美味しい チャーハン レシピ。 絶品チャーハンを作るコツ【これぞ決定版】

本格 お店チャーハン しっかり系

美味しい チャーハン レシピ

所要時間: 10分 カテゴリー:、 チャーハンをパラパラにする方法……一番効果があったレシピは? チャーハンをパラパラにする方法で、よく言われているのは、で、これは確かにパラパラになります。 それでは 「1. 卵」「2. マヨネーズ」「3. バター」「4. 油」を先にご飯と混ぜた場合、どれが最もパラパラになるか色々と試してみました。 チャーハンに使うご飯は、かためで、適度に水分が抜けた温かいものがいいです。 例えば、炊飯ジャーに保温してある前の日のご飯がぴったりです。 冷やご飯や冷凍ご飯は電子レンジで温めて軽くほぐしてから使いましょう。 冷たいご飯を固まったまま鍋に放り込んで、ヘラやお玉でつついてほぐすのはよくないやり方です。 それでは、具材と作り方をほぼ同じにして作って比較します。 パラパラチャーハンの材料( 1人分) 最もパラパラになったのは 卵混ぜチャーハンで、次がマヨネーズ混ぜチャーハン。 一番風味良く美味しく感じたのは、 バター混ぜチャーハン。 ココナッツオイルを混ぜたものは、独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれそう。 油とココナッツオイルは、混ぜなくても、それで炒めたら同じかも。 ただし、少し作り方を変えて、油を混ぜたご飯を、最初にしっかりと焼いて、うっすら焦げ目をつけて炒めると香ばしくて美味。 全てのチャーハン作りでそうしたように、酒をふりかけて炒めると、パラパラになる。 ガイドのワンポイントアドバイス チャーハンはパラパラが好きって人もいれば、そうではなくて、ほっこりふっくらのチャーハンが好きって人もいます。 くっつき癖の無いフライパンや中華鍋を使って、温かいかためのご飯で作れば、誰にでも美味しいチャーハンが作れます。 何が何でもパラパラにしたいのなら、タイ米を使うのも一案です。 あと、2度炒めすると 冷めたらもう一度炒めるということ パラパラになりますが、水分を補ってあげないとパサパサになります。

次の

激うまチャーハンレシピ!人気のご飯料理の作り方 [男の料理] All About

美味しい チャーハン レシピ

プロ脱帽! 絶品のチャーハン5つの味付けと作り方 1 プロ級チャーハン! 気になる材料とは まず用意していただきたい、チャーハンの材料と基本の味付けをご紹介します。 チャーハンの材料 2~3人前 ・ご飯…お碗大2杯 ・豚肉…100グラム ・卵…2~3個 ・万能ねぎ…1束 2 パラパラチャーハンにこだわれ! フライパンに投入する材料の順番を間違えてしまうと、美味しいチャーハンは作れないのです。 一般的なご家庭で作るチャーハンは、まずご飯をフライパンに投入し、卵や具を混ぜ合わせます。 その次に火力を強火にし、フライパンを振りながら炒めるというのが、一般的なご家庭のやり方ですね。 この作り方では美味しいチャーハンは出来ません。 炒める時間が長くなり、粘り気が出てお米がベチャベチャになってしまいますよ。 プロの様な美味しいチャーハンを作るためには、まず温かいご飯をボウルの中に入れます。 その次に卵をよく溶き、ご飯にかけよく混ぜましょう。 いわゆる卵がけご飯の状態にしておきます。 美味しく作り上げる為には、先にご飯に卵を混ぜるのがポイントです。 先に混ぜる事で炒める時間が少なくなり、米から出る水分を卵がコーティングしてくれ、出来上がりがパラパラとしたチャーハンに仕上がりますよ。 3 出来上がり時間の短縮! 炒めながら味を馴染ませ味を整えていくことは非常に難しいです。 そこで、ポイントは味付けも炒める前にしておくという事です。 まずは前章の卵がけご飯の中に以下の材料を投入して味付けをしましょう。 チャーハンの下準備! また、豚肉ですが2センチ程に切り、炒める前に茹でておきましょう。 先に茹でておく事で、こちらも炒める時間が短縮されますよ。 4 火力にこだわれ! 炒めるポイントとは チャーハンを上手に作るためには、火加減が非常に大事です。 ご家庭でチャーハンを作る時、ついつい行ってしまいがちなのは強火で炒めてしまう事です。 強火で水分を飛ばそうという発想から強火にしている家庭は多いのです。 しかしそれは間違いです。 チャーハンが好む火加減は「中火」です。 家庭にある家庭用コンロや電磁調理器の強火は、思っている以上に火が強く、ご飯がすぐに焦げてしまう程です。 中火で落ち着いて作る事で、プロ級の美味しいチャーハンが作れます。 火加減を間違えないようにしましょう また、中華料理屋のプロ料理人のイメージはフライパンをよく振って調理しているという事ですよね。 そのイメージからご家庭でも同じ事をしている方は非常に多いです。 しかし、それは大間違いなのです。 プロが使う火力は、家庭コンロや電磁調理器の火力よりも10倍大きく火力が強いのです。 フライパンをよく振らないと料理が焦げてしまうという事から、フライパンを振っているのです。 ご家庭で美味しいチャーハンを作るには、フライパンは振らないことです。 家庭用コンロや電磁調理器でフライパンを振っていたら、いつまで経っても火が通らない、、なんて事になってしまいます。 しっかりコンロの上、電磁調理器上にフライパンを置いて炒めて下さい。 ある程度味が全体に行き渡り、ご飯がパラパラになり始めたら茹でた豚肉と、刻んだ万能ねぎを投入し、軽く炒めましょう。 ここでのポイントは、チャーハンを木べらで炒めると、ご飯や具が潰れパラパラとしたチャーハンが出来上がらなくなります。 箸を使って炒める様にしましょう。 5 チャーハンのお供に! チャーハンに合うスープレシピ 中華料理店では、チャーハンのお供としてスープが付いてきますよね。 ご家庭でも中華料理店のスープが簡単に作れてしまいます。 温かくて美味しいスープレシピを紹介します。 チャーハンと相性抜群です。 是非チャーハンと一緒に作ってみて下さい。 さて、 『プロ脱帽! 絶品のチャーハン5つの味付けと作り方』はいかがでしたか。 プロが作るパラパラとした美味しいチャーハンを作るのは難しい事と思っていた方は、まずは今回紹介した作り方とポイントを実践してみて下さい。 ただ、ポイントを1つでも間違えてしまうと、美味しい絶品チャーハンは出来上がらないので、しっかりポイントを押さえて作って下さいね。 さらに、おいしいチャーハンを食べ過ぎてしまうと、カロリーオーバーになる危険もありますので、関連する記事として• も是非併せてご覧ください。

