嵐 二宮和也。 嵐・二宮和也が“おなじみ塩対応”で「放置プレー」した「大先輩アイドル」(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

鈴木福、嵐・二宮和也からの誕生日プレゼント公開 結婚を祝福「末永くお幸せに」

嵐 二宮和也

この記事の所要時間: 約 7分 17秒 今回は、嵐のメンバーである 二宮和也さんの性格について、過去のエピソードや発言などから具体的に調べてみました。 二宮さんはよく「性格が良い」と言われているようなんですが、実際のところどうなんでしょうか? というわけで早速どうぞ。 Sponsored Link 嵐・二宮和也の性格について 二宮さんの性格等に関するエピソードを調べてみると、(当然の事ながら)良い評価と悪い評価の両方が見つかりました。 まずは簡単に主な評価について実際に見てみましょう。 ケチ(倹約家)? 嵐のメンバーはお互いに仲が良い事でも知られてます。 嵐メンバーで食事をする際には順番に奢り合っていくスタイルらしいんですが、二宮さんは財布を持ち歩かないんだそうです。 しかもその理由が 「他のみんなが凄いお金を持っているから」というもの。 「メンバーが金持ちなら自分も十分お金を持っているんじゃないか!!」といったツッコミはひとまず置いといて……二宮さんは基本的には後輩以外には奢らず、同輩以上には逆に奢ってもらうスタイルを貫いているんだとか。 そして実際には 後輩に奢るのも嫌なので、あまり会わないようにもしているそうです。 なんと……。 更には二宮さん自身、「僕はケチです」とはっきり明言している事からも、こちらの評価については疑いようがありませんね。 しかしケチなのにも何かしら理由があるはず、と思って更に調べてみたところ、こんな記述を発見しました。 「嵐もデビューした当初は売れなかった。 映画の『硫黄島の手紙』で役者と認められるまでは、明日のご飯をどうするかと考えなければいけないほど、生活が苦しいという時期すらあったんです。 いまとなっては豪遊できるだけの金を持っても決して豪遊しない。 そのときのトラウマでしょうね」 まさしく関係者は語る、といった感じ。 いくらお金を持っていても、それが減っていく事に対して心理的な抵抗感があるって事でしょうか。 しかし、二宮さんはこんな風に普段の食事などではケチる一方で、どんな場面でも常に節約してるわけではないらしく、他のメンバーへの誕生日プレゼントなどではお金を使う事を惜しまないそうです。 もちろん常に奢ってもらっている恩返し的な側面もあるとは思いますが、本当にケチだったら誕生日プレゼントすら買わないだろうと思いますので、本当に必要な場面ではお金を使うって感じなんでしょう。 何となくのイメージですが、逆に嵐のメンバーがお金に困っている場面があれば、二宮さんがお金を出すんじゃないかという気がしますね。 二宮さん実はケチじゃない説。 大のゲーム好き これは意外に思ったんですが、二宮さんは大のゲーム好きとしても知られているそうで、休日には何と 朝10時から明け方の4時までゲームをしたこともあったそうです。 休憩を挟みながらとは言え、18時間ってヤバいですね(笑) 何のゲームをしていたのかが気になります。 他にはこんなスケジュールで 1日13時間もゲームをしていた事をテレビでも告白しています。 食事と風呂とちょっとした休憩以外は全てゲーム時間に割り振られています……。 家に来た友人とのゲームが終わった後には更にオンラインゲームをやってる事もあるそうなので、二宮さんが相当なゲーマーである事がはっきり分かります。 とはいえ、嵐メンバーとして活動しているとなかなか一人になれる時間も持てないでしょうし、単純に 「心を休める時間が欲しいから一人で集中して遊べるゲームをやっている」という風に考えた方が自然かもしれませんね。 「パソコンの前に座っているときが一番落ち着く」 といった発言からも何となくその辺りの事情が窺えます。 余計な事を考えずにゲームに没頭できる時間は二宮さんにとって貴重なんでしょう。 周りの相談によく乗っている 他にはこんな一面も。 