ハーゲンダッツ cm 女性。 ハーゲンダッツCMの女の子は誰?柴咲コウの降板理由とは?

真っ赤ないちごハーゲンダッツのCMの女優はだれ?名前は中条あやみ

ハーゲンダッツ cm 女性

プレミアムアイスクリーム、はCMにどんな工夫をこらしているのでしょうか。 インサイトマーケティングを提唱する桶谷功さんが、最近の変化を読み解きます。 私たちにとって馴染み深い商品を例にとりながら、その商品やCMにこめた企業の狙いを読み解いていきたいと思います。 商品開発やマーケティングなどのお仕事をしている方はもちろん、それ以外の方でも、「マーケティングとは何か」「どうすれば消費者の求めているものがつかめるか」が理解できるようになるはずです。 数年前のCMになりますが、女優の柴崎コウさんが出演するハーゲンダッツのCMを見たことがあるでしょうか。 いろいろなバージョンがありましたが、私が特に「面白いな」と思ったのは、柴崎さんがハーゲンダッツを食べる前に、さまざまな準備をするシリーズです。 シチュエーションは一日の終わり。 リラックスした部屋着姿の柴崎さんが自分の部屋の床にわざわざラグを敷き、その上に揺り椅子を運んできて置く。 部屋の明かりを落としてキャンドルをつけてから、椅子に座ってうれしそうにハーゲンダッツを食べるというものです。 そして最後に「この時間は誰にもジャマさせない」というナレーションが入る。 つまりハーゲンダッツを食べることが、大人の女性にとっての大事な「儀式」になっている様子をコマーシャルにしている。 冷凍庫から冷蔵庫に移して少し溶かすとか、食べる前にスプーンをお湯につけて温めるとか、「溶けるまでの時間も楽しみの一つとして味わう」ことを提案していた。 CMのキャラクターが柴崎コウさんから中条あやみさんに代わってからも、中条さんがお風呂でハーゲンダッツを食べているところへ、「ヘコんだ私を立ち直らせる小さな儀式」というナレーションが入るバージョンもありました。 つまりアイスクリームを食べるという行為を儀式にすることによって、消費者に、「さあ、これからこの時間を楽しむぞ」と意識させようとしている。 もしこれが、意識しないままだとどうなるでしょうか。 せっかくプチ贅沢をしようと買ってきたハーゲンダッツも、ややもするとネットの動画を見ながらなんとなく食べてしまい、気が付いたらなくなっている。 そうではなくて、「ああ、やっぱりハーゲンダッツっておいしいな」とか「ああ、幸せ」と感じてもらうための提案。 それが「儀式化」ではないかと思います。 ご存じの通り、ハーゲンダッツはアイスクリームのなかでも価格が高い「プレミアム・アイスクリーム」というカテゴリーに分類される商品です。 1984年にハーゲンダッツが日本に入ってくるまで、アイスクリームといえば50円〜100円の「子供が食べるもの」でした。 大人が食べるとしたら、家族みんなで食べるときだけ。 それをハーゲンダッツは「大人がパーソナルに食べるもの」に変えようとした。 そのためにはCMで、大人だけでアイスクリームを楽しむシーンを描く必要がありました。 そこでハーゲンダッツは、大人がおいしそうにアイスクリームを食べるところや、大人が自分のためのご褒美として食べるシーンをじっくり描くことで、「大人っぽさ」を打ち出したのです。 なぜなら「楽しい!」とか「おいしい!」を強調しすぎると、たとえ大人が出演していても、どうしても子供っぽさが出てしまう。 そうすると見ている消費者は無意識に、「それならスーパーカップでいいんじゃない」「ガリガリ君はガリガリ君で、おいしいよね」と思ってしまうからです。 しかし最近、その「高級」の定義が少し変わってきたように思うのです。 いわば「高級」というよりも、「贅沢」ということを主張するようになった。 いまは「高級=いい商品」とか、「お金がかかっている=ほしい商品」という時代ではありません。 求められているのは「高級」ではなく「贅沢」。 それでは何が贅沢かというと、モノやお金ではなく「時間」です。 働く女性にとっていちばん贅沢なことは、スケジュールに追われることなく、自分だけのゆっくりした時間を持つこと。 