笠原 えりな。 「あおり運転暴行事件のガラケー女」デマ流された笹原えりなさん会社HPの声明で疑惑否定。法的措置も検討(篠原修司)

宮崎文夫は精神疾患の可能性が!ガラケー女が笹原えりなはデマで、真犯人を特定か

笠原 えりな

そこで、日本財団は2015年6月、「」を設立しました。 パラリンピックムーブメントを推進することを目的に、共同事務所としての機能を充実させて競技団体の運営を支えたり、ボランティア育成や、パラリンピックの理解促進を行ったりすることで、2020年の東京パラリンピックの成功に貢献します。 これに先立ち日本財団では、2020年東京パラリンピックの開催決定を受け、2014年6月に「」を立ち上げました。 パラリンピックとどう向き合い、どのような大会とすべきか、という課題に対し、民間の立場で広く検討するのが目的で、2016年春を目途に提言をまとめる予定です。 日本財団パラリンピックサポートセンターの事業 <パラリンピック・ムーブメントの推進>• パラリンピック競技団体の基盤整備• アスリートが競技に集中するための環境整備• パラリンピックの普及・啓発• パラリンピックボランティアの推進• パラリンピックの学術研究• パラスポーツの国際支援• 障害者の文化・芸術支援 (写真左から)スペシャルサポーターの草彅剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さん 日本財団パラアスリート奨学金制度 日本財団パラアスリート奨学金は、日本体育大学及び日本体育大学附属高等支援学校など、学校法人 日本体育大学の設置校に在学する身体障害または知的障害のある学生・生徒で、パラリンピック、オリンピックなどの世界レベルにおける活躍が期待できると認められる方を対象とした給付型の奨学金制度です。 2017年に開始し、2020年に向けて50名のパラアスリートを養成することを目指しています。 「高」は正しくは「梯子高」、「松」は正しくは、キヘン+「鉛」のつくり 2019年度「日本財団パラアスリート奨学金」奨学生 氏名 性別 競技 三元 大輔(みつもと だいすけ) 男 車いすバスケ 友野 有理(ともの ゆり) 女 パラ卓球 宮城 実来(みやぎ みく) 女 デフサッカー 笹原 拓歩(ささはら たくみ) 男 パラ陸上競技 〈車イスレーサー〉 髙橋 幸平(たかはし こうへい) 男 スキー アルペン 吉越 奏詞(よしごえ そうし) 男 パラ馬術競技 赤石 竜我(あかいし りゅうが) 男 車いすバスケ 吉田 知樹(よしだ かずしげ) 男 パラ陸上競技 新保 大和(しんぼ やまと) 男 パラ陸上競技 湯口 英理菜(ゆぐち えりな) 女 パラ陸上競技、カヌー シッティングバレー 東 里樹(あずま りき) 男 スピードスケート.

