タイト ファンタジー。 タイトファンタジー (作者: AMUSTEVEN) [Affect3D]

Dragon's Lair「ファンタジー的・魔法的 鉱物辞典」

タイト ファンタジー

攻略の基本 まず本編の解説を行う前に、スマホ版 FF 1 の注意点を記載しておきます。 このゲームは全滅するとタイトル画面に戻り、 セーブしたデータからやり直しになります。 セーブは小まめに行っておきましょう。 戦闘後も残る状態異常(毒や石化など)はアイテムか魔法を使わないと回復できないため、 「毒消し」「金の針」の所持は重要です。 道具屋では MP を回復させるエーテルが安めの価格で売られています。 魔法攻撃が主体の職業がいる時は多めに購入しておきましょう。 モンクは素手の方が強いので武器は装備しないで下さい。 プロテス系、インビジ、ストライ、セーバーなどの攻撃力や防御力を上げる強化魔法は「重ねがけ」が可能です。 使いまくればどんどん強くなります。 これはボス戦で非常に重要です。 アイテムとして使用することで魔法が使える装備が存在します。 これは使ってもなくならないため、何度でも使用可能です。 中盤まではダンジョンから出る魔法を覚えられません。 ダンジョン深部でピンチになってもすぐ戻れないので注意して下さい。 ゲームが始まったら 城に行き王様に話をして当初の目的を聞きます。 その後、町で装備を購入、あまったお金で魔法も覚えておきましょう。 モンクは武器をすぐに外して下さい。 レベル1では弱すぎるので、近場で戦ってレベルを1つか2つ上げましょう。 その後、北の「 カオス神殿」に向かいます。 場所と現在地は ステータスを長押しすることで表示されます。 コーネリア城から北に向かえばカオス神殿です。 カオスの神殿では 真っ直ぐ進むとそのままボス戦です。 事前のセーブを忘れずに。 勝つと自動的に城に移動します。 勝てなかった時は神殿内でレベル上げをしておきましょう。 神殿内の左上・左下には宝箱があります。 右上・右下にもありますが神秘の鍵というアイテムがなければ回収できません。 城に戻ればストーリーが進みます。 ここで 姫と話すのを忘れないで下さい。 重要アイテムが貰えます。 開通した北の橋を渡ればオープニングとなります。 橋を渡ったら、いきなり敵が強くなりますので注意して下さい。 まずは北にある「 マトーヤの洞窟」に向かうのが本筋です。 マトーヤの洞窟で話を聞いたら「 港町プラボカ」に向かいます。 海賊風の男がいて話すと戦闘、勝てば船が手に入ります。 町中でいきなり戦闘になるので事前にセーブしておきましょう。 港町プラボカでは Lv2 の魔法が売られている事と、MP を回復するエーテルが 売られている事を覚えておいて下さい。 船は港の部分でしか乗り降りできません。 物語としては、まず北東の「 ドワーフの洞窟」に向かうのが筋です。 いきなり南のエルフの町に行っても問題はありませんが、ドワーフの洞窟には 宝箱もあります。 エルフの城で話を聞いたら、エルフの町でまず 「毒消し」を購入して下さい。 10 個ぐらいは必要です。 これがないと毒の治療が出来ません。 エルフの町では Lv3 と Lv4 の魔法も売られています。 ここからは長丁場、敵も強いのでレベル上げをしておくのも良いでしょう。 出来れば テントをいくつか購入しておいて下さい。 エーテルもいくつか欲しいところですが、港町プラボカに買いに戻る必要があります。 まずは北にある「 西の城」に向かい、話を聞いたら南にある「 沼の洞窟」に向かいます。 「沼の洞窟」は敵が強く、まだ脱出の魔法も覚えていません。 無理しないよう慎重に攻略する必要があります。 入って上に行くと宝箱だけがある階へ、下に行くと深部へと続きます。 まず上に行って宝箱を回収、一旦地上に戻ってテントで回復、改めて下に進むのがオススメです。 アンデッド(死霊)系の敵はファイア(火)か白魔法のディア系が弱点です。 また、スライム系には魔法しかほとんど効かないので注意して下さい。 