一橋 大学 法学部。 卒業生の進路

注目!【一橋大学】学部序列・学部間ランキングを確認する!|やる気の大学受験!大学・学部の選び方ガイド

一橋 大学 法学部

一橋大学法学部か、京都大学法学部かで迷っています。 高校3年生で、この冬に受験を控えています。 私は将来、外資企業への就職か外交官として働いた後、海外の大学院に進学し(ストレートは家計的に厳しいので。 外交官になれば海外の大学院に行けることも存じています)、国連や国際機関で、ジェンダー問題に携わりたいと考えています。 大企業であれば海外で働ける可能性が広がることももちろん、会社内の男女比是正のための部署がある場合があると聞き、魅力を感じています。 また、外交官であれば、先ほども申した通り、大学院に行く道や、国連出向という活路も開けるでしょう。 そこで、私は自身の将来に合い、また、今の自分が行ける可能性のある大学にこの2つが挙がっています。 高3のこの時期にいまだ迷うだなんて遅い、というのも重々承知し、反省しております。 ですが、私はどちらが自分の将来により良いのだろう、とずっと悩んできました。 確かに京都大学法学部は国1を多く輩出し、質が高いだけでなく、実家から通えます。 ですが、一橋大学は少人数で学生へのケアが充実しており、また立地や3年からの国際関係コースなど国際的に活躍したい人材の育成に力を入れていらっしゃるなとお見受けしています。 をお答えしていただけると本当に助かります。 特に、法学部となると留学すると勉強が遅れてしまいそうな雰囲気がありますが、それでも留学をすることにメリットはあるのか。 も知りたいと思っています。 長々と失礼しました。 よろしくお願いします。 回答ありがとうございました。 一度学校から東大も押されたのですが、雰囲気や社会2科目の壁を考え、自身の出来うる限りの場所で頑張ってみようと考えています。 大学院に行くのであれば、東大か海外の大学院を目指したいと思います。 また、教授の質に関しては不愉快な思いと誤解を招いてしまったこと、深くおわびします。 私自身、優秀だと驕っているということはありません。 京都大学にしろ一橋大学にしろ、そこで自身の研究に邁進されている先生方は素晴らしい方が多く、また私が評価をするものではないと思っております。 ただ、両大学においてどのような傾向や、教授がいらっしゃるかをお聞きしたかったのですが、文章が悪かったですね。 反省しています。 在学中の留学を視野に入れているのであれば、それ以外の条件は全部無視しても実家から通える京都大がいいと思います。 やはり行動しようとするとお金(と時間)が必要で、実家に居るほうがそれが格段に自由になるからです。 実家を離れると「息をしているだけで」お金がどんどん出て行きます。 それが東京ならなおさらです。 バイトでまかなうにしてもその時間は拘束され、夢に向かう行動は制限されます。 あなたが東京の人なら一橋を勧めます。 あなたが一橋にも京都にも通えないなら・・・一橋でしょうか。 それは大学の魅力というよりは在京という立地、大学以外の要件です。 どうせ金をかけるならその夢のためには情報が多いほうがいいでしょう、という。 しかしそれらを度外視できるほど「通える」利点は大きいと私は思います。 留学を断念するにしても通えるほうが(留学以外の)自己研鑽に投資できます。 京都も東京とは別の意味でまた国際都市ですし。 京大と一橋はあくまでだいぶ落ちるセカンドベストということになります。 あなたの行く手には必ずいるであろう彼らの存在は意識せざるを得ないでしょう。 私はいくつかの外国に駐在経験がありますが、今のところ東大法学部卒以外の外交官を知りません。 回答ありがとうございました。 突然質問が飛んでいましたね。 申し訳ありませんでした。 同時に、その質問にも丁寧にお答え下さったことに深く感謝しています。 中学生の頃から大学に入ったら留学をしたいと考えてきたのですが、法学部で1年抜けるのは難しいのではないのかと考え、悩んでいた結果質問をさせていただきました。 