タラスブルバ テント。 タラスブルバのテントを使ってみた【シンプルでかっこいい魅力】

ツーリングキャンプする方!タラスブルバのテントがかっこいいぞ

タラスブルバ テント

簡単そうですが、はじめは手こずります。 どんなテントもはじめはそうだと思うのですが、うまく立ち上がりませんでした。 フライシートを立ち上げる時なんですが、メインポールをピンリングに差し込み、良さそうな位置でペグダウンしたいけどポールが自立しないので倒れてしまいます。 一人では無理でした。 あくまで仮止めなので立ちそうな場所にペグダウンするという理解なのか?ロープ(長)のペグ位置も説明書の位置がよくわからない。。。 何度か設営してなんとなくコツがつかめてきたので簡単にまとめると 1. フライシートを広げて後ろ側出入り口先端をペグで仮止め 2. ポールを組み立て、二股の先端にフライシートとロープ(長)をかける 3. ロープ(長)のペグを斜め前方に打っておく 4. フライシートを立ち上げる こんな感じかな。 説明書の図解だとロープ(長)のペグ位置が斜め後ろでそれだとポールが後ろに倒れる。 ポールフックをかける 6. 前方の出入口にリッジポールをセットしロープ(短)でペグダウン 7. 全体の形状を整えてフライシートとロープをペグダウン 8. インナーテントを吊るす 9. camp がシェアした投稿 - 2019年 5月月25日午後11時26分PDT テント外観 タープは別売りです。 横から 二股ポールにフライシートを吊ることになるので、テント内部が広く使えます。 色はカーキで落ち着いた雰囲気。 ロープに引っ張られフライシートがたわんでしまうのが気になります。 破けないかな、、、 間口左側頂点にベンチレーターがあります。 後ろ側を開放することもできます。 耐水圧は3000mmですから十分ではないでしょか。 一度雨に降られましたが、問題はありませんでした。 たわんでいるところは少し染みてました。 2019年6月にこのテントを使って大雨と強い風を体験しました。 それでもテントは大丈夫でしたよ!そのときの様子を記事にまとめているので参考までにリンク入れておきます。 前室の広さは? このテントを購入した理由はティピィテントでありながら、前室があるということ。 雨が降った時や就寝時にテント内に荷物を入れておくことができるのがいいなと思いました。 前側の出入口は両方開けることもできるし、どちらか片方を開けることもできます。 風向きやレイアウトによって自由に選ぶことができるのも良いと感じます。 無印の頑丈ボックス(大)を2つとクーラーボックスを入れても全然余裕です。 何人寝れる?インナーテント内部 このテントは3人用となっており、我が家も大人2人・小学生1人で使っています。 サイズ的にはピッタリ。 4人で寝ることも無理ではありませんが狭いです。 右が前側です。 後側は角度があるので、足元を後側にすると良いでしょう。 後側を枕にするとテントが頭に触れて気になると思います。 後側を全開放にして撮影。 ハイランダーのインフレーターマット3つでピッタリですね。 両サイドに荷物を置けます。 片方に寄せると4人も行けそうですね。 でもサイドの人はテントが気になるかも。 圧迫感あるかな。 横向きに寝ることも可能。 ピッタリ。 足元か枕元が空くので、背の高い人は横向きがいいですね。 横向きの場合は4人は完全に無理です。 テント内にポールが無いのでインナーテントの頂点部分にはランタンフックがついています。 これも何気に嬉しいポイントです。 使い勝手はどうなの? 3回使用してみてわかったことを率直に書いていきます。 良い点• インナーテント無しでシェルターとして使える。 後ろ側も開放できるので風通しが良い。 前室があるので雨が降っても安心。 紫外線遮へい率90% インナーテントはメッシュだけにすることもできるので、フライシート前後を開放することで暑い夏でも使いやすそう。 紫外線も遮へいしてくれますから。 それでも閉め切ると蒸します。 当たり前ですね。 悪い点• 説明書が分かりづらい• 付属のペグが使えない• テントへの出入りがしづらい 説明書の設営方法が何となくわかりづらいです。 これでいいのか?と何度も悩みました。 それと付属のペグは使えません。 別に用意したほうがいいです。 先端が尖ってないので入りづらいし、すぐに抜けそう。 テントの間口は低いのでかがみながら入ることになり、中央にポールがあるのも入りづらい一因です。 構造上仕方ないので慣れるしかないですね。 さいごに 感想 ティピィテントを検討する上で心配だったのが雨です。 構造上、出入りの際に雨がテント内に入るのが嫌だなぁ~と思っていました。 そんな中、タラスブルバのフォークティピィテントは前室があるので大丈夫かなと購入に踏み切りました。 色も落ち着いた雰囲気のカーキで自然に馴染む感じがします。 二股ポールでテント内を広く使えるのも気に入っています。 それでも寝室は少し狭いかなと感じるんですけどね。 寝るだけだからいいのですが。 大概の荷物は前室に置いておくことができますし、風雨で心配なときは無理して荷物全部入れちゃうことも我が家は可能です。 これが4万円前半で購入できるのですからお買い得なのではないでしょうか。

