アブ ブヨ 刺された跡。 アブとブヨの違いや、刺された時の症状と対処方法をご紹介!

アブってどんな虫?ブヨとアブの違いや刺された時の対処方法のまとめ

アブ ブヨ 刺された跡

[目次]• ブヨの生息地とその生態とは ブヨはハエの仲間ですが、ハエよりも小さく体長2~5㎜程度です。 ハエともっとも違う点は、吸血昆虫であることです。 ブヨは全国各地に生息しています。 しかし、幼虫は渓流で生活しているため、ブヨの被害は山奥のキャンプ場でよく発生します。 逆に川が流れていない住宅地では、ほとんど見られません。 ブヨは一年中いますが、季節としては春や夏などが多く、日中の気温の高いときよりも朝夕の涼しい時間帯に活発に動き回ります。 そして吸血するのは、蚊と同じようにメスだけです。 ブヨは、蚊のように「針」で刺して吸血するわけではありません。 よく「ブヨに刺された」と表現しますが、実際は皮膚をかみ切って吸血します。 そのためブヨに刺された跡を見ると、軽い出血や点状の出血があります。 人の血を吸っている時間は1~2分程度ですが、チクッとした痛みを感じる場合もあれば、全く感じない場合もあります。 ブヨに刺されたときの症状 体質にもよりますが、蚊の場合と違ってブヨに刺さてもすぐにかゆみが襲ってくるということは少ないようです。 多くの場合、刺されて半日から1日くらい経って、激しいかゆみや痛みの症状が出ます。 これは、ブヨの唾液腺物質に対するアレルギー反応です。 蚊の唾液腺物質よりも毒素が強いため、症状も強く出ることも多く、ときには水ぶくれになることもあります。 さらに、ブヨに対するアレルギー反応が強い場合、リンパ系の炎症を起こしたり、最悪の場合「アナフィラキシーショック」を起こして呼吸困難に陥るケースもあります。 ブヨに刺されたら、どう対処すればいい ブヨに刺されたことに気がついたら、まずは応急処置をしましょう。 最初にやることは、傷口から毒を吸い出すことです。 この処置は、時間が経過してしまったものに関してはあまり効果が期待できませんが、刺された直後に行うことで毒の浸透を抑えることができ症状も緩和できます。 注意したいのは、決して口で吸い出してはいけないということです。 口の中に傷があった場合、そこから体内に毒が入り込んでしまう危険性があります。 一番いいのが毒抜き専用のポイズンリムーバーを携帯しておくことです。 また、外用薬としてステロイド系の薬をなるべく早く塗ることもおすすめです。 ブヨによる激しいかゆみを鎮静化させて、掻き崩しを予防するのにも役立ちます。 ブヨの場合、「刺し傷」ではなく「噛み傷」になります。 少し傷が深いという特徴もあるので、蚊に刺された時以上に慎重になって、消毒は念入りに行うといいでしょう。 子供などは、ついつい掻きむしってしまうので、薬を塗った後、絆創膏などを貼ってカバーしておくのもいいでしょう。 病院を受診したほうがいい場合 たかが虫刺されと侮っていると、大変なことになりかねません。 たとえば、ブヨに刺された部分を激しく掻いたり、長期間掻き続けることで、炎症が慢性的になる「結節性痒疹(けっせつせいようしん)」になってしまうこともあります。 こうなると病院で治療を行っても、なかなかすぐには治りません。 ブヨは蚊に比べると激しいかゆみが続きます。 市販の虫刺され薬など効果がない場合や、かゆみや腫れがひどい場合には病院を早めに受診しましょう。 病院では、強めのステロイド薬や抗ヒスタミン薬、内服薬などを処方して症状を緩和してくれます。 ブヨに刺されないために ブヨ対策は「刺されない」ことです。 そのためには、キャンプや登山の時には、肌の露出をできるだけ避けるようにしましょう。 長袖長ズボンはもちろんのこと、手袋も使ったほうがいいでしょう。 とくにブヨは足元を刺すことが多いので、厚手の靴下を履いたりズボンと靴の間にすき間を作らないような工夫が必要です。 また、ブヨ対策として市販の「蚊用虫よけスプレー」などは、あまり効果がありません。 ブヨ専用のものか、薬局で購入できるハッカ油を薄めたものをスプレーすると効果が期待できます。 楽しいはずだったキャンプなのに、ブヨに刺されて夜も眠れなかったといったことがないように、万全の準備を整えていきましょう。 また、単なる「虫刺され」だと思って放置したり、きちんと対処しておかないと、悪化してしまうこともあります。 その場合は早めの病院での治療をおすすめします。