一橋大学の方が制度が整っていると聞いて、考えていたのですが... なかなか難しいですね。 金銭面に関しては、私が少し過敏に考えているだけで、実際実家にお金がないだとか、親が反対しているという訳ではないんです。 寧ろ恵まれた生活をさせていただいていると思います。 恐らくその反動なのですが。 そうですね、恐らく私が高みを目指すにあたって、東大という壁にぶつかることはあると思います。 ですが彼らからも多くを吸収しながら、高め合える場所を探していきたいと思います。 たった一つだけ言います、私が経済産業省の傘下の研究所から併任という名の出向をして本省に居た時に出会った一橋法学部出の人事課長は「クズ」で東大出の課長補佐・総括班長や総括係長に「何あれ?」と訊いたら「見た通りの人だよ」と言う事でした。 あなたは国家公務員にはならないのでしょうが、一種法律で公務員トップの一橋法学部出は、東大法学部へ行けなかったと言うコンプレックスを持つ人が二十%以上居て、使い物にならないので「汚れ役」に回されるそうです。 京都はなんにもありません。 時々首都圏から京都の法学部へ行く人が居て、みんなが、なぜ京都へ言ったのか聞くと、1. 京都の方が数学が難しいと聞いていたから試してみた。 東大じゃ普通すぎてつまらない。 のだそうです。 Q タイトル通りの疑問を持っています。 よく知恵袋やこの質問コーナーでは京大を目指している高3生、浪人生 早い段階から目指している意識の高い人を除く が一年で京大に合格できますか。 とか京大に受かるための勉強をおしえて下さい。 などといった質問をしているのを見かけます。 そして、その反応は可能性は0. 仮に浪人生としましょう。 超効率良い訳でもなく、もともと天才的な素質を持ってるわけでもないごく一般の人です。 その人が一年間毎日15時間ほど勉強したとします。 もちろん基礎から その人の京大合格率はそれでもやはり0. その可能性になるのはなぜですか? そんなに勉強しているのなら合格も近いと思うのは私だけですか? 京大を目指しているのは意識の高く賢い人ばかりですが、全員が天才という訳ではありませんよね。 努力で合格を勝ち取った人もいます。 その人たちは何年もの努力の結果としですが。 なぜ一年では間に合わないのか。 その主な原因は何ですか。 おしえてください。 タイトル通りの疑問を持っています。 よく知恵袋やこの質問コーナーでは京大を目指している高3生、浪人生 早い段階から目指している意識の高い人を除く が一年で京大に合格できますか。 とか京大に受かるための勉強をおしえて下さい。 などといった質問をしているのを見かけます。 そして、その反応は可能性は0. 仮に浪人生としましょう。 超効率良い訳でもなく、もともと天才的な素質を持ってるわけでもないごく一般の人です。 その人が一年間... A ベストアンサー お礼ありがとうございます。 まず、私は一日15時間勉強して、京大に合格出来ないと言う回答をした事が無いので、0. 01%の回答をした人の真意はわかりません。 本人の資質や、やる気、勉強の仕方によっては、合格する可能性は充分あるでしょう。 では、何故無理だと回答する人がいるかと言うと、本人の体験などに基づいているのでは無いでしょうか? 逆に言えば、一日15時間の勉強で受かった人ならば、きちんとした回答が出来ると思います。 ただ、回答者にはそういう人がいないと言う事です。 (実際に受かっても、本人の実力だと思っていて、誰でも出来るとは解釈していない可能性はあります) やれば出来ると回答する事も、やっても無駄だと回答する事も、回答する相手によっては、同じ意味と言えなくは無いです。 (相手の実力もわからないで議論しているだけなので、確証が無いのは同じです) こういう質問をする以上は、京大の過去問については、すでに目をとおしているか、着手されていると思います。 そうであれば、相当困難なのは、誰でもわかると思いますよ。 