の全くの無い夫婦での普通の夫婦喧嘩がいとこ同士の夫婦喧嘩の場合、すぐ親に伝わってしまいます。 親が喧嘩に入ってきて仲裁されてしまうと、夫婦同士で本音をぶつけることができずに不完全燃焼で終わってしまい、結果的に不完全燃焼で終わってしまうことも。 二人できちんと話ができず、結果的にそこから溝ができてしまう可能性もあるので注意が必要です。 いとこ同士が結婚するメリット では、いとこ同士が結婚するメリットをみていきましょう。 小さいころから知っているからギャップが無い• 嫁姑関係が上手くいく• 実家に帰りやすい 続いて、いとこ同士が結婚するメリットを、それぞれ詳しくみていきます。 また、幼い頃から家同士で行き来があるため、 お互いの性格を熟知しているために結婚後、お互いにギャップを感じて喧嘩をするということがありません。 例えば、よく話に聞く味噌汁の味付けや卵焼きの味付けなどがお互いの家の味が異なっていたために、結婚後初めての喧嘩になったという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。 しかし、いとこ同士であれば幼い頃からその家の行き来があるので味なども理解できるので、そのような細かいところのギャップで喧嘩することがありません。 他にも、小さいころから共有してきた思い出話に花を咲かせたりすることもできます。 しかし、いとこ同士で結婚すれば姑は叔母もしくは伯母であり、小さい頃から付き合いがあるので 嫁姑関係で揉めるということはありません。 むしろ、いとこ同士の行き来が多かった場合は、姑である叔母もしくは伯母も自分の子供の様に姪っ子を可愛がっていれば嫁姑関係は円満に進むでしょう。 ただ、あまりに距離が近すぎると姑や舅に言いたいことを言えなかったり、親同士が兄弟なので本人に注意をせずに直接、親に注意が行く場合があるので注意しましょう。 しかし、いとこ同士であればお互いの家を知っているどころから、幼い頃から親戚として可愛がられて来たので妻が実家に帰ると言っても夫は素直に受け入れてくれるでしょう。 また、お互い義実家に行くということは普通の夫婦であれば少し気まずいですが、いとこ同士であればお互いホームに帰れるような安心感があるので、 実家訪問もお互いに苦痛に感じることがないのもいとこ同士の結婚の良いポイントです。 いとこ同士が結婚するデメリット では、いとこ同士が結婚するデメリットをみていきましょう。 周囲の目が気になる• 離婚しづらい• 成人後の精神障害の心配 続いて、いとこ同士が結婚するデメリットを、それぞれ詳しくみていきます。 また、そのことから両親からの反対を受ける可能性もあり、二人の結婚まで茨の道を歩く可能性も。 また、 世間的に近親婚はタブー視されているので、いとこ同士で結婚していることが分かると急に距離を置かれてしまったり、奇異の目で見られたりと、思わぬ差別に心が傷ついてしまうことも。 しかし、二人が理解してもらう為に動けばきっと周囲は分かってくれます。 直ぐに理解してもらうのは難しいので、長い目で見て周囲との理解を深めていきましょう。 通常であれば、双方の話し合いなどで別れることができますが、いとこ同士となると親族間のトラブルとなるので親戚を巻き込んで泥沼化することも。 また、普通の夫婦の場合であれば離婚した後はお互いが会う機会を作らなければ会うことはありません。 しかし、いとこ同士となると結婚式や葬式、法事など親族が呼ばれるイベントの度に顔を合わせることになり、お互い気まずい気分を味わうこととなります。 イギリスのクイーンズ大学のベルファスト公衆衛生センターの研究によると、いとこ同士で結婚したカップルから生まれた子供は成人後、血縁関係のないカップルの子供に比べて、抗不安薬や抗うつ病の薬を処方される確率が3倍以上あるという結果が出ています。 必ずしも、成人後に精神障害になるということはありませんが、その確率は通常の 血縁の無い夫婦の子供よりも高くなるということも頭にいれておきましょう。 いとこ同士で結婚すると子供はどうなる? では、いとこ同士で結婚したときの生まれてくる子供についてみていきましょう。 子供を産めないわけではない いとこ同士で子供は産めますが、 いとこ同士で生まれた子供はいわゆる「血が濃い」と言われています。 いとこ同士の子供は、タブー視されがちですがその原因はこの「血が濃い」ことが原因です。 何故なら、血縁関係のない夫婦の間に産まれた子供に比べていとこ同士の夫婦の間に産まれた子供は、遺伝病などなんらかの障害を持って産まれてくる確率が高いという研究結果があるからです。 しかし、子供が産めないというわけではありません。 遺伝病に注意 そもそも遺伝病とは、 染色体や遺伝子に異変が起こって起きる病気のことを言います。 両親から病気になる遺伝子を子供が受け継ぐことによって発症する病気です。 両親は変異が全くないにも関わらず、突然変異などによって生じるので、両親に全く異常が無くても子供にでてしまう可能性もあります。 遺伝病の割合 いとこ同士の夫婦の子供は遺伝病と呼ばれる障害を抱えて産まれてくる確率が約10%と言われています。 全く血縁関係のない夫婦の子供でも世界的に見て1%の割合で何らかの障害を持って産まれてくると言われますが、それと比べると約10倍も高くなるのです。 例えば、1万人に1人発症する遺伝病がいとこ同士の結婚の場合だと1500人に1人の割合で発症します。 いとこ同士の結婚だと、両親の両方に遺伝子病となる原因を保有する遺伝子を持っているので、遺伝子病の発症割合が高くなるのです。 孫世代以降に影響が出る場合も いとこ同士の結婚でよく子供の遺伝病に目が行きがちになりますが、実は孫世代以降に影響が出る場合も。 遺伝病には、血友病や赤緑色覚異常など、X染色体に異常のある遺伝子がある場合に発症する遺伝病があります。 女性の場合、染色体はXXの組み合わせですが、男性はXYの組み合わせなので 男性側の方が遺伝病の発症率が高いです。 いとこ同士の結婚で生まれた子供が女の子の場合、遺伝病が発症しなかったとしても、遺伝病が組み込まれたX染色体が孫の世代に遺伝した場合、その男の子に発病する可能性があります。 発病しなくてもしっかりと遺伝病の遺伝子が次世代へと遺伝していき、孫世代以降に影響がでてくることもあるので、覚えておきましょう。

