かんな と あきら 最新。 和kitchen かんな (和キッチン かんな)

かんなあきらの年収2017年最新版!かんあきの本名や漢字、年齢、誕生日は?

かんな と あきら 最新

チャンネル登録者数は80万人を超えているので、 視聴回数もかなりの回数になっているのではないでしょうか。 Youtubeでは、視聴回数の10分の1程度の広告収入が入るといわれています。 かんなあきらCHANNELは、一日に200万回ほど再生されているみたいで、 収入は1日だけで数十万発生しているそうです。 そのことを考えると、年間の収入は 1億に達するのではないかとも いわれているくらいです。 まだ中学生にもなっていない年代なのにこれだけ稼ぐなんて すごすぎですね笑 スポンサーリンク かんなあきらの父親やお母さんの噂も! 最後に、かんなちゃんとあきらちゃんの父親やお母さん、 両親について書いていこうと思います! まずは、かんなあきらの お母さんについてです。 かんなあきらのお母さんはブログの運営や ツイッター、チャンネルの運営などをやっているみたいです。 ツイッターは結構な頻度でつぶやかれているみたいです。 ブログもそこそこ更新されているので 気になる方は見てみてはいかがでしょうか? かんなあきらの姉妹たちの生活の一端を見ることができると思います。 次に、かんなあきらの 父親についてです。 かんなあきらさんのお父さんは 熊本市で看板屋をやっているそうで、 「 有限会社 住吉工芸社」 を運営しているそう。 父親も「kougeisha」というチャンネルを運営しているみたいで、 料理したり、家族で出かけたり、かんなあきらとおもちゃで遊んでいる様子が 投稿されているみたいです。 気になる方はそちらのほうも見てみてはいかがでしょうか! それでは最後までお読みいただきありがとうございました! スポンサーリンク.

次の

【動画】かんなとあきらのいちにち ☆水曜日は英会話の日☆ベッド紹介

かんな と あきら 最新

フリーアナウンサー・小林麻耶の夫で、タレントの「あきら。 」こと國光吟氏が親友に告発されたと、7月25日発売の「女性セブン」が報じた。 昨年7月に麻耶と結婚した当初、あきら。 の職業は「宇宙ヨガ講師」などと報じられていた。 記事によると、あきら。 は患部に手をかざし、「エネルギーを感じるでしょう」などと言いながら施術を行っていたが、まったく効かないケースもあったようだ。 あきら。 しかも、当のあきら。 はテレビで宇宙パワーを否定。 真偽のほどはいまだに不明だ。 一方で、こんな美談もある。 7月23日発売の「女性自身」が、あきら。 が麻耶の実家で暮らしていることを伝えた。 実家の母を1人にしたくないという麻耶の気持ちを考慮し、あきら。 は義母と3人で暮らすことを提案したというのだ。 あきら。 が実家に入れば、今年5月末に芸能界復帰を宣言した麻耶も、安心して仕事に専念できる。 同時にあきら。 もタレントデビューしたが、まだそれほど仕事はなく、実家にいる時間も長くなるはずだ。 あきら。 が実家にいれば、麻耶も安心できるだろう。 そのあきら。 「あきら。 のブログやインスタグラムを見ると、麻耶と一緒に料理教室に通っていたことがわかります。 すでに卒業したようですが、パンナコッタなども器用に作っていて、料理の腕は相当上がったと思われます。 家族思いのあきら。 のことですから、麻耶の母親にも手料理を振る舞うはずです」(芸能記者) 麻耶の大切な母親のためにも、宇宙ヨガに関する醜聞は早めに鎮火を。 (石田英明).

次の

かんなあきらあさひぎんたは無事!熊本震度7地震、人気YouTuber安否は?!

