手作り マスク ワイヤー。 手作りマスク 立体 ノーズワイヤー インナー マスク 女性用マスク 男性用マスク LLマスク 無地

手作りマスクの作り方!プリーツワイヤー入り子供用の簡単レシピと型紙【動画】

手作り マスク ワイヤー

2020-03-11 17:24 ボックスプリーツって? ボックスプリーツとは、次の図のようなヒダが箱状に折られたものを言います。 スカートのボックスプリーツは、折られた部分が内側に入っていますが、マスクの場合は、これだと内側に花粉やホコリなどがたまりやすいということと、顔の曲線に合わせて外側にふっくらと膨らませたいために、外側に折ります。 画像で見ると、わかりやすいです。 今回は、外側の布と内側の布は別の生地を使って作ります。 普通サイズと小さめサイズはヨコのサイズが違います。 ノーズワイヤーはどういうものを用意すればいいのかよくわからない場合は、こちらの記事で詳しく説明しますので、ご覧ください。 外側の布…白のオックス地 内側の布…水玉のダブルガーゼ 裁断と印付け 生地を裁断していきます。 型紙なしの作り方なので、のところに記載したサイズに生地をカットします。 縫い代はほとんど1cmなので、印はつけなくても大丈夫ですが、縫う時に自信がない方はチャコペンで印をつけておくと縫いやすいです。 印は生地のうら面に付けます。 外側の布と内側の布を縫い合わせる 外側の布と内側の布を中表に合わせます。 ヨコの長さが、外側の生地の方が両脇2. 5cm余るように重ねます。 上下を縫い代1cmのところを縫います。 縫い代を開いて、アイロンをかけます。 上下2か所とも。 クルっと表に返します。 上下をステッチします。 上部は、4mm幅のノーズワイヤーを入れるので少し余裕をもって7mmのところにステッチをかけます。 ステッチをかけることで、生地を落ち着かせる役割がありますが、糸色を変えてアクセントにするなど、装飾の役割をさせる場合もあります。 ノーズワイヤーを入れる ワイヤーを入れるのが面倒な場合は、2は無視して、3へ進んでもOKです。 上部のノーズワイヤーを入れる位置に印をつけます。 上部のマスクの中心にノーズワイヤーの長さ+1cmの位置に印をつけます。 上部の脇からノーズワイヤーを正しい位置まで入れます。 先ほど印をつけた位置を縫い留めて、ノーズワイヤーがずれないように固定します。 この時、ワイヤーの上を縫ってしまうとミシン針が折れてしまうので気を付けて縫ってくださいね! 3. プリーツを作る 外側の生地のおもて面を上にして、ヨコを半分に折ります。 わ(折り山の部分)から3cmのところに、端から4cmほどチャコペンで印をつけます。 反対側も同じように押さえミシンをかけます。 下図のようにプリーツを折りたたみます。 外側の生地のプリーツの山を端から4cmほどステッチをかけます。 反対側も同じように。 ゴム通し部分を縫う 内側を上にしておきます。 左右共に、外側の生地の方が、横の長さが2. 5㎝長くなっているはずです。 その部分がゴム通し部分になりますので、を三つ折りしていきます。 まず、1cm折ってアイロンで押さえます。 さらに1. 5cm折ってアイロンで押さえます。 折った部分を待ち針で留めて、ミシンで縫いいます。 ゴムを通したら完成! ゴムを通して、結び目を中に入れたら、完成です! 試着して、ゴムの長さを調整してくださいね。 こちらは、ゴムの代わりにアクリルテープにしたものです。 ゴムより優しいので、痛くなりにくいですよ。 使用したアクリルコードは、楽天で購入したこちらの商品です。