次の

あおり運転事件「ガラケー女」のデマ被害者が法的措置 リツイート”だけ”も対象に

笠原 えりな

そもそも広がっていた情報は、宮崎容疑者が茨城県の常磐道であおり運転をしていた際に同乗していた喜本容疑者が被害女性であると「特定」したデマだった。 根拠は「顔が似ている」ことや、宮崎容疑者が被害女性のInstagramをフォローしていたことだが、そもそも被害女性は両容疑者とは知り合いではなく、事実無根だ。 代理人弁護士によると、デマが広がったのは、宮崎容疑者が指名手配をされて氏名と写真が公開された8月16日の翌日のこと。 同乗していた喜本容疑者(当初は指名手配されておらず、名前も公開されていなかった)に関する憶測が広がるなかで、午後2時前、Twitterで被害女性のことを喜本容疑者であると名指しする投稿がされたことが発端とみられるという。 その1時間後にはネット掲示板「5ちゃんねる」に被害女性のInstagramのリンクを貼った記事が投稿され、コメント欄には大量の誹謗中傷が寄せられた。 さらに被害女性のプロフィールや顔写真などがネット上に大量に広がり、経営する会社も晒された。 会社への電話は1日で200件を超えたという。 デマの拡散は、被害女性への誹謗中傷は、自身が経営する会社のホームページで声明文を発表するまで続いたという。 拡散した「トレンドブログ」とは そうした情報の拡散の起点となったのが「トレンドブログ」だ。 そもそもトレンドブログとは、検索エンジン対策(SEO)に長けており、ユーザーが検索しそうなキーワードを先回りして記事化し、検索からユーザーを流入させてページビューを得ることで、広告収入を稼いでいるとみられるブログ群だ。 「犯人は?顔写真は?」などと、読み手の興味をそそるようなタイトルのものが多いが、その内容はほかのサイトの記事の引き写しや、単なる憶測に留まっていることがほとんどだ。 社会の注目が集まる事件・事故が発生するたびに、容疑者のプロフィールや顔写真を紹介するといった触れ込みのトレンドブログの記事が、大量に作り出されている。 そのため、誤った情報を拡散する起点になることも少なくない。 実際、川崎・登戸の殺傷事件では「犯人は在日」というデマを拡散。 京アニ火災では同様の情報のほか、「NHKのディレクターと犯人が知り合い」という噂をディレクターの顔写真や個人情報とともに掲載したサイトもあり、のちにNHKが公式に否定する自体にまで発展した。 「本人とみて間違いなさそう」 今回も「あおり運転」の様子をメディアが報じた直後から、被害女性の本名や写真を掲載したトレンドブログが相次いで公開された。 先出の通り、ソースなどは記されていない。 とあるブログは、Twitter上の情報を引用しながらこう「推測」している。 あおり運転時の写真とインスタを見比べてみると、口元なども似ていますので、本人とみて間違いなさそうですね。 ガラケーで撮影していたのは、宮崎容疑者が当たりだったので、暴行し返された瞬間のみ証拠として残しておくためだと思われます。 その後、Twitterやトレンドブログに広がっていた情報の多くは削除されたり、修正されたりしている。 「お詫び文」を掲載しているサイトもあったが、中には「ガラケー女が****(被害女性の本名)はデマだった」などと書き直し、掲載を続けているサイトもある。 BuzzFeed Newsが計測ツール「BuzzSumo」で調べたところ、被害女性の本名が記されたネット上の記事は8月23日現在で約100件にのぼる。 弁護側でも10個ほどを把握しているというが、内容やタイトルが変えられているケースもあるため、「今後も追及していきたい」としている。 被害女性「どうしていいかわからなかった」 被害女性は8月23日に開かれた会見で、「火のないところに煙が立つ。 現実的にこんなことが起こるんだと思いました」と語った。 「ネットで晒されているよ」という友人からの連絡で知ったといい、「送ってもらったURLを押すと、私の名前や顔が出ていて……。 なんで?と一番最初に思いました」と振り返る。 「普段通りに寝て、起きたら犯罪者扱いされていて、名前と写真がインターネット上に流出していた。 まさか自分のことだという認識がなかなか持てずに、どうしていいのか、なぜこんなことが起きたのか、わかりませんでした」 その後弁護士に相談をし、声明文を出したことで誹謗中傷は減った。 しかしいまだにネット上には名前と写真が残っているとして、「精神的なところで正常には戻れていない」と述べた。 弁護側は「最初に情報を公表した人物はインターネット上で最初に女性被疑者を特定したとして賞賛されたかったのではないかと思われます」と指摘。 そのうえで、最初に「特定」した人物や、トレンドブログなどを作成した人物の責任は「重い」として、民事告訴については情報開示などを進めて積極的に動きつつ、刑事告訴についても検討するという考えを示した。 また、リツイートについても「10万件を超えるのでは」としており、拡散者についても「正義感に基づくものが多いと思われるため相対的には責任は軽いが、被害を拡大させた一番の要因である」とし、同様に責任を問う構えだ。 一方、被害女性もリツイートなどをした人物に対し、こう声をかけた。 「軽い気持ちだったから無関係、ではなくしっかりと私のような被害者が出てしまうことついて考えてもらえれば。 何かあったときに責任を取れるのかとワンクッションを起きながら、SNSの活用をしてもらいたい」 弁護側ではメール(ozawa integral-law. jp)にて、情報提供も求めているという。