目的の「クラウン」は沼の洞窟の地下3階、小部屋の中にあります。 ただし それが入った宝箱の前に立つと「ピスコディーモン」という強敵が出現します! 事前のセーブを忘れないで下さい。 クラウンを取って「 西の城」に戻ると ボス戦になります! 事前の回復とセーブを忘れずに。 勝つと「 水晶の目」を得られます。 水晶の目を「 マトーヤの洞窟」に届けると薬が貰えます。 薬を貰って「 エルフの城」で王子に使うと「 神秘の鍵」が貰えます。 「神秘の鍵」の入手後、以下の場所で宝箱を回収できます。 エルフの城、右端から上に上がった場所の宝物庫• 西の城、左側にある部屋の中• 沼の洞窟、地下3階の下の方にある小部屋の中• コーネリアの城、外周から裏に回り込んだ場所の宝物庫• カオスの神殿、入って右上と右下の方にある宝箱• ドワーフの洞窟、鍵のかかった部屋の中 貴重な装備もあるので、一通り巡って回収しましょう。 コーネリア城の宝物庫で「ニトロの火薬」を回収したら、 ドワーフの洞窟に向かい運河を開通させます。 これで船で外洋に出れるようになります。 船で運河を抜けると「 メルモンドの町」に行けるようになります。 Lv5 の魔法が売られていますが、来た時点では習得出来ないでしょう。 白・黒魔術師なら Lv19、赤魔術師なら Lv22 で習得可能ですが、テレポはまだ覚えられません。 この町には道具屋がないのが困ったところです。 エーテルやテント、毒消しなどが足りない場合は、エルフの町や港町プラボカに買い物に行く必要があります。 石化回復の「金の針」や、死から復活させる「フェニックスの尾」もいくつか 欲しいところです。 順番としては「 巨人の洞窟」に行き、通れない事と必要アイテムを確認するのが筋ですが、いきなり「 アースの洞窟」に行っても問題ありません。 アースの洞窟はかなり広く、強敵が登場するダンジョンで、しかも1度目は地下3階まで行って中ボスを倒した後、歩いて戻らなければなりません。 長丁場になるのでしっかり準備して入って下さい。 入って左側の道に行くと、1歩歩くごとに「ヒルギガース」という巨人が出現する厄介な通路に行ってしまいます。 見た目には普通と変わらないのですが、入り込むと非常に面倒なので行かないようにして下さい。 1階は上と右下の道に行くと宝箱、まっすぐ右で深部へと向かいます。 まず宝箱だけ回収して地上に戻り、テントで回復するのもいいでしょう。 地下2階の右上の部屋には「さんごのつるぎ」があります。 地下3階で中ボスと言えるバンパイアと戦闘になり、倒してから宝箱を調べると「 スタールビー」を入手できます。 入手したら 地上まで歩いて戻らなければなりませんので、帰りの分を計算に入れて戦いましょう。 スタールビーがあれば「 巨人の洞窟」を通過できます。 その奥の「 賢者の洞窟」でアイテムを貰うと、アースの洞窟の下層に入れるようになります。 再び アースの洞窟に入ります。 エーテルや回復アイテムなどが足りない方は買い物に行っておきましょう。 レベルが上がって魔法の習得条件を満たした場合は、魔法も覚えて下さい。 欲しい魔法は、白ならケアル系とヒール系、出来れば Lv5 のレイズ。 黒なら Lv4 のヘイストと Lv2 の ストライがボス戦で必須です。 地下3階のバンパイアがいた部屋のさらに奥から、深部に入れます。 地下5階で 土のカオス「リッチ」と戦闘になります。 様々な術を使う強敵なので、事前セーブは忘れないように。 倒すことが出来れば、そのまま奥の祭壇の上から地上にワープで戻れます。 リッチを倒すと、追加ダンジョン 「ソウル・オブ・カオス(SoC)」の1つ、「大地の恵みのほこら」が開きます。 場所はコーネリア城とカオスの神殿の中間あたりです。 ただし ここのボスは、現時点では倒すことが出来ないほど強力です。 死んでも戻れるダンジョンなので、強力な装備を狙いに行っても良いのですが、今の時点での攻略は困難で、中もかなり広いです。 