ケイジとケンジ ネタバレ。 ケイジとケンジ 所轄と地検の24時|4話ネタバレと感想。恋愛経験ゼロの小学生検事が出した答えは?

ケイジとケンジ|最終回(9話) ネタバレ感想【豪太ありがとう!!】3/12|DRAMARC

ケイジとケンジ ネタバレ

横浜桜木署の刑事課にテレビ番組の密着取材が入ることになった。 刑事課のメンバーはカメラを意識して何かとカッコつけるが、大した事件の通報もなく、空回り感が否めない。 そんなとき、仲井戸豪太(桐谷健太)が放火の通報を受け、刑事課メンバーは大張り切り。 ところが密着カメラを従えて現場へ駆けつけると、被害状況はマンションに置いてあった原動機付自転車の前輪が燃えただけ…。 取材班も刑事課メンバーも急速に興味を失い、豪太ひとりに現場を任せて帰っていく。 やがて原動機付自転車の持ち主・太郎丸直樹(大東駿介)が帰宅。 豪太が事情を説明し、犯人に心当たりがないか尋ねると、太郎丸は2カ月付き合って別れたという元カノ・石田貴理子(阿部純子)の名前を挙げる。 一方、みなみに一方的な恋心を寄せる検事・真島修平(東出昌大)は、彼女に3カ月前まで恋人がいたことを初めて知り、ショックで心ここにあらず…。 しかもよりによって、素直に放火を認めて送検されてきた貴理子を担当するよう命じられ、被害者である太郎丸からも聴取することになったのだ。 そんな中、捜査は思わぬ方向へと舵を切りだす。 器物損壊罪か放火罪かを見極めるはずが、それ以上の罪の可能性も見え隠れしはじめ…! (公式HPより引用) スポンサーリンク 【ケイジとケンジ】4話のネタバレ 放火された原付の持ち主は、太郎丸直樹でした。 自宅に帰ってみなみにそのことを伝えると、急に興味を示していろいろと聞いてきました。 太郎丸と石田貴理子との関係やどれくらいの期間を付き合っていたのかなど。 みなみの態度から豪太はピンときました。 台所から元彼の箸を取り出して、みなみが同棲していたのは太郎丸直樹ではと豪太は尋ねました。 「 ああ、そうや。 そのとおりや」とみなみはあっさり認めました。 これにはさすがの豪太も驚いていました。 みなみの怒りが収まりません。 太郎丸がみなみと2年も同棲していたのに、みなみと別れてから1週間で別の女性と付き合っていたためでした。 その頃、豪太は貴理子の取り調べを行っていました。 スマホの位置情報から、貴理子が太郎丸のマンションに立ち寄っていたことがわかりました。 最寄り駅の防犯カメラにも貴理子の姿が映っていました。 その映像は、原付が燃えた15分後のものでした。 さらに、貴理子の自宅からライターが発見されました。 貴理子は煙草を吸わない上、事件の前日に購入していました。 証拠を突きつけた後、豪太は貴理子に太郎丸の原付に火を付けたのかを聞きました。 貴理子は犯行を認めました。 豪太は係長にこのことを報告しました。 この日はテレビ番組の密着取材が行われていたので、刑事課のメンバー全員が思いっきりカメラを意識して格好を付けていました。 豪太が小料理屋で食事をしていると、修平がやって来ました。 修平は元気がありませんでした。 それは、みなみに3カ月前まで恋人がいたことを知ったためです。 豪太は、修平にみなみの元彼と近々顔を合わせることになるかもしれないと言いました。 元彼の太郎丸は原付を燃やされた被害者で、その犯人が明日送検されることを修平に伝えました。 それを聞いた修平は、自分は担当しないと言いました。 しかし、修平は樫村からその事件の担当を任されることになりました。 そのことを聞いた修平は泣きながら、樫村に太郎丸はみなみの元交際相手であることを告げました。 事件の当事者と関係を持つ事務官は捜査に関わってはならないのが原則ということで、みなみは今回の事件を外されました。 修平が貴理子の捜査を始めました。 事件の概要を話した後、これに間違いはないかと尋ねました。 貴理子は間違いないと認めました。 太郎丸が付き合って欲しいと言ってきたのに、いきなり別れたいと言われて、貴理子は訳がわからなくなったと言います。 貴理子が太郎丸に理由を聞くと、気持ちが冷めたからと言われたそうです。 修平は、放火の重大性を貴理子に伝えました。 みなみは、検察のロビーにやって来た太郎丸と偶然会いました。 2人はもう別れたのに、太郎丸はみみなみに馴れ馴れしく話しかけてきます。 しばらくすると、時間に遅れると言って中に入っていきました。 みなみは、どうして太郎丸と付き合ってしまったのかと後悔します。 修平は、今度は太郎丸から話を聞きます。 太郎丸を にらみつけながら話しかけます。 告訴するかどうかを聞かれた太郎丸は 告訴すると即答します。 修平がその理由を聞くと、太郎丸は3週間前に別れ話を切り出した時の話をしました。 