マスク ぼったくり。 もはや犯罪!布マスクは効果がないという大誤報を流した朝日新聞の岡崎明子記者は、加計でも「獣医は飽和状態」とデマを流した前科者!なお、日本国民の敵である朝日新聞は布マスクを2枚3300円のぼったくり価格で販売中!!

安倍首相が“口撃”した、朝日新聞3300円マスクの製造元「ぼったくりと言われた」(週刊女性PRIME)

マスク ぼったくり

転売目的の業者も出るなど価格は高騰している。 テレビ業界では収録に支障が出るケースもあり、影響は各分野に及び始めている。 ネットテレビ制作会社の男性社員はこう嘆く。 中国から感染が拡大している新型肺炎の勢いはとどまることを知らない。 2月7日現在、中国本土の死者は636人、患者数は3万1161人となった。 日本国内でも86人の感染が確認されている。 先の男性によると、格闘技などのスポーツイベントをはじめ、コンサートなど建物の中で撮影するエンタメ系番組の収録では、マスク着用を観客に求める現場が多く、会場がマスクを着けた人だらけの「不気味な光景」になっているという。 ジャニーズグループのハイタッチ会やAKB48の握手会が中止になるケースなども出始めており、今後もこの流れは収まりそうにない。 中国で転売業者が暗躍 年明けからのマスク需要増大で、メーカーの生産が追いつかず、国内の価格が高騰している。 中国現地の需要を当て込んだ転売業者が「爆買い」していることが背景にあるという。 中国人の爆買いに詳しいフリーライターが、日本国内から中国への転売ルートについてこう解説してくれた。 「まず、日本のドラッグストアで集めたマスクは、日本国内にある買い取り業者が定価の2、3割増しで購入します。 それを香港に運び、現地の運び屋に渡して中国本土に運ぶ。 そこからマスクが足りてない地方にトラックを走らせて、定価の数倍で売りさばくというわけです。 ただ、肺炎騒動が盛り上がった1月半ば頃は30枚1500円のマスクが10倍で売れたものですが、さすがに当局に目を付けられ始めました。 現地では摘発されると罰金50万円が課されたり、マスク自体が没収されたりしているそうで、今は少し収まっていますが、まだ需要はあるので稼ぎ時といえば稼ぎ時ですね」 マスクをめぐっては、日本国内でもメルカリなどの転売サイトで数万円とぼったくりといえる価格設定が問題となり、同社や消費者庁が適正な価格での販売を促す異常事態となっている。 今回の新型肺炎騒動はゆくゆくは沈静化するだろうが、もう少し時間が必要になりそうだ。 マスコミの経営問題や雇用、農林水産業など幅広い分野をカバー。 特技は相撲の猫じゃらし。 現代ビジネスや東洋経済オンラインなどにも寄稿している。

次の

「転売!? ぼったくりだと? バカかてめーは?」 ラーメン店がマスクを1箱5000円で販売し炎上 店主は「転売じゃねえ!」と大反論 | ガジェット通信 GetNews

