ポイントインカム 交換。 『ポイントインカム』はポイ活初心者でもできる。簡単・安全!

【ポイントインカム】一番お得な換金方法は?交換制限はあるの?

ポイントインカム 交換

ドットマネーの交換は最低1,000円から ポイントインカムからドットマネーへ交換するために必要なポイントは、 10,000pt(1,000円相当)からとなっています。 1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円分のポイントを一度に交換できます。 交換予定日は 翌営業日で、交換手数料は無料です。 何度も交換することはできず、前回の交換が完了するまでは新たに交換申請できないルールです。 ポイント交換の流れ 交換に最低限必要なポイントを持っている状態で、ポイント交換のページから申請します。 選択できるポイント数は、 10,000pt、20,000pt、30,000pt、50,000pt、100,000ptです。 交換先である、ドットマネーの口座番号が必要になりますので、番号を用意しておいてください。 交換するには「秘密の質問」が必要です。 あらかじめ設定しておいた内容を入力しましょう。 秘密の質問とは? 秘密の質問は、以下の動作の際に必要になります。 ポイントの交換申請• ポイント通帳の交換履歴を閲覧• ポイント通帳のプレゼント履歴を閲覧• プロフィールを編集 秘密の質問を設定後は、ワンタイムパスワードを入力しないでログインできるようになります。 答えを忘れないように保存しておき、しっかりと管理してください。 ポイント交換完了時刻 ポイント交換は翌営業日に完了します。 営業日は土日祝日を含みません。 平日の午前11時半頃に交換完了のメールが来ることが多いです。 交換を完了した後、正午からインカムキャッチャーというイベントに参加できます。 インカムキャッチャーとは、 1,000円以上のポイント交換を「完了」した人限定で参加できるクレーンゲームです。 毎日12:00から開催されており、ボーナスポイントの配布が 30,000ptを越えたらその日のゲームは終了となります。 ポイントが残っていても日付の変わる 0:00に終了。 参加の権利があれば 毎日12:00~23:59までインカムキャッチャーに参加できます。 平均50ptくらいのポイントが当たります。 毎回 1,000円交換したとして、増量率は 約0. 5%です。

次の

ポイントインカムからGポイントへ交換可能!ANAマイルやBAAviosにも交換できる!

ポイントインカム 交換

ポイントインカムには「トロフィー制度」というものがあります。 条件をクリアするとスタンプがもらえ、そのスタンプが5個たまると自動的にトロフィーと交換されます。 トロフィーの数が増えればトロフィーもグレードアップしていき、一番上のクリスタルトロフィーになるとAmazonギフト券500円分をもらうことができます。 今回は、ポイントインカムでAmazonギフト券をもらう方法ではなく、貯めたポイントをAmazonギフト券に交換する方法を確認していきたいと思います。 ポイントを交換してみよう マイページへ進み、左側にある「マイカテゴリー」から【ポイント交換】をクリックしましょう。 ページが表示されると、ポイントインカムで貯めたポイントを様々な交換先を利用して交換することができます。 電子マネー・ギフト券と交換のカテゴリ内にAmazonギフト券があります。 ポイント交換をクリックして、先に進みましょう。 ポイントインカムのポイントが、10,000pt以上貯まるとAmazonギフト券への交換が可能となります。 以前は、 ・交換予定日が翌営業日 ・ポイント交換の選択枠が1,000円 10,000pt と2,000円 20,000pt の二種類のみ 現在は、 ・交換予定日がリアルタイム ・ポイント交換の選択枠が1,000円、2,000円、3,000円、5,000円と4種類に増えた まだまだ交換申請は完了していません 申請フォームより手続きをすると、登録したメールアドレス宛にポイントインカムよりメールが届きます。 届いたメールに 確認用URLがあり、そのリンクをクリックしないと ポイント交換申請は完了していません! さらに、届いた確認用URLの有効期限は 30分以内です! 有効期限を過ぎてしまった場合は、キャンセル処理となり再度ポイント交換申請をやり直さないといけません。 リンクをクリックすると、その後「交換完了お知らせメール」が届きます。 そのメール内にあるリンクをクリックして、ポイントインカムのマイページ内でギフト券番号を確認します。 ギフト券番号 その後 Amazon電子ギフト券は、アマゾンのアカウントに登録することができます。 まずは、Amazonに登録されていない方は登録を、登録済みの方はサインインしてください。 ギフト券番号はハイフンを含む16桁です。 ギフト券番号を入力後、『アカウントに登録する』 ボタンを押して登録完了となります。 ポイントを貯めて、Amazonギフト券でショッピングしてみませんか? 当ブログで2019年にオススメするポイントサイトは モッピーです。