修平は貴理子に気持ちが冷めたので別れて欲しいと告げました。 貴理子はそれなら仕方ないと、別れることに応じてくれました。 その後、太郎丸が貴理子のマンションを出た時、上から植木鉢が落ちてきました。 貴理子の部屋にあったのと同じ花だったと言います。 修平は、豪太に貴理子のことを詳しく調べるように言いました。 結果次第では、原付の放火の罪の大きさが変わってくるというのです。 その後、修平は豪太に みなみは太郎丸のような男性が好みなのかと尋ねました。 豪太は、修平とは 真逆のタイプと答えました。 何度も真逆と言われた修平はぶち切れて電話を切ってしまいました。 みなみは、修平に貴理子が植木鉢を落とした可能性があると伝えました。 先日、修平の取り調べが終わった貴理子とみなみはすれ違いました。 その時、みなみは怖いと感じました。 怒りを抑え込んだような血走った目をしていたというのです。 豪太は、貴理子のスマホの通話記録を調べました。 すると、ホストクラブが出てきました。 豪太はそのホストクラブに行ってみることにします。 貴理子は最近は来ていないようですが、以前は常連だったと言います。 ホストは、貴理子のことをいろいろ教えてくれました。 以前、貴理子が自分を捨てた男性に植木鉢を落として復讐していたという話を聞いたそうです。 しかも、その植木鉢は男性に命中していました。 豪太は、ホストにそれはいつ頃の話かを聞きました。 豪太は、その男性にも話を聞きました。 不思議なことに、その男性は風が強かったので植木鉢が飛んできたということをやたらと強調します。 挙げ句の果てには、貴理子のことは知らないと言い出します。 豪太は、貴理子とその男性が付き合っていたことを知っていたので、本当のことを話すように言います。 その男性は既婚者であるにもかかわらず、貴理子と付き合っていました。 別れを切り出した日にその男性に植木鉢が落ちてきました。 貴理子の仕業だと思ったそうですが、それを警察で証言すると、浮気がバレると思って何も話さなかったのです。 豪太からこれらのことを聞いた修平は、樫村に貴理子の行為は悪質であると伝えます。 しかし、目撃者も物証もないことから、樫村は罪には問えないと言います。 今回は器物損壊罪か放火罪かという選択肢になりそうですが、樫村は修平に自分で考えるように言います。 豪太と修平とみなみは、ビールを飲みながら貴理子の事件について語り合いました。 豪太は、単に法に照らし合わせて貴理子に罰を与えることに反対でした。 これでは、貴理子はまた同じことを繰り返してしまいます。 豪太は、このことを修平にも考えて欲しかったのです。 翌日、修平は貴理子を起訴することにしました。 罪名は、 現住建造物等放火未遂罪でした。 その後、修平は次のように言います 「あなたが犯罪者として裁かれるのはこれが最後になって欲しい」 「あなたは自分の犯した罪を心から反省し、2度と同じ過ちを犯してはならない」 今までの修平ならここで終わりそうです。 しかし、修平は昨日豪太らと話したことを自分なりに考えて、貴理子に次のようなアドバイスをします。 本音を語れる同性の友達を作ること• メールも電話もほどほどにすること• 部屋には植木鉢は置かないこと このアドバイスが貴理子の心に響きました。 貴理子は涙を流して、修平に感謝の気持ちを伝えました。 そして、 貴理子は植木鉢を落としたことを認めました。 【ケイジとケンジ】4話の感想 修平は、みなみが同棲していたことを知ってかなり落ち込んでいました。 周りは知っていたのに、修平だけが知らない当たりはいかにもという感じがします。 みなみとのことで一喜一憂する修平は見ていて飽きませんね。 豪太と修平は、最初は顔を合わせるたびにケンカばかりしていました。 しかし、最近はそれほどケンカすることもなく、息が合ってきたように感じます。 適度な言い合いはありますが。 意外と、2人は名コンビになれそうですね。 SNSでは、さまざまなコメントが上がっています。 粘着恋愛体質の犯人に恋のアドバイスする検事。 ケイジとケンジ、超面白いじゃん。 — ペロリ perogry 「ケイジとケンジ」面白いのに別の意味で話題になっててかわいそう。 ドラマ好きとしては純粋にドラマを楽しみたいね。 次のようなものがよく目に付きました。 「東出さんのセリフが自分のことを言っているようで笑ってしまった」 「ドラマの内容を東出さんに寄せにいっているの?」 はネタの宝庫! — 花形 右京 ukhanagata 【ケイジとケンジ】4話の視聴率 今回の平均視聴率は、 8. 3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。 前回は2ケタに戻ったのですが、今回は大きく下がってしまいました。