次の

いつまでも治らない虫さされ あるいは ブヨに注意

アブ ブヨ 刺された跡

ブヨの大きさは、ハエよりも少し小さく、蚊よりも少し大きい程度です。 全体的に丸みを帯びており、羽音が小さいため自分の周りを飛び回っているのに気が付きにくく、噛まれるまで分からないということが多くあります。 人に対してだけではなく、さまざまな哺乳類から血を吸います。 また、ブヨの体の色は全体的に黒く、腹部のみ黄色と黒の縞模様のようになっています。 ハチのように敵対心によって攻撃をするのではなく、生きるための食料として吸血します。 そのため、吸血するのは産卵時の雌のみとなります。 それ以外は人間を捨て身で攻撃したりなどは無いのでそこまで心配する必要はありません。 ブヨは主に3月~10月にかけて活動を行います。 特に一番活動が活発なシーズンは夏になります。 しかし、高い気温を苦手とするため 夏場で比較的に気温が低い朝や夕方に活動を行います。 卵から孵ったばかりの幼虫は川、渓流などの水辺に生息します。 夏場のキャンプで水辺にテントを張る場合、朝と夕方には気を付けるようにしましょう。 ブヨは蚊のように管を指して血を吸引するのではなく、鋭い顎で皮膚を食いちぎって出てきた血を吸います。 そのため、ブヨに刺された跡というのは赤い出血点や流血、水ばれなどが現れます。 また、吸血時には唾液腺から発生する毒素が傷口から流入します。 これによって麻酔効果が発生し、噛まれた瞬間の傷みに気が付かなければ、その後しばらくはかゆみなどを伴わないため気付きにくくなります。 しかし 毒素の麻酔効果は翌日以降に無くなり、患部が大きく腫れたり激しい痛みを伴うなどの症状が出ます。 痒みは多くの場合で感じる人が多く、また熱を持っているため幹部だけでなく体全体に熱が広がり、倦怠感を感じる場合もあります。 人によりますがアレルギー体質の場合には症状が重く出やすく、慢性湿疹などになると数か月間も痒みや腫れが引かない場合もあります。 喘息などの呼吸器系の持病を持っている人は呼吸器官に影響を及ぼす可能性もあるので注意が必要です。 【ポイズンリムーバーを使用する】 ポイズンリムーバーは山登りなどでハチに刺されたり毒性の強い虫にかまれたりした際に大変効果のある器具です。 山登りの必需品とも言われており、ブヨに刺された場合も大変有効です。 ホームセンターや百貨店でも購入可能で、現在はネット販売で購入する人が多くいます。 使い方は大変簡単で吸い口を患部に当ててピストンを引いてそれを維持するだけで毒素を吸引できます。 【手で血が出なくなるまで絞り出す】 ポイズンリムーバーが手元に無い場合に活用できる方法です。 指でしっかりと患部をつまみ、血が出てこなくなるまでしっかりと絞ります。 自分で強く絞るのは痛みが伴うため大変困難な場合もありますが、後程味わうであろう強烈な痒みを避けるために必要です。 【ステロイド系軟膏を塗る】 ブヨの毒素はアレルギー性が強く、患部に強い痒みを伴うため強いステロイド系外用薬(抗ヒスタミン系軟膏)」を使用すると良いでしょう。 病院に行っていないため市販薬しか手に入らないという場合にはムヒアルファEXなどがブヨだけでなくさまざまな虫刺されなどに効くためおすすめです。 【流水でよく洗う】 流水で洗うというのは多くの虫刺されや毒に侵された場合に有効な手段です。 ブヨに刺された場合には患部の血が固まるのを防ぐと同時に血中に入り込んだ毒素を洗い流すことが可能です。 傷口から細菌などが入ることを防ぐ効果もあります。 水道が近場に無いような森の中などで手を洗いたい場合はペットボトルの水など清潔な水を使用しましょう。 【患部を温める】 ブヨに刺された場合翌日辺りから患部が熱をもって腫れるため冷やしてしまいがちですが、 ブヨの毒素には温めることでより効果があります。 43度以上で30分程度温めることで毒素を中和することが可能です。 痒みが発生する前に温める方が効果的です。 ブヨに刺された場合の対処方法は上述しました。 しかしブヨに刺されなければその対処も必要なくなります。 ここではブヨに刺されないための予防策を紹介します。 【肌の露出を抑える】 蚊やハチに刺されないためにも有効な対策です。 夏場などはやはり暑さや熱中症対策を目的として涼しい恰好を選択する人も多くいるでしょう。 しかしブヨに刺されないためには肌の露出を抑えることが大変重要になります。 