その時間を楽しんで幸せにひたるシーンを描くことで、ハーゲンダッツは贅沢なイメージを訴えることに成功したのです。 説明するまでもありませんが、「ほぼ日手帳」とは糸井重里さんの主宰するサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が開発・発売した手帳で、根強いファンのいる大ヒット商品です。 普通、手帳は軽量化が大事ですから、少しでも紙の使用量を減らすために、見開き2ページに1週間分、あるいは1カ月分の予定が書けるようになっています。 ところがほぼ日手帳は1ページに対してまるまる1日を割いている。 ですからかなり分厚い手帳になっています。 1日1ページもあると、単に予定を書くだけではスペースがスカスカに余ってしまいます。 そこでほぼ日手帳は、その日の予定だけでなく、イラストを描いたり、チケットの半券を貼ったり、その日に考えたことを書いたりと、自由に使うことを提案しています。 つまり、「ほぼ日手帳」とは、スケジュール管理をするための手帳とは対極にある存在。 自分を振り返ったり、日々を楽しんだりするために使う手帳なのです。 「不思議の国のアリス」に、「なんでもない日、おめでとう」という言葉が出てきますが、ほぼ日手帳はまさにその「なんでもない日を大事にしよう」という発想でつくられています。 特に何もなかった日でも、手帳を開いて今日一日を振り返る時間を持つことで、自分をねぎらう。 そこがハーゲンダッツの「儀式化」と似ていると私は思います。 ハーゲンダッツにはそのときどきの季節限定フレーバー以外にも、ストロベリー、グリーンティー、クッキー&クリームなどいろいろな定番フレーバーがあります。 そのなかでも「ああ、やっぱりハーゲンダッツ好きだわ」と思わせるものは、果たして何味か? それはバニラです。 なぜならほかの味が混ざっておらず、アイスクリームそのものの濃厚な味が味わえるから。 「これはほかのアイスクリームとは違う」と認識しやすいバニラは、ハーゲンダッツというブランドを体験してもらうのに最も効果的。 ですから「儀式化」のCMで使われているのもバニラですし、おそらくフレーバー別の売り上げも、バニラが圧倒的に多いのではないでしょうか。 私はよくスーパーの店頭で消費者がどんなふうに商品を選ぶかをこっそり観察しているのですが、若い人ほどハーゲンダッツのバニラを購入することが多い。 おそらく限られた予算のなかで食べたことのない季節限定の商品に手を出すのは冒険すぎる。 それよりは確実においしいバニラがいいと考えるのでしょう。 たまにスーパーがハーゲンダッツを安売りするときを狙って、まとめ買いをする方を観察していると、カゴに入れた10個のうち5個がバニラ、ということが何度かあります。 おそらく現実のシェアもこれと近いのではないでしょうか。 あまり褒められたことではないかもしれませんが、どうせ手持無沙汰だし、イライラしながら待つよりは、何がどういうバランスでカゴに入っているかを分析することは、マーケティングセンスを磨く格好のトレーニングになります。 見ていると、人間はけっこうアンバランスな買い物をするものだということがわかってくる。 加工品に関してはまったく無頓着な、素材重視の人なんだな」 というように、だんだんその人の消費傾向が読めるようになってくる。 こんなふうにマーケティングセンスはいつでもどこでも磨くことができます。 そうやって培ったセンスを、ぜひご自身のビジネスに生かしていってほしいと思います。 ---------- 桶谷 功(おけたに・いさお) 株式会社インサイト 代表取締役 大日本印刷、外資系広告会社J. ウォルター・トンプソン・ジャパン戦略プランニング局 執行役員を経て、2010年にインサイト社設立。 初著『インサイト』(ダイヤモンド社)で、日本に初めてインサイトを体系的に紹介。 商品開発・ブランド育成などのコンサルティングを行っている。 ---------- (株式会社インサイト 代表取締役 桶谷 功 構成=長山清子) 外部サイト.

