ポケモン 剣盾 サザンドラ 育成論。 【ポケモン剣盾】サザンドラの育成論!使い方や好相性のポケモンを紹介

【ポケモン剣盾】サザンドラの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣盾 サザンドラ 育成論

今回の育成論はです、 目次• 基本データ No. 635 分類 きょうぼう 英語名 Hydreigon タイプ あく ドラゴン H92 A105 B90 C125 S98 高さ 1. 8m 重さ 160. 身代わりから入って有利対面を作りつつ、挑発で技を封じる。 火力はダイアークで補う。 受けよりでない構築が相手の場合は、食べ残しを活かしてサイクルに参加する役割に変わる。 調整意図 能力値 C:基本的に耐久振りは必要にならないため、少しでも火力を上げるために252降り S:100前後は非常に激戦区であり、少しでも上を取りたいため補正込み252降り 持ち物 食べ残しで確定。 羽休めを没収されたため、これがないと場持ちしにくい。 技構成 確定技 悪の波動 タイプ一致のメインウェポン。 かなり通りがいいためこれだけでも戦える。 H4 48. 3%、皮剝げていれば確定2発)• H252ドラパルト 86. 無振り 50. 無振りFC 51. H252FC 40. H4 39. H252 32. H252輝石ガラル 53. H252 40. HD特化 26. 5% 確定4発 悪巧み 隙を見て積んで火力を上げる。 この型の特性上起点を作りやすく、役割を果たしやすい。 選択技 挑発 崩し枠としてこれがあると楽に突破出来る相手が増える。 これを食らうだけで何もできなくなる受けポケも多い。 身代わり これがあると立ち回りに幅が出る。 宿り木等を透かしたり相手のックスターンをやり過ごしたり。 ラスターカノン 技範囲を広げる。 主にフェアリー勢への打点。 ダイスチルのBアップもおいしい。 H4 65. H244 35. H252マホイップ 45. HD特化マホイップ 32. しかし、はかなりを呼ぶので決まれば爆アド。 当たらない。 無振り砂下 102. H252砂下 86. H244 46. 気合玉よりは当たる。 H252 119. 無振りガラル 108. 1 確定1発• 無振り 92. と組み合わせて運用。 は黒い霧で流星後のステータスを戻したりしてサポートする。 技構成 流星群 最大火力。 ドラパルトを倒すために使う。 竜の波動では威力が足りない。 だいちのちから 対用。 の手助けがあれば、ダイアースとダイナックルの確定数が変わらなくなる。 大文字 主に天候をかき変える、アーマーガア・への打点。 ゲップ 特攻を上げるために使う。 また、フェアリー相手の有効打。 弱い点• にダイアシッドで確二• への打点がない• に撃ち負ける 相性のいい味方 火炎玉を持たせることで耐久が高くなり自己再生もできる。 場持ちがよく、にぴったりのサポート技を覚えるため。 いかくと鬼火で攻撃を下げバークアウトで特攻を下げることでのダイ技での能力を上げる間が稼げる。 技が多様なと積み技はとても相性がよく、S98という速さを生かして大火力を放てる。 技構成 悪巧み 特攻を二段階上げる積み技。 元々技範囲が広いの一貫性をさらに上げる。 悪の波動 わるだくみ一回積み• わんぱくHBガラル 107. わんぱくHB 65. わんぱくHB 56. わんぱくHB 85. ずぶといHB 66. なまいきHD 53. おだやかHD 65. おだやかHD 116. わんぱくHB 99. これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン剣盾】耐久振り弱点保険ドラパルトの調整と対策【育成論】

ポケモン 剣盾 サザンドラ 育成論

ガラルマタドガスとサザンドラの相性補完が良い件 先日リージョンフォームのポケモンの中で最高の受けポケモンとしてサニーゴの事をブログに書きましたが、 今回はまたリージョンフォームのポケモンを取り上げます。 マタドガス ガラルのすがた 非常に防御が高く、「おにび」などの状態異常技も覚えるので、物理ポケモンに対して非常に強く立ち回ることができる。 現在の対戦環境は、物理特殊で言えば、物理ポケモンの数が圧倒的に多く、多くの物理ポケモンに有利に立ち回れる「マタドガス」は環境に適応していると言える。 マタドガス ガラルのすがた の種族値 種族値 HP 65 攻撃 90 防御 120 特攻 85 特防 70 素早さ 60 合計種族値 490 物理防御率が、とても高い意外も、「こうげき」「とくこう」の数字も決して悪くなく、攻めの面でも良い活躍ができる。 タイプが非常に優秀 タイプ:どく フェアリー ばつぐん:2倍 じめん はがね エスパー いまひとつ:2分の1 くさ あく フェアリー いまひとつ:4ぶんの1 かくとう むし 無効 ドラゴン ばつぐんは3タイプあるが、 いまひとつ5タイプ、無効1タイプ合わせて6タイプを半減以下で抑えることができる。 とくせい:ふゆう で採用すれば、さらにじめんタイプの攻撃を無効にする。 特製:かがくへんかガスが強い!! とくせい:かがくへんかガス マタドガスの固有特製。 相手ポケモンの特性の効果を打ち消す。 ドラパルトの「クリアボディ」「すりぬけ」、他にも「あまのじゃく」「マジックミラー」「マジックコート」「ポイズンヒール」「まけんき」「ごりむちゅう」「はりきり」「かたいつめ」「ちからもち」など、 特製に火力や防御面を依存しているポケモンは多いので、これを打ち消す「かがくへんかガス」はかなり強い特性と言える。 の採用が一般的。 また「とくぼう」の数値はあまり高くないので、とくしゅ攻撃を主としたポケモンはマタドガスの役割対象ではないので、素直に引きましょう。 物理ポケモンを機能停止にします。 スリップダメージ16分の1も地味に強い。 「クリアスモッグ」 相手の能力変化を元に戻す。 威力50 命中100 威力は低いが、積み展開を阻止するとても使える技です。 「サザンドラ」との相性補完が良い! また、「マタドガス」と非常に相性が良いポケモンが、「サザンドラ」です。