よく友達の相談にも乗っているようで ドラマ『流星の絆』で共演した戸田恵梨香さんとは 恋愛の相談をするような仲だったそうです。 恋愛相談に乗る事はこのエピソード以外にも色々あったらしく、二宮さんが周りから信頼される存在である事が分かります。 ちなみに恋愛相談をされる事はされるけど、 「ある。 でも、ただ話を聞くだけ。 己の人生の主人公は自分なんだから、自分が正しいと思う恋をすればいいと思う。 」 「相談相手が俺に当たっちゃったことで外れだね。 優しい言葉は期待しないでね。 」 と、かなりカッコいいコメントをしています。 実際、相談する人って(特に女性の場合は)アドバイスを求めているわけではなく単に話を聞いてもらいたいと思っているケースが多いそうなので、二宮さんのこの姿勢が逆に相手に安心感を与えている可能性は高そうです。 「優しい言葉は期待しないでね」と言いつつ、しっかりと相手の話を聞いているからこそ多くの人から(?)相談を受けているんだと思いますので、やはり先程の「何だかんだで周りに気を使うから一人になる時間も確保したい」説が信憑性を帯びてきます。 やっぱり良い人じゃないか! Sponsored Link 過去にいじめられていた ちょっと方向性を変えて、「何故こんな風に二宮さんが周囲に気を遣う性格になったんだろう?」と思ったので調べてみると、二宮さんが受けた過去のイジメ体験が要因の1つになっているのではないかと思います。 俺も昔、いじめられてたことがあった。 途中から標的がほかの人に移ってったけど、何も解決してない。 謝ってもらってないから、俺の中では、今でも終わってないんだ……。 本当にいじめがある世界なんて、よくないよ! 学校でも社会でも普通にある、ってことが、すでにおかしいんだよね。 「今でも終わってない」という言葉がかなり重たいですね……。 自身は友人達から相談を持ちかけられる一方、自分では悩んだ事を周りに相談しないという姿勢は「結局は自分で行動しないと解決しない」とか「悩んだって仕方がない」という風に考えている結果なのかもしれません。 二宮さんは実は 「友だちが少ない」というのでも有名ですが、「広く浅く」ではなく「狭く深く」を交友関係において重視しているだけなんでしょう。 スタッフやドラマのキャストなど 「周囲への気配りが上手い」のも、こういった学生時代の体験から出来上がった性格なのかもしれませんね。 とにかく怒らない ドラマの共演者から「なにやっても怒らない」と評されるなど、ファンからしても怒ってる姿が想像できない二宮 「二宮さんは何やっても怒んないんで好きです」 などなど、二宮さんはその「温厚さ」でも知られています。 (とはいえ 人から「無視」されると怒る事は判明したわけですが) この「怒らない」というのも、「怒っても仕方がない」という、悩みを人に相談しない姿勢と共通する部分があるのかもしれませんね。 二宮和也の性格まとめ という事で以上、二宮さんの周囲や過去のエピソードなどについて色々と見てきました。 基本的には二宮さんは「周囲に気を遣ってしまうタイプ」で、どうも交友関係が「狭く深く」であるのも、人付き合いが少なくなればその分問題が発生する確率を減らせるという考えもあるそうです。 二宮さんは昔から他人に迷惑をかけずに生きていきたいと考えているらしく、恐らくその考えも先に挙げた学生時代のイジメ体験が大きな影響を与えているんでしょう。 二宮さんが嵐の他のメンバーを引き立てる発言をしたり、 「嵐の中で潤くんや翔くんが寿司の マグロやサーモンだとすると、おれは ガリ」 といった事を話すのも、実は「目立つことによって問題が起こるのを避けたい」という気持ちも根底にあるのではないかと思います。 (この発言だけを見れば何言ってんだ(笑)ってなりそうですが) 「元々前に出たいという欲求もないし、主役じゃなくても構わない」 といった風にも話している事からも、その姿勢が垣間見えますね。 調べていくと二宮さんの行動に全て一貫性がある事が理解できて、個人的にもかなり興味深く感じました。 なんだか真面目に考えていたらあまり明るくない結論になりましたが、本来のテレビで見る二宮さんのイメージを忘れないように気をつけてくださいね!! というわけで何かの参考になれば幸いです。 それでは!.