かんな と あきら 最新

親子ユーチューバーとして国内屈指の影響力を持つアカウントを運営する一家が初めてメディアの取材に応じました。 スポンサーを受けない理由や、親子で動画作りをする意味について聞きました。 かんなさん(10)、あきらさん(8)が主に出演し、2人は「かんあき」などと呼ばれています。 最近ではあさひさん(3)、ぎんた君(1)も登場しています。 このほかにライブ専門チャンネルなど一家で計4チャンネルを持ち、新しい動画が投稿されたときに通知を受け取ることができるチャンネル登録者は計約240万人に達しています。 ファンだったブロガーが紹介したデジタルカメラの部品を買って「よかったですよ」とコメントしたところ、「僕も購入を考えます」との返答。 自分で買って紹介していたと思っていた忠昭さんはショックを受けました。 「子どもたちに同じ思いをさせたくない」と原則スポンサーを受けないことにしました。 あるメーカーのチョコレート味の即席焼きそばをライブ中継で紹介したとき、かんなさんは「焼きそばの味はしないし、スイーツとしても変な味がする」と辛口のコメントをしました。 商品の提供を受けないことは、子どもたちの自由な発言を守ることでもあると忠昭さんは考えています。 視聴者と電話で会話する様子をライブ中継する投稿では、通話を希望する人たちから忠昭さんが無作為に選びました。 選ばれた2人はともに千葉に住む15歳と17歳の女性でした。 「子どもやその親以外の世代にも見てもらえていることがわかり励みになった」と振り返ります。 このライブ中継では、複数のカメラを使いました。 視聴者との会話が始まったとき自分しか映ってないことに気づいたかんなさんは「(あきらさんと2人が映る)メインカメラにかえて」と忠昭さんに要求しました。 「娘は自分の作品だと認識してカメラに向かっている」と忠昭さん。 子どもの動画をめぐっては、意図しない形で公開されてトラブルになったケースも出ています。 もし、かんなさんに将来、「恥ずかしいから動画を消して」と言われたら? 忠昭さんは「隠し撮りした動画を投稿しているわけではない。 内容は子どもがやりたいことを聞いて家族で決めており、カメラを向けた瞬間に娘たちは自分の作品だと思って撮影に臨んでいる。 だからそれはないと思う」と語ります。 あきらさんはダンサーだ。 =熊本市内の自宅 出典: 朝日新聞 成長を感じるときも 撮影の場以外でも娘の成長を感じる瞬間があったといいます。 動画の投稿が始まったころ、かんなさんがはじめて受けたバレエ教室のレッスンでの出来事です。 他の子どもたちは保護者と一緒に教室の真ん中で恥ずかしそうにしていました。 一方かんなさんは「それじゃ、行ってくる」と一人で元気に教室に向かっていったそうです。 「動画制作で物おじしなくなった。 胸がキュンとなりました」と忠昭さんは語ります。 昨年は、親子で動画投稿をしていてよかったと思う時も。 「6歳の娘がいじめに遭ってご飯も睡眠もとれなくなり笑わなくなってしまった」という母親から「今日、かんなちゃんとあきらちゃんの動画をみて半年ぶりに笑ったのです。 これからも娘に笑顔を届けてください。 本当にありがとう」というコメントが届きました。 この投稿には、家族全員が喜んだそうです。 「ユーチューブは子どもたちや私たちが撮影を通じて成長する場。 スターになるためや収入を得るためだけじゃない」 「最初から全世界に発信せずに身近な人に限定公開するだけでもいい。 現在80カ国以上で数百万人が動画から収益を得ており、年間10万ドル以上を稼ぐチャンネル数は、昨年7月時点で前年比50%増えている。 ユーチューブでは13歳未満に対し、投稿に必要なアカウントの取得を禁じており、子どもは家族での利用が前提となっている。 「かんあきチャンネル」の動画は主に母親のめぐみさんが撮影する=熊本市内の自宅 撮影は業務用のデジタルビデオカメラを使う=熊本市内の自宅 クオリティの高い動画に仕上げるためには2台の照明が必要だという=熊本市内の自宅 撮影に使う机ではかんなさんとあきらさんが宿題もする=熊本市内の自宅 「かんあきチャンネル」の(左から)、めぐみさん、かんなさん、あきらさん、忠昭さん=熊本市内の自宅 かんなさん(左)の将来の夢はファッションモデル。 あきらさんはダンサーだ。 =熊本市内の自宅 かんなさん(左)とあきらさんは宿題も一緒にする仲良し姉妹だ=熊本市内の自宅 かんなさん(左)とあきらさんは専用チャンネルでライブ中継にも出演する=熊本市内の自宅 撮影や編集の技術はほぼ独学という忠昭さん=熊本市内の自宅 めぐみさんは動画の編集、コメントの返信もする=熊本市内の自宅 「かんあきチャンネル」は海外からの視聴者が3割。 いつか交流するのが夢だ=熊本市内の自宅 かんなさん(右)、何のポーズ?=熊本市内の自宅 おすすめ記事(PR)•

次の