次の

ケイジとケンジ9話最終回あらすじネタバレ動画・半グレ集団を壊滅に成功!|みやびカフェ

ケイジとケンジ ネタバレ

女子力が低くて恋愛方面はてんでさっぱり…な横浜桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)は職業を偽り、頑張って女子っぽさを意識しながら合コンに参加。 ところが、ついつい刑事のさがが前面に出てしまい、残念な感じに…。 女の幸せを見失い、落ち込みながら帰途につく。 そんな中、コンビニで強盗事件が発生した! 逃走した犯人・半田(長谷川朝晴)を逮捕したひかるは、取り調べもスムーズに終え、無事に送検。 仲井戸豪太(桐谷健太)ら刑事課の仲間も彼女のファインプレーをたたえ、警察の捜査は大団円を迎えたかに見えたが…。 その直後、捜査は振り出しに! というのも、横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が半田を単独犯として起訴しようとしたところ、調書を読んだ部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)の表情が一変。 捜査のやり直しを命じたのだ。 再捜査の指令を受け、ひかると目黒元気(磯村勇斗)が入手した一枚の運転免許証データを見た豪太らは、我が目を疑う。 (公式HPより引用) スポンサーリンク 【ケイジとケンジ】6話のネタバレ ひかるは合コンに参加しました。 刑事とわかると男性はドン引きするため、友達の会社の受付嬢ということにしました。 しかし、ひかるは刑事なので、法に反することは許せません。 男性が高速道路で車をぶっ飛ばすと言うと、ひかるはいきなりキャラが変わって「 はい、お前らアウト」と叫んでしまいます。 ひかるは、田口が勤務に就いている桜川橋交番にいました。 肝心な時に刑事が出てしまって、この日も合コンが大失敗に終わったことをグチりまくります。 その時です。 無線でコンビニ強盗が発生したという情報が入りました。 コンビニの店長が投げたカラーボールが命中したため、犯人には塗料が付いています。 ひかるは無線で言っていた場所に急行します。 塗料が付いている男を見つけ、ひかるは見事に取り押さえました。 逮捕された男の名前は半田二郎と言います。 ひかると豪太が取り調べます。 二郎はギャンブルで負けてお金がなくなったため、強盗を行ったと言います。 二郎は送検されることになりました。 修平が二郎から話を聞きました。 その後、修平は店内の防犯カメラの映像と本人の自白により、起訴することにしました。 樫村にその旨を伝えると、樫村は半田の兄・一郎は事件に関係ないのかと尋ねます。 修平は関係ないと判断したことを伝えます。 しかし、樫村は、どうしてそう言い切れるのかと言います。 一郎にそそのかされて犯行に及ぶなど、一郎が二郎の犯行に関わっている可能性があるというのです。 修平はひかるに一郎の話を聞きたいので、一郎を探すように指示します。 ひかるは、二郎の単独の犯行なのではと聞きます。 すると、修平は先ほど樫村から言われたことをそのままひかるに言います。 顔つきまで樫村とそっくりでした。 ひかるは、修平に怒られたことを豪太らに伝えます。 そして、ひかるは一郎のことを調べに行きました。 目黒はひかるを手伝うことに。 みなみは、修平にひかるへの言い方がきつすぎると言います。 修平がいろいろと言うので、みなみから「 しつこい」と怒られてしまいます。 言い過ぎたというみなみは、その後 口を閉じるように言います。 豪太は、目黒はひかるに気があると多胡と桂に言います。 多胡は、風紀が乱れるため、同じ職場での恋愛はあまりよくないというのです。 しばらくすると、2人が帰ってきました。 ひかるは、一郎の運転免許証のデータをみんなに見せます。 全員が驚きます。 豪太は検察に行って、修平に一郎と二郎について話をします。 2人の免許証のデータを修平に見せます。 顔がまったく同じでした。 2歳年齢が離れているので、双子ということはありません。 豪太は、もう一つ驚くことがあると言います。 二郎の過去の運転免許証のデータも見せます。 2つの二郎の顔写真がまったくの別人でした。 修平とみなみはどういうことかさっぱりわかりませんでした。 そこで、豪太は次のように説明しました。 ひかるが逮捕したのは一郎です。 二郎は過去の免許証のデータの人物です。 ただ、一郎が二郎になりすまして免許証の更新をしたのです。 そのため、二郎の免許証の顔写真が一郎になっているのです。 ここで問題なのは、本物の二郎がどこにいるかということです。 豪太は、二郎が行方不明であることを伝えました。 修平は、警察にいる一郎の話を聞くことにしました。 