封筒 御中。 「行」「宛」「御中」「様」に担当印、返信用封筒のマナーを知ろう

「御中」と「様」の違い・使い分け方法・書き方|封筒/履歴書

封筒 御中

会社宛てに封筒を送る時の宛名の書き方はどう書くのが正解でしょうか? 会社へ封書を出す時の宛名は「御中」かそれとも「様」でいいのかマナー違反にならないよう正しい書き方を確認しましょう! 社会人ともなると、プライベートの場合や仕事関係で会社に手紙や封書を出すことがありますよね。 しかし、今まで書いたことがなく、いざ書くことになると意外と悩んでしまうのが宛名の書き方ではないでしょうか? 個人宛てに出す場合にはもちろん「様」などをつけますが、会社など団体へ出す時には宛名はどのように書いたらいいのでしょうか。 そして会社に出す封筒の宛名の書き方はどうすればいいのでしょうか? 目次• 会社へ封書を出す時の宛名は御中を使う?• 会社の宛名に様をつけてもいいの?• まとめ スポンサードリンク 会社に封筒を送る時の宛名の書き方とは? 会社に封筒を出す時の宛名の書き方はどう書くのが正解なのでしょうか? 会社に封筒を出す時、やはり細かい書き方もできるだけ丁寧に書きたいですよね。 封筒には和封筒と洋封筒がありますが、和封筒から見ていきたいと思います。 和封筒の場合• まず郵便番号は枠内に書いたら住所を郵便番号の一番右の一文字開けたあたりから書き出します。 番地などの数字はすべて漢数字で書きます。 次に住所の2文字当たりの高さから会社名を書き出します。 会社名を一行目に書いたら一文字下げて所属部署を書きます。 もしも所属部署が短くて済む場合には、一行目に一文字空けて続けて一行で書いてもかまいません。 そして次に会社名と同じ高さで宛名を書くわけですが、役職がある場合、4文字までは名前の上に書き、5文字以上は名前の右に小さめの文字で書きます。 そして自分の住所は封筒の裏の郵便番号に合わせて封筒に左側に書きます。 洋封筒の場合 次に洋封筒です。 洋封筒の場合は、縦書きにしても横書きにしてもかまいません。 では横書きに書く場合を見ていきましょう。 まず、郵便番号は縦型に書かれていたらそこに番号を書きます。 そして横にし、住所は二文字ほど開けたところから書き出します。 二行になる場合には、二行目は一行目の二文字目の位置から書き始めます。 そして次に会社名ですが、会社名は一行目の住所の二文字目あたりから書き出します。 部署名があり、長くなる場合には二行目に一文字空けて書き出します。 そして役職名は4文字までは名前の上に書き、5文字以上は名前の上に小さめの痔で書きます。 裏書は封じ口の下に、郵便番号の左端にそろえて書きます。 会社の誰に読んでもらうか特に決まっていない場合• 担当者の名前がわからない場合 などに「御中」を使います。 この場合の宛名には 個人名が入らず、会社の名前だけの宛名になっている手紙を出す場合に「御中」をつける必要があるのです。 会社の宛名に様をつけてもいいの? 会社名の後に時々「様」を付けているものを目にします。 確かにあまり「御中」という言葉が耳慣れない場合にはついつい他と同じように「様」と書いてしまいがちです。 会社の中には会社内のルールで「様」をつけているところもなくもないようですが、あくまでそれはローカルなルール。 一般常識で言えば、やはり「御中」が間違えありません。 ただ、御中をつけるのは読んでもらう相手が確定されていない場合のみです。 相手がわかっている場合には「様」を使います。

