頭皮湿疹 ストレス。 ストレスによって湿疹があらわれやすい場所って?~顔・首・手~

湿疹の原因・仕組みを解説

頭皮湿疹 ストレス

頭皮に湿疹やかゆみ、フケがある人は薄毛になりやすい!? 頭皮がかゆい、フケが出る、という経験をした人は、実のところ多いのではないでしょうか。 あるアンケートでも、約9割の人が頭皮にかゆみやフケといったトラブルを抱えたことがあると回答しています。 頭皮に不快感がある場合、湿疹や炎症、乾燥などが生じている可能性が高いです。 頭皮は髪の毛に覆われていますので、自分でじっくりと観察する機会は余りないかもしれません。 ただ、皮膚科などでチェックしてもらうと、とくに大きな症状を感じていなくても、湿疹などができていることがありますので注意が必要です。 湿疹や炎症、乾燥の症状がある人の場合、 フケが目立つケースも少なくありません。 フケが多いときにはかゆみを感じることも多く、つい頭皮をかいてしまいがちです。 このような頭皮の湿疹や炎症、乾燥は、髪の発育にも悪影響を与えてしまうのが困ったところ。 実際、薄毛になっている人の頭皮には、この手のトラブルが見られることが多いです。 頭皮にかゆみを感じるようになり、抜け毛が増えてくるようなことがあれば、専門医に皮膚の状態をチェックしてもらったほうがいいかもしれませんね。 髪の健康は頭皮でわかる!頭皮にできる湿疹の種類は? 髪の健康は、頭皮の状態を見ることである程度わかります。 実際、病院などでも、薄毛の治療を始めるときには必ずと言ってよいほど頭皮をチェックしますので、頭皮の状態は髪の健康度を知るうえでも1つの参考になるわけですね。 健康な頭皮は透き通った白っぽい色をしていますが、湿疹や炎症などが生じている人は、皮膚がやや赤みを帯びた色になっていることがあります。 ちなみに、頭皮に生じる湿疹はいろいろな形をしています。 例えば、丘疹と呼ばれる湿疹は、皮膚の表面がポツポツと盛り上がっているのが特徴です。 盛り上がった部分が赤くなることも多く、丘疹は自分でも比較的見つけやすい湿疹と言えます。 また、皮膚の一部分に赤い斑点ができるのが紅斑と呼ばれる湿疹です。 このほかにも、水ぶくれのような水疱ができる湿疹や、かさぶたができる湿疹などがあります。 こういった湿疹は、大抵はかゆみを伴います。 症状が現れている部分が炎症を起こしていると、腫れや痛み、熱感などが見られる場合があり、シャンプーやスタイリングの際にも不快感をおぼえることが増えてきます。 合わないシャンプーは湿疹の原因になる! 湿疹が頭皮にできる原因として多いのが、シャンプーの影響です。 肌に合わないシャンプーを使用したことが原因で、頭皮に湿疹ができてしまった、という人は多く、シャンプーの選び方は頭皮の健康を考えるうえでも重要なポイントと言えます。 シャンプーには、石油系シャンプーや、石鹸系シャンプー、アミノ酸系シャンプーといったいくつかの種類があります。 市販のシャンプーにも多く見られる石油系シャンプーは、人によっては皮膚の乾燥を招きやすいのがデメリットです。 石鹸系のシャンプーもアルカリ性という性質を持つことから、髪や頭皮に少なからず刺激を与えてしまうことがあります。 また、アミノ酸系シャンプーなどは敏感肌の人からはとくに人気です。 ただ、こういったアミノ酸系シャンプーは、価格がやや高めで、使い方にも工夫が必要になるのが難点と言えるかもしれませんね。 実のところ、頭皮の皮脂分泌が活発な人がアミノ酸系シャンプーを使用すると、洗い残しなどが生じて湿疹ができてしまうケースもないとは言えません。 シャンプーに含まれている植物成分などがアレルギー反応を誘発することもあり、自然派のシャンプーが必ずしもおすすめとは言えないのが難しいところです。 皮膚の乾燥も湿疹を招く一因 頭皮の乾燥も、湿疹の原因になる要因の1つです。 生まれつき乾燥肌の人はもちろんですが、体調やホルモンバランスの影響で、一時的に皮膚が乾燥してしまうケースもあります。 頭皮が乾燥していると、カサカサとした乾いたフケが生じてくることも多く、頻繁にかゆみを感じる、などの症状が現れてきます。 乾いた皮膚は外部からの刺激を受けやすく、ちょっとした刺激によって細菌感染などを起こしてしまうことがあるのが問題です。 炎症などのトラブルが起きやすくなり、ときに湿疹も併発するようになります。 湿疹は、一般的に患部をかいたりこすったりすると症状が悪化しますが、皮膚が乾燥してかゆみがあると刺激を知らず知らずのうちに与えてしまい、悪循環に陥ります。 湿疹が治りきらないうちに再び刺激を加えることで、症状が長引いてしまうのがやっかいなところです。 湿疹ができて炎症が生じている部分は、髪の発育も妨げられますので、本来の毛周期のサイクルを保てずに抜け毛が増えてきます。 皮膚の乾燥はいろいろな原因で引き起こされますが、シャンプーやスタイリング剤、カラーリング剤などの刺激も一因と言えます。 ストレスが原因で湿疹が生じるケースもあり 頭皮の湿疹は、ストレスが原因になっているケースもあります。 普段は何でもなくても、ストレスが多いときに限って湿疹が現れてしまうという人は多いです。 