そこで、豪太に「 取調室を開けるように電話して」と言います。 すると、豪太は「 電話をしてくださいやろ」と返します。 「 検事の指示です」という修平に、豪太は「 俺はみなみの兄貴やぞ」と言います。 みなみは「 関係ないでしょ」と言いますが、修平は「 電話してください」と言い直します。 豪太は「 めちゃめちゃ関係あるやないか」とツッコみます。 取り調べが始まります。 修平は、一郎と二郎の免許証のデータを見せて、一郎なのではと尋ねました。 すると、一郎であることを認めました。 修平は、どのようにして免許の更新を行ったのかを聞きました。 一郎は、痩せたと言えば、うまくなりすますことができたというのです。 二郎はぽっちゃりしていますが、痩せても一郎のような顔にはなりません。 豪太らはよく更新できたと驚いていました。 一郎は、自分の免許証は免停だったので、二郎になりすましたのでした。 修平は、このようなことして二郎にすぐバレるとは思わなかったのかと聞きます。 それとも、二郎はもう帰ってこないとでも思ったのかと言います。 豪太は修平のこのような回りくどい言い方に我慢ができず、取調室に入って「殺したんだろ」と言い放ちます。 すぐ後から入ってきたひかるは「殺したりなんかしてませんよね」と豪太とは正反対のことを言います。 修平とみなみは、2人に入ってくるなと怒ります。 この後、4人は一郎を質問攻めにします。 修平は二郎が死んでいるかもしれないので、警察に遺体を探すように指示します。 ひかるは生きているかもしれないと返します。 みなみも、生きているかもしれないと思って捜査した方がよいと言います。 そこで、修平は二郎の所在を確認するように指示を変えました。 一郎と二郎が3年前まで住んでいた家を調べることにしました。 すると、台所から血痕が見つかりました。 床下には骨がありました。 修平は改めて一郎と話をします。 血痕は二郎の鼻血だというのです。 殺人の可能性が高いということで捜査一課がやって来ました。 床下で見つかった骨は鳥の骨でした。 ただ、別のところの床下には掘られた形跡がありました。 二郎の遺体が埋められているのかを確認することにしました。 豪太は床下を掘って確認します。 ひかると目黒は聞き込みを行います。 あちこち聞いて回りますが、二郎に関する情報は出てきませんでした。 粘って聞き込みを行っていると、ついに二郎の居場所が判明しました。 二郎は橋の下で ホームレスになっていました。 ひかるはうれしくて二郎に抱きついて泣きます。 その時、二郎は鼻血を出しました。 結局、一郎は二郎を殺害していませんでした。 修平は樫村に叱られると嘆いていると、署長が修平を怒らないように話してくれることになりました。 この時、樫村は反省していました。 実は、修平に一郎が事件に関わっているかもしれないと怒った時、樫村は将棋で負けて虫の居所が悪く、冷静な判断ができなかったのです。 冷静な今なら、あの時のような指示は出さなかったというのです。 修平は、一郎に コンビニ強盗、免状等不実記載罪、有印私文書偽造、同行使及び詐欺で起訴することを伝えました。 一郎はタイムカプセルのことをまったく覚えていませんでした。 みなみが手紙を読みます。 その手紙には、30年後の自分は弟と仲良く、仕事は順風満帆で家族に囲まれて幸せに暮らしていることが書かれていました。 しかし、今の一郎にはどれもあてはまりませんでした。 その後、免状等不実記載罪に関して当事者の話を聞くために、二郎が検察にやって来ました。 二郎と一郎が会いました。 一郎は手錠をはめられています。 二郎は、一郎にいつでも帰ってくるように言います。 それに対して、一郎はその前に二郎が家に帰ってくるようにと返します。 そして、ホームレスの二郎は自分のようにきちんと生きると約束するように言います。 そのように言われた一郎は、約束すると答えます。 その場にいた豪太とひかるはあきれて笑っていました。 この様子を遠くから見ていたみなみは感動して涙ぐんでいました。 【ケイジとケンジ】6話の感想 今回は、大事件に発展すると思われましたが、そこまで大きくはなりませんでした。 もちろん、事件は小さいに超したことはありませんが、少し拍子抜けしました。 コンビニ強盗など犯した罪はかなり重いのですが、一郎と二郎のキャラのせいで、まったくそのようには思われませんでした。 豪太と修平、みなみの3人の掛け合いは楽しいですね。 修平が豪太に電話してと言ったことから始まった部分は最高ですね。 最後には豪太のツッコミまで入っています。 SNSでは、さまざまな声が上がっています。 かわええなぁ。 9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