とりあえず、存在だけは覚えておくと良いでしょう。 船に乗り、アースの洞窟があった半島の先を通って、ずっと西に進むと港が見えて来ます。 そこから上陸して進むと「 クレセントレイクの町」が見えます。 場所はステータス長押しで表示されるマップで確認しましょう。 クレセントレイクの町では Lv6 の魔法が売っています。 ただし白・黒魔術師は Lv26、赤魔術師は Lv29 ないと購入できません。 また一部の魔法はクラスチェンジ後でなければ買えません。 町の右上から広場に行くことができ、そこにいる賢者と話す事で「 カヌー」を 入手できます。 カヌーで川を移動し、町の西にある「 グルグ火山」に向かいます。 そのまま火のカオスと戦う事になるので準備を整えて向かって下さい。 グルグ火山では溶岩の上を歩くと1ずつダメージを受けます。 しかし 溶岩の上を歩いている時は敵が出ないのでうまく活用しましょう。 炎系の敵にはブリザド系(氷)の攻撃がよく効きます。 地下2階はまっすぐ左に行くと3階に行けますが、扉を抜けて上に行くと多数の宝箱のある通路に行けます。 宝箱を回収してから一旦地上に出て、回復して入り直すのがオススメです。 地下4階(2度目)に「 アイスブランド」と「炎の盾」が手に入ります。 どちらもボス戦で有用なので必ず回収してから地下5階に降りましょう。 地下5階は8方向に道が伸びていますが、左に行くと「フレイムメイル」が手に入り、左下に行くとボスの部屋に辿り着きます。 他はハズレです。 火のカオス「マリリス」を倒せば、その奥の祭壇から地上に戻れます。 火を防ぐバファイ、攻撃回数を増やすヘイスト、攻撃力を上げるストライの重ねがけなどが有効です。 火のカオスを倒すと SoC「燃えさかる火の大穴」が開くのですが・・・ この場所にはまだ行けないので、現時点では関係ありません。 一旦船に乗り、北にある港から上陸、川を遡っていくことで「 氷の洞窟」に向かえます。 場所が解りにくいので全体マップで確認しながら向かいましょう。 氷の洞窟で出現する「 マインドフレイア」という敵は、 通常の攻撃に即死効果があるというとんでもない敵です。 全滅の危険もある強敵なので、小まめなセーブを忘れずに。 氷の洞窟には踏み込むと割れて落ちてしまう場所があります。 よく見るとヒビが入っているので、それで区別できます。 宝箱の前にヒビがある場合は、注意して回収して下さい。 1回下まで落ちて、その後に地下1階まで戻れば、その先の部屋で「浮遊石」を入手できます。 浮遊石を入手後、クレセントレイクの町の南にある砂漠に入ると、 飛空挺が出現し乗れるようになります。 飛空挺は空を高速で自由に飛べますが、着陸は平地でなければなりません。 着陸できる場所は意外に限られているので注意しましょう。 飛空挺を入手したら、まず北にある「 ガイアの町」に立ち寄って装備やアイテムなどを整えておくといいでしょう。 ここでは Lv7 と Lv8 の魔法もいくつか覚えられます。 「妖精がいなくなった」という情報も聞けます。 全体マップ中央上部の、洞窟がたくさんある諸島に向かいましょう。 これらの洞窟はドラゴンの巣になっていて、宝箱を得られます。 そして洞窟の1つが「 竜王バハムート」の住居になっていて、クラスチェンジのための試練を受けられます。 諸島の洞窟の1つは SoC「燃えさかる火の大穴」になっています。 ただし ここのボスは最初にここに来た時点で勝てるような相手ではありません。 死んでも戻れるし、洞窟内でレア装備が得られる事もありますが、本編とは無関係なので、とりあえず存在を覚えておくぐらいでいいでしょう。 ドラゴンの諸島の東北東に「 試練の城」があります。 ここでクラスチェンジのアイテムを得られますが、近くに飛空挺を降ろせる場所がないため、少し離れた場所に着陸して歩いていく必要があります。 試練の城にも攻撃が即死効果を持つ「マインドフレイア」が出現します。 十分に注意して下さい。 試練の城ではワープを繰り返しながら正解の道を見つけなければなりません。 