女性の場合も、生理前などのストレスがたまりやすい時期は、それまで使っていたヘアケア剤が合わなくなることもありますよね。 ストレスが多いとなぜ湿疹が生じやすくなるかははっきりとはわかっていませんが、自律神経が乱れること、などが関係している可能性があります。 ストレスを抱えているときには免疫力なども低下することがありますので、細菌感染を起こしやすくなるのも一因と言えるかもしれませんね。 湿疹ができて頭皮がかゆい状態が続くと、新たなストレスが生じます。 精神的なストレスと肉体的なストレスを同時に抱えることになるため、なかなか症状が治らないといったこともでてくるでしょう。 湿疹の部分を刺激するのを恐れてシャンプーの回数を減らしていると、皮脂が増えすぎてかえって皮膚に負担を与えてしまう場合もあり、ヘアケアにも工夫が必要です。 また、皮膚を清潔にしようと頻繁にシャンプーをするのも、乾燥を招いて湿疹を悪化させる一因になりかねません。 例えば、脂漏性皮膚炎などは、湿疹を引き起こすことがある病気の1つです。 脂漏性皮膚炎は、皮脂が増え過ぎることで皮膚に炎症が起きる病気です。 この皮膚炎は皮脂の分泌が活発な場所に見られるのが特徴で、男性に多い傾向があります。 頭皮に生じるケースも多く、かゆみや皮膚の赤み、フケといった症状が現れてきます。 脂漏性皮膚炎は、皮脂分泌の多さが原因になっていますので、皮膚科で治療を受けないと治りにくいのが現実です。 もともと皮脂が多い脂性肌の人などは、皮膚のケアを行って過剰な皮脂を抑えることが、湿疹を治すためにも必要になってきます。 症状が悪化すると、かさぶたができたり、湿疹の部分の毛が抜け落ちたりすることがあるのも脂漏性皮膚炎の特徴と言えるでしょう。 頭皮のニオイが気になるなど、日常生活にも支障を与えるケースもあるため、早めに専門医の診察を受けるのがベストです。 脂漏性皮膚炎は、マラセチア菌という細菌が原因になっており、治療では炎症を抑える薬や抗菌薬、ビタミン剤などが使用されます。 皮膚を清潔に保つことが早く治すための対策になるため、頭皮ケアやヘアケアにも少し工夫が必要になります。 ヘアケアアイテムなどに含まれている成分が皮膚に触れることで、炎症が生じるのがこの皮膚炎の特徴。 接触性皮膚炎は身近なところにあるさまざまなものが原因になりますが、頭皮の場合はシャンプーやスタイリング剤といったヘアケアアイテムが原因になることが多いようです。 原因になったものと接触することがなくなれば次第に症状は落ち着く場合が多く、早めに対策を立てることが状態を悪化させないためのポイントです。 シャンプーを変えた後などに湿疹が突然見られるようになったら、この接触性皮膚炎の可能性がでてきます。 同じ製品を使い続けると症状が悪化することが多いため、肌に合わないと感じたシャンプーはすぐに使用をやめたほうがいいかもしれませんね。 石油系シャンプーなどは、とくにこういった接触性皮膚炎の原因になりやすく、新しい製品を使い始めたときには、髪だけでなく頭皮の状態にも気を配っておきましょう。 帽子を頻繁にかぶる人、エクステなどをしている人も、頭皮に湿疹が見られたら接触性皮膚炎の可能性がありますよ。 乾皮症は一般的に高齢の方に多く見られる病気ですが、体調や日頃の頭皮ケアの影響で、比較的若い世代の方にも見られる場合があります。 皮脂欠乏症とも呼ばれることがあり、頭皮のトラブルを招きやすい病気の1つに数えられています。 乾皮症や皮脂欠乏症は、皮脂の分泌が極端に少なくなり、皮膚が乾燥するのが典型的な症状です。 頭皮の場合は、乾いたフケが増えてくる、といった症状も見られます。 乾皮症や皮脂欠乏症の状態になると皮膚のターンオーバーが乱れてしまいますので、古い角質が肌の表面に留まり続けます。 こうなると水分を保つ機能も低下するため、ますます乾燥が悪化してしまうのが悪循環のもとです。 乾皮症や皮脂欠乏症は保湿を徹底することが1つの対策ですが、乾燥した肌は敏感になっているため、保湿剤の選び方も少し難しくなります。 頭皮が乾燥していることに気付いていないと、度重なるシャンプーでさらに乾燥を悪化させてしまうことにもなりかねません。 乾皮症や皮脂欠乏症はかゆみを伴うことが多いため、皮膚を傷つけないためにもできるだけ早く皮膚科で治療を受けるのがいい方法です。 アトピー体質の人は、いろいろな刺激によってアレルギー反応を起こしてしまうことが多いですよね。 シャンプーはもちろんですが、ヘアサロンの施術で使用したカラーリング剤やパーマ液などが原因で、アレルギー反応を起こしてしまうケースはよく見られます。 皮膚がアレルギー反応を起こすと、湿疹やかゆみなどの症状が現れてきます。 アトピー性皮膚炎はそのときの体調によっても症状の現れ方が違いますので、湿疹が見られてもすぐに原因をつかみにくいといったことがあるかもしれません。 いずれにしても、アトピー性皮膚炎で頭皮に湿疹が生じているときには、皮膚科で治療を受けるのが改善の近道です。 頭皮が赤い、かゆいといった症状が見られたら、すぐにかかりつけの皮膚科に相談しましょう。 