次の

真野恵里菜

笠原 えりな

あおり運転の犯人・宮崎文夫を指名手配 時事通信社他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。 茨城県守谷市の常磐自動車道で「あおり運転」をして車を停車させ、運転手の男性を殴るなどしたとして、県警取手署などは16日、傷害容疑で住所、職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)の逮捕状を取り、顔写真を公表して全国に指名手配した。 同署などによると、宮崎容疑者は10日午前6時15分ごろ、常磐自動車道上り線の守谷サービスエリア付近で、あおり運転を行って男性会社員(24)の運転する車を停車させた。 同容疑者は車を降りて、「殺すぞ」などと怒鳴りながら、男性の顔を複数回殴った疑いが持たれている。 男性が11日、被害届を提出。 一連の行為は、男性の車に設置されていたドライブレコーダーに記録されており、県警が映像の解析などを行っていた。 宮崎容疑者の車に同乗していた女も携帯電話で状況を撮影していたとみられ、県警が捜査を進めている。 出典: スポンサーリンク 宮崎文夫の経歴とプロフィール こちらが、指名手配されている宮崎文夫容疑者のプロフィールです。 名前:宮崎文夫(みやざき ふみお) 年齢:43歳 職業:代表取締役社長 在住:不明 所属:宮崎プロパティマネジメント株式会社、株式会社オマス SNS:、 出身:大阪府 出身高校:大阪府立天王寺高等学校 出身大学:関西学院大学 宮崎文夫容疑者は、10日午前6時15分ごろ、常磐道上り線の守谷サービスエリア付近を走っていた茨城県阿見町の男性会社員の車の前に自分の車で入るなどして停止させた上、「殺すぞ」などと怒鳴りながら男性の顔面を複数回殴打して、けがをさせた疑いで逮捕された人物です。 宮崎文夫容疑者は大阪府出身で、大阪府大阪市阿倍野区三明町にある超がつくほどの進学校として知られる偏差値75ほどの大阪天王寺高校へ入学をします。 天王寺高校を卒業したのち、こちらも関西地区では有名私立大学である、関西学院大学に進学をしており、2000年に卒業をした宮崎文夫容疑者は、大阪府大阪市東淀川区東中島に本社を置く、自動制御機器、計測機器、情報機器、光学顕微鏡・電子顕微鏡などの開発および製造販売を行う「株式会キーエンス」という会社に就職をしております。 キーエンスを半年ほどで退職した宮崎容疑者は、英語の塾講師として働きながら資金を集め、現在経営をする不動産会社を設立したと言われております。 スポンサーリンク 宮崎文夫があおり運転で殴打した動画のモザイク無しバージョンが公開される 連日のように報道機関によって伝えられてきた常磐道のあおり運転の事件でありますが、モザイク無しのバージョンの動画が公開されております。 出典:NNN やっと犯人の名前が出ましたね! 宮崎文夫容疑者。 この顔を見たら110番ですね!煽り運転で暴行、かなり悪質。 指名手配されて、現在は逃亡中。 — kaz shiode KazShiode ギラギラしたキャップにサングラス姿の宮崎容疑者は、大声で叫ぶ様子も映し出されており、高速道路上であるとは到底思えない言動をしております。 キャップを被っていた宮崎文夫容疑者ですが、ハゲを隠すためだったのではないかと言われております。 出典:Bplus こちらの写真を見ても、宮崎文夫容疑者はおでこが非常に広くなっているため、ネット上からもハゲていると揶揄されております。 あおり運転の犯人・宮崎文夫(43)のハゲが進行している。 「10年以上前までは、宮崎の親族の女性がオーナーでしたが、宮崎が相続したようです。 以降は管理会社がコロコロ変わり、トラブルが続いて大変です。 なぜか電気が停められてエレベーターが動かない日もあった。 本人も奇声を上げたり、警察沙汰を起こしたり、近寄りがたい人でした。 何より迷惑だったのは、駐輪場として住民が使用していた1階の共有スペースに何の通達もなく自分の自家用車を置いていたこと。 住民は自転車が置けなくなってしまった。 オーナーなので文句も言えず、泣き寝入りするしかなかった」 出典: こうした近隣住民とのトラブルを考えても、やはり精神疾患があったのかもしれません。 奇声あげるなどの行為は一般的ではありませんし、統合失調症などで被害妄想や幻覚に近い作用を引き起こしていたとすれば、合点がいき納得できます。 すなわち、近隣住民とのトラブルは精神疾患によるものだったのではないでしょうか? 