きらきらひかりをあびて。 ヤフオク!

きらきらひかる (小説)

きらきらひかりをあびて

国内正規品です。 簡易清掃済み。 発送方法はレターパックもしくはゆうパックのみです。 当方の中古CD・DVD・Blu-ray出品に関しましては、以下の事項をご確認願います。 ・USEDですので使用感あります。 細かいことを気にされる方は入札をご遠慮ください。 ・歌詞カード・解説カード・冊子があるものに関しては、書き込み・折れなどある場合があります。 ・最初の数分を再生確認しております。 (複数枚ある場合は1,2枚程度) すべて視聴したわけではありませんのでご了承ください。 ・レンタル品・レンタルアップ品の場合は、表題に明記しております。 お渡しするものは写真に写っているものが全てですので、よくご覧になってください。 よろしくお願いします。 注意事項 落札された方は、落札後3日以内に落札者様より取引を開始してください。

次の

ひかりきらきら刈谷|活動内容|社会福祉法人 ひかりの家

きらきらひかりをあびて

激短のでセット。 髪をアップにして白タお... 概要を表示 3年、夏風、作。 激短のでセット。 髪をアップにして白タ。 で長い手足、髪の長さといい朝恋辺りに近いさのあるですが、まだどこか垢抜けない表情があり。 の活発でよく見るとあ凄くよね的なだ。 中盤ので、で駆け回りを何度も決める様子、も思い切りよく、のなら思わず懐古、た体育ののの姿の眩しさが思い浮かんでくるだろう。 的には優しめですが、で床をごろんごろん、の丸みが伸縮の子ならではの色気を感じるシーンがある。 こういう青のもいいなと思っていたら、は立女!これは期待!!.

次の

きらきらひかる (小説)

きらきらひかりをあびて

概要 [ ] 気味の妻との夫、そして夫の恋人とをめぐる3人の奇妙な三角関係を描く。 題名は、詩人の「キラキラヒカル」という詩による(第1詩集『倖せ それとも不倖せ』に収録)。 ストーリー [ ] 親のすすめで、医師の男性・睦月と見合いをすることになった笑子。 しかし、その席で2人は互いの秘密をしてしまう。 笑子はであること、睦月は者であることを。 初めは戸惑う2人だが、結婚を決めたのだった。 2人なりに穏やかな生活を営むが、早く子供をと望む周囲の声に笑子は追いつめられていく。 一方で笑子と、睦月の恋人・紺との間には「睦月を愛する者同士」としての奇妙な友情が育まれていく。 3人の幸せと、現実との折り合いとの間で苦悩した結果、笑子は睦月の同僚の産婦人科医にある突飛な相談を持ちかける。 登場人物 [ ] 岸田笑子 イタリア語の翻訳の仕事をしている。 アルコール依存気味で情緒不安定でもあり、精神科の通院歴がある。 家事はほとんどしないが、睦月から要求された唯一の家事である「シーツのアイロンかけ」だけは律義にこなしている。 岸田睦月 笑子の夫で医師。 結婚はしたものの、男子大学生の恋人・紺がいる。 心のバランスを崩しやすい笑子を懸命に支えている。 紺 もともと近所に住んでいた睦月と、中学生時代に恋仲になる。 睦月の結婚後も笑子に嫉妬するでもなく、むしろ性別を超えた友情を築く。 瑞穂 笑子の友人。 夫と3歳の息子と暮らす。 笑子に早く子供を作るように促す。 一向に笑子夫妻に子供が出来ないことを不審に思い、睦月を問いただし、睦月が同性愛者であることを知って激怒する。 柿井 睦月の同僚で産婦人科医。 生家も産婦人科であり、女性の身体に畏怖心があり、同性愛者となる。 脳外科医の男性の恋人がいる。 早く子供をと望む周囲の声に疲れた笑子から、ある突飛な相談を受ける。 樫部 柿井の恋人の脳外科医。 自分の心の問題は脳にあるのではと考えた笑子が一度受診する。 羽根木 笑子の元恋人。 奔放な笑子について行けなくなり別れを切り出す。 睦月の父 開業医。 時々睦月・笑子宅を訪ねてくる。 一人息子の睦月が同性愛者であることを気にしており、笑子との結婚にも最後まで反対していたが、笑子の人柄自体は気に入っている様子。 睦月の母 睦月が同性愛者であることを承知の上で結婚してくれた笑子には優しい。 睦月に人工授精を執拗にすすめる。 映画 [ ] きらきらひかる 監督 脚本 松岡錠司 原作 製作 出演者 音楽 主題歌 撮影 編集 岸真理 製作会社 配給 公開 上映時間 103分 製作国 言語 夫を演じたが、新人俳優賞を受賞している。 ポスターに書かれたは「 先生、私と睦月と紺、みんなの子供作れますか?」。 映画版では、わがままを言う笑子を睦月がひっぱたいてしまう、紺が笑子に嫉妬するなど、原作とは異なる描写や設定が見られる。 スタッフ [ ]• 監督・脚本:• 製作者:• 企画:堀口壽一• プロデュース:、梅川治男• 音楽:• 撮影:• 美術:遠藤光男 キャスト [ ]• 岸田笑子:• 岸田睦月:• 藤島紺:• 香山千秋:• 岸田雄造:• 岸田ゆり子:• 伊藤瑞穂:• 座間律子:• 柿井悟:• 加山忠志:• ウェイトレスA:• ウェイトレスB:• 樫部:• 評価 映画 [ ]• 第10位• 第7回(1992年度)• 最優秀主演女優賞 薬師丸ひろ子• 最優秀助演男優賞 筒井道隆 脚注 [ ]• 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』キネマ旬報社、2003年、336-339頁。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の