それでも、問題を解けそうだと思えて、実際に正解を解答出来るのであれば、可能性はあると思います。 解けそうだと思って、正解を一切解答出来ないならば、論外だと思います。 (何が正解かを理解出来ないのは、解けないと思うより、矯正するのが難しいからです) この手の質問に関しては、そこまで考えないと良い回答は出来ないんですよ。 きちんと回答しようとする人は、きちんと補足を求めているはずです。 どうしたら、1年で間に合うかを回答する事は可能です。 ただ、質問者がそのように出来るかどうかはわからないと言う事ですよ。 たとえば、数学であれば、赤・青・黄をすべて解答出来る実力がつけば、合格できるでしょう。 (数学の試験に関してだけですけどね) ただ、1年でそれが出来るかどうかはわからないですよね? 他の科目にしてもそうです。 結果がこうなれば、合格出来ると言う事は言えますが、1年でそれが可能かどうかはわからないって事ですよ。 高校3年間の、入試で使う科目の内容を1年で理解する事は不可能ではありません。 (普通の理解力があって、きちんと勉強した場合です) そういう意味では、センター試験の足切りは突破できるはずです。 ただ、2次試験はそれでは不充分です。 それも1年でとなると、本人の資質がかなり関わってくると言う事ですよ。 お礼ありがとうございます。 まず、私は一日15時間勉強して、京大に合格出来ないと言う回答をした事が無いので、0. 01%の回答をした人の真意はわかりません。 本人の資質や、やる気、勉強の仕方によっては、合格する可能性は充分あるでしょう。 では、何故無理だと回答する人がいるかと言うと、本人の体験などに基づいているのでは無いでしょうか? 逆に言えば、一日15時間の勉強で受かった人ならば、きちんとした回答が出来ると思います。 ただ、回答者にはそういう人がいないと言う事です。 (実際に受かっ... A ベストアンサー 単純に数値の比較だけでなく、総合的に見れば東京大学の理一・ニよりもほとんどの国立大学医学部の方が入学することに関しては難しいと言えます。 他の回答者の方も仰っていますが、国立大学医学部に模試でA、B判定が出るようならば、東大理一・ニにはかなり余裕でA判定が出ます。 偏差値で単純比較するのが困難なのは、東大理一・ニと国立大学医学部とでは定員がまったく違うからです。 理一・ニは約1000人・500人といった定員がありますが、医学部は100人弱の定員ですし、医学部人気の昨今の受験事情を考えるとこの倍率の面の差が大きく、国立医学部がより難しいということになります。 まあ、医学部というところ自体が特殊なところで、ずっとA判定が出ている医学部を受験しても落ちることはざらにあります。 最後に5ランクでかなり大雑把にまとめると、 S、東大理三、京大医 A、その他旧帝大系医学部 B、千葉大などの旧医大系・東京医科歯科などの難関校 C、(特に首都圏近辺にある)公立大学医学部 D、東京大学理一・ニ、その他国(公)立大学医学部(年により変動の可能性有り) というランクわけになると思います。 ) 単純に数値の比較だけでなく、総合的に見れば東京大学の理一・ニよりもほとんどの国立大学医学部の方が入学することに関しては難しいと言えます。 他の回答者の方も仰っていますが、国立大学医学部に模試でA、B判定が出るようならば、東大理一・ニにはかなり余裕でA判定が出ます。 偏差値で単純比較するのが困難なのは、東大理一・ニと国立大学医学部とでは定員がまったく違うからです。 理一・ニは約1000人・500人といった定員がありますが、医学部は100人弱の定員ですし、医学部人気の昨今の受験... A ベストアンサー >京大が『かなり自由、自分の興味があることに没頭できる』。 阪大が『暗い、マジメ、単位取得が厳しい、遊べない』。 一橋が京大と阪大の中間ぐらいだと思っています。 (つまり、京大と阪大は対極に位置してあり、その中心とも呼べる神戸大学と似通っているのが一橋だと捉えています。 ) 『暗い、マジメ、単位取得が厳しい、遊べない』といわれている阪大の文系学部卒業生です。 