次の

嵐・二宮和也が“おなじみ塩対応”で「放置プレー」した「大先輩アイドル」(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

嵐 二宮和也

女性霊能師に以前から心酔していた妻の元女子アナは、この女性を「マダム」と呼び、二宮さんとの結婚や入籍の時期についても逐一相談してきたという。 心酔は、ほれ込みが強くなった状態で、しばしば次の3つの要因が認められる。 1 過大評価 2 理想化 3 無批判的服従 二宮さんの妻は、この女性霊能師を実際以上に高く評価して理想化し、その助言や指示に無批判に従っているのではないか。 もっとも、3つの要因がそろうには、それなりの理由がなければならない。 この女性霊能師は高齢で、幼い頃から人には見えないものが見える特殊能力があると自称しているらしい。 しかも、仕事や結婚について的確な指示を出すため、芸能界だけでなく財界や政界にも多数の顧客を抱えているという。 なかなかやり手の霊能師のようだが、私は唯物論者なので、霊などというものを信じない。 しかし、霊が存在しないことを証明することはできない。 だから、霊の存在を信じ、人には見えないものが見えると主張する霊能師に頼る方が一定の割合で存在するのは仕方がないと思う。 ただ、実害をもたらす場合がある。 たとえば、私の外来に通院していた患者のなかには、大金を払って霊能師や占い師に相談し、かえって症状が悪化した方がいる。 そういう方の話を聞くと、人気のある霊能師や占い師は、人間観察能力に長けているという印象を受ける。 とくに「他者の欲望」を察知する能力が高く、相談者の言ってほしいことを言ってあげる傾向が強いように見える。 霊能師や占い師に頼る心理 二宮さんの妻が「マダム」と呼んで心酔している女性霊能師が仕事や結婚について的確な指示を出せるのも、人間観察能力が優れているからだと思う。 また、多くの人の相談に乗る経験を積み重ねるほど、このタイプの人はこういう反応や行動をしやすいとか、この場合はこうしたほうがいいとかいうことがわかってくるので、より的確な指示を出せるようになる。 われわれ精神科医が多くの患者を診察する経験を積み重ねるほど、このタイプの患者はこういう経過をたどりやすいということがわかってきて、より的確に助言できるようになるのと同じである。 にもかかわらず、人には見えないものが見えると主張することによって、長年の経験から得られた知見に箔をつけ、信頼させる霊能師も一部にはいるのかもしれない。

次の

嵐・二宮和也の性格は本当に良いのか?過去から分かる意外な本性とは

嵐 二宮和也

画像引用元 「ニノ」の愛称で親しまれている二宮和也は、1983年6月17日に東京都葛飾区で生まれました。 生粋のゲーマーであることが広く知られており、さまざまなゲーム機を所有し仕事の待ち時間にゲームしている姿を現場スタッフが何度も見ているそうです。 二宮がジャニーズ事務所に所属したのは1996年6月19日で、二宮のいとこが本人には内緒で事務所に履歴書を送ったことがきっかけでした。 二宮は当時ジャニーズには全く興味がなかったそうで、彼がその頃はまっていたのは野球。 オーディション当日も、野球の試合に行くつもりでオーディションをすっぽかす予定でしたが、母親の「5,000円あげるからオーディションに行け」と言われ、オーディション会場に行ったそうです。 やる気のないままオーディションに行った彼ですが、その物怖じしない態度が逆にジャニー社長に気に入られ、合格したとの逸話があります。 二宮は先輩にあまり敬語を使わないことでも有名です。 これは決して先輩への礼儀がなっていないわけではないようで、実際に彼は先輩達にとても好かれているといわれています。 先輩に敬語を使わない理由としては「距離が縮まらないから」だそうです。 「嵐」としてデビューしたのが1999年9月15日で、彼が非常にグループ想いだということも広く知られています。 「グループの嫌われ役は自分がやる」という二宮の発言もとても有名です。 画像引用元 もともと二宮の一番最初の大きな仕事は、1997年7月に出演した舞台「STAND BY ME」でした。 その翌年の元旦にも松本清張原作の「天城越え」でテレビドラマに出演しています。 「嵐」としてデビューした同じ年である1999年の4月には、二ノ宮知子原作の漫画「天才ファミリー・カンパニー」を原作としたドラマ「あぶない放課後」でW主演をつとめました。 単独主演は2003年に放映された大ヒット映画「青の炎」。 監督の蜷川幸雄から二宮は高い評価を得ています。 彼が俳優として広く認められたのは2006年に放映されたハリウッド映画「硫黄島からの手紙」がきっかけです。 同映画の監督であるクリント・イーストウッドはオーディションの際に、二宮のことを「類まれなる才能」と評価し、一部脚本を二宮に合わせて変更したほどでした。 その後もさまざまなドラマ・映画に出演し、俳優として多くの賞を受賞しています。 画像引用元 演技派俳優としても知られている二宮ですが、自身で作詞作曲をするなど音楽的才能も見せています。 「嵐」のメンバーは全員が作詞作曲できると知られていますが、特に二宮が手掛ける曲には名曲が多いと音楽関係者の中でも話題です。 2008年の東京ドームのコンサートでは、自身でピアノ弾き語りを披露するほどの腕前。 「嵐」でデビューした後、メンバーに内緒で路上ライブをしていたという話もあります。 路上ライブをしていた場所は品川駅などで、顔がバレないよううつむきながら演奏していたそうです。 「嵐」の各メンバーがはじめて各ソロ曲を披露したのが、2005年にリリースされたアルバム「One」でしたが、二宮はメンバーの誰よりも先にオリジナル曲を制作していたということになります。 二宮和也のソロ曲でおすすめ3選 作詞作曲の面でも定評がある二宮のソロ曲とは、どんな曲なんでしょうか? 彼が今まで発表してきたソロ曲の楽曲の中で、特におすすめの3曲を紹介します。 「20825日目の曲」.

次の