ジャー ボン テイ デービス。 ジャーボンテイ・デービスvsユリオルキス・ガンボア 激戦のライト級最前線

スター候補デイビス 王座返上でライト級殴り込み

ジャー ボン テイ デービス

WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチです。 海外掲示板()の試合前の予想では、ジャーボンテイ・デービスのKO勝利が大半を占めていました。 ・ついでながら・・・アルベルト・マチャドが真のWBAスーパーフェザー級チャンピオンだ・・・タンクは、WBAスーパーフェザー級ペーパーチャンピオン。 ・ウーゴ・ルイスは、地味だが私のお気に入りの選手の一人だ。 番狂わせを起こすのを期待している。 ・フロイドはスポットライトに当たるのが好きだね。 何故ここにいる?トレーナーはどこ(笑)。 ・デービスとイベントのプロモーターだからね。 リング内にいてもいいんじゃない?デービスのトレーナーは、そこにいるよ。 ・デービスをロマチェンコと比較して、どのくらいなのか見たいね。 ・ルイスにはファンが。 タンクにはブーイング。 ・3回以内のKOだ。 ルイスは、最高でdレベルの選手だ。 ・今夜、ジャーボンテイは142ポンドでルイスは134ポンド。 (試合後) ・あぁ。 ひどい・・・ ・ひどい結果だ。 ・鼻が破壊された。 ・予想どおり時間の無駄だった。 この階級でデービスが戦う相手はPBCにはいない。 ライト級に上げる必要がある。 ・3ラウンド以内じゃなくて、3分以内だった。 ・ジャーボンテイに触れることもなかった。 デービスは良い。 ・うんざりするミスマッチだ。 タンクは自分と同じサイズの相手といつ戦うんだ? ・ハハハ。 これは酷い。 みんなが思っただろうね。 ・デービスは、より小さい相手にすべきことした。 この試合を受けたルイスは褒めておこう。 デービスの次戦は、正しく評価されている相手と戦うのが良い。 ファーマー戦は今年起こりそう。 ベルチェルト戦が希望だが、ロマチェンコを狙っているように見える。 カリフォルニア、カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツパークで、WBAスーパーフェザー級チャンピオンのジャーボンテイ・デービス(21勝20KO)はウーゴ・ルイス(39勝5敗33KO)を第1ラウンドで一掃した。 ルイスは、アブネル・マレスの網膜剥離で辞退した後に最近指名された試合であった。 () ・3週間前に指名された122ポンドの相手に勝って、めでたいな。 ライト級(135ポンド)に来なさい。 ・予想通り。 次戦はタンク自身が挑戦となる対戦が必要。 投稿日: 作成者 カテゴリー.