次の

遺伝相談

いとこ同士の子

傍系について詳しく知りたい方はこちら また、世代は「自分」と同じになりますので、家系図上では「自分」と同じ高さの続柄となります。 従妹の漢字の意味 従妹とは 「自分から見て年少の女性のいとこ」という意味を持っています。 そのため「妹」という漢字が入っているのですね。 従妹から見た自分 自分から見て「従妹」になるということは、「従妹」からみると自分の続柄はどのようになるでしょうか。 この場合は、自分の性別によって次のように分かれます。 自分が男性であれば「従兄」• 自分が女性であれば「従姉」 従妹の別の漢字表記 「いとこ」には従妹以外にも別の漢字表記がいくつかあります。 そして、それぞれの漢字に意味が備わっています。 「いとこ」の漢字の種類を全て確認してみましょう。 漢字の種類 自分から見た1人の「いとこ」を表す漢字• 自分から見て年長の男性の場合は「従兄」• 自分から見て年少の男性の場合は「従弟」• 自分から見て年長の女性の場合は「従姉」 自分から見た2人の「いとこ」を表す漢字• 男性同士のいとこ関係を「従兄弟」• 女性同士のいとこ関係を「従姉妹」• 男女同士のいとこ関係で、男性が年長の場合を「従兄妹」• 男女同士のいとこ関係で、女性が年長の場合を「従姉弟」• 男女同士のいとこ関係で、どちらも年長の場合を「従兄姉」• 男女同士のいとこ関係で、どちらも年少の場合を「従妹弟」• いとこを総称して呼ぶ場合を「従兄弟姉妹」 漢字の種類が多い理由 なぜこんなにもたくさんの漢字があるのでしょうか。 その理由は日本の歴史にあります。 現代ではいとこ関係が複雑になることはあまりありませんが、昔の日本はそうではありませんでした。 明治~昭和の時代では養子縁組が頻繁に行われ、10人兄弟が珍しくありませんでした。 そうすると、いとこの数が非常に多くなってしまいます。 お互いの関係や年齢・性別を分かりやすく文章として伝えるために、いとこの漢字はこれだけの数になったというわけです。 従妹は親族? 法律上、従妹は親族にあたるのでしょうか。 民法では親族の定義を以下のように定めています。 【民法】 第4編「親族」 第1章「総則」 (親族の範囲) 第725条 次に掲げる者は、親族とする。 一 6親等内の血族 二 配偶者 三 3親等内の姻族 上記を確認すると、親族の定義に「6親等内の血族」という文言があります。 先ほど解説をしたように、 従妹は4親等の傍系血族となりますので親族に該当していることが分かりますね。 従妹と結婚することは出来る? 「従妹と結婚することは出来るか」という問題ですが、 従妹と結婚することは出来ます。 民法では、近親者の婚姻の禁止として以下を定めています。 【民法】 (近親者間の婚姻の禁止) 第734条 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。 この条文によると、「直系血族」と「3親等内の傍系血族」の間では結婚をすることが出来ないことがわかります。 従妹は4親等の傍系血族となりますので、結婚することが出来るという事ですね。