マスク ぼったくり

品切れの原因は? コロナ騒動で、マスクが、一時的にに値上がりしましたが、あれは「ぼったくり価格」ではありません。 需給バランスが崩れただけなのです。 その時々では「適正価格」だったはずです。 日本政府は、マスクや消毒液に、転売規制をかけましたが、これは資本主義を否定するのと同じなのです。 なぜなら、 全てのビジネスは、転売行為なのです。 あなたの会社も、何かを仕入れて、何かを売っていますよね? どこの会社も、仕入れたものを、加工したり、他の部品と組み合わせたり、無形サービスを付加して、誰かに、売っている(転売している)のです。 商社マンからみた「商売のポイント」を、解説していきたいと思います。 ぼったくりとは、法外な料金を取ること。 力ずくで奪い取ること。 僕のいう、ぼったくりとは「法外な料金を取ること」を指します。 決して、力ずくで、買わされたものでもなく、騙されたものでもないとします。 商品の中身を理解した上で、納得して買った場合、としますね。 根本的な思想は仰るとおりです。 特定の場合に自由を制限する必要が無いか、というのが争点かな、と思います。 メーカー直販品を買いきった上で値段を上げて販売する行為は、消費者の購入するチャンスを奪った上で「チャンスを与えた」と言うものかなと思います。 以上、皆さんは、どう感じられましたでしょうか? 商社ビジネスとは、転売行為をいいますし、僕としては、ここは譲れない議論でしたw 転売自体は悪くないのです。 市場価格は、需要と供給に委ねるべきです。 欲しい人が増えたので、価格高騰するのは自然な現象です。 議論の論点ですが、 転売屋が消毒液を買い占めたから、価格が高騰したのでなく、世界中でコロナが拡がったから、爆発的に需要が増え、供給が追いつかなくなり高騰したのです。 見えない転売屋を悪者にするのは、間違っています。 解決策としては、 政府は、転売を規制するのでなく、供給量を増やして、市場価格を抑えるべきなのです。 以上が、僕の一貫した主張です。 資本主義とは「歪み」を探すゲーム 資本主義とは、制度や市場の歪みを、誰よりも早く見つけ出すゲームなんです。 それはズルでもないんです。 そういうゲームなんです。 この「歪みを狙う」という行為が、地球全体で、自然発生しているがために、その結果、社会全体が最適化していくんです。 自主補正機能みたいなもんです。 いわゆる、これが、資本主義のマーケットメカニズム(市場原理)と呼ばれる、素晴らしい機能なんです。 例え話で考えますね。 僕が、タイの田舎で、世にも珍しいフルーツを発見したとします。 珍しいフルーツ発見 とても甘いんです。 でも、ここの田舎の人は、そのフルーツを食べてませんでした。 よって、僕は、タダ同然で、大量に入手できたとします。 本来あるべき姿でないのです。 まだ、誰もこの歪みに気付いていないのを、狙ったのです。 僕は、自分の利益だけを考えて、タイから日本に輸出して、結果大儲けします。 この「大儲け」は、社会の歪みを、いち早く発見したからこそ、生まれた利益です。 歪みを利用したわけです。 悪いことはしてませんよね。 日本人も、甘いフルーツが食べれて大満足です。 そして、他の人や、他の企業も、真似して、このフルーツを輸出することで、だんだん儲けが減ってきます。 価格もバナナぐらいに下がるでしょう。 そうなった時点で、すでに、社会の歪みでは無くなっています。 コモディティ化(一般化)されたのです。 よって、ビジネスの旨味はありません。 しかし、この一連の結果として、 バナナぐらいの値段で、この甘いフルーツが日本で食べれるようになったのですから、皆んなハッピーですよね。 ファーストペンギン 競合がいないところに、参入するというのは、失敗する可能性も、その分、高くなります。 もし、失敗すると商社は赤字となりますよね。 リスクとリターンは、つねに比例関係にあるのです。 もし、お客さんが、「足元を見るな。 もっと安くしろ」とクレームしてきても、だったら、他社から買うか、自分で輸入して手配すればいいのでは?と言い返せばいいのです。 買う人の自由が担保されているのであれば、売る側は、いくらでも利益をのせてもいいのです。 買い手に原価がバレているのか? 販売価格を設定するときの注意点があります。 売る側(商社)は、買い手(お客)が、原価計算できているのか?を意識しないといけません。 ここは、むちゃくちゃ大切です。 例えば、 ・四葉のクローバー ・ミャンマー洞窟で採れたきれいな石 これらが、1万円で売られていたら、おそらく、四つ葉のクローバーに対しては、お客さんは「それ、利益のせすぎ。 適正価格じゃない」と突っ込んでくるでしょう。 なぜなら、四つ葉のクローバーの原価を知っているからです。 その辺の公園に行って、誰もが頑張れば、見つけられる四葉のクローバーに、価値はありません。 だから1万円では売れないのです。 子供でも探せる しかし「ミャンマーの洞窟で採れたきれいな石」って、よく分からないでしょう。 すぐに見つかるのか、なかなか見つからないものなのか。 希少性があるのかないのかも。 モノが高いか安いかは、お客さん自身で、原価計算しているのです。 それを作るのに、人件費、材料費、加工賃がいくらかかるのだろうと、想像するのです。 独自性があれば、相手に、原価計算されにくく、利益率が高く設定できるのです。 仮に、僕が、商社の立場で、四つ葉のクローバー(買い手が原価を知ってる)を、1万円で販売するように、社内指示を受けた場合、どうするだろうか? 答えは簡単。 原価計算しにくい付加価値をつけるのです。 例えば、クローバーに金箔をつける、結婚式用として指輪とセット販売する、QRコードをつけて、スマホで読み込むと、送り主の録音が流れる、などですかね。 商売は信用が大切 そして、もっと痛いのが「室長さんは、今まで、こんな高値で売ってたんだね」って、信用も失われるのです。 これが怖いので、僕の会社(商社)は、あまり利益をのせすぎないように気をつけるのです。 極論すると、利益設定とは、モラルやら、原価計算やら、お客さんの為じゃなく、実は、自分が生き残っていくため(商売の継続性)なのです。 これらが、商売する上での原理原則なのです。 まとめ• 買主に自由があれば、ぼったくりは無い• 資本主義は歪みを早く発見するゲーム• 売主は相手の足元を見るのが基本• 買主が原価を知っている場合は注意• 商売の継続性をみた時に一次的な暴利は不利 See you tomorrow.

