むくみサプリ人気ランキング。 【薬剤師が解説】むくみに効くサプリと漢方薬などの市販薬はどれ?正しい選び方と使い方を解説

【むくみに効果的なサプリメント】亜鉛

むくみサプリ人気ランキング

【むくみに効果的なサプリメント】亜鉛 生理前や生理中って、なぜかむくみやすくなりますよね。 生理前や生理中のむくみはPMS症候群(月経前症候群)の症状のひとつで、女性ホルモンバランスの乱れによって引き起こされるものです。 そのため、一般的なむくみを改善するように体内の水分バランスを調整しても、PMS症候群によるむくみは改善されません。 PMS症候群によるむくみを改善するには、体内の水分量だけでなく、女性ホルモンのバランスも整えてあげる必要があります。 そこでおすすめなのが、亜鉛です。 亜鉛には、PMS症候群によるむくみに効果的な効果・効能があります。 今回は、「生理前や生理中のむくみが気になる……」というあなたにぴったりのサプリメント成分・亜鉛についてご紹介しましょう。 亜鉛は古くから使用されてきた金属元素で、私たちの健康と栄養維持において重要な成分です。 亜鉛は多くの酵素に含まれており、遺伝子発現やタンパク質の合成、細胞の成長と分化などに関与した役割を持ちます。 不足すると、食欲不振や味覚障害、皮膚炎などが引き起こされ、健康に害を及ぼします。 なお、主な亜鉛の効果としては、以下が挙げられます。 神経細胞の伝達がスムーズになることで、感情のコントロールや記憶力の維持に役立ちます。 イライラや落ち込み、むくみの原因のひとつであるストレスの解消にも繋がります。 ・免疫力をアップする 亜鉛には免疫細胞の働きを高める働きがあり、摂取することで生活習慣病やウイルスから身体を守る機能が高まります。 また、血の流れを悪化させる活性酸素を除去する働きもあり、血行が促進されることからむくみの解消にも繋がります。 ・肌を美しく保つ 亜鉛には、美肌効果もあります。 肌のハリを保つコラーゲンを作ったり、傷んだ細胞の新陳代謝を活発にしたりして、新しい肌の再生を促してくれるのです。 このほか、亜鉛は二日酔いの予防や味覚の正常化などにも役立ちます。 毎日バランス良く摂取することで、様々な美容と健康の効果を期待することができるでしょう。 生理が近づくにつれ、女性の卵巣からはプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が活発になります。 プロゲステロンには姙娠に必要な栄養素と水分を体内に貯めこむ働きがあり、これがいわゆるPMS症候群のむくみの原因となっているものです。 そのため、PMS症候群のむくみを改善するには、プロゲステロンの過剰分泌を抑え、女性ホルモンのバランスを正常に整える必要があります。 そこでおすすめなのが、亜鉛です。 亜鉛には女性ホルモンの分泌を促し、女性ホルモンのバランスを正常に整える働きがあります。 女性ホルモンのバランスが整えばプロゲステロンの過剰分泌を抑えることができ、体内に余分な水分が溜め込まれることもなくなります。 こういった理由から、PMS症候群によるむくみの予防・改善には亜鉛がおすすめです。 PMS症候群によるむくみに効果的な成分、亜鉛。 亜鉛は、牡蠣や豚レバー、牛肉やビーフジャーキー、松の実や抹茶などに含まれており、毎日の食事から摂取することが可能です。 しかし、亜鉛の摂取には注意しなくてはならないことがあります。 亜鉛には、過剰摂取による副作用があるのです。 まず、一度に2g以上の亜鉛を摂取すると、「急性亜鉛中毒」という副作用が引き起こされ、嘔吐、目眩、胃痛、発熱などの症状に見舞われます。 また、一度に多量摂取しなくても、毎日30mg以上の亜鉛を継続的に摂取した場合にも注意が必要です。 体内に亜鉛の量が増えすぎると鉄や銅の吸収が妨げられてしまい、貧血や免疫機能の低下、白血球の減少、コレステロールや糖代謝の異常といった副作用が引き起こされてしまいます。 厚生労働省が定める1日の亜鉛の許容上限摂取量は、男女共に1日30mg。 亜鉛を安全に摂取する際には、この量を守って摂取する必要があります。 とはいえ、私たち素人の目では、30mgの亜鉛がどれくらいのものなのか判断するのは難しいもの。 調理の度に食品から亜鉛の量を計算するのも非常に面倒です。 そこでおすすめなのが、サプリメントです。 亜鉛のサプリメントには、1日の許容上限摂取量以内の亜鉛が配合されています。 そのため、容量・用法を守って服用すれば、継続的に服用しても過剰に摂取してしまう心配もありません。 安全・安心にPMS症候群によるむくみを改善することができます。 PMS症候群によるむくみでお悩みの方は、是非とも亜鉛のサプリメントを検討してみてください。 商品ランキング カテゴリ別ランキング•