次の

【ポケモン剣盾】耐久振り弱点保険ドラパルトの調整と対策【育成論】

ポケモン 剣盾 サザンドラ 育成論

ローブシン育成論• 性格: いじっぱり• 持ち物: とつげきチョッキ• 特性: てつのこぶし• 努力値: H212A252D44 環境にいるミトム、サザンドラ、ドラパルト、ヒヒダルマなどを狩ることが主に仕事。 今回はチョッキ採用をしました。 理由は以下に書きます。 チョッキ持ちの理由&強み チョッキを持たせることで幅広いポケモンに対応できるようになり、メガネサザン、メガネミトムにも対応できるようになるのが他の道具にない強み。 チョッキなしではサザンドラに確1、ミトムに乱数確1で落とされてしまう。 臆病サザンドラc252メガネ持ちの流星群確1 102. 臆病サザンドラc252メガネ持ちの流星群確2 69. それとサザンドラをチョッキ持ちでない型ならマッハパンチで落とせるから、チョッキ型にする必要とかないみたいに思われる方もいるかもしれませんが、 鉢巻でも持たせない限り、マッハパンチでサザンを落とすことができません。 H4サザンドラを対象にする場合 てつのこぶしA252玉持ちローブシンのマッハパンチ確定耐え 80. チョッキ持ちのデメリット チョッキ持ちのデメリットは 他の型と比べると火力が著しく落ちてしまいます。 例えばH4ダルマについて書きますと てつのこぶし帯持ちA252ローブシンのマッハパンチ確1 100. ですが、結局マッハパンチでのワンパンが難しいだけで、ダルマに強いのは変わりありません。 ダルマがブシンを確1で持っていくことなど殆どないので。 性格 いじっぱりで確定です。 これ以上火力を落とすことはできません。 持ち物 とつげきチョッキで確定。 必要性は上記で説明しました。 特性 てつのこぶし一択。 他の特性で採用するならチョッキ持ちはオススメできません。 技 ・マッハパンチ てつのこぶしの効果が適応される先制技。 抜く理由なし。 タスキドリュ、バンギなどに有効。 確定枠。 ・ドレインパンチ 基本技。 メガネロトムに勝つためにも必須。 確定枠 ・かみなりパンチ ここからは選択枠。 ドヒドイデ 、アーマーガア、ギャラドスにダメージを入れられる優れもの。 ただし、ギャラドスのダイジェットは流石に耐えません。 とびはねるは耐えます。 ・れいとうパンチ 主にドラパルト、オノノクス、スピンロトムなどに打ちます。 ドラパルトを対策ならしっぺがえしのほうが良いのですが、スピンロトムにも打点持ちたいのでこちらを採用。 ただ、冷凍パンチではH4ドラパルトは乱数なので確実に倒したいならしっぺがえし採用しましょう。 他の選択肢としてはしっぺがえし、ほのおのパンチ、エッジ、地震など。 しっぺがえしならH4ドラパルト確1、さらにギルガルド出られます。 ほのおのパンチならナットレイ、アイアント対策になる。 調整について H212A252D44• H: 16n-1• A: 火力は落とせないので252振り• D: ダイマックス臆病c252リザードンのダイジェット確定耐え 84. Aは火力落とせないためぶっぱ。 余った44は全てDに回しているが、 現環境では物理環境のため、Bに配分してもいいと思う。 ただ、Dに回すことでリザードン、スピンロトムのダイマックス同士の勝負に勝つことが可能になります 保険持ちは知らん。 ダメージ計算 与ダメ マッハパンチ H4ヒヒダルマ底乱数1発6. 誹謗中傷以外は受け付けます。

次の