次の

安倍首相が“口撃”した、朝日新聞3300円マスクの製造元「ぼったくりと言われた」(週刊女性PRIME)

マスク ぼったくり

朝日新聞SHOPで布製マスクが3300円で販売中です。 朝日新聞SHOPで布製マスクが3300円のぼったくり価格で販売中 () 朝日新聞SHOPで布製マスクが3300円で販売中です。 他にもなにやら昔に販売されていたであろう抗ウイルス・抗菌スプレーが人気なようで:() 商魂たくましいですね。 追記:マスクについてはが「泉大津市マスクプロジェクト」として生産し、価格設定したものを販売しているようです。 布マスクの有効性を疑問視する記事を出していた朝日新聞 () 朝日新聞はこういう記事を書いていたわけですが、 WHOの「どんな状況でも(布マスクは)勧めない」というのは、医療従事者向けのアドバイスにおける表現であって、一般向けにはマスクの種類の限定はありませんし、限定的な場合には健康な人にもマスクを推奨しています。 また、アメリカCDCは一般人向けに、健康的な人でも社会的距離を保てない場所では布マスク着用を推奨しています。 医療従事者のためにサージカルマスクを確保させることを期待しているのでしょう。 そういう意味では朝日新聞の読者は高齢者が多いですし、サージカルマスク・不織布マスクを販売している様子はありませんから、むしろ布マスクへ誘導していてよいのではないか?とも思えてきます。 布製マスクの販売者が増えている サージカルマスク・不織布マスクは医療従事者のために取っておきたいので、一般向けにこうした製品が紹介されるのは「有り」なんじゃないでしょうか。 実際、アメリカCDCも一般人に対しては健康な人であっても社会的距離を保てない場所では布マスクの着用を推奨しています。 この手の布製マスクの販売者は増えているようで、検索すると無限にヒットしていきます。 参考例を以下に置いておきますが、 2枚セットで3300円ってのはかなりお高いですよねぇ。。。 あと、以下の商品は除いていますが、黒いマスクが多かったり、モデルの顔がなんだか整形顔(か、彼の者たち)っぽい感じなのが多い気がするのはなんなのでしょうかね。。。

次の