次の

【薬剤師が解説】むくみに効くサプリと漢方薬などの市販薬はどれ?正しい選び方と使い方を解説

むくみサプリ人気ランキング

【目次】【薬剤師が解説】むくみに効くサプリと漢方薬などの市販薬はどれ?正しい選び方と使い方を解説 むくみの原因を知って正しく対処しよう 足のむくみ、顔のむくみ、お腹のむくみなど、さまざまな「むくみ」に悩んでいる女性は多いと思います。 女性は男性よりも脂肪量が多く筋肉量が少ないため、血流やリンパの流れが悪くなりやすいため「むくみ」が生じやすいです。 なお、一般的に健康な女性が抱えている「むくみ」は病気ではなく、一時的な現象に過ぎないことがほとんどです。 しかしながら、一部では「むくみ」が病気のサインであることもあり、甘くみてはいけない症状でもあります。 例えば、次のような症状があれば、早めに病院で相談するようにしましょう。 息が苦しくなる• 熱や関節に痛みがでる• 尿の量が急激に減った• 体重が急激に増えた、減った• 体がとても疲れやすい など 通常、一日中立っていて足がむくんだり、座っていてむくんだりする場合には病気は考えづらいです。 特に内臓の病気が関わっていないということであれば、セルフケアでも対処することができます。 病気ではない「むくみ」の主な原因 病気が原因ではない「むくみ」を引き起こすのは、主に次のような原因が考えられます。 塩分の摂り過ぎ• 水分の摂り過ぎ 人間の体では、毛細血管から水分が塩分(ナトリウム)と共に外(細胞間質)へ排泄されていき、同時に細胞間質液から血管内へ戻る水分量がほぼ同量に保たれています。 細胞間質液とは、血管外の細胞間の隙間を満たす液体のことです。 塩分(ナトリウム)や水分の摂り過ぎにより毛細血管から細胞外へ染み出す水分の量が増えてしまうと、細胞間質液から血管内へ戻る量が相対的に少なくなってしまいます。 結果として、細胞間質液の水分量が増えてしまうために「むくみ」となって現れるのです。 この細胞間質液はリンパ管にも水分を送り込んでいるため、リンパの流れが滞っても「むくみ」が起こりやすくなります。 また、アルコールを飲んだ翌朝は顔がパンパンに腫れたりしますが、これはアルコールを飲むと喉が乾くので余分に水分を摂ってしまうためです。 むくみ対策にサプリや漢方って効くの? むくみ対策には、適度な運動と水分・塩分の摂り過ぎを控えることが基本です。 でも、塩分も水分も人間にとって非常に大事な身体の構成成分であることから、これらを完全にカットすることは危険であり不可能でもあります。 そのため、むくみ対策としておすすめなのは、下記のような食品または医薬品を上手に活用することです。 尿を出しやすくする「利尿作用」のあるお茶やサプリ• 体内の水分バランスを調整してくれる漢方薬• ナトリウムを排泄する作用のあるカリウムを含む野菜や果物 特にサプリや漢方薬などは市販で手に入りやすく、飲むだけで簡単にセルフケアができることがメリットです。 次にそれぞれの選び方について紹介していきます。 むくみ対策にサプリの選び方と注意点 むくみに対策に使えるサプリメントの成分としては「メリロート」「カリウム」「はとむぎ」「クランベリー」などがあります。 いずれも利尿作用や水分排泄を促して、むくみを改善する働きがあります。 メリロート メリロートはマメ科のハーブで、芳香性物質クマリンを豊富に含み、医薬品として使われているものでもあります。 ダイエット系のサプリにも使われていることがあり、むくみサプリの代表的な存在です。 医薬品に比べてサプリの方がクマリン含有量が多い場合もあり、実際に肝障害などの報告があるため、副作用には注意が必要です。 カリウム 食品からも摂取しているミネラルで、汗や尿などから失われやすい性質があります。 