アトピー性皮膚炎が背景にある湿疹は、原因になっているものと接触をしなくなっても、すぐに治るとは限らないのが難しいところです。 もともとの体質が関係しているため、治療が少し長引くことも考えられます。 薄毛の症状を引き起こさないためにも、できるだけ早く専門医に相談するのがおすすめです。 症状に合わせた対策を立てるのが頭皮の湿疹を治すコツ 頭皮の湿疹は、悪化しないうちに治したいところ。 頭皮環境の悪化は薄毛の一因にもなりかねないため、症状に合わせて対策を講じましょう。 例えば、シャンプーが原因と考えられるときには、製品の選び方や洗い方に工夫をします。 使用する前にシャンプーのパッチテストなどをして反応をチェックしておくと、頭皮のトラブルを避けられるでしょう。 湿疹が現れている場合は、できるだけ刺激が少ないシャンプーを選ぶのがおすすめ。 しっかりと泡立ててから使うと、使用する量が少なくなり、頭皮への刺激も減ります。 熱すぎないお湯で頭皮を湿らせてからシャンプーを始めるのもポイントです。 お湯の温度が高いと、頭皮に必要な水分や皮脂を奪ってしまうことがあるため要注意です。 抜け毛が気になるときには、頭皮に負担を与えないような力加減で洗いましょう。 トリートメントを使う際には、頭皮に成分がつかないように気を付けます。 トリートメントが地肌につくと、湿疹や毛穴を詰まらせることがあります。 また、ストレスの影響が疑われる場合は、大元の原因になっているストレスを解消することも大切。 ヘアケアの仕方を見直すとともに、ライフスタイルや食生活も改善すると、思いのほか早く症状が落ち着くかもしれませんよ。 タバコなどは頭皮環境を悪化させる一因になりますので、喫煙はできれば避けたほうが無難。 ビタミンCを壊すタバコのニコチンは、皮膚の回復も遅らせます。 健康な頭皮を維持するためには、ニコチンなどの有害な成分を避けるのも1つの対策です。 関連記事•

次の

湿疹の原因・仕組みを解説

頭皮湿疹 ストレス

フッと気が付くと、頭皮に赤い湿疹が…• フケが多量になってきた…• 頭皮のかゆみが止まらない… などの症状が出てきた方…それは… 「頭皮湿疹」または 「脂漏性皮膚炎 (しろうせいひふえん) 」の疑いがあります。 これら頭皮湿疹や脂漏性皮膚炎は、そのまま放っておいたり悪化すると… 薄毛やはげの原因にもなりかねない「頭皮の疾患」。 気が付いた時にスグにでも対策を講じたいところですね。 今回は、頭皮湿疹の各症状に合った、正しい対策をご紹介していきましょう。 また、頭皮の脂漏性皮膚炎でお悩みの方におすすめしたい「脂漏性皮膚炎専用」シャンプーも最後にご紹介していますので… 急なかゆみやフケが出てきた方などは、是非お試しください。 見出し読みをする• 頭皮湿疹ができる4つの原因 まず、頭皮の疾患の中でも多くの方の頭を悩ませている… 「脂漏性皮膚炎」は、「頭皮湿疹」という大きなカテゴリーに分類されます。 頭皮湿疹の種類は全部で…4つ それぞれの湿疹原因についてまずはお伝えしておきましょう。 あなたの湿疹はどの症状に分類されているでしょうか? その症状によって対処法が変わってきますので、各湿疹の症状と一緒に見ていきましょうね。 脂漏性皮膚炎 「脂漏性皮膚炎」は、別名「脂漏性湿疹 (しろうせいしっしん)」とも呼ばれ… 頭皮湿疹の中で、もっとも多くの方を悩ましている疾患です。 簡単に説明すると… 『何かしらの要因で「皮脂」が多量に分泌され、その皮脂をエサとする「 真カビ菌」が大量繁殖することで、頭皮を荒らしてしまう皮膚疾患の一種』 脂漏性皮膚炎の特徴としては… かゆくなったり、赤くなったり… また症状が重くなると皮膚が荒れてカサつき、ベラベラと剥がれてくる場合があります。 フケが最近急激に増えたという方は、その剥がれた皮膚が落ちてきているのかもしれません。 そのまま放っておくと皮脂が酸化し、加齢臭のようなニオイを放ち出しますので、早めの処置が必要です。 【脂漏性皮膚炎の原因 】 この皮膚炎は「マラセチア」という真カビ菌 (水虫の原因菌の一種)の存在が大きな原因となっています。 マラセチアは人間の皮膚に普段から生息する常在菌ですが… 特に皮脂が大好きで、皮脂が多く通気性の悪い所で異常増殖することがあります。 菌そのものが害というよりは、菌が繁殖する際に発生する代謝物が、肌に炎症を起こす要因と考えられています。 また、耳の後ろ、脇の下、太ももの付け根など… 通気性が悪く…摩擦の多い部分に起こりやすい疾患でもあります。 また他の原因として…ストレス・ビタミンBの不足・洗顔やシャンプーの誤った方法・生活習慣の乱れなどがあげられます。 接触性皮膚炎 「接触性皮膚炎」は、アレルゲンと呼ばれるアレルギーの原因になる物質や… 刺激物が頭皮に接触することで、頭皮に刺激を与え、そこから炎症が起こる頭皮湿疹です。 接触した部分が紅斑(こうはん:赤いブツブツ)や丘疹(きゅうしん:皮膚の膨れ上がり)、あるいは水疱(すいほう:中に水をもった湿疹)といった湿疹を生じます。 