避難 勧告。 「避難勧告」と「避難指示」「避難命令」の違いは?

避難準備、避難勧告、避難指示、避難命令の違い

避難 勧告

避難勧告(ひなんかんこく、: evacuation advisory)とは、日本の行政が、対象の、などに被害が発生する恐れのある場合にに対して行うのこと。 60条に基づき、原則の判断で行われる。 「・高齢者等避難開始」「避難勧告」「(緊急)」の順で危険性の切迫度が高くなる。 ・では避難指示(緊急)と同じ 警戒レベル4の「全員 避難」。 基準 [ ] が直面する災害の種類は、、、大規模、原子力災害など、被害の程度が条件により異なることから、一定の基準が示されていないことが多い。 洪水や土砂災害に対する基準は、過去のデータなどからの推測値から設定される。 伝達手段として、、、組織やを利用した口頭伝達、自治体などのを備え付けたによる呼びかけなどがある。 は、あらかじめ地区毎に地元自治体が指定し、として取りまとめを行っている市町村がある。 テレビや等による伝達の際、ガイドラインでは等を参考に危険度をカラーレベルで表現することが望ましいとされている。 一例として避難勧告は、のテレビ放送では 系統 、の避難情報のページでは 系統 を使用している。 脚注 [ ].

次の

「避難勧告・指示」年内見直し 台風被害の検証取りまとめ―政府:時事ドットコム

避難 勧告

「 勧告」は、災害による被害が発生する恐れのある場合に発令されるもので、強制力はありませんが、対象地域の住民に安全な場所への避難を促します。 「避難指示」は、被害の危険が切迫したときに発令されるもので、 「避難勧告」より状況がさらに悪化した場合や、人的被害が出る危険性が非常に高まった場合に発令されます。 「避難指示」が発令された場合は直ちに避難する必要があります。 ただし 「避難指示」が発令された地域の住人が避難しなかったとしても、 などは規定されていません。 「 」は、当該 に居住・滞在している全ての人間は避難しなければならない強制力を持った命令で、従わない場合は身柄を拘束の上での強制避難や、罰則が科せられることもあります。 ただし、日本には 「避難命令」という はなく、 区域への立入りに罰則がある「警戒区域指定」が該当します。 なお、 「避難勧告」や 「避難指示」が発令されることが予想される場合、身体障害者や老人、子供といった災害弱者を早期に避難させるために「避難準備情報」が発令される場合もあります。 「避難勧告」災害による被害が発生する恐れのある場合に発令される避難を促す勧告 「避難指示」被害の危険が切迫したときに発令される指示で直ちに避難する必要がある 「避難命令」日本では「警戒区域指定」にあたる制度で警戒区域への立入りに罰則がある よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 133• 131• 100• 438.