次の

「係」につけるのは「御中」?「様」?正しい宛名の書き方と消し方

封筒 御中

係と書いてある宛名を見かけるのはこんな時 「〇〇係」と書いてある封筒は、社会人以外の人でも見かけたことがあるでしょう。 では、「〇〇係」という宛名は、どんなケースで見られるのでしょうか。 就職活動における応募書類の送り先 今現在社会人として勤務している人は、就職活動や転職活動の際に履歴書や職務経歴書を郵送したことがあるでしょう。 その時に企業の規模が大きければ大きいほど 「採用担当係」があるはずです。 就職活動や転職活動を経てきた社会人なら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。 招待状などに同封された返信用ハガキ 祝賀会、同窓会…このような集まりの招待状を受け取ったことがある人は多いはずです。 招待状には、返信用のハガキが同封されています。 また、通信教育の添削のために出す封筒にも返信用封筒を用いることがあります。 学校に送る願書等書類の返信用封筒 高等学校、専門学校、大学を受験する際に受験先に送る願書等の書類を送る際にも「係」が使われているのをご存じでしょうか。 具体的には、 「願書受付係」というように「係」という言葉が使われています。 懸賞への応募は、近年ではインターネットやSNSのリプライなどでも受け付けているものもありますが、今だに食料品についている懸賞では郵便での受付が多いのです。 それとも直さずにそのまま出してしまってもよいのでしょうか。 郵便局では、 郵便番号と住所が確認できれば、郵送するのに十分なのです。 宛名を正しく書けば恥をかかない 宛名を正しく書くことは、ビジネスマナーの一環であり、これができていることが前提である企業も多いものです。 特に事務職の場合は、 宛名を直して郵送するという作業は必ず発生するでしょう。 事務職以外でも、取引先からの返信用封筒を社員が出すという場面はよくあります。 このような時にも正しく宛名を直すことができれば、恥をかくことはありません。 反対に、宛名を正しく直せない場合は、「これ誰が出したの?」と送付先で笑われてしまう可能性もあります。 そこで、正しい直し方、消し方について紹介します。 消し方は、 縦書きの場合は「行」という文字の中央から 縦に二重線を引くのです。 この時、フリーハンドでも問題はありませんが、定規を使うとよりていねいな印象を与えることができます。 また、縦に二重線を引く場合は、 2本の縦線が並行になるように気を付けましょう。 2本の線の角度がバラバラだと、送り先に雑な印象を与えてしまうかもしれません。 この時も、縦書きの時と同様、2本の線は並行になるように気を付けましょう。 また、「係行」のうち、 「係」には二重線を引かないので、間違って一緒に消してしまわないようにしなければいけません。 二重線を引く時には、 定規を使って線を引くと、二重線の長さを測りながら引くことができるので、2本の線の長さが等しくなり、さらにていねいな印象を与えることができます。 二重線で消した後に御中を加筆する 縦書きでも横書きでも、二重線で「行」という文字のみを消したら、 その隣もしくはその下に「御中」という言葉を付け足します。 御中とは、宛名が誰かの個人名ではない場合につける言葉です。 「〇〇係」とある以上、個人ではありませんから、この場合は「行」を消して「御中」を書き添えます。 御中をつけるのはこんな時 〇〇係と書いてある よく懸賞などのプレゼント応募で見かけるのが「プレゼント係」「懸賞係」などの「〇〇係」という言葉です。 この場合、その企業の中で、プレゼントや景品を送付する担当者が複数名いて、一つの部署として成り立っています。 御中という言葉の性質上、相手が個人ではない時に使用しますから、「〇〇係」とあれば、 「個人ではないから、御中を付ける」という考え方で上記のように 「二重線+御中」で修正します。 送り先が〇〇部、〇〇課 就職活動で出会うのが初めてという人が多いのが、「〇〇部」「〇〇課」などの企業の部署名宛ての封筒です。 たとえば 「人事部行」という返信用封筒の場合でも、上記と同じように 「行」だけを二重線で訂正し、 隣もしくは下部に「御中」と書き添えます。 この場合、企業名+部署名+個人名が混在していますが、 注目すべきは最後の部分のみです。 つまり、この例の場合であれば、宛名の最後にある「山田一郎」に注目します。 これは個人名ですから、 たとえ宛名内に企業名、部署名が入っていても「御中」を使用するのは不適切になります。 行に二重線を引いて様をつける そもそも「様」とは、宛名が個人名の時に書き添える言葉です。 そのため、宛名の最後が個人名なら、「御中」と同じように二重線で訂正し、隣もしくは下部に「様」をつけて直します。 「〇〇係 山田一郎様」とある場合も上に同じです。 宛名の修正で迷ったら、宛名の最後の部分が「集団」なのか、「個人」なのかに注目しましょう。 集団なら御中、個人なら様を書き添えるのが社会人としての正しいビジネスマナーです。 まとめ 企業に勤めていると、返信用封筒や返信用ハガキを修正して郵送するという仕事はほとんどの人が体験するでしょう。 この時、正しく直せないと送り先で「企業が」恥をかくことになりかねません。 この機会に宛名の消し方・直し方について学び、社会人レベルをアップさせましょう。