暗い …正確には「おとなしい」でしょう。 周りの大学が派手すぎるのです。 関大はナニワ色が濃いし、同志社や関学も派手なイメージ。 まじめ …そのとおりだと思います。 単位が厳しいので、卒業するためには「まじめ」にやるのが一番楽でいい成績が取れる方略なんですよ。 単位取得が厳しい …僕自身は、単位は楽でした。 「普通」だと思います。 京大がゆるすぎるんですよ、だから厳しく映る。 もっと厳しくしてもいいんじゃないかと思います。 しっかり学問できる、それが阪大のいいところでもありますから。 欧米の大学に比べりゃ阪大の卒業は随分楽に映るはずです。 遊べない …「遊びを中心に大学生をやりたい人は阪大には来ないでもうちょい頑張って京大に行って下さい」って私が言うのもなんですが、正確には「来ないほうがいい」と思います。 無論、高校ではないのですから、「程よく遊ぶ」なら十分にできますよ。 梅田まで20分以内で行けますしね。 一橋も郊外型ですけど、阪大のほうが都心には近い気がします。 こんな感じでしょうか。 >京大が『かなり自由、自分の興味があることに没頭できる』。 阪大が『暗い、マジメ、単位取得が厳しい、遊べない』。 一橋が京大と阪大の中間ぐらいだと思っています。 (つまり、京大と阪大は対極に位置してあり、その中心とも呼べる神戸大学と似通っているのが一橋だと捉えています。 ) 『暗い、マジメ、単位取得が厳しい、遊べない』といわれている阪大の文系学部卒業生です。 暗い …正確には「おとなしい」でしょう。 周りの大学が派手すぎるのです。 関大はナニワ色が濃いし、同志社や関学も派手なイメー... A ベストアンサー 東大が難関といわれるのは「やるべきことがたくさんあるから」です。 たくさんのやるべきことを人並み以上の速度と深度で習得することが できたひとだけが東大に挑戦できます。 スキルやテクニックやかける時間や お金の問題でもありますが、脳みそのキャパシティの問題でもあります。 やるべきことの物量に溺れるようでは東大への挑戦権が得られないのです。 あなたは現役時の成績もふるわないまま浪人しているようだし、 浪人し半年以上経過しても未だに地歴で何を選択するのが いいのかなどと質問している。 少なくとも地歴はお留守だということだし、 他の教科の成績も充分に伸びてはいないのでしょう。 それでもなお 現実を直視できず、かんじんのやるべきこと、つまり「勉強する」以前に 東大の夢想ばかりしている。 当初の申告どおり早慶に向けて頑張り模試もきちんと受けてきた のなら、お留守な教科がある限りE判定(または科目不足で判定不能) しかもらえないはずの東大文一がどれほど難しいかくらいはわかるはず。 脳みそにキャパシティがあれば、いまそんなことにはなっていません。 蓄積のないゼロからであれば、目指すのが「東大」であるのと「早慶」 であるのとでは、方法論が「全く」とは言わないけれど「相当に」違います。 東大は早慶の延長にはありません。 すべての国立大の延長にあります。 少なくともあなたの場合は志望校から東大は外すべきです。 勝算はまずないでしょう。 東大が難関といわれるのは「やるべきことがたくさんあるから」です。 たくさんのやるべきことを人並み以上の速度と深度で習得することが できたひとだけが東大に挑戦できます。 スキルやテクニックやかける時間や お金の問題でもありますが、脳みそのキャパシティの問題でもあります。 やるべきことの物量に溺れるようでは東大への挑戦権が得られないのです。 あなたは現役時の成績もふるわないまま浪人しているようだし、 浪人し半年以上経過しても未だに地歴で何を選択するのが いいのかなどと質問している。... A ベストアンサー よく分かる。 私は文学部卒業後、院に進学し今に至ります。 一度院に進んだら絶対に後悔してはいけないと思っていたのですが、研究職は死ぬほど大変です。 もし就職か研究職か悩んでいる後輩がいたら、相手がよっぽどの天才でない限り、就職をすすめます。 