症状が出ている部分とそうでない部分と、はっきりと境界が見えるのが特徴的で… その部分だけ、かゆみや痛みをともなうので、比較的早期発見しやすい疾患でもあります。 【接触性皮膚炎の原因 】 接触性皮膚炎を起こす原因になる刺激物の中には… シャンプーやリンス、スタイリング剤、カラー剤、パーマ液などがあり… またアレルゲンはアレルギーを持っている方によって様々な物質が原因となります。 アトピー性皮膚炎 接触性皮膚炎とよく似ていますが、「アトピー性皮膚炎」は現代病とも言われ… その原因の特定は残念ながら現代医学でもはっきりと分かっていません。 遺伝や欧米化した食生活、不規則な生活習慣、ダニ・ハウスダスト・真カビ菌などの環境因子、敏感肌の延長など… 人それぞれによって発症の原因が違います。 乾燥して表面が白い粉を吹いたようになり、強いかゆみを伴ったり、赤い湿疹などができます。 掻いても掻いてもかゆみを伴うのが、この疾患の特徴でもあります。 また患部が乾燥しやすく、必要以上に掻くことによって皮膚がポロポロ剥がれ、フケになるのです。 【 アトピー性皮膚炎の原因 】 同じ物を食べ、同じような環境で同じように生活していても、症状が出る方もいればいない方もいますので… まだまだ未知の部分や解明されていない点が多い疾患の一つでもあります。 皮脂欠乏性皮膚炎 「皮脂欠乏性皮膚炎 (ひしけつぼうしょうひふえん)」とは、皮脂が取り除かれ過ぎて、皮膚のバリア機能が損なわることで… 乾燥した角質が、フケとなって剥がれてしまう疾患です。 皮膚表面がガサガサで白い粉をふく… ひび割れができ、痛みやかゆみが発生する… ひび割れ部分が膿んでくる… など…それぞれ人によって症状が若干違うようです。 また脂漏性皮膚炎の場合のフケは、若干重さ(湿気・油分を含んでいます)がありますが… 皮脂欠乏症皮膚炎の場合は、軽くてフワフワしています。 通常、肌や頭皮は弱酸性に保たれていますが、乾燥によってpH(ペーハー)がアルカリ性に傾き、細菌が繁殖しやすくなります。 また、普段は角質層から奥へは浸透しない害物質が、皮脂が足りないことでバリア機能が失われ、角質層を通り抜けてしまいます。 これらの条件が揃うと、衣服が触れる程度の軽い刺激で炎症を起こしたり、使い慣れていたはずの化粧品やシャンプーの成分が原因で炎症を起こすなど… 皮脂欠乏性皮膚炎が発症すると、刺激に対して非常に敏感になり、他の感染症などを誘発・併発する可能性が高まります。 【 皮脂欠乏性皮膚炎の原因 】 もともと肌が弱かったり… 乾燥肌の方がシャンプーを1日何度も頻繁にする… 肌に合わない強めのシャンプーを使っている方…などに多く見られる疾患で… 美容師や調理師、主婦など、水をよく使う職業の方が手荒れをするのもこの疾患とされています。 分泌される皮脂量は人によって違うため、頭皮に合ったシャンプー (特に洗浄力の強さ)を使用するよう心掛けてください。 頭皮湿疹を治すための対策 では、これら4つの原因に対して、どう対策していけば良いのでしょうか? 1. 「脂漏性皮膚炎」の対策 脂漏性皮膚炎の場合、程度によっては大した対策をとっていなくても、数日で治る場合もありますが… それだけ「再発しやすい」のも特徴の一つです。 一時的に改善したとしても、マラセチアが増殖しやすい頭皮のままでは、慢性化・再発を繰り返してしまいます。 このマラセチアが増殖しないためには、皮脂の抑制が最優先ですので… 再発防止・予防のためにもセルフケアを怠らないでください。 生活習慣の見直し• 抗菌シャンプー剤に変える• シャンプーの正しいやり方を習慣化する など…日常生活を見直し、根本的な治療を目指して向き合っていきましょう。 関連記事 生活習慣を見直す では、どういった生活習慣が「脂漏性皮膚炎」を招きやすいのでしょうか?• ファーストフード・ジャンクフードに偏った食生活• 遅い時間の食事(就寝時間との差がない)• 野菜を摂らない食事• 睡眠不足• 過度なストレス• シャンプーの2度洗い• 強力なシャンプーの使用• 当てはまる項目が多いほど、注意が必要!という訳ですね。 「接触性皮膚炎」の対策 「接触性皮膚炎」という疾患の場合… まずはその原因物質を特定することが一番の対策です。 また、接触してから発症まではだいたい数時間くらいですので… その時間までさかのぼって、何が原因なのかを突き止め、スグに使用を止めてください。 特に、小さなお子様は初めて触れるものが多いため、知らず知らずのうちにアレルゲン (過剰反応の元)と接触している場合があります。 体質的に弱いお子様などからは、なるべく目を離さないように気を付けたいところですね。 但し、重度の症状でない限り、接触性皮膚炎は市販薬で治るケースが多いので早期回復が見込まれます。 原因特定と並行しながら、薬剤による治療をしていきましょう。 接触部分:ステロイド外用薬などの塗り薬• かゆみが強い場合:抗ヒスタミン剤の服用 (専門医もしくは薬剤師などに相談した上で、処方してもらってください) その際に、患部は掻いたり引っ掻いたりせず、原因物質の使用を避けながら… 頭皮をなるべく清潔に保つようにしてください。 