次の

「ケイジとケンジ」1話ネタバレあらすじと感想考察や次回予測!犯人は高校教師時代の教え子だった!

ケイジとケンジ ネタバレ

Contents• tv-asahi. 元カレのバイクに放火する貴理子 「警察密着24時」というテレビ局の取材がくることになり、張り切る刑事課のメンバー。 そんな中、放火の通報が入り、取材班と一緒に現場に向かう豪太たち。 ですが、バイクの前輪が燃えただけで大きな被害はなく、消火も終わっていました。 豪太一人でバイクの持ち主が帰るまで待っていると、持ち主が帰ってきて事情を話します。 驚く被害者でしたが、犯人に心当たりはあるかと聞くと、元カノの貴理子の名前を出すのでした。 家に帰りみなみに事件の話をすると、被害者の太郎丸という名前に食いつきます。 事件の詳細に対する意見を聞いていた豪太は、 太郎丸がみなみの元カレだと察するのでした。 太郎丸はみなみと別れてから1週間後には貴理子と付き合っていましたが、貴理子のストーカーばりのしつこさにうんざりし、別れを切り出したのでした。 貴理子を呼び出して取調べをした豪太は、スマホの位置情報から現場のマンションに行ったことが判明したことや、最寄りの駅の防犯カメラにも映っていたことを指摘します。 すると、 太郎丸にフラれた腹いせに放火したことを認めるのでした。 貴理子にも同情の余地はあると言い、その前の彼女と別れてから1週間であることを指摘します。 すると、仲井戸という苗字に気づいた太郎丸は、豪太がみなみの兄だと知るのでした。 樫村に呼ばれた修平は、起訴された貴理子の事件の担当だと言われます。 その際に、 みなみが被害者の太郎丸の元カノだと知った樫村は、みなみに事件の担当を外れるように指示。 修平に取調べられた貴理子は、罪を全面的に認めます。 一方的に理由も言われず別れを切り出されたため、発作的にやってしまったと言う貴理子。 取調べを終えて部屋を出た際、みなみは貴理子とすれ違います。 貴理子の冷たい雰囲気に怖さを覚えるみなみ。 その直後、検察庁にやってきた太郎丸と遭遇したみなみは、相変わらずのチャラさにうんざりします。 貴理子の殺意? 太郎丸に事情を聞く修平は、みなみへの思いから複雑な感情を抱えながらも、貴理子を告訴するかどうか確認します。 すると、 告訴するいう太郎丸。 別れを切り出した3週間前に、すんなり別れを受け入れた貴理子でしたが、マンションの入り口まで降りた 太郎丸の元に植木鉢が落ちてきたと言います。 その植木鉢は貴理子の部屋にあったものと同じで、貴理子のは部屋は5階にありました。 それを聞いた修平は、貴理子のことを調べて欲しいと豪太に依頼するのでした。 貴理子の通話履歴を調べた豪太は、ホストクラブに何度も電話していたことを突き止めます。 話を聞きに行くと、かつては常連で友だちも一人もいないと言っていたと話し、 別れた男に植木鉢を落として復讐したと話していたことも聞き出します。 その際の被害者の林原に話を聞きに行くと、最初は事故だと強調します。 ですが、林原の嘘を見抜いた豪太に仕方なく本当のことを話す林原。 