次の

「従妹」とはどんな続柄?行政書士が家系図で解説!

いとこ同士の子

15 pt 具体的な劣性遺伝病を調べてみました。 常染色体性劣性遺伝病として、 代表的な例として知られるるのは、 全身白子、先天性魚鱗癬、テイ. だそうです。 また、 の「7. いとこ婚は良くないか」という項目も参考になるかもしれません。 日本では全身白子、ウェルナー症候群の両親の約半数がいとこ婚、日本人に多い小口病 夜盲 は44%、フェニルケトン尿症は35%、Dubin-Johnson症候群は33%、先天性進行性筋ジストロフィー症は14%がいとこ婚から生まれている 文献2。 1983年時点で日本のいとこ婚率は1. 15 pt 皆さんから、いろいろ情報が紹介されているようですので、私は解説を。 遺伝による病気は、親から子へと伝わる遺伝子に原因があるわけですが、人間は両親から約3万ずつの遺伝子を受け取ります。 つまり3万ペアの遺伝子をもってスタートするわけです(男性には、一部ペアになっていない例外あり)。 さて、約3万の遺伝子のひとつがABO式血液型を決める遺伝子で、この遺伝子を手がかりに解説してみましょう。 ABO式血液型を決める遺伝子には、「A・B・O」の3つのタイプがあります。 このように同じ遺伝子のタイプの違いを「対立遺伝子」といいます。 約3万の遺伝子の中には、タイプが1種類しかないもの(人類全員が同じものを2個もつ)もあると考えられていますが、タイプが2つ、3つのもの、そして、数十個のタイプがあるものも存在します。 遺伝病の原因遺伝子も、何かの遺伝子のタイプの1つ(対立遺伝子の一つ)というわけです。 さて、両親から1個ずつもらってペアになったときに、AA・BB・OOというように同じタイプがペアをつくる場合(「ホモ」といいます)と、AO・BO・ABのように異なるタイプがペアをつくる場合(「ヘテロ」といいます)がありえます。 そして、「ヘテロ」のときに表面に現れるタイプを「優性」、隠れるタイプを「劣性」といいます(生存に有利不利という意味ではありません)。 たとえば、AOというヘテロの人はA型に、BOというヘテロの人はB型になるのは、AとBがOに対して優性(AとBは優性遺伝子)であり、OがAとBに対して劣性(Oは劣性遺伝子)だということです。 遺伝病にも、優性の病気と劣性の病気があり、優性の遺伝病はペアの1個が原因遺伝子でも発病します。 この場合、誰がその原因遺伝子をもっているか明白なので、非近親婚と近親婚のリスクの違いを問題にすることがないのです。 劣性の遺伝病の場合、原因遺伝子がペアを作った場合にだけ発病します。 理屈としては、ABO式血液型でOOの人だけがO型になることと同じです。 この場合、発病している人は2個とも原因遺伝子ですから、必ず子に原因遺伝子を伝えます。 一方、原因遺伝子を1個も持たない人は子に原因遺伝子を伝えないので、両親の一方でも原因遺伝子を持っていない場合、子に病気が出ることはありません。 つまり、劣性の遺伝病において、両親が患者ではないのに子が病気になるのは、両親が原因遺伝子を1個持つ(こういう人を保因者といいます)の場合ということです。 これは、ABO式血液型でいうと、A型(AO)とB型(BO)のカップルにO型(OO)の子が生まれる場合に相当します。 