食品からも多く摂取できるもので、普通の食事では過剰になることはありません。 まずはサプリメントを使うのではなく、昆布やひじきなどの海藻、豆類、メロンやスイカなどのフルーツを試してみるのも良いでしょう。 自己判断でサプリで過剰に摂取したり、腎臓が悪い人が余計に摂取すると副作用が起きることもあります。 特にカリウムをお医者さんから制限されている人は、自己判断でサプリを飲まないようにしましょう。 はとむぎ はとむぎは穀類の一種であり、お米などに混ぜて炊いたりする人もいます。 漢方薬では「ヨクイニン」としても知られています。 水分の排泄を促して、むくみを改善するだけでなく、イボ取りや肌を滑らかに保つという効果もあります。 比較的効果がマイルドなだけに、副作用も起こりにくい安全な食品といえます。 サプリもありますが、むくみ対策にはお茶を活用する方が取り入れやすいでしょう。 クランベリー クランベリーエキスには利尿作用があることが知られていて、海外ではメディカルハーブとしても使われています。 尿路の殺菌作用があるため、膀胱炎を繰り返しやすい人にもおすすめのサプリ成分です。 女性にはうれしい抗酸化作用も高く、美容・美肌効果も期待できます。 ただし、サプリメントについては基本的には強い効果が期待できるものではありません。 あくまでも日々の足りない栄養を補うという目的で取り入れていくようにしましょう。 むくみを改善する漢方薬の選び方 サプリメントではあまり効果が感じられない、身体がだるい、めまい、冷えなどの不調に悩んでいるという場合には、漢方薬を使ってみるのも手です。 漢方薬の方がお薬ということもあり、サプリメントよりも高い効果が期待できます。 しかも、漢方薬は複数の生薬が含まれていて、組み合わさって働くことで同時にさまざまな症状を改善できるのが特徴です。 漢方では身体は「気・血・水」という3つの構成要素から成ると考え、「水」がむくみに関係します。 「水」のバランスが乱れると、むくみだけではなく、めまいや吐き気、冷えなどを引き起こすことがあります。 そのため、漢方では水の排泄を促してバランスを正常に整えることで、むくみと同時に気になる症状も楽になることが多いのです。 選び方としては、体質にあった処方を選ぶことが大事ですが、迷って選べない場合には薬剤師さんに相談すると良いでしょう。 むくみにおすすめのサプリ&健康食品 足がむくむ、顔がむくみやすい、お酒を飲んだ次の日のむくみが気になるなどの悩みを抱えている場合には、まずは気軽に取り入れられるサプリメントや健康食品を取り入れてみてはいかがでしょうか。 市販されている商品から、むくみにおすすめのサプリを厳選して紹介します。 DHC メリロート むくみ改善には、適度な運動や水分・塩分の摂りすぎを控えるなどの対策だけではなく、紹介したようなサプリや漢方薬も役に立ちます。 むくみが気になる時のセルフケアや、むくみづらい体づくりのサポートに活用していくと良いでしょう。 ただし、むくみは病気のサインである可能性があることも忘れてはいけません。 なかなか改善しない場合や、症状がひどい場合には病院できちんと診てもらいましょう。 執筆・監修:薬剤師 笹尾 真波(ささお まなみ) 大学院卒業後、某内資系製薬企業にて市販薬の企画開発・マーケティングなどに携わる。 その後、都内大型門前病院前のドラッグ併設調剤薬局にて、調剤業務および市販薬のバイヤー・在庫管理・販売にも携わる。 その他、サプリメント・ハーブやオーガニックコスメ販売にも従事する。 また、外資系製薬企業にてDI業務、学術情報部門にて糖尿病や免疫関連の学術情報の検索および情報提供にあたる。 現在は非常勤薬剤師として調剤薬局で勤務する傍ら、正しい薬の使い方や医療情報、美容関係の情報提供に務める。