次の

基本のチャーハンを丁寧に美味しく作るレシピ/作り方:白ごはん.com

美味しい チャーハン レシピ

チャーハンの下ごしらえ まず、チャーハンを作る前にご飯を炊くところからスタートします(今回は2人分で1. 5合炊、炊き上がり約450~500gほど)。 というのも チャーハンを作るには炊き立てのご飯を少し冷ますくらいが、ご飯の表面が崩れていないので粘りが出にくく、くっつきにくいパラパラのチャーハンになる!と思います。 5合分の米を研いで水加減をしたあとに そこから大さじ1の水を抜くくらいの、ちょっと少なめの水加減で硬めにごはんを炊きます。 その場合は大さじ2の水を抜くくらいの水分量で炊きましょう!炊き立て以外の方法は下の補足にて。 ご飯が炊けたらすぐに、バットや大きな平皿に取り出して広げて粗熱を取ります。 粗熱を取る時間は5~10分くらいで、冷ましすぎないことも大切です。 基本のチャーハンに合わせる具は長ねぎと卵。 こちらはご飯を冷ます間に長ねぎを切るとよいです。 ねぎはみじん切りにして、容器に入れておきます。 卵2個分はボウルに割って箸でほぐします。 塩ひとつまみ(分量外)を加えて、しっかり混ぜ合わせておきます。 写真では中華鍋を使っていますが、大きめのフライパンでもOKです。 卵を入れる前に、しっかり油が熱くなるまで加熱します(中華鍋の場合は煙が出てくるくらいまでしっかり!)。 卵を炒める時は少しだけ火を落とします。 それから卵を入れ、箸ですぐ全体を混ぜ合わせます。 卵全体が半熟になって固まれば、卵液を入れていたボウルにすぐに取り出します。 くっつきやすいフライパンや鍋の場合は、一度洗って乾かすか、キッチンペーパーなどでさっと汚れをふき取ってから次へ移るとよいです。 ここからは終始強火でチャーハンを仕上げていきます。 油がしっかり熱くなれば、ねぎのみじん切りを入れてさっと炒めます。 ねぎをさっと炒めたら、すぐに粗熱を取っておいたご飯を加えます。 ヘラの先でご飯の全体を6~7回、ほぐすようにつついて、鍋を振って、またご飯を同じようにほぐすということを何度か繰り返します。 ご飯を炒める時間は1分ちょっとくらい。 上の流れを繰り返して、強火で炒めながらご飯を温めつつ、しっかりほぐします。 ご飯とねぎを炒めたら、卵を戻し入れます。 卵をヘラの先でほぐしながら、前の工程のように、鍋を振りながら炒めます。 チャーシューなどを加えるなら、ねぎと一緒のタイミングで入れるとよいです。 ご飯は保温時間が長かったり、しゃもじで何度も混ぜることで、表面が崩れて粘りも出やすくなります。 そういった粘りの出やすい、くっつきやすいご飯でチャーハンを作るよりも、炊き立てがやはり作りやすさの面でも味の面でもおすすめです。 炊き立て以外なら、炊き立てのごはんを急速冷凍したものなどがよいです。 お米の品種によっても、炊きあがりの粒感がしっかりしているかどうか、粘りが出やすいかどうか、など違いがあります。 品種をいろいろ試してみるのも面白いです(参考までに、上の写真のとき含め、私はつや姫で作ったチャーハンが好きです)。

次の