次の

使い捨てマスクのノーズワイヤーとゴムひもを再利用した【子ども用立体布マスク】

手作り マスク ワイヤー

2020-05-14 20:33 そんな中、ユーチューブで辻ちゃんが紹介していたマスクを知り、そのマスクは使い捨てマスクのワイヤーを再利用していて、とてもいいなと思ったので、子ども用サイズで作ってみました。 ぜひ、多くの方にシェアできたらと思います。 私は今回、表布部分はさらしのような素材の真っ白い生地を使い、口にあたる裏側の部分は花柄のダブルガーゼ生地を使用しました。 とても扱いやすい生地でした。 どちらともダブルガーゼ生地を使用してもいいですし、表部分をさらしではなく、普通の綿の生地にしても良いと思います。 辻ちゃんネルで紹介されていたマスクの【子ども用のサイズ】について 辻ちゃんネルでは、大人サイズのマスクが紹介されていたのですが、子ども用サイズを試行錯誤した結果、こちらのサイズが適していたので、良ければ参考になさってください。 市販の子ども用の不織布マスクと比べると、このぐらいのサイズ感です。 7歳の娘が着用すると、このような感じです。 横から見ると、こんな感じになります。 このサイズでも作ってみて、7歳の娘に着用してもらいました。 私が見る限り、小さな印象はないのですが、本人いわく、あご下がすっぽり覆われないのが、心もとなく感じるそうです。 ですので、あくまで私の感想にはなりますが、やはり幼稚園ぐらいのお子様のサイズかなと思います。 下の写真の上が子ども用の市販の不織布マスクに入っていたワイヤーで、下が大人用マスクに入っていたワイヤーです。 若干、長さに違いはありますが、どちらを使用しても問題ありません。 使用済み不織布マスクのゴムも再利用します。 子ども用マスクの場合、ゴムひもの長さは14㎝になるようにカットして使用しました。 また、プリーツ部分を作る時、このように定規を使いながら生地を折ると、とてもやりやすかったです。

次の

手作りマスクの材料と代用品|作り方と型紙 OHARICO

手作り マスク ワイヤー

Sponsored Link こんにちは、sonmarinです。 前回紹介した手作りマスクにフィルターを入れて、職場で仕事をしている毎日。 会話をすると顎にかかってずれてきたり、表布・裏ガーゼともに2重で作っていたので、しっかりしているのは良いのですが、重みもあって耳が痛い。 形も鼻から耳のほうへと下がっているので、頬骨のところが見えると頬骨の上のシミが見える。 ノーメイクで出勤するので特に気になる。 東京都知事の小池さんの布マスクが、話していてもずれないこと、頬の部分も隠していることに感動し、テレビの会見を見て試作を重ねて改良して作ってみました。 薄手の布(カッターシャツのような布)• 太めの毛糸(やわらかい紐など)• ワイヤー(ビニタイ、使用済みの使い捨てマスクのワイヤー) 型紙を作る 表地用(1マス1cm) 裏地用=表地の型紙を赤い右側2cm小さくしたもの 裁断 表地を2枚とります。 左右分なので中表に生地を重ね、裁断します。 対象のものが2枚、柄に気を付けて裁断して下さい。 裏地も同じように裁断します。 裏地は人には見えないので柄は気にしなけても大丈夫です。 縫製 裏地を縫います。 青い点線の部分を折り、実線までもう一度おり、三つ折りにして縫います。 赤い実線を縫います。 縫い代部分のオレンジ色の短い横線は、はさみで切り込みを入れます。 表地も縫います。 赤色の線のところを縫います。 縫い代の部分の緑色のところに切り込みを入れます。 アイロンがけ 切り込みを入れた縫い代部分を割るようにアイロンがけします。 表も裏も縫い代を割ります。 表地と裏地を中央を合わせて重ね、上下(写真の赤い点線部分)を縫う。 裏返してアイロンをあてる。 左右のひもを通す部分の三つ折りもアイロンをしておく。 赤い線の部分を縫います。 上の布が2重になっているところにワイヤーを通すので、上の端から5mmくらいのところを縫ってください。 左右は三つ折りでひもを通すので上下は端まで縫わない。 耳にかけるゴムも入手困難なので、毛糸で代用してみました。 100均で購入した毛糸、ふわふわで耳も痛くなりません。 鎖編みしてもいい感じです、一番上の写真のパンダのマスクの紐は鎖編みしています。 ワイヤーを通します。 (下の写真の下のマスクにワイヤーを入れています。 ) 話していてもずれてきません。 ガーゼのようにまとわりつく感じもなく、軽くて長時間つけても負担はないです。 頬のシミも隠れて、ノーメイクでも安心。 これからの季節の日よけにも大きめマスクは役立ちます。 気温が高くなるこれからの季節には、少しでも薄手の物がいいですね。 相変わらず続くマスク不足と、手作りマスクの材料もどんどん購入できなくなってきていますが、お家にあるもので工夫して作れるとよいですね。

次の