長袖長ズボンで全身を覆うようにしましょう。 スリッパやサンダルも避けて、長めの靴下を履くように心がけると良いでしょう。 また、首元などが露出してしまいがちですが、首元には注意が向きにくいのでスカーフなどで覆うことがおすすめです。 油断してしまう手元もグローブなどを付けていれば安心でしょう。 【虫よけスプレーを使用する】 山や森などの虫が多いところでは虫よけスプレーが必需品です。 ブヨは蚊やハエなどと同じように虫よけスプレーの成分が苦手なので大変効果があります。 虫よけスプレーは肌の露出部分だけではなく、衣類にもしっかりと噴射しておくと良いでしょう。 虫よけスプレーの成分には複数あり、 ディート系のスプレーや イカリジン配合のスプレーがブヨに効果があります。 効果が高いスプレーはやはり人体にも多少の影響があるので、小さい子供などに使用する用など、複数の強さのスプレーを使い分けると良いでしょう。 また、汗をかくと防虫の効果が流れてしまうので常に携帯してまめに吹きかけると良いでしょう。 【明るい色の服を着る】 一般的に蚊などの対策でも良く言われていることですが、服の色でブヨに刺されやすいものとそうでないものがあります。 白い服と黒い服を着た人を比べた場合には、黒い服を着た人のほうが多く刺されます。 理由はブヨなどの視界で判別できる色には限りがあり、モノクロのように見えています。 そのため濃い色の服は黒く、薄い色は白っぽく見えているのです。 UVケア対策などで濃いめの色の服を選ぶ人も多くいますが、これはブヨ対策としては適切ではないので注意が必要です。 また、赤い服や青い服もブヨには黒っぽく見えてしまうことから、避けたほうが良いでしょう。 黄色や薄いオレンジ色などの服が一番ブヨ対策としては良いでしょう。 【ハッカ油を用意する】 ハッカ油はブヨだけではなくハエなどにも広く効果があります。 ブヨはハッカの成分、ニオイが苦手なためハッカ油の周りには近寄りたがらないという習性があります。 ハッカ油は小さなボトルで販売しているので山登りや森に入る際にもスペースを取ることなく持ち運びができるでしょう。 しかし、ボトルのままでは全身に使用するのは難しいため、自作のハッカ油スプレーを作成することをおすすめします。 精製水9に対して無水エタノール1の割合で混ぜ合わせ、そこにお好みのハッカ油を入れます。 濃度は好みで良いのですが、大体20滴以上入れられれば効果はあります。 もしもっと強い効果が欲しい場合は40滴程度までいれることが可能です。 【朝夕のブヨが活発な時間帯には水辺を避ける】 上述したように、 ブヨは朝夕の時間帯でもっとも活発に活動します。 そのためブヨの活動な時間に活動している水辺付近に近寄らないようにすればめったなことではブヨに刺されることはありません。 キャンプ場やゴルフ場などでも朝夕の水辺は注意しましょう。 アブとブヨは混同されてしまいがちですが、実際には見た目も刺された際の対処法も大きな違いがあります。 またアブは多くの種類がいますが、基本的に人を刺し吸引するのはオスだけです。 メスは人を襲うことがありません。 また、刺された際の痛みも、ブヨと違ってすぐに出ます。 痛みを感じたと同時に熱をもって腫れていくのでアブに刺された際はすぐに分かるでしょう。 また患部が固くなり、流血します。 ポイズンリムーバーなどでアブの唾液成分を吸い出す必要があります。 アブには毒がありませんが、唾液成分に流血を促す成分が含まれているためすぐに対処をする必要があります。 清潔な水があれば流水で流し、氷嚢などを使用して患部を冷やすことで腫れが早く引きます。 水回り設備は毎日使うものなので、他の場所と比べて老朽化するのが早かったり、不便さを感じたりしやすい場所です。 特にキッチンは使い勝手の悪さをリフォームで改善したいと思う方が多く、単にキッチンセットを入れ替えるだけでなくレイアウトを変更したり、リビングルームと一体化して広いLDKにしたりといった大掛かりなリフォームになることが少なくありません。 しかしそこで気になるのがリフォーム費用のことです。 キッチンリフォームでは、キッチンの形状や寸法、グレード、オプション設備などの他に、配管交換や換気設備のためのダクト工事の有無、全体の計画などによって費用が大きく変わります。 そこで本記事では施工事例を元に、キッチンリフォームの費用をご紹介します。