次の

ジャーボンテイ・デービスvsユリオルキス・ガンボア 激戦のライト級最前線

ジャー ボン テイ デービス

怪物ジャーボンテイ・デービス ロマチェンコは10回までに倒す PFPロマチェンコ、新進気鋭のライアン・ガルシア、ロマチェンコとの統一戦を控えるテオフィモ・ロペス。 アマチュア時代はライアンの先を走っていたデビン・ヘイニー。 そしてメイウェザーに見いだされ最激戦区のライト級で覇を競うデービス。 私の評価ではライト級で結果を残しているロマチェンコを頂点にコミーを倒し戴冠したテオフィモ、続いてライアンとデービス。 その次にヘイニー。 パフォーマンスだけを見れば圧倒的なデービスですが、未だにワールドクラスとの戦いと言えるのはペドラサのみ。 KOで片付けていますが、楽勝と言える試合でもありませんでした。 体格差もあってパワーはテオフィモとライアンが抜けている印象です。 ただ獰猛さはデービスが上回りそうです。 そしてディフェンス。 芯に食うことがなく、どの距離もあまり苦にしません。 パンチへの対応も大げさになることもなく嫌がる素振りもない。 ディフェンスに関してはライト級ではロマチェンコに次ぐのではないかと感じます。 デービス 俺はクロフォード、カネロ、パッキャオ、エロールと並ぶスキルのあるファイターだ。 ライアン・ガルシア、ロマチェンコ、デビン・ヘイニー。 誰とでも戦う用意がある。 だけどそれは正しいタイミングでなければならない。 ロマチェンコに関しては9回か10回には破壊できると思っている。 他の誰にもできないヘッドムーブメントがある。 そして俺には他の誰も持っていないインテリジェンスがある。 大半の選手はヘッドハントにこだわる。 だがそれじゃKOはできない。 ボディー、腕でもいい。 底を狙って相手を分解していくんだ。 スキルが重要なんだ。 アンドレ・ウォード、フロイド・メイウェザーはスマートだ。 ほとんどパンチを受けずに長い期間戦えた理由だ。 デービスとメイウェザーの関係は良好なようです。 敬意を表しています。 そしてデービスはディフェンスにも自信を持っています。 彼の言うようにライアン・ガルシア、テオフィモ・ロペスを比較した時の違いはディフェンスじゃないかなあとも私は思っています。 特にヘッドムーブメント。 ボディーブローも上手いですね。 沢山打つわけではありませんが、ペドラサ戦でもカギとなりペドラサからペースを奪い返すパンチでした。 試合中にコーナーの指示を実行できる冷静さと上手さがあります。 まあでもデービスが今負けそうな相手と戦うことはありませんね。 親玉がメイウェザーなので勝てそうな過去のビッグネーム、体格差の少ない手ごろな相手を狙っていくでしょう。 でもライト級にいる限りファンからのプレッシャーはやむことはありません。 レオ・サンタクルスをいくら派手に倒しても誰も納得しないでしょう。 いくらデービスがインテリジェンスとディフェンスに自信を持っていたとしても、ライアンやテオフィモのワンパンチはそれを帳消しにする重さがあります。 ペドラサの早いリズムに手を焼いていたデービスが鉄壁ロマチェンコを10回までに果たして捉えられるか。

次の

ジャーボンテイ・デービスの自信とファンの懐疑

ジャー ボン テイ デービス

WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチです。 海外掲示板()の試合前の予想では、ジャーボンテイ・デービスのKO勝利が大半を占めていました。 ・ついでながら・・・アルベルト・マチャドが真のWBAスーパーフェザー級チャンピオンだ・・・タンクは、WBAスーパーフェザー級ペーパーチャンピオン。 ・ウーゴ・ルイスは、地味だが私のお気に入りの選手の一人だ。 番狂わせを起こすのを期待している。 ・フロイドはスポットライトに当たるのが好きだね。 何故ここにいる?トレーナーはどこ(笑)。 ・デービスとイベントのプロモーターだからね。 リング内にいてもいいんじゃない?デービスのトレーナーは、そこにいるよ。 ・デービスをロマチェンコと比較して、どのくらいなのか見たいね。 ・ルイスにはファンが。 タンクにはブーイング。 ・3回以内のKOだ。 ルイスは、最高でdレベルの選手だ。 ・今夜、ジャーボンテイは142ポンドでルイスは134ポンド。 (試合後) ・あぁ。 ひどい・・・ ・ひどい結果だ。 ・鼻が破壊された。 ・予想どおり時間の無駄だった。 この階級でデービスが戦う相手はPBCにはいない。 ライト級に上げる必要がある。 ・3ラウンド以内じゃなくて、3分以内だった。 ・ジャーボンテイに触れることもなかった。 デービスは良い。 ・うんざりするミスマッチだ。 タンクは自分と同じサイズの相手といつ戦うんだ? ・ハハハ。 これは酷い。 みんなが思っただろうね。 ・デービスは、より小さい相手にすべきことした。 この試合を受けたルイスは褒めておこう。 デービスの次戦は、正しく評価されている相手と戦うのが良い。 ファーマー戦は今年起こりそう。 ベルチェルト戦が希望だが、ロマチェンコを狙っているように見える。 カリフォルニア、カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツパークで、WBAスーパーフェザー級チャンピオンのジャーボンテイ・デービス(21勝20KO)はウーゴ・ルイス(39勝5敗33KO)を第1ラウンドで一掃した。 ルイスは、アブネル・マレスの網膜剥離で辞退した後に最近指名された試合であった。 () ・3週間前に指名された122ポンドの相手に勝って、めでたいな。 ライト級(135ポンド)に来なさい。 ・予想通り。 次戦はタンク自身が挑戦となる対戦が必要。 投稿日: 作成者 カテゴリー.

次の