川島 なお美。 故川島なお美さん 5千万円の墓にはロマネコンティ像|NEWSポストセブン

川島なお美さんも受けたがん末期の腹水治療

川島 なお美

墓石は夫・鎧塚氏こだわりのデザイン 梅雨の合間の突き抜けるような青空の下、参列者のワイングラスに注がれたのは「Chateau Le Pin POMEROL」の1992年物。 年間8000本ほどしか生産されない希少な赤ワインで、1本40万円前後とされる。 「墓前には白菊ではなく真っ赤なバラ、それに参列者で一緒にワインを飲む納骨式は初めてでした。 でもそれって川島さんを偲ぶのにはぴったりだなって」(参列者の1人) 350年の歴史がある東京・麻布十番のある古刹。 6月10日、昨年9月24日に胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)の納骨式が執り行われた。 参列者はおよそ50人。 夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(50才)のほか、川島さんの親族、愛犬のココナッツ、そして生前親しかった山田邦子(56才)や作家の林真理子氏(62才)、作曲家の三枝成彰氏(73才)など。 彼女が憧れていた女優の倍賞千恵子(74才)は挨拶で、「これからもっと親しくしたかったのに、私よりも若くておきれいな川島さんが先に逝ってしまうなんて…」と言葉少なに故人を偲んでいた。 納骨式でひときわ視線を集めていたのは、個性的な墓石だった。 鏡のような輝きとともにそびえ立つ黒い石の塔には丸く大きな穴が空いている。 その竿石のてっぺんには、今脱いだばかりのように見えるつばの広い帽子がデザインされ、さらに、石塔の手前には、川島さんが愛したワイン「ロマネコンティ」の1960年物(川島さんの生まれ年)のボトルが精巧に作られている。 香炉が乗った石の台には『YOROIZUKA』の文字と共に、ワイングラスを握った2匹の犬が、仲がよさそうに顔を寄せ合っているイラストが刻まれている。 それはおそらく、参列したココナッツと、彼女が亡くなる直前にこの世を去った愛犬シナモンだろう。

次の

川島なお美死因はワインが原因か?旦那再婚相手は西川可奈子発表か?

川島 なお美

実名暴露といえば、『ふぞろいな秘密』(石原真理/双葉社)然り、トラブルが起こるのが常。 この本に登場した殿方の中からは世良公則が騒いだのだそうです。 ちなみに、世良公則について、なお美は本の中で目をうるませながら「世良さんてさ、会うたびにすごいの。 そのパワーっていうか、ほら、ステージで見せるすごく迫力のあるパワーがあるでしょ。 そんな感じで、いつも私の中に入ってくるのよね」、「世良さんと会うとも、もうとにかくパワー全開。 ホテルに入ると、瞬間に私を求めてくるの。 もうヤル、ヤル、ヤルの一点張りって感じ」、ととにかくパワフルさをべた褒め。 世良サイドに対してどう出撃したのかを聞いてみたところ、 「いや、これね、たいして何もなかったのよ? 確かに世良側がこの本について『名誉棄損だ!』と騒いでたけど、彼がやったことといえば声明をマスコミにFAXしただけで、他には何もない。 そのFAXがスポーツ紙に載ったけど、ウチには何も来なかったのよ。 電話1本すらなかった」 と、ややご不満の様子。 さらに、 「内容証明が届くことも一切なかったし。 言いたいことがあるなら、ウチに直接、電話なりFAXなりくれればいいものをねぇ(笑)。 結局のところ、世良公則の話題作りだったんだろうね。 この本が出た頃は彼も落ち目だったから、少しでも話題になりそうなことに飛びつきたかったんだと思う」 とのコメント。 なお美女史を満足させるパワーの持ち主でも、鹿砦社の松岡さんを満足させるには至らなかったようです。 一方、松岡さんがご不満な原因は部数にもある模様。 「期待してたよりは売れなかったのよ。 本が出た時期は、ヌード写真集やドラマ『失楽園』のあとで、川島なお美ブームは収束してた頃だったんだよね。 そのあと、ワインに精通しているというキャラでまた表舞台に出てきたけど、本が発売したときはまだワインのイメージもなかったし、時期が悪かったね」 挙句の果てには松岡さん、 「アイツはしぶといから、今後ワインのイメージが続かなくなっても、また何らかの形で生き残るんじゃない? まあ、どうでもいいけどさ(笑)。 川島なお美は僕の好みのタイプじゃないんだよね!(笑)」 とまで言う始末。 さすが、関西に本社を置く鹿砦社。 ジャニーズや宝塚にはまだ愛のある言葉をかけていたのに、裁判に発展した相手への恨みよりも、お金(部数)の恨みの方が強いのね~! (朝井麻由美) 松岡利康(まつおか・としやす) 1951年9月25日生まれ、熊本県出身。 同志社大学文学部卒業後、貿易関係の仕事に従事。 サラリーマン生活を経て、83年にエスエル出版会を設立、88 年に一時期経営危機に陥っていた鹿砦社を友好的買収、同社社長に就任。 05年にパチスロメーカー大手のアルゼ(現ユニバーサルエンターテインメント)を取り上げた『アルゼ王国はスキャンダルの総合商社』、球団スカウトの死に迫った『阪神タイガースの闇』などの出版物について、名誉毀損で神戸地検に逮捕、起訴され、有罪判決を受ける。