次の

虫さされの症状・原因|くすりと健康の情報局

アブ ブヨ 刺された跡

アブとブヨの違いは? アブとブヨの大きな違いは、体の大きさです。 大きいほうがアブ、小さいほうがブヨと覚えておきましょう。 アブの生態 出典: www. ishidashiki. sakura. jp アブは 3cm程度の体長が平均的で、大きなハエのような姿をしています。 生息している場所は、一般的に川や田んぼなどです。 活動期は、 7月から9月ぐらいまでです。 基本的には、家畜の血を吸うのが一般的ですが、家畜がいない場合は、人間も襲ってきます。 アブの場合は、蚊などように、刺して血を吸うわけではありません。 アブの血の吸い方は、 皮膚を噛みちぎってから血を吸うため、ちくっとした痛みや出血が生じます。 ブヨの生態 出典: insect. wolletlove. com ブヨは、2mm程度で、なかなか見つけにくい虫です。 活動期は、 3月~9月までと長いです。 主に涼しい時間帯の森林や川沿いが活動拠点となっています。 噛まれた跡は、小さな出血があり、血がにじんでいる状態で、小さな赤い斑点が 3倍ぐらいに腫れあがります。 アブもブヨも、どちらも刺したり噛んだりします。 刺された際の対処法をそれぞれご紹介します。 ブヨに刺された!症状と対処法 ブヨもアブと同様に、傷口から血を吸います。 ブヨは 集団で襲ってくることが多く、噛まれる箇所が多いため、気がついたら20か所刺されている場合もあります。 赤くぷっくりと腫れるのが特徴です。 2~3倍に腫れあがります。 腫れが悪化し、水膨れになることもあるようで、ひどくなった場合、皮膚科を受診するほうが良いです。 因みに、 メスだけが吸血します。 噛まれたすぐには、あまりかゆみを感じませんが、後でかゆみや痛みが生じてきます。 たまに頭痛や発熱を起こすこともあります。 30か所以上刺されている場合は、生命の危機に陥る場合もあるため、早めに皮膚科へ行ってください! 但し、ブヨの方がかゆみや腫れは長引き、 1か月ぐらいかゆみが続く場合もあります。 毒素を注入するので、毒素を抜く必要があります。 この毒素は、ムカデや蜂の毒素成分とほぼ同じです。 ブヨの毒素は熱に弱いので、毒素を絞り出したら、傷跡を綺麗に拭き、温めるのが良いです。 目安として、肌表面を43度以上で30分肌の状態を保つとよいです。 ただし、温めるのは、刺された時限定です。 痒みが強い症状になる前の状態の時のみ、有効です。 対策としてお勧めは、 ポイズンリムーバーです。 通販などでも購入でき、そこまで高くもないので、気軽に購入できます。 注射器状などようなもので、毒素を吸い出すためにとても役に立ちます。 レジャーが多いご家庭では、1本あると便利かもしれませんね。

次の