ここで、注意しなくてはならないのは、A型(AO)とB型(BO)のカップルにO型(OO)の子が生まれる確率は1/4ですが、これは劣性遺伝病が子に現れる確率とは関係がないということです(正確に言えば、カップルの両方が、同じ劣性遺伝病の原因遺伝子を1個持つ保因者である場合に、子に病気が現れる確率が1/4になります)。 実は、近親婚のリスクを考える場合には、この「優性」「劣性」のほかに、集団の中に各タイプがどれぐらいの率で存在するか(これを「頻度」といいます)が重要です。 たとえば、日本人の場合、A型の人が一番多いのですが、遺伝子ではOが一番多く55%、Aが28%、Bが17%です。 それに対して、劣性遺伝病の原因遺伝子は、人類集団において頻度が低い場合が多いのです。 わかりやすくするために、ある劣性遺伝病(Rとよびましょう)の原因遺伝子が1/100、正常遺伝子が99/100としてみましょう。 すると、ランダムに選び出した人が保因者である(この原因遺伝子を1個もっている)確率は、理論的に計算すると、約2/100(=1.98/100)です。 近親婚では、たとえばイトコ婚の場合は、祖父母のうち2人が共通ですから、仮に共通の祖父母の片方がRの原因遺伝子を持っていた場合、二人がともに保因者となっている確率は、非近親婚の場合よりも高くなります(理論計算は省きます)。 しかし、共通の祖父母がRの原因遺伝子を持っていない場合には、逆に、非近親婚の場合よりも低くなります。 そして、この両方の場合を含めて、原因遺伝子の頻度に基づいて、理論的に発病する確率を求め、これが非近親婚に比べて何倍なのかという形で「リスク」を示しているのです。 さらに、人間の約3万の遺伝子のうち、劣性の遺伝病の原因遺伝子が対立遺伝子として存在しているものがいくつあるかは明らかではありませんが、かなりあると予想されています。 そして、すべての人間が、何らかの遺伝子については、遺伝病の原因遺伝子をもつと考えられます。 非近親婚の場合、カップルの一方が原因遺伝子をもつ遺伝子と、他方が原因遺伝子をもつ遺伝子が異なっている、たとえば男性はRの原因遺伝子をもつが、女性はもたず、女性は別の遺伝病Tの原因遺伝子をもつが、男性はもたない。 こういう状況になりやすいと予想されているのです。 近親婚の場合、共通祖先から同じ病気の原因遺伝子が伝わっている可能性(上述のように、あくまで可能性です)があり、その分、リスクが高くなるわけですが、もともと人間集団に非常に低い頻度でしか存在しない病気の原因遺伝子であれば、共通祖先がもともともっていない可能性が高く、人間集団に比較的高い頻度で存在する病気の原因遺伝子であれば、共通祖先がもっている可能性が高くなるということです。 これは、aiainaさんが指摘されているように、近親婚が非近親婚に比べて「リスクが高い」という場合に誤解を生みやすくなる原因です(もともと滅多にない病気では、近親婚と非近親婚の差が大きくでる)。 近親婚のリスクについては、生物学の中でも、非常に理解しにくく誤解が広まっている事項です。 ネットで検索していても、不正確な議論が横行しています。 私の友人からの相談であれば、遺伝子カウンセリングを受けることを勧めます。 (ここの遺伝子カウンセリングをとくに薦めるわけではありません。 一例として紹介するだけです).

次の