次の

ハーゲンダッツCM女優の中条あやみが可愛い!CM曲の題名や歌手も調べてみた

ハーゲンダッツ cm 女性

中条あやみさんはカワイイ系とキレイ系の両方を持っていますね!CM「気持ち上がる」篇では、花束を手に帰宅したあやみさんが無邪気な笑顔で嬉しそうに踊ります。 ベッドの上を花びらまみれにし、閉まってあった服もベッドに投げ捨て、ハーゲンダッツ片手にそのままベッドに倒れこむというCMです。 しかし、 「なぜベッドを最初に汚すのか?」と疑問に思った方がいるかもしれません。 公式の動画説明によると、 好きなものだけに囲まれてハーゲンダッツを食べることはときめきの時間だから、らしい。 好きなもの=服、花、そしてハーゲンダッツ・・・ということのようです。 花束を抱えて嬉しそうに帰ってきた中条あやみさんが、本当に好きなものだけに囲まれてハーゲンダッツを食べる。 そんな「ときめき」に満ちた自分だけの時間を描きました。 それにしても、後片付けが大変そうですね! クリスピーサンドのCMでは着物姿を披露 クリスピーサンド『抹茶フォンデュ』篇では、着物姿の中条あやみさんが女子会をやっています。 「めっちゃ、めっちゃ、まっちゃ濃い(笑)」 とダジャレを言います。 まぁ、ダジャレのことは置いときまして・・・。 他のCMで盆踊りをしていたときも着物を着ていましたが、やっぱり着物姿も美人! 暑い夏にはやっぱりアイスですね。 CMを見ていると特に欲しくなってきてしまいます。 2016年ブレイク女優の中条あやみさんの成長と活躍に、これからも期待していきたいと思います。 クリスピーサンドのCMは他にも『ロイヤルミルクティー』篇、『キャラメルクラシック』篇、『タヒチバニラ』篇とありますので気になる方はチェックしてみて下さいね。

次の

ハーゲンダッツのCMに出演する和服美女は誰?純日本美女な雰囲気なのに実はハーフ!?

ハーゲンダッツ cm 女性

スポンサードリンク ハーゲンダッツのCMのキャラクターが変わりましたね。 歴代には水原希子さんや柴咲コウさんが務めていました。 2011年から柴咲さんがイメージキャラクターに変更して以来、特に売上が急増したそうですよ。 商品の売上を左右するほど大切なCM。 柴咲さんに代わって選ばれた女性も、美人なんですよね~。 今回は… ・ハーゲンダッツの2017CMの女優は誰? ・お風呂で泣く女性は中条あやみ! 気になるこんなコトについて、調べていきたいと思います。 ハーゲンダッツの2017CMの女優は誰? 新CMの女優さんも目がパッチリ!! 可愛いというよりも、美人系ですよね。 CMを見てハーゲンダッツを食べたくなった人も多いのではないでしょうか? スポンサードリンク ハーゲンダッツCMの女性は中条あやみ! 2016年よりハーゲンダッツのCMキャラクターを務めるのは今急上昇中の女優! 中条あやみさんです。 最近話題のCMに多数出演している売れっ子なんですよ。 ポカリスエットや ドコモdポイントのCMにも起用されていました。 そんな中条さんが俳優の 東出昌大さんと似ていると話題になっています。 女優の杏さんと結婚した東出さんです。 性別を超えて似てるって珍しいですよね。 父親がイギリス人・母親が日本人。 趣味・特技は、英語とヴァイオリン、水泳。 この容姿で 関西弁も 英語も話せるんですよ~。 ギャップにやられちゃいそうです。 家での様子はというと… イギリス人の父親は英語で話して、中条さんは関西弁で返すんだとか。 日常会話程度のリスニングは結構できるらしいですよ。 デビューのきっかけは2011年に「Seventeen」の専属モデルオーディションに応募し、ブランプリに選ばれたこと。 ドラマ・映画・CM・タレントとモデル以外にも幅広く活動していて、今人気急上昇中なんですよ。 中条さんはハーゲンダッツのCMではお風呂に長時間入っていたので、大変だったとのこと。 泣きの演技や食べる演技も大変そうですが、長時間お風呂に浸かっているのも辛そうです。 ハーゲンダッツのエピソードは、 「自分へのご褒美。 疲れた時や落ち込んだ時によく食べます」 「ハーゲンダッツは小さいころから憧れのアイス。 とても光栄です」 わかる~って感じですね。 ハーゲンダッツは特別感がありますから。 まだ名前を知らない人も多いかと思いますが、このCM起用で一気に名前と顔が認知されそうな気がします。 英語も話せるそうなので、今後もさらに幅広く活躍できそうですね。 期待の大型新人です! 以上、「ハーゲンダッツの2016新CMの女優は誰?」について調べました。

次の