少子化の時代、研究者として生き残るのは東大に上位で入学するのとは比較にならない程難しいと考えてください。 どうにか非常勤講師になれたとしても、食べていくのがやっとです。 (国立大学で一コマやっと受け持たせてもらえてやっと年収約20万です。 年収がですよ。 少子化もありアカデミックポスト(教員枠)も削減される。 ) 学部時代の就職活動ですが、高望みしなければどうにかなりますよ。 ただ、企業によっては、文学部は個別には相談に応じるが基本的にエントリーは受け付けないとなっている所があり、ショックを受けたことがありましたが。 京大ならある程度はいけそうですが。 就職を考えるのなら、どう自己アピールするのかもしっかり考えてください。 「御社に入るために、私は大学時代にコレコレを学んで・・・」と。 やる気を見せることが大切なのです。 ただ文学部で語学運用能力がないと何を勉強していたの?と白いの目で見られますが。 もし大学院に進学されるのなら、負担は増えますが、学部在学中に教職をとっておいたほうがいいですよ。 高校、中学校の教員という道が残されています(これも倍率が高いですが。 ) よく分かる。 私は文学部卒業後、院に進学し今に至ります。 一度院に進んだら絶対に後悔してはいけないと思っていたのですが、研究職は死ぬほど大変です。 もし就職か研究職か悩んでいる後輩がいたら、相手がよっぽどの天才でない限り、就職をすすめます。 少子化の時代、研究者として生き残るのは東大に上位で入学するのとは比較にならない程難しいと考えてください。 どうにか非常勤講師になれたとしても、食べていくのがやっとです。 (国立大学で一コマやっと受け持たせてもらえてやっと年収約20万です。 A ベストアンサー まず、大学の件ですが、横浜国大と一橋大では、大きな差があることは認識しておいたほうがいいでしょう。 詳細は、「プレジデント」の2007年10月15日号「学歴格差大図鑑」に掲載されていますので、ご覧になるといいと思いますが、各大学卒業者のその後の企業内での地位や年収が、詳細にデータ化されています。 一橋大では、東大京大、慶応大などに次ぐ位置を得ることが可能で、校名によるメリットが感じられますが、横浜国大では基準によって中位を上下しているような状態で、他校と比べて校名でのメリットがあるようには見えませんでした。 私が知る範囲でも、(特に大企業では)上位校出身者と、中下位校出身者では、最初の配属から違っており、その後のルートも、将来役員候補と部次長止まりでは違っているので、社内的な「見なし」の差が確実にあると思ったほうがいいでしょう。 もちろん、一浪したら一橋大に入れるかどうかは、ご本人の学力や努力の問題だけでなく、入試の傾向の突然の変化や、不意の事故なども含む体調も関係するので、一年の延期はそれなりのリスクを持っていることも、認識なさる必要があるかと思います。 その上で、一浪であること以外は全く考慮しなくていいなら、一橋大へ行くほうが将来的にはいいというデータがあるということは、言えると思います。 また、公認会計士では、もし大手監査法人に入りたいようなら、その監査法人の上位のパートナーを多く出している大学に行くほうが、やはり有利でしょう。 監査法人のパートナーやコンサルタントのリストをご覧になれば、これはすぐにご理解いただけるはずです。 そうでないなら、学歴はあまり関係ありません。 まず、大学の件ですが、横浜国大と一橋大では、大きな差があることは認識しておいたほうがいいでしょう。 詳細は、「プレジデント」の2007年10月15日号「学歴格差大図鑑」に掲載されていますので、ご覧になるといいと思いますが、各大学卒業者のその後の企業内での地位や年収が、詳細にデータ化されています。 一橋大では、東大京大、慶応大などに次ぐ位置を得ることが可能で、校名によるメリットが感じられますが、横浜国大では基準によって中位を上下しているような状態で、他校と比べて校名でのメリットがある...

次の

【一橋大学】法学部の評判とリアルな就職先

一橋 大学 法学部

法学部 3年次の後期課程進学時に申告により、法学、国際関係どちらかのコースを選択する。 両コースはどの部門を重点履修するかが異なるものであり、学生は自身の学習計画に沿って所属コースを決定できる。 部門は、基礎法、公法、民事法、企業法経済法、刑事法、国際法、法言語論、グローバル・ネットワーク論の8部門に分かれている。 中国法、英米法をはじめとする外国法や現代的問題を扱う科目、経済学副専攻プログラムもある。 また、短期・長期の留学制度も充実している。 ゼミは法学部だけで30を超えるものが開講されており、教員1名と学生7名前後の少人数体制で構成される。 各ゼミは、調査・討論など学生の主体的活動を土台とし、多様な問題意識を持つ学生と教員とが高い水準の研究を行っている。 法学・国際関係の基礎理論を中心に扱うものや実務的・現代的な問題に取り組むもの、学外での活動が盛んなものなど、それぞれが特色ある活動を行っている。 将来の進路という観点ではおおまかに、法学コースは法曹・官公庁・私企業志望者向き、国際関係コースはとくに外交官や国際公務員、海外展開する企業などへの就職を志望する者向きといえるが、それに制約はされない。 なお、現在、法学部では法科大学院教育に接合した「法曹コース(仮称)」を設置する予定で検討を行っている。 コース新設の時期を含め、詳細については正式に決定次第、法学部ホームページに掲載する予定。

次の

【一橋大学】法学部の評判とリアルな就職先

一橋 大学 法学部

新入生の皆さん、こんにちは。 今回は履修登録モデル、法学部編をお送りします。 法曹界のエリート街道を進みたいと思っている人も、大学で思い切り遊びまくろうと思っている人も、1年の春夏学期の履修は重要です。 (今年は映像配信になるようですが) 2人の法学部の部員の過去の履修登録を紹介します! あくまで昨年、一昨年の履修登録ですので、開講する曜日が違ったり、そもそも開講されていない場合もあります。 ですので参考程度に見ていただければと思います。 (画像が部分的になってしまう不具合が生じています。 PCの場合は画像をクリック、スマホの場合は画像をタップしていただくとフルの画像がご覧になれます) 3年DB 岩崎くんの場合 とてもバランスの良い履修です。 法学部の必修科目をきちんと履修し、第二外国語はロシア語をとっています。 そして、一般教養科目を3科目取ることで全部で22単位となるように履修していますね。 そして、岩崎くんは水曜日を全休としています! 全休ができると心も体もゆっくりできる一日ができ、まさにモラトリアムな時間を過ごせます! 2年WR 上山くんの場合 上山くんも履修している科目は似ています! 法学部の必修科目をしっかりととりきり、第二外国語に加え、英語のディスカッション もとっていますね。 彼の凄いところは夏学期に13コマ入れていることです!春学期は11コマなので実質春夏で24単位とれる計算となります。 もちろん、無理する必要はないですが、まだやる気のある春夏に多めに履修してしまうと言うのもありだと思います! まとめ 法学部も他の学部と同じように、必修科目を中心に履修し、余ったところを一般教養科目で補っていくと言うスタイルが一般的だと思います。 春夏学期は映像配信となり、混乱しているかもしれませんが、むしろ自分のペースで受けられると考えれば、上山くんのようにたくさん履修するのもありだと思いますよ! 履修で何かわからないことがあったら、弊部のTwitterアカウントやLINE@などで気軽に質問してみてください!• 履修登録モデル 法学部編!.

次の