次の

タラスブルバのトンネルテント「キャタピラー2ルームシェルター6P」を使用レビュー

タラスブルバ テント

変更点 ・ ポールが曲がりにくいように、ポールに最初からアーチを入れて力の逃げ道を作っています。 (ポールの素材変更はありません) ・ 後面にメッシュパネルを設置(今まではありません) ・ 生地に難燃素材を使用している為、燃え広がりにくくなっております。 ・ パネルファスナーの仕様変更 これまではメッシュ・フライが独立したファスナーでしたが、これを一体型にしました。 これにより、フルクローズ時は、フライ・メッシュと開閉しないと 中に入れませんでしたが、一回の開閉で中に入れるようにしました ・インナーテントに 電源引出口を付けました ・全体的に少しローダウンしてます。 従来はスカートが少し浮く程度で、風があるとスカートが意味をなさないことがありました。 なので 全体をローダウンし、スカートがもう少し寝るようにしました。 これにより、 設営時のポールへの負荷も少し軽減されてます。 強風時や、横風が強い位置に設営いただくと、ポールに負荷がかかり曲がってしまったり、場合によっては破損してしまうことがございますのでご注意ください。 念のため強風に備え、付属のロープは必ずすべて張っていただき、しっかりとペグダウンしてください。 全体的に湾曲したアーチ状のテント構造であり、ご使用頂くうちに曲がり癖がつく場合があります。 外部からの力で極端に曲がってしまったり折れてしまった場合を除き、ポールの性質上使用に差し支えありません。 引用: ポールに関しては 我が家は過去の教訓から、常に全ての張り縄を張っている 実際に、我が家もカマボコテント2のが、振り返ってみると、全ての張り縄を張っていれば防げたの思えるのが2回、撤収時に1回なので、ポールの扱いに気をつけていれば防げた気がします。 その後、全ての張り縄をシッカリするようにして、設営撤収時にポールを大事に扱うようになってからポールは折れていません。 ただ、折れていませんが、そこそこ曲がっています(笑)それでも普通に使えているので、極端に曲がっていなければ使用上は問題ないです。 しなり癖が付いてくるイメージです。 さいごに タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルターIIは、前作の欠点がバッチリ改善されて、更に使いやすいテントになったと感じます。 生地が厚い• 濃い色だから遮光性が高い• 防災の備えにもなって安心。

次の

タラスブルバ 限定シェラカップ│お二人様 時々 お一人様

タラスブルバ テント

変更点 ・ ポールが曲がりにくいように、ポールに最初からアーチを入れて力の逃げ道を作っています。 (ポールの素材変更はありません) ・ 後面にメッシュパネルを設置(今まではありません) ・ 生地に難燃素材を使用している為、燃え広がりにくくなっております。 ・ パネルファスナーの仕様変更 これまではメッシュ・フライが独立したファスナーでしたが、これを一体型にしました。 これにより、フルクローズ時は、フライ・メッシュと開閉しないと 中に入れませんでしたが、一回の開閉で中に入れるようにしました ・インナーテントに 電源引出口を付けました ・全体的に少しローダウンしてます。 従来はスカートが少し浮く程度で、風があるとスカートが意味をなさないことがありました。 なので 全体をローダウンし、スカートがもう少し寝るようにしました。 これにより、 設営時のポールへの負荷も少し軽減されてます。 強風時や、横風が強い位置に設営いただくと、ポールに負荷がかかり曲がってしまったり、場合によっては破損してしまうことがございますのでご注意ください。 念のため強風に備え、付属のロープは必ずすべて張っていただき、しっかりとペグダウンしてください。 全体的に湾曲したアーチ状のテント構造であり、ご使用頂くうちに曲がり癖がつく場合があります。 外部からの力で極端に曲がってしまったり折れてしまった場合を除き、ポールの性質上使用に差し支えありません。 引用: ポールに関しては 我が家は過去の教訓から、常に全ての張り縄を張っている 実際に、我が家もカマボコテント2のが、振り返ってみると、全ての張り縄を張っていれば防げたの思えるのが2回、撤収時に1回なので、ポールの扱いに気をつけていれば防げた気がします。 その後、全ての張り縄をシッカリするようにして、設営撤収時にポールを大事に扱うようになってからポールは折れていません。 ただ、折れていませんが、そこそこ曲がっています(笑)それでも普通に使えているので、極端に曲がっていなければ使用上は問題ないです。 しなり癖が付いてくるイメージです。 さいごに タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルターIIは、前作の欠点がバッチリ改善されて、更に使いやすいテントになったと感じます。 生地が厚い• 濃い色だから遮光性が高い• 防災の備えにもなって安心。

次の