何度もやっていればそのうち解りますが・・・ 下・下・右・3番目です。 試練の城では「いやしの杖」「 ガントレット」というアイテムが手に入ります。 これは両方とも アイテムとして使う事で魔法が発動する装備で、何度使っても なくなりません。 もちろん MP も消費しません。 いやしの杖はヒール、ガントレットはサンダラが発動します。 装備すると装備者しか使えなくなるので、装備しない方がいいでしょう。 ガントレットがあれば白魔道士も攻撃に参加することが出来ます。 威力は普通の魔法と同じく、 使用者の「知性」に依存します。 試練の城で必要なアイテムを手に入れ、バハムートに届ければ、 クラスチェンジが行われます。 これによって新しい魔法を習得出来るようになるので、クラスチェンジ後は必要な魔法を覚えに行きましょう。 シーフは忍者になれば重装備が可能になるので装備変更を忘れずに。 全体マップの左上にある大陸に行き、「 オンラクの町」に向かいます。 町の近くには飛空挺を降ろせないので、少し離れた平地に着陸して歩いて町に 向かって下さい。 オンラクの町ではガイアの町になかった分の Lv7 の魔法が覚えられます。 また、妖精の行方やキャラバンの情報が得られます。 オンラクの町の西にある砂漠の上の方にある、ちょっと離れた砂漠の中に入ると「 キャラバン」に入れます。 ここで「 妖精のビン」を購入します。 購入後、ここではボス戦で役立つ消費アイテムが売られるようになるので覚えておきましょう。 ガイアの町に行き、町の右上の方にある妖精の泉に行くことで「 空気の水」を 得られます。 オンラクの町に戻り、町の右下にある桟橋に行きタルのような潜水艇に入ると、「 海底神殿」に行くことが出来ます。 水生生物にはサンダー系(雷)が有効です。 ガントレットは使うとサンダラなのでフル活用しましょう。 最初の階の右上の辺りにある階段を下りると行き止まりになりますが、多数の 宝箱があり、その1つには今後のゲーム進行に必要となる「 ロゼッタ石」が入っています。 よってまずはそちらに向かい、回収後に魔法で脱出、改めて入り直しましょう。 最初の階の左上にある階段で深部へ向かいます。 海底神殿では「ライトアクス」「魔術の杖」「 巨人の篭手」、そして「 リボン」などを入手できます。 アイテムとして使用することで、ライトアクスは「アディア」、魔術の杖は 「ファイラ」、巨人の篭手は「セーバー」が発動します。 セーバーは攻撃力強化の魔法で重ねがけが可能なので、ボス戦で重宝します。 リボンはあらゆる状態変化に耐性を持つ、かなり重要な防具です。 水のカオス「クラーケン」は物理攻撃が中心です。 プロテアなどの魔法で防御力を高めましょう。 ラスロウも効けば有効です。 スミを吐いて盲目にしてくるので主力にはリボンを装備させておきましょう。 水のカオスを倒すと、運河の近くにあった渦潮から SoC「いやしの水の洞窟」に行くことが出来ます。 ここの最深部のボスはこのゲーム最強クラスで、 ラスボスも優に超えます。 道中で貴重な装備が手に入る事もありますが、本編には直接関係ありません。 右上の大陸の南にある「 ルフェインの町」は言葉が通じません。 しかし海底神殿で手にいれたロゼッタ石を、 メルモンドの町にいる学者のウネに渡せばルフェイン語を学ぶことが出来ます。 ルフェイン語を学んだらルフェインの町に行きます。 例によって近くに飛空挺で降りることは出来ないので、離れた場所に着陸して 歩いて行く必要があります。 ルフェインの町で情報を集め、「 チャイム」を入手します。 ルフェインの町には宿屋も道具屋もありませんが、 町の右上のすき間からずっと右に歩いて行くと魔法屋があり、残りの Lv8 の魔法を覚えられます。 物語の筋としては、ここでルフェインの町の西にある大きな砂漠の真ん中に建っている「 ミラージュの塔」に向かいます。 チャイムがあれば中に入れ、3階で「 ワープキューブ」の情報を得られます。 (実際にはこの情報がなくてもワープキューブは入手可能です)• ミラージュの塔の各階の中央部には宝箱があり、強力な装備が得られます。 トールハンマーは使えば「サンダラ」、いやしの兜は使えば「ヒール」です。 マップ左上の大陸にある「滝」に向かいます。 オンラクの町の近くの川からカヌーで遡っていかなければなりません。 滝の奥の洞窟で、最深部にいるロボットと話しワープキューブを貰います。 このダンジョンの宝箱はロボットがいる部屋にあるだけです。 2つ目の「リボン」が手に入ります。 再び「 ミラージュの塔」に行き、3階に上ります。 ワープキューブがあればそこの祭壇から「 浮遊城」に行くことが出来ます。 浮遊城は幾何学的な作りになっています。 1階は十字型になっていて、左・右・下 に宝箱、上の通路に階段。 2階は米字型になっていて下の先に階段、他の通路のすべてに宝箱。 3階は入口から 右・上・左 に宝箱の部屋、左の部屋の下に階段。 4階はループゾーンですが、入口から2つ左、2つ上にいけば階段です。 浮遊城では3つ目のリボンを始め、有用な装備が多数手に入ります。 また、「アダマンタイト」という鉱石も入手できます。 浮遊城の3階で水晶玉のようなものをのぞくと、カオスの力がカオス神殿に集まっているのが見えます。 風のカオス「ティアマット」は全体攻撃が主体です。 各属性の全体術に加えて毒ガスまで使ってくるので回復を優先しましょう。 ただ、ここまで来たパーティーだとそれほど苦戦しないと思います。 なお、ティアマットのいる5階にはティアマット並に強い敵「デスマシーン」が希に出現するため注意して下さい。 風のカオスを倒すと SoC「風のささやく洞穴」が開きます。 場所はグルグ火山の北東、氷の洞窟の近くで、カヌーで行く必要があります。 最強クラスのボスが待ち構えていますが、 そろそろ SoC 攻略も可能な時期。 土の SoC から攻略を開始してみても良いかもしれません。 浮遊城でアダマンタイトを手に入れたら、ドワーフの洞窟に行って鍛冶屋に話して下さい。 強力な剣「 エクスカリバー」を作って貰えます。 「 カオス神殿」に向かい、 そのまま正面の部屋に入って水晶玉を調べれば、 いよいよ最後のダンジョンへと向かいます。 スマホ版(及び PSP 版)だと、黒いローブを着た男が奥の方に入っていくのが見えます。 この男についていくと「 時の迷宮」に行くことが出来ますが・・・ これは本編とは異なる追加のダンジョンです。 ラストダンジョンでは通路上でいきなりボスと戦闘になったりします。 セーブは小まめにして、出来るだけ体力を回復しながら進行しましょう。 スマホ版の FF1 は、 ラストのダンジョンからダテレポの魔法などで外に出ることが可能です。 ラストダンジョンの地下4階の右下には「マサムネ」という全職装備可能な強力な武器があるので、「ソウル・オブ・カオス」や「時の迷宮」に挑む人は、これを取ってから脱出し、攻略に挑むのもいいでしょう。 地下5階の最後のボスを倒せば、エンディングです。 最後に、注意点を。 エンディング後に「クリアデータ」をセーブできますが、これをロードすると「モンスター図鑑」を引き継いだ「ニューゲーム」になります。 つまり前のデータを上書きする形でクリアデータを保存してしまうと、クリア前のパーティーで続きをプレイする事が出来なくなってしまいます! ですからクリアデータは絶対に、メインのセーブデータとは違う場所に保存して下さい。

次の

伝説の金属

タイト ファンタジー