次の

むくみサプリ市販品、全部飲んでみた!DHC・オルビスetc

むくみサプリ人気ランキング

むくみにサプリが効果的?なぜ、むくむの? 朝起きると疲れが取れていなくて顔や足がむくんでいたり、夕方になるとむくみで足や腕がパンパン…などの経験はありませんか? 女性は男性よりもむくみやすいともいわれますが、これは筋肉の量に違いがあるからです。 女性は 足の筋肉量が男性に比べると少ないため、静脈血を心臓方向へ押し上げる「筋ポンプ作用」が弱いのでむくみを起こしてしまいます。 またポンプ作用が弱いことにより戻ってくるべき水分が十分に戻れずに溜まってしまうためです。 むくみは血液の循環がスムーズに行われていない現れですから、早めに解消させるようにしましょう。 生理の時はホルモンの影響で血管が広がるのでむくみやすい 男性よりも女性の方がむくみやすい理由として生理も考えられます。 生理の時はホルモンの影響で尿の量が減ったり、生理前と比べて体温が下がるため血行が悪くなり、不要な水分が排出されずに体内に溜め込まれてしまいます。 むくみ方は生理前と生理中で異なります。 生理前には女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増えるため水分の排出がされにくく、生理中はプロゲステロンに加えてエストロゲンの分泌量が減るために体温が下がるといわれています。 通常時よりも生理中の方がむくみやすいのはこのように 女性ホルモンの分泌量が関係しています。 生理中のむくみを抑えるためには、生理前・生理中のアルコール摂取や塩分の摂り過ぎを控えましょう。 男性に比べ皮下脂肪が多いのでむくみやすい 女性は男性に比べると筋肉量・代謝量ともに少ないため、皮下脂肪を溜め込みやすい体質です。 特に皮下脂肪を溜め込む原因である冷えにより血行不良が起こり、体内の血液循環も上手くいかなくなりむくみやすいです。 血液の循環不良はむくみだけでなく冷えや代謝量の低下も招いてしまいます。 血液の循環をスムーズにするためにも、サプリメントでむくみに効果的な栄養素を摂取することをおすすめします。 むくみはサプリで解消!その効果は? むくみに効くとされるサプリメントは血液の巡りを改善して水分と老廃物の排出を手助けしてくれる効果が期待できます。 そのためむくみの予防や、できてしまったむくみの解消に役立つとされています。 身体に良いとされる成分で作られているので、摂り過ぎなければ毒になることもありません。 むくみ予防・解消には特にカリウムが役立ってくれるので、サプリメントを選ぶ際にはカリウムの含まれているものを選ぶと良いでしょう。 利尿作用で水分排出の手助けをしてくれる「カリウム」 むくんでいる状態の時は身体の中の水分や塩分の量が過多になっているため、不要な分は排出してあげる必要があります。 その際に活躍してくれる成分が利尿効果のある「カリウム」です。 カリウムは熱に弱く、茹でるとお湯に流出してしまうため、食事で摂取するには生で食べる野菜や果物がおすすめです。 特にアボカドやバナナ、キウイに多く含まれています。 しかし食事での摂取には限りがあるため、効果的に摂取したいのであればサプリメントがおすすめです。 血流を良くし、むくみの改善に役立つ「シトルリン」 カリウム同様利尿効果がある「シトルリン」は血流を良くしてくれるためむくみの改善に役立ちます。 スイカやメロン、キュウリなどのウリ科に多く含まれています。 食事から摂取をしたいのであれば、スイカが一番おすすめです。 しかしスイカやメロンなど季節の問われる果物はあまりスーパーなどにも並ばないため、購入が難しいです。 こちらも効果的に摂取したいのであればサプリメントがおすすめです。 市販のむくみ対策サプリの注意点 むくみに効果的と言われている成分はカリウムやシトルリンだけではありません。 しかし中には副作用がある成分も存在するため、むくみサプリを選ぶ際には副作用の少ないもの選ぶようにしましょう。 また1日の摂取量を超える量は絶対に摂らないようにしましょう。 排出されるだけならまだ良いですが、中には体内に留まり毒と変わるものも存在します。 摂り過ぎても良いことはあまりないので、サプリメントや薬の摂取量は必ず守りましょう。 