京都アニメーションで放火殺人を引き起こした青葉真司容疑者も、度々近隣住民とトラブルを引き起こしておりましたが、精神科に通院するなど精神疾患が認められていたというケースもありますので、近隣住民とトラブル=精神疾患という方程式はあながち間違っていないのかもしれません。 スポンサーリンク 宮崎文夫の車に同乗していたガラケー女は誰? 宮崎文夫容疑者のあおり運転をしていた車の映像では、同乗するガラケーで撮影していた女性が話題となっておりましたが、その女性は一体誰なのでしょうか? Twitter上には以下のように顔画像が公開されておりました。 出典:Twitter 宮崎文夫容疑者は43歳でありますから、この女性も40〜50代の女性のように感じられますし、バケットハットにサングラスと日焼けを気にしているところから、シミそばかすの影響を機にする40代後半である可能性が高くなります。 また、スマホではなくガラケーということに関しても年齢を意識せざるを得ませんが、現代の40代というのは基本的にスマホを使いこなせると思いますので、情報弱者かガジェット系に興味ない人物なのかもしれません。 宮崎容疑者との関係性についてですが、今の所はっきりとはしておりませんが、このような愚行を繰り返す男に従順であるということで、おそらくですが嫁か内縁の妻、交際相手などのパートナーだった可能性が高くなります。 もしもこれが姉や妹などの親族であった場合、さらにゾッとします。 こちらに関しては詳しい情報が貼り次第、随時お伝えしていこうと思います。 スポンサーリンク 宮崎文夫の車に同乗していたガラケー女が笹原えりなはデマ 多くのネットユーザーなどが、宮崎文夫容疑者の車に同乗していたガラケー女が笹原えりなさんであると謎の理論で断定をしているのですが、これはデマで情報であります。 どこのソース(情報源)かは分かりませんが、なぜか笹原えりなさんという方を勝手に容疑者扱いしており、早く捕まって欲しいなどと発言をしているのです。 出典:Twitter おそらくこうした背景には、笹原えりなさんの顔画像が、公開されていたガラケー女の顔画像とそっくりだったからではないかと言われております。 出典:Twitter これだけの判断材料で笹原えりなさんがガラケー女であると断定するのは極めて危険な行為でありますし、デマを助長させる悪しき風潮であると言わざるを得ないでしょう。 また、モザイクがかけられている報道機関の動画などでは、以下のように同乗する女性について触れられております。 出典:FNN この格好と似たような格好を笹原えりなさんは自身のInstagramに投稿をしており、それもまたデマを拡散させる原因となってしまったのではないでしょうか? 出典:Instagram さらに、笹原さんは自身のInstagramにおいてサングラス姿を公開しているのですが、そのサングラス姿も公開された画像と似ているのでは?として笹原えりな=同乗のガラケー女としてデマが拡散されてしまったのです。 出典:Instagram こちらの写真をよくよく見てみて頂けるとわかるかと思うのですが、サングラスに移った手の中にあるのはスマホのようなものが映し出されており、ガラケーではないことも確認できるため、デマであることで間違いないでしょう。 出典:Instagram 本人も自身のInstagramで否定をしておりますし、この情報は事実無根のデマであるのです。 出典:Instagram スポンサーリンク Instagramはガラケーからは使用できない 同乗する女はガラケーを使用しておりますが、Instagramはスマホアプリとして存在しており、基本的にはガラケーからは使用できません。 ガラケーで撮影した写真をPCに取り込み、PCのブラウザ上で閲覧や投稿するということは可能でありますが、そのような面倒なことをするとは思いませんし、笹原えりなさんはインスタを使用してるということで、スマホユーザーと見て間違いないでしょう。 ガラケー、スマホの2台持ちだった可能性も捨て切れませんが、そうであれば圧倒的に画質が良く、カメラアプリの起動も早くてスムーズなスマホを撮影する際に選択すると思うので、ガラケー女=笹原えりなさんというのはデマであるのは間違いありません。 加熱する特定情報は、事実とは無関係の方や一般の人を巻き込み、名誉を毀損することにつながりかねないため、慎重に情報を取捨選択していくネットリテラシーが求められるでしょう。

次の