Recent Posts• Archives• Meta• Popular Posts• 170,592 views• 134,886 views• 132,197 views• 100,430 views• 88,653 views• 81,021 views• 56,119 views• 51,908 views• 50,309 views• 47,244 views• 44,828 views• 44,409 views• 42,643 views• 42,405 views• 42,173 views• 37,685 views• 37,679 views• 36,602 views• 34,752 views• 33,250 views• Daily Popular Posts• 162 views• 146 views• 121 views• 112 views• 108 views• 105 views• 93 views• 84 views• 77 views• 75 views•

次の

『FF7』コスプレイヤー30連発!! ティファ、エアリス、クラウドなど人気キャラがいっぱい!【FF7 リメイク発売記念】

タイト ファンタジー

他の伝説の金属と違い、 実在していたが、製造法が歴史の彼方に消えてしまったというガチの歴史ロマンもの。 インドで作られ、シリアのダマスカスで売られていたことからこの名がついた。 別名は「ウーツ鋼」。 紀元前から作られており、そのすさまじい切れ味と「決して錆びない」という不思議な特性、そして一種異様な刃紋から特にヨーロッパで高い人気を誇った。 が、遅くても20世紀に入る頃には製造法が失伝してしまう。 現在売られている「ダマスカス鋼」とされる製品は、当時のそれを完全再現できていない。 表面に浮かぶ木目状の模様が最大の特徴で、その再現に多くの研究者が挑んでいる。 最近の研究では、 現代の最新技術であるカーボンナノチューブらしき構造が確認されたという報告もあり、いまだに深いロマンを宿している金属である。 仮面ライダーカブトでは「ヒヒイロノオオガネ」なる強化版も -- 名無しさん 2018-03-15 23:42:31• 派手な刀で困るのは忍者ぐらいかな -- 名無しさん 2018-03-16 00:08:44• ミスリルはホビットという名詞と同様に権利関係が絡んでいるから今後は減少しそう -- 名無しさん 2018-03-16 00:17:18• 近年でも主にロボットアニメ等で架空の金属が量産されていたりする。 代表的なものとしては超合金Zやガンダリウム合金等。 -- 名無しさん 2018-03-16 00:25:09• -- 名無しさん 2018-03-16 00:32:58• ネタバレになるかもしれないけどフルメタのはアマルガムに対する牽制として作られたのがミスリルじゃなかったっけ -- 名無しさん 2018-03-16 00:37:37• 実はRPGで扱うのには少々面倒ごとが多かったりする。 著作権的な意味で -- 名無しさん 2018-03-16 00:46:37• 仮面ライダー剣の畳もオルハリコン製 -- 名無しさん 2018-03-16 00:49:30• スプリガンのオリハルコンもちょっと特殊だよね。 他の金属との合金にすると様々な能力を付加するという。 -- 名無しさん 2018-03-16 01:25:55• インドのデリーに存在する「錆びない柱」はウーツ鋼だと言われてるが実際はそうではないという説も どっちなんだ… -- 名無しさん 2018-03-16 01:47:05• SOシリーズだと細工とかブラックスミスとかの素材でこれら出てくるよね。 贅沢だw -- 名無しさん 2018-03-16 01:51:09• 中二階堂三一のメガネもオリハルコンだったな…マイナー過ぎるか -- 名無しさん 2018-03-16 02:13:55• 金剛 非ダイヤモンド !神珍鉄!青生生魂 アポイタカラ ! -- 名無しさん 2018-03-16 05:24:21• ヒッヒとダマはお空のものが最近では有名 -- 名無しさん 2018-03-16 09:38:08• -- 名無しさん 2018-03-16 10:15:11• ヴィブラニウムとかアダマンチウムとかは無の方向か。 そういえばスペシウムも何らかの金属様物質なんだろうけど、正確には何物なんだろう… -- 名無しさん 2018-03-16 10:37:43• デモンベインの装甲板はヒヒイロカネ製。 