こちらも利尿効果があると有名なですが、 大量摂取は倦怠感や脱力感の他に腎機能への副作用もあるといわれています。 メリロートは数種類あって、クマリンやサポニンなど効果が違うものに分けられます。 主に血行を良くするといわれているメリロート成分はクマリンです。 主に便秘解消効果のあるサプリメントなどに使われていますが、副作用の危険性が高いといわれている成分です。 キャンドルブッシュにはビタミンやミネラル、SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)など活性酸素を除去・抑制する成分が含まれています。 こうしてみるととても魅力的な成分ですが、 使い方や飲み方を誤ると強い下痢作用をもたらすといわれています。 普段からお腹が緩い、お腹の調子が不安定な場合にはこのような成分は避けた方が良いでしょう。 アットコスメでも評判のむくみ改善サプリ・口コミ一覧 他にも効果的と言われている成分にはポリフェノールなどがありますが、サプリメントを選ぶ際には口コミ評価などを合わせて参考にすると良いでしょう。 実際に使ってみた人の声を聞いた方が信用度も上がり安心にも繋がります。 効果の現れ方には個人差がありますが、それでも良い商品には高評価がつきやすいので、お目当ての商品を買う前に一度口コミでどんな評価をもらっているか確認してみると良いでしょう。 容器もかわいく高評価「Lilfine ~リルファイン~」 ボディシェイプ用サプリメントとして知られており、カリウムや黒しょうが、コーンシルク(とうもろこしのひげ)エキス、唐独活エキス、L- シトルリンなどの成分が高配合されているサプリメントです。 容器も可愛いくて開けるのも楽しみです。 引用元: いつも朝起きてすぐは指輪をしている指がパンパンになり、さらに夕方になると必ずパンプスが痛くなって悩んでいました。 それくらい普段ひどいむくみに悩んでいて、友達にオススメされたので使ってみました!飲みだして2~3日。 驚く程効果がありました!まず朝のむくみがなくなり、指輪が少しくるくるまわる!! 引用元: 一瞬サプリメントではないのでは?と疑うような可愛い容器が目印です。 むくみに効果的との口コミが多い、高評価のサプリメントです。 通常価格は4,980円です。 朝起きた時のむくみ防止や、肌にツヤがでると評価の良いサプリメントです。 着圧ソックスのみの時と比べて足のむくみが違いますし、何より「むくんでから」ではなく、むくみそのものを防止してくれるという点において優秀です。 通常価格が9,000円とかなり高額ですが、効果や人気は高評価なのでおすすめです。 しかし効果が現れ始めるまでにはおよそ2~3ヶ月必要だといわれているため継続して飲むことが大切です。 サプリメントを選ぶ際には成分だけでなく、サプリメントの形や大きさ、飲みやすさなども併せて確認しましょう。 継続して飲み続けるには自分が負担だと感じないものを選ぶようにしましょう。 あまり粒が大きいものや1日に飲む量が多いと負担に感じてしまい長続きしない可能性が高いためです。 1位 エイジングケアにも対応「するるのおめぐ実」 赤ぶどう葉・明日葉・とうもろこしのひげなどの植物成分が豊富に配合されている「するるのおめぐ実」は女性のきれいをサポートしてくれるサプリメントです。 むくみ解消だけでなく、美容にも良いようにと作られています。 口コミでもむくみが改善された!と高評価で人気があります。 1日2粒ほどの服用で小粒なので飲みやすいです。 通常価格は3,240円(税込)ですが、初回限定で値引きも行っています。 定期便コースのみですが初回に限り30日間返金保証があるので、まずは試してみてはいかがでしょう。 和漢植物を含む5種類の厳選植物と3種類のビタミンで女性の「パンパン足」に働きかけてくれます。 通常価格は3,580円(税込)です。 1日の目安が2~4粒なので、自分の様子を見ながら飲む量を調節しましょう。 他にも乳酸菌やとうもろこしのひげエキスなど、むくみに良いとされるものがたくさん入っていて、自然由来成分なので安心できるサプリメントです。 通常価格は3240円(税込)です。 コースで利用すると安いですが、最低3回は続けなければいけないので注意しましょう。

次の