半年ほど前、林原は貴理子とは不倫関係にあり、 別れを切り出した直後にマンションの7階から植木鉢を落とされて命中。 救急車で運ばれて大けがを負ったのでした。 半年前と今回の植木鉢を落とした事件については、既に物証を得ることは難しいため立件はできないと話す修平。 そこにみなみが帰ってきますが、事件の話をしていると聞き出て行こうとします。 ですが、男2人では話が進まないため、女性として話に加わるよう頼む豪太。 貴理子にしてみれば、悪いところを指摘されずいきなり別れを切り出されることは、気持ちの整理のつけようがないと言うみなみ。 同情の余地はないと言う修平でしたが、豪太は同情というよりも罰を与えるだけではなく、再犯の防止を考えなければいけないと進言します。 貴理子に、現住建造物等放火未遂で起訴すると伝える修平。 その後、個人の意見として、犯罪者として裁かれるのはこれが最後になって欲しいと話をします。 本音を言い合える同性の友だちを作ってみてはどうかと言い、メールや電話もほどほどにするように言います。 そして「もう部屋に植木鉢は置かない」と言うと、「申し訳ありませんでした」と涙を流すのでした。 ケイジとケンジ4話の感想 まさかの、みなみの元カレ登場でした。 しかも、別れた1週間後に別の女性と付き合っていたと言うクズっぷり。 みなみと別れた原因が何かは明かされませんでしたが、別れて正解だと思えるようなキャラでしたね。 みなみとは全く真逆のような女性が、その後付き合った元カノの貴理子でした。 確かに放火や植木鉢を落とすのはやり過ぎだし、怖いですよね。 毎日のメールや電話攻撃も、人によってはうざいと感じるのかも? ですが、別れ際に自分が悪者になる男性って、罪深いというのも分かります! 結局は自分がいい人のままでいたいだけなのではないかと…。 言われる方からしたら、ハッキリと言われた方が、気持ちを残さず前に進めるんですけどね。 それを優しさとはき違える人、いますね~。 でもやはり、放火はダメですね。 ケイジとケンジ4話の視聴率 「ケイジとケンジ」2話の視聴率は、 8. 3%でした。 1話:12. 2話:9. 3話:10. 4話:8. 3% 中々安定しない視聴率は、やはりメインキャストの東出昌大さんの影響なのでしょうか。 ストーリー自体は毎回テンポもよく、キャスト同士の掛け合いも楽しいので、シリーズ化を望む声も聞こえてくるのですが…。 なんだかもったいないのと、他のキャストさんが可哀想な気もしてきます。 ケイジとケンジ4話の見逃し動画配信は? 本日21時から ドラマ「ケイジとケンジ」第4話放送です。 桜木署刑事課にテレビの密着取材が入ったようで、目黒刑事がいつになくはりきっています。 元気なだけに。 「ケイジとケンジ」4話は期間限定で・で無料配信されています。 ケイジとケンジ4話のあらすじネタバレ感想動画まとめ 「ケイジとケンジ」4話のあらすじネタバレや感想、動画情報をまとめました。 今回は単純な放火未遂かと思いきや、少なからぬ殺意を抱いていた女性の犯行でした。 相変わらず、刑事課のメンバーはお茶目なキャラクター揃いで和みました。 次回はどんな事件が起きるのでしょうね。

次の