次の

「御中」と「様」の違いって?敬称の正しい使い方を理解しよう

封筒 御中

気になる項目をクリック• 一目で分かる宛名のマナー はがきや手紙や封筒を相手に送るとき、「宛名はなんて書けばいいんだろう」と悩んでしまいますよね。 「係」「御中」「様」など、宛名が多すぎて、どれが正しいのか迷ってしまうかと思います。 そこで、宛名の使い分けが一目でわかるよう、一覧にしてまとめましたので、以下の表を確認してみてください。 言葉 対象 使い方 係 専門的に担当する部署や担当者 (会社名)〇〇課〇〇係 御中 会社名や部署名 (会社名)〇〇課〇〇係 御中 様 個人名 (会社名)〇〇課〇〇係 〇〇様 この表の通りに宛名をかけば、宛名の間違いで恥を書くことはありません。 ただ、もっと詳しく知りたい人に向けて、ここからは宛名の意味や使い方をさらに詳しく解説していきます。 宛名の使い方に不安がある人は、ぜひこの機会に、完璧に覚えてしまいましょう。 「係」の意味と使い方 まずは、手紙などでよく目にする「係」の意味や使い方を解説します。 「係」は使い方に悩みやすい言葉でもありますので、しっかりとその使い方を身に着けましょう。• (会社名)〇〇様• (会社名)〇〇課 〇〇様 また、「様」と同じように宛名に「殿」を使用する場合があります。 同じ意味のように感じてしまいますが、「殿」は目下の人に使用します。 そのため、「殿」を使用する機会は非常に限られており、一般的には使いません。 4-2. 使い分ける方法は? さて、宛名には「係」「様」「御中」と3つの異なる言葉を使用しますが、それぞれどのように使い分ければ良いのでしょうか? まず、この3つの中で「係」は部署を表す言葉となりますので、他の2つと併用して使うことができます。 注意が必要なのは、「御中」と「様」を使い分ける場合です。 それぞれの言葉の意味を比較すると以下のようになります。 (会社名)〇〇 係 〇〇 様• (会社名)〇〇 係 御中 上記の例のように、 個人名を付ける場合は「様」、部署で終わる場合には「御中」と覚えておくと分かりやすいかもしれません。 また、「担当者」という言葉を使用する際にも「様」を付けます。 個人名ではありませんが、部署や団体ではなく特定した誰かに送付するためです。 そのため、「担当者御中」や「担当者様御中」としないように気をつけましょう。 メールの場合の場合は? さて、近年では手紙よりもメールを使用する機会が増えていますが、手紙のように「様」や「御中」を使用するのでしょうか? 5-1. メールでも「係」「御中」を使うのがマナー 基本的に ビジネスメールの場合にも使用するのがマナーとなっています。 そして、メールで使用する場合、タイトルではなくメールの文頭に宛名を記載します。 ただし、メールの場合には個人のメールアドレスか、部署で共有しているのメールアドレスかで「様」か「御中」どちらを使うのかが変わります。 一般的には、 個人のメールアドレスの場合は「様」、共有しているメールアドレスには「御中」を使用することがマナーとなっています。 また、やり取りを行っている最中には、部署のアドレスであっても特定の誰かに送付します。 そのため、「御中」ではなく「様」を使用し、連絡を送りたい個人名を入れておきましょう。 5-2. 複数の人へ送る場合は「各位」を使う 手紙と違ってメールの場合には1人だけでなく複数の人へ一斉送信する場合があります。 この場合、特定の誰かに送る訳ではありませんが「御中」は使わずに 「各位」を使用します。 まとめ 「係」「御中」「様」はどれも手紙の宛名に記載する言葉です。 「係」は専門的に担当する部署や担当者、「御中」は会社名や部署名、「様」は個人名に対して使います。 こうした宛名に使用する言葉はメールでも使いますので、現代でもきちんと覚えておき正しく使えると非常に便利です。 特に、メールの場合は言葉以外にも役職による名前の表記順なども気にしなければいけません。 正しいマナーをきちんと学び、相手を不快にさせずに円滑にビジネスを進めましょう。

次の