「アトピー性皮膚炎」の対策 アトピー性皮膚炎に関しては、解明されていない部分も多く・・・ まだまだ個人の見解だけでの判断は難しいのが現状です。 医師や専門家による処方や治療を、最優先してください。 この疾患の場合、まだまだ完治はなかなか難しく… 症状を上手にコントロールしながら、日常生活に差し支えない状態を維持することを目標に治療していく他ないでしょう。 日頃の頭皮ケアやスキンケアをしっかり行うことはもちろんのこと… 投薬によって症状を抑えながら、アトピーの原因を取り除いていくことが大切です。 「皮脂欠乏性皮膚炎」の対策 この疾患の場合、考え方としては… 乾燥したのであれば、潤せば良い! 顔や手など、頭皮以外の患部であれば「保湿剤 (ワセリンなど)」で皮脂欠乏性皮膚炎は治療していくのですが… 頭皮の場合…そのワセリンも塗りづらいところがありますので、医師や専門家の頭皮用処方薬を使用すると完治が早いです。 但し、症状が軽い方は、次のようなセルフケアで回復する場合もありますので症状に合わせてお試しください。 掻いてしまうと、ますます悪化させるケースが多いので、掻くのを我慢して医師に診せるなどの対応をしてください。 しかし、病院に行く時間がない方や、少し抵抗のある方は、薬局常在の薬剤師に相談してもらっても構いません。 但し、薬剤師は医師ではないため、その場での問診が中心となります。 その際、自分である程度、正確な症状を伝えないことには誤解を受けてしまいますので…• 時期 (いつごろから)• 患部 (場所)• 症状 (かゆみ・痛み・腫れなど)• 考えられる原因 (自分なりの原因分析でOK) を最低限答えられるようにして、相談するようにしてください。 また、現在外用・内服中の薬がある場合 (お薬手帳などをご持参しても良いと思います)は… それと併せて使用しても大丈夫か?をご確認の上、指示に従うようにしてください。 自宅でできる3つの頭皮湿疹の治し方 医師や専門家の治療やアドバイスを受けた方は、そのやり方を優先して頂きたいのですが… 症状が軽い場合…または治療と並行して自宅でも症状を抑えるセルフケアがありますのでご紹介しておきましょう。 シャンプーの仕方を変える 頭皮湿疹を起こしたからといって、シャンプーをしたがらない方もいるようですが… それは逆効果! 菌の繁殖を進めてしまいます。 ですので、正しいシャンプーの仕方を知って、優しく洗うことを心掛けましょう!• シャンプー・リンス・トリートメント後のすすぎは「最低1分以上」かけてじっくりゆっくりと• 1分以上かけて「シャンプーを完全に流す」イメージで流し足りないように できるだけ頭皮湿疹を起こしている患部に刺激を与えないようにすることもお忘れなく! また、シャンプー後は、リンスやコンディショナーを使用したいところですが、それらには菌を繁殖させやすい油脂成分を配合しているものが多いため… 頭皮湿疹の症状が出ている間の使用はできるだけ控えてください。 食生活の見直し (ビタミンB群の補給) 食生活はもちろん、規則正しく、バランス良く…に越したことはありませんが… 今回は頭皮湿疹に効果のある… ビタミンB群 の補給 についてお伝えします。 ビタミンB群は、「B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチン」の8種類すべてを総称して呼んでいます。 食べ物によって摂取できる種類が違いますので、下記を参考にしながら毎日、適度に摂るようにしてください。 ビタミンB群を補給できる食べ物一例• B1: 豚肉・うなぎ・たらこ・ナッツ類• B2: 牛レバー・うなぎ・牛乳• B6: 鰹・マグロ・牛レバー・さんま・バナナ• B12: 牛レバー・牡蠣・さんま・アサリ• ナイアシン: たらこ・鰹・牛レバー・落花生• パントテン酸: 牛レバー・鶏もも肉・納豆• 葉酸: 菜の花・枝豆・ほうれん草・牛レバー• ビオチン: 牛レバー・いわし・落花生・卵 「ビタミンB群」はダイエットや育毛効果も期待できる優れた栄養素です。 しかし、ビタミンB群の各それぞれは寂しがり屋さん… バナナだけ…枝豆だけ多量に摂取する…では、効果がありません。 また、特に 「マグネシウム・カルシウム」との相性も良いので… ゴマ・あさりの味噌汁・海苔・油揚げ・カレー・煮干し・ひじき など B群とまとめて摂取できるように、サプリメントや食べ合わせを考えて摂るように心掛けてみてください! 3. 睡眠時間の確保 実は…起きている時間中、頭皮の皮脂は分泌し続けています。 逆に睡眠中には成長ホルモンが分泌され、体内で新たな細胞が作られています。 その働きが新陳代謝として悪い細胞を良い細胞へと替えてくれています。 「お肌のゴールデンタイム」 という言葉を耳にしたことはありませんか? だいたい夜10時から深夜2時までの間がそのゴールデンタイムと言われていますが… 頭皮も肌の一部ですので、この時間に睡眠を取ることで、新しい皮膚細胞が活発的に作られます。 また、しっかりと睡眠時間を確保することは… 新しく生まれた細胞が、頭皮湿疹の原因となる悪い菌が繁殖しないような環境を整え… 炎症を起こしている患部を修復してくれる効果もあるとされています。 