次の

川島なお美

川島 なお美

肝臓は強いとして、ある治療法を提案 手記では、13年8月に受けた人間ドッグで、肝臓内の胆管に1. 7センチほどの小さな腫瘍が見つかったことからの顛末が克明につづられている。 がんが再発してからは、夫のパティシエ鎧塚俊彦さん(50)が手記を引き継ぐ形で執筆した。 川島さんが受診した近藤誠医師については、手記には「M先生」と匿名で書かれている。 川島さんは、女優業を優先したいと患部を切ったり抗がん剤治療をしたりすることに否定的で、そのためセカンドオピニオンとして様々な医療機関を回った。 近藤医師に診てもらったのはその2回目で、9月12日に東京都渋谷区内にある近藤医師のがん研究所を訪れた。 患部は切除するなとする近藤医師の著書を読んでいた川島さんは、同様な答えを期待した。 ところが、近藤医師は、会うなり、こう意外な言葉をかけてきたという。 「胆管がんだとしたらとてもやっかいだね。 2、3年は元気でいられるけど、ほうっておいたらいずれ黄疸症状が出て肝機能不全になる。 手術しても生存率は悪く、死んじゃうよ」 川島さんはこの言葉にショックを受けたが、近藤医師の続く発言に救われる思いがしたそうだ。 それは、肝臓は強く8割以上ががんになるまで大丈夫といい、ある治療法を勧められたからだ。 川島さんが受けた腹腔鏡手術には否定的 その治療法とは、患部に電極計を入れ、ラジオ波の電流を流して熱で固める「ラジオ波焼灼術」というものだ。 川島なお美さんは、たまたま翌9月13日にラジオ波治療の名医とされる医師に予約を入れていたため、わが意を得たりと思った。 ところが、その医師にかかると、胆管の腫瘍はラジオ波では切除しきれず、9割方の医師は勧めないと言われ、途方に暮れてしまった。 川島さんは結局、10月になって腹腔鏡手術で患部を切除してもらうことを決め、14年1月に入って都内にある大学病院で手術に踏み切った。 すでに、このときには腫瘍が見つかって5か月が経っており、約2倍の3. 3センチにまで成長していた。 がんの再発がこのことと関係があるのかは分からない。 しかし、川島さんは遺書で「先生の本でためになったこともたくさんあります」としながらも、近藤医師のやり方を疑問視し、「がんと診断された皆さん、決して『放置』などしないでください。 まだやるべきことは残っています」と呼びかけた。 近藤医師は、川島さんのことについて、月刊誌「文藝春秋」11月号でインタビューに答えている。 ラジオ波焼灼術を勧めたことを認めたうえで、川島さんが受けた腹腔鏡手術については否定的な見方をした。 「川島さんが切除手術を受けなければ、余命がさらに伸びた可能性が高く、あれほど痩せることもなかったと、僕は思っています」と言っている。 川島さんの手記については、近藤医師は15日夕現在で特にコメントしていない模様だ。 ネット上では、近藤医師のやり方が議論になっており、「この件での近藤誠の責任は非常に大きい」と批判する声も多い。 一方で、川島さんが、医療機関を回り過ぎたことに原因があるのではとの見方も多く、「早めに措置しておけば死なずに済んだ」といった声も出ていた。

次の