次の

避難準備、避難勧告、避難指示、避難命令の違い

避難 勧告

ここ最近、夏になると全国各地で集中豪雨が発生し、深刻な被害が出ています。 また、近年は火山の噴火が相次ぎ、災害へのよりいっそうの警戒がもとめられていますよね。 「 避難命令」だったら逆らったら怒られそうですが、「 避難勧告」だったら、 「 そこから逃げたほうがいいよ!」 というニュアンスが感じられますよね。 もちろん、危ないから逃げなさいと言ってることには変わりはないとは思いますが、• 避難勧告• 避難指示• 避難命令 はそれぞれどのような 危なさのレベルの違いがあるのでしょうか。 と、いうことで! 今回は気象庁が発動する避難報道のレベルの違いについてまとめました。 「避難勧告」「避難指示」「避難命令」の違い それではさっそく、ニュースで報道される3つの避難情報のレベルを1つずつみていきましょう。 避難勧告 避難勧告は、実際の災害が発生する前に、被害が生じる可能性が予想される地域に対して出されるものです。 これは、居住者に立ち退きを 勧め促しているもの。 あくまで勧告ですから、聞き入れずに避難しなかった場合でもとくに 罰則はありません。 ただし、もちろん危ない状況なので 逃げたほうが良いのは言うまでもありません。 避難指示 避難指示となると、もう少し切迫してきます。 避難勧告発令後、さらに状況が悪化し、広範囲で甚大な被害が予測される場合に避難指示が出されます。 指示ですから、 「 すみやかに避難してください!」 というニュアンスになり、「避難勧告」よりも 拘束力が強くなります。 避難勧告と同様、 法的な強制力や罰則はありませんが、具体的な被害が想定される状況なので、 ただちに避難する必要があります。 Sponsored Link 避難命令 避難命令は、3つのうちでいちばん強い通達です。 明確な被害が間近に迫っている状況で、避難しなければ人命に大きくかかわる場合に発令されます。 命令ですから、従わなかった場合には 罰則がともないます。 法的強制力とあわせて、救急隊員などには避難地域住民への身柄拘束の権限があたえられます。 ただし、実は現在の日本には「避難命令」という規定は 法律上ありません。 なので、事実上は「避難指示」が一番強い表現で、あくまで指示をするだけとなります。 とはいえ、ゼロかというとそうでもなく、たとえば2010年5月18日の口蹄疫の流行に対して、当時の東国原英夫宮崎県知事が「 非常事態宣言」をしたことがあります。 他にも、2011年3月11日に起きた東日本大震災で大津波警報が出された茨城県の大洗町は、 「 緊急避難命令、緊急避難命令」 「 大至急、高台に避難せよ」 といった内容の呼びかけがありました。 しかし、これらはあくまで呼びかけであって、法的根拠に基づくものではありません。 命令調の表現をすることで、受け取る側の緊急性を認識させるためにこのような表現が使われたわけですね。 事実、東日本大震災字に4メートルを超える津波に襲われた茨城県大洗町では、津波による死者は1人もなかったそうです。 Sponsored Link さらに緊急性が高い「非常事態宣言」 こちらも、日本では現在設定されていないのですが、海外では「避難勧告」「避難指示」「避難命令」のさらに上の警告として「 非常事態宣言」があります。 これが発動されると、「 不要不急の交通を禁止」し「 外出禁止」となり、これを破ると 厳しい罰則が科せられます。 日本では現在ないといいましたが、実は過去にはありました。 が、実際に発令されたのは、戦後の1948年に在日朝鮮人と日本共産党が民族教育闘争をして、 大規模テロや 騒乱事件が起こった際ですね。 これが、日本国憲法下で 唯一の非常事態宣言が布告されたケースとなります。 海外では政府や自治体が「非常事態宣言」を発令する権限を持っていることも多く、最近では2015年11月に起きた パリ同時多発テロ事件でフランス政府から非常事態宣言が発令されました。 避難勧告• 避難指示 の2パターンとなり、災害や天災の状況が 避難勧告よりもヤバイレベルになると、 避難指示にグレードアップします。 また、避難勧告が出る前に、事前に「 避難準備情報」が報道されることがあります。 いずれにせよ、これら報道が出た場合にはかなり危険な状況になっているので、罰則は無いにせよ、自分の住んでる地域が該当する場合は、早めに行動して自分や家族の身を守るようにしましょう。 また、海外では「避難指示」のさらに上のグレード、「 避難命令」や「 非常事態宣言」が発令される場合があり、この発令に対して従わないと、 罰則を受けることになります。 現在の日本には「非常事態宣言」は無いので、代わりに気象庁からではなく、内閣総理大臣から災害対策基本法に基づく 災害緊急事態の布告と、警察法に基づく 緊急事態の布告が発令されることがあります。 もちろん、そんな事態に日本がならないことを心から願うところではありますが…。 いざという時のために、非常時の際の備蓄や心の準備は、 常日頃から怠らないようにしておきたいものですね。 今回は以上です。 ご参考になりましたら幸いです。

次の