ハッキリ言って、「質の良い睡眠」は頭皮にとって良いことづくしです! 関連記事 まとめ 今回ご紹介した4つの頭皮湿疹のうち、あなたの湿疹はどれに当たりましたか? 前述したとおり…脂漏性皮膚炎であれば、少し環境を変えるだけで治まったりします。 しかし、他3種類の場合は、体調や遺伝など、体内のホルモンバランスなども影響してきますので… 皮膚科や専門医へのご相談を優先してください。 頭皮湿疹は、男性・女性に関わらず、食文化や環境の変化が生んだ現代病の一種だとも言われています。 皮膚科医が開発に関わることで…• 脂漏性皮膚炎の方々がどんなことで悩んでいるか• 通院中の患者さまに試作としてモニター調査できる• 効果を証した実例がある これら3つのメリットを活かして【KADASONスカルプシャンプー】は生まれました。 フケ・かゆみ・脂漏性皮膚炎でお悩みの方は、是非お試しください。 頭皮湿疹改善のための抗菌シャンプー 「すっきり・なめらか」の2タイプから選べる 3. 頭皮ニキビ・湿疹専用ローション【ルプアクア】 最後にご紹介するローションは… 「頭皮湿疹や頭皮ニキビに特化した」専用ローション もちろん、先ほどの【KADASON・コラージュフルフル】と併用してお使いいただくことで、より保湿力を高め、次の疾患予防にもつながります。 頭皮は顔よりも皮膚が分厚く、顔用の美容液や化粧水では、毛穴の奥までなかなか浸透しないもの。 しかし、この は頭皮の疾患に特化していることもあり… 分厚い皮膚への浸透率が高い 「超低分子のヒアルロン酸」を配合することで、頭皮の内部から保湿してくれます。 しかも、無添加・天然由来成分 によって構成されているので、敏感肌の方でも安心してお使いいただける商品です。 1日でも早く頭皮の湿疹や疾患を治したいなら…是非一度、ローションも併せてお試しください。 関連記事• [美デキ男子 編集部より] 最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます。 スマホでご覧の方は、これより下にスクロールしていただくと… 「おすすめの関連記事」や 「人気ランキング」…また 「注目記事」等が一覧(リスト)でご覧いただけます。 薄毛やスキンケアだけでなく、脱毛やサプリメントの情報、モテる男の条件など… 『モテる』『デキる』男になるための参考記事をたくさんご用意しておりますので、通勤時間やお昼休憩、おやすみ前の空いている時間等に、是非ともご覧くださいませ。 【美デキ男子】の記事をいつもお読みくださり、ありがとうございます。 当サイトは元美容メーカー営業部の編集長をはじめ、元AGAクリニックのナース・現役脱毛クリニックの看護師…時には現役美容師の方など…美容に特化したライターさまのお力を借りて構成しております。 また、本サイトで紹介している商品やクリニックなどは、成分や実績、期待できる効果などを総合的に、より専門的な見地から、より正しい情報を…また、安心・安全にご使用・ご利用できるものを抜粋して提案しております。 どうぞ、あなたが気になる部位や箇所の【コンプレックスこっそり解消サイト】として、安心してお役立てくださいませ。 関連記事• 人気記事•

次の

ストレスを溜めると頭皮湿疹になるかも!?

頭皮湿疹 ストレス

フッと気が付くと、頭皮に赤い湿疹が…• フケが多量になってきた…• 頭皮のかゆみが止まらない… などの症状が出てきた方…それは… 「頭皮湿疹」または 「脂漏性皮膚炎 (しろうせいひふえん) 」の疑いがあります。 これら頭皮湿疹や脂漏性皮膚炎は、そのまま放っておいたり悪化すると… 薄毛やはげの原因にもなりかねない「頭皮の疾患」。 気が付いた時にスグにでも対策を講じたいところですね。 今回は、頭皮湿疹の各症状に合った、正しい対策をご紹介していきましょう。 また、頭皮の脂漏性皮膚炎でお悩みの方におすすめしたい「脂漏性皮膚炎専用」シャンプーも最後にご紹介していますので… 急なかゆみやフケが出てきた方などは、是非お試しください。 見出し読みをする• 頭皮湿疹ができる4つの原因 まず、頭皮の疾患の中でも多くの方の頭を悩ませている… 「脂漏性皮膚炎」は、「頭皮湿疹」という大きなカテゴリーに分類されます。 頭皮湿疹の種類は全部で…4つ それぞれの湿疹原因についてまずはお伝えしておきましょう。 あなたの湿疹はどの症状に分類されているでしょうか? その症状によって対処法が変わってきますので、各湿疹の症状と一緒に見ていきましょうね。 脂漏性皮膚炎 「脂漏性皮膚炎」は、別名「脂漏性湿疹 (しろうせいしっしん)」とも呼ばれ… 頭皮湿疹の中で、もっとも多くの方を悩ましている疾患です。 簡単に説明すると… 『何かしらの要因で「皮脂」が多量に分泌され、その皮脂をエサとする「 真カビ菌」が大量繁殖することで、頭皮を荒らしてしまう皮膚疾患の一種』 脂漏性皮膚炎の特徴としては… かゆくなったり、赤くなったり… また症状が重くなると皮膚が荒れてカサつき、ベラベラと剥がれてくる場合があります。 