次の

【新ルート誕生】ANAマイル交換率90%!インカムルートの使い方と利用条件を徹底解説<ポイントインカムTOKYUポイント増量キャンペーン>

ポイントインカム 交換

ポイントがあっという間に貯まるポイントサイトとして人気のある「ポイントインカム」。 初回登録時にすぐポイントが付与されたりポイント還元率が高いことから、今すぐお小遣いを貯めたい主婦やサラリーマンの方に人気があります。 ポイントを一定量貯めたら、ついにポイント交換の作業を行います。 ただしポイントインカムはお得になる交換先とそうでないところがはっきり分かれるので、何も知らないで適当に交換すると「かなり交換手数料を取られた!」とがっかりすることも。 そこで今回はポイントインカムの交換先や交換時の注意点、そしておすすめの交換先をご紹介。 「ポイントインカムの交換先について詳しく知って、交換時にお得にポイントを交換したい」という方は必見の内容です。 三井住友銀行 6600 pt 500 円~、交換手数料:1600pt• おすすめの基準は、「交換手数料が無料になり、利用可能範囲もそこそこ広い。 ポイント交換先」です。 またおすすめの交換先の中には、「10ポイント=1円以上」で交換できるものも含まれています。 おすすめの交換先は後でご紹介していきます。 ポイントインカムでポイント交換するときの注意点 ポイントインカムでポイントを交換するときの注意点は、次の通りです。 交換手数料がかかる交換先も多い• ポイント交換は1日1回、1申請につき2万円まで• 交換できるポイントパターンが限られている 交換手数料がかかる交換先も多い ポイントインカムでは、交換手数料がかかる交換先も多いです。 例えば金融機関はほとんど交換手数料がかかりますし、電子マネーやギフト券ジャンルでも、油断していると交換手数料がかかってしまって損をします。 手数料がかからない、おすすめの交換先は後述します。 ポイント交換は1日1回、1申請につき2万円まで ポイントインカムでは「ポイント交換は1日1回、1申請につき2万円まで」と決まっています。 例えば「ジャパンネット銀行」にポイントを交換した場合、その日は他のポイント交換先へポイント交換申請をすることができません。 またジャパンネット銀行で2万円以上申請したくても、上限が200000ポイントになっているので不可能です。 またポイント交換完了まで他ポイント交換先への申請はできないので注意してください。 交換できるポイントパターンが限られている 「モッピー」や「ハピタス」など他ポイントサイトでは、最低交換数をクリアしていれば1ポイント単位での交換が可能です。 しかし ポイントインカムではポイント交換数をあらかじめ決められた項目から選びます。 ですから「最低交換数をクリアしているから、後は1ポイント単位で交換するポイントを調整しよう」と 思ってもできません。 ポイントインカムでポイントを交換するときは、柔軟に交換ポイント数を変更できない点にも注意してください。 ポイントインカムのポイント交換先のおすすめ 前述しましたが、ポイントインカムのおすすめポイント交換先は次の通りです。 ジャパンネット銀行• ドットマネー by Ameba この2つは特におすすめです。 「ジャパンネット銀行」は「ポイントインカムから直接ポイントを手数料無料で現金交換したい」ときの唯一の選択肢になります。 しかし 10000ポイント以上交換すれば、手数料が無料になります。 また「ドットマネー by Ameba」はポイントインカム公式ブログでもプッシュしているおすすめの交換先です。 ドットマネー by Amebaはブログサービス「Ameba」などを運営する「株式会社サイバーエージェント」が運営するポイント交換サービスで、手数料無料でさまざまな交換先にポイントを変換できます。 ドットマネー by Amebaを使えば、ポイントインカムで手数料がかかるポイント交換先でも、手数料無料で交換できます。 一度ドットマネー by Amebaへポイントインカムのポイントを交換する手間はかかりますが、「手数料無料で交換できる先を増やしたい」という方にはドットマネー by Amebaをおすすめします。 まとめ 今回はポイントインカムの交換先と交換時の注意点、そしておすすめのポイント交換先までご紹介してきました。 ポイントは次の4つです。

次の