あれだけ鋭角的にもかかわらず損傷することのほうが少ない -- 名無しさん 2018-03-16 11:00:26• ヒヒイロカネは硬くて軽くて熱効率が滅茶苦茶いいとかいう性質なかったっけ、ヒヒイロカネ製の茶釜は葉っぱ数枚分の火で沸くとか鎧にも使われる一般的な金属だったとか、でもwikiにすらそんなもんで鎧作ったら日光で蒸し焼きの死体が量産されるだけとか言われてたな -- 名無しさん 2018-03-16 13:31:07• イースの「クレリア」はやっぱミスリルだと権利関係ややこしくなるからかね -- 名無しさん 2018-03-16 16:20:38• 宵闇幻燈草紙のヒヒイロカネは常温超電導を可能にするお宝だったな -- 名無しさん 2018-03-16 22:52:49• 遊戯王OCGのメタルフォーゼ融合体が伝説の金属、それ以外が実在の金属の区分分けは秀逸だと思ったなぁ -- 名無しさん 2018-03-17 06:30:27• テクタイトって、今までSFにある超鉱石かと思ってたけど、現実にあったのね。 びっくりした。 -- 名無しさん 2018-03-17 12:02:28• 魍魎戦記MADARAのクサナギもヒヒイロカネ。 -- 名無しさん 2018-03-29 09:44:49• ブルーメタルはDQのオリジナルなんだな。 ちょっと残念。 -- 名無しさん 2018-03-29 09:45:46• 『仮面ライダーカブト』にはウーツ鋼も出てる(マシンガンブレードの刃) -- 名無しさん 2018-03-31 11:45:32• 緋緋色金は世界樹の迷宮シリーズに登場しなかったっけ?Vとセカダンしかやり込んでないから断言は出来ないけど -- 名無しさん 2018-05-25 20:55:01• ここをみるとラピュータのアダマント自体は単に都市を支える頑丈な板で、磁石は別にあるみたいだけど(ちなみに鉄鉱石を含んでいて磁石にくっつくらしい)> -- 名無しさん 2018-05-25 21:11:19• アダマントは「アダマンス」を語源として磁石を意味する場合もあるようなので、ラピュタのアダマントも磁石の一種という可能性はあるのかな。 -- 名無しさん 2018-05-25 21:44:39• グラブルにおいて、ダマスカス鋼の素材アイテムのそのまた素材のアイテム~とあるが、最近ついにダマスカス鋼の素材アイテムのそのまた素材のアイテムのさらにそのまた素材のアイテムが実装されてしまったことは内緒 -- 名無しさん 2018-07-30 13:25:23• アダマンチウムの登場はFFより古くねえか確か。 ウルヴァリンの歴史は長いだろう -- 名無しさん 2018-07-30 13:42:22• ヴィブラニウムがアリとなるとそれこそガンダリウムとかあらゆる創作系の金属がアリってならない?一応最初の時点では「作品を跨いで登場する一般名詞に近い扱いの伝説の金属」という基準だったんだから、ヴィブラニウムはアウトじゃないかな -- 名無しさん 2018-08-05 09:25:37• 一応複数の作品には跨いではいるけど……「マーベルコミックスの中で」ではちょっと世界が狭かったかな。 まぁ確かに作品跨ぎとはいえ一種のシェアワールドではあるけど -- 名無しさん 2018-08-05 09:47:53• 異論がないなら、翌日ログ化します -- 名無しさん 2018-09-20 23:42:50• オリハルコンで真っ先にボウケンジャーの「それはヴリルだ」を思い出した。 -- 名無しさん 2018-12-21 17:46:43• MCUアークリアクターのコアはバッドアシウム元素に設定変更されてる -- 名無しさん 2018-12-21 18:51:31• 元ネタだけ考えるとミスリル(超銀)>アダマント(ダイヤモンド?)>オリハルコン(金未満。 真鍮?)>>ヒヒイロカネ(捏造品)かな -- 名無しさん 2020-05-14 14:19:52.

次の