フケが最近急激に増えたという方は、その剥がれた皮膚が落ちてきているのかもしれません。 そのまま放っておくと皮脂が酸化し、加齢臭のようなニオイを放ち出しますので、早めの処置が必要です。 【脂漏性皮膚炎の原因 】 この皮膚炎は「マラセチア」という真カビ菌 (水虫の原因菌の一種)の存在が大きな原因となっています。 マラセチアは人間の皮膚に普段から生息する常在菌ですが… 特に皮脂が大好きで、皮脂が多く通気性の悪い所で異常増殖することがあります。 菌そのものが害というよりは、菌が繁殖する際に発生する代謝物が、肌に炎症を起こす要因と考えられています。 また、耳の後ろ、脇の下、太ももの付け根など… 通気性が悪く…摩擦の多い部分に起こりやすい疾患でもあります。 また他の原因として…ストレス・ビタミンBの不足・洗顔やシャンプーの誤った方法・生活習慣の乱れなどがあげられます。 接触性皮膚炎 「接触性皮膚炎」は、アレルゲンと呼ばれるアレルギーの原因になる物質や… 刺激物が頭皮に接触することで、頭皮に刺激を与え、そこから炎症が起こる頭皮湿疹です。 接触した部分が紅斑(こうはん:赤いブツブツ)や丘疹(きゅうしん:皮膚の膨れ上がり)、あるいは水疱(すいほう:中に水をもった湿疹)といった湿疹を生じます。 症状が出ている部分とそうでない部分と、はっきりと境界が見えるのが特徴的で… その部分だけ、かゆみや痛みをともなうので、比較的早期発見しやすい疾患でもあります。 【接触性皮膚炎の原因 】 接触性皮膚炎を起こす原因になる刺激物の中には… シャンプーやリンス、スタイリング剤、カラー剤、パーマ液などがあり… またアレルゲンはアレルギーを持っている方によって様々な物質が原因となります。 アトピー性皮膚炎 接触性皮膚炎とよく似ていますが、「アトピー性皮膚炎」は現代病とも言われ… その原因の特定は残念ながら現代医学でもはっきりと分かっていません。 遺伝や欧米化した食生活、不規則な生活習慣、ダニ・ハウスダスト・真カビ菌などの環境因子、敏感肌の延長など… 人それぞれによって発症の原因が違います。 乾燥して表面が白い粉を吹いたようになり、強いかゆみを伴ったり、赤い湿疹などができます。 掻いても掻いてもかゆみを伴うのが、この疾患の特徴でもあります。 また患部が乾燥しやすく、必要以上に掻くことによって皮膚がポロポロ剥がれ、フケになるのです。 【 アトピー性皮膚炎の原因 】 同じ物を食べ、同じような環境で同じように生活していても、症状が出る方もいればいない方もいますので… まだまだ未知の部分や解明されていない点が多い疾患の一つでもあります。 皮脂欠乏性皮膚炎 「皮脂欠乏性皮膚炎 (ひしけつぼうしょうひふえん)」とは、皮脂が取り除かれ過ぎて、皮膚のバリア機能が損なわることで… 乾燥した角質が、フケとなって剥がれてしまう疾患です。 皮膚表面がガサガサで白い粉をふく… ひび割れができ、痛みやかゆみが発生する… ひび割れ部分が膿んでくる… など…それぞれ人によって症状が若干違うようです。 また脂漏性皮膚炎の場合のフケは、若干重さ(湿気・油分を含んでいます)がありますが… 皮脂欠乏症皮膚炎の場合は、軽くてフワフワしています。 通常、肌や頭皮は弱酸性に保たれていますが、乾燥によってpH(ペーハー)がアルカリ性に傾き、細菌が繁殖しやすくなります。 また、普段は角質層から奥へは浸透しない害物質が、皮脂が足りないことでバリア機能が失われ、角質層を通り抜けてしまいます。 これらの条件が揃うと、衣服が触れる程度の軽い刺激で炎症を起こしたり、使い慣れていたはずの化粧品やシャンプーの成分が原因で炎症を起こすなど… 皮脂欠乏性皮膚炎が発症すると、刺激に対して非常に敏感になり、他の感染症などを誘発・併発する可能性が高まります。 【 皮脂欠乏性皮膚炎の原因 】 もともと肌が弱かったり… 乾燥肌の方がシャンプーを1日何度も頻繁にする… 肌に合わない強めのシャンプーを使っている方…などに多く見られる疾患で… 美容師や調理師、主婦など、水をよく使う職業の方が手荒れをするのもこの疾患とされています。 分泌される皮脂量は人によって違うため、頭皮に合ったシャンプー (特に洗浄力の強さ)を使用するよう心掛けてください。 頭皮湿疹を治すための対策 では、これら4つの原因に対して、どう対策していけば良いのでしょうか? 1. 「脂漏性皮膚炎」の対策 脂漏性皮膚炎の場合、程度によっては大した対策をとっていなくても、数日で治る場合もありますが… それだけ「再発しやすい」のも特徴の一つです。 一時的に改善したとしても、マラセチアが増殖しやすい頭皮のままでは、慢性化・再発を繰り返してしまいます。 このマラセチアが増殖しないためには、皮脂の抑制が最優先ですので… 再発防止・予防のためにもセルフケアを怠らないでください。 生活習慣の見直し• 抗菌シャンプー剤に変える• シャンプーの正しいやり方を習慣化する など…日常生活を見直し、根本的な治療を目指して向き合っていきましょう。 関連記事 生活習慣を見直す では、どういった生活習慣が「脂漏性皮膚炎」を招きやすいのでしょうか?• ファーストフード・ジャンクフードに偏った食生活• 遅い時間の食事(就寝時間との差がない)• 野菜を摂らない食事• 睡眠不足• 過度なストレス• シャンプーの2度洗い• 強力なシャンプーの使用• 当てはまる項目が多いほど、注意が必要!という訳ですね。 「接触性皮膚炎」の対策 「接触性皮膚炎」という疾患の場合… まずはその原因物質を特定することが一番の対策です。 また、接触してから発症まではだいたい数時間くらいですので… その時間までさかのぼって、何が原因なのかを突き止め、スグに使用を止めてください。 特に、小さなお子様は初めて触れるものが多いため、知らず知らずのうちにアレルゲン (過剰反応の元)と接触している場合があります。 体質的に弱いお子様などからは、なるべく目を離さないように気を付けたいところですね。 但し、重度の症状でない限り、接触性皮膚炎は市販薬で治るケースが多いので早期回復が見込まれます。 原因特定と並行しながら、薬剤による治療をしていきましょう。 接触部分:ステロイド外用薬などの塗り薬• かゆみが強い場合:抗ヒスタミン剤の服用 (専門医もしくは薬剤師などに相談した上で、処方してもらってください) その際に、患部は掻いたり引っ掻いたりせず、原因物質の使用を避けながら… 頭皮をなるべく清潔に保つようにしてください。 「アトピー性皮膚炎」の対策 アトピー性皮膚炎に関しては、解明されていない部分も多く・・・ まだまだ個人の見解だけでの判断は難しいのが現状です。 医師や専門家による処方や治療を、最優先してください。 この疾患の場合、まだまだ完治はなかなか難しく… 症状を上手にコントロールしながら、日常生活に差し支えない状態を維持することを目標に治療していく他ないでしょう。 日頃の頭皮ケアやスキンケアをしっかり行うことはもちろんのこと… 投薬によって症状を抑えながら、アトピーの原因を取り除いていくことが大切です。 「皮脂欠乏性皮膚炎」の対策 この疾患の場合、考え方としては… 乾燥したのであれば、潤せば良い! 顔や手など、頭皮以外の患部であれば「保湿剤 (ワセリンなど)」で皮脂欠乏性皮膚炎は治療していくのですが… 頭皮の場合…そのワセリンも塗りづらいところがありますので、医師や専門家の頭皮用処方薬を使用すると完治が早いです。 但し、症状が軽い方は、次のようなセルフケアで回復する場合もありますので症状に合わせてお試しください。 掻いてしまうと、ますます悪化させるケースが多いので、掻くのを我慢して医師に診せるなどの対応をしてください。 しかし、病院に行く時間がない方や、少し抵抗のある方は、薬局常在の薬剤師に相談してもらっても構いません。 但し、薬剤師は医師ではないため、その場での問診が中心となります。 その際、自分である程度、正確な症状を伝えないことには誤解を受けてしまいますので…• 時期 (いつごろから)• 患部 (場所)• 症状 (かゆみ・痛み・腫れなど)• 考えられる原因 (自分なりの原因分析でOK) を最低限答えられるようにして、相談するようにしてください。 また、現在外用・内服中の薬がある場合 (お薬手帳などをご持参しても良いと思います)は… それと併せて使用しても大丈夫か?をご確認の上、指示に従うようにしてください。 自宅でできる3つの頭皮湿疹の治し方 医師や専門家の治療やアドバイスを受けた方は、そのやり方を優先して頂きたいのですが… 症状が軽い場合…または治療と並行して自宅でも症状を抑えるセルフケアがありますのでご紹介しておきましょう。 シャンプーの仕方を変える 頭皮湿疹を起こしたからといって、シャンプーをしたがらない方もいるようですが… それは逆効果! 菌の繁殖を進めてしまいます。 ですので、正しいシャンプーの仕方を知って、優しく洗うことを心掛けましょう!• シャンプー・リンス・トリートメント後のすすぎは「最低1分以上」かけてじっくりゆっくりと• 1分以上かけて「シャンプーを完全に流す」イメージで流し足りないように できるだけ頭皮湿疹を起こしている患部に刺激を与えないようにすることもお忘れなく! また、シャンプー後は、リンスやコンディショナーを使用したいところですが、それらには菌を繁殖させやすい油脂成分を配合しているものが多いため… 頭皮湿疹の症状が出ている間の使用はできるだけ控えてください。 食生活の見直し (ビタミンB群の補給) 食生活はもちろん、規則正しく、バランス良く…に越したことはありませんが… 今回は頭皮湿疹に効果のある… ビタミンB群 の補給 についてお伝えします。 ビタミンB群は、「B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチン」の8種類すべてを総称して呼んでいます。 食べ物によって摂取できる種類が違いますので、下記を参考にしながら毎日、適度に摂るようにしてください。 ビタミンB群を補給できる食べ物一例• B1: 豚肉・うなぎ・たらこ・ナッツ類• B2: 牛レバー・うなぎ・牛乳• B6: 鰹・マグロ・牛レバー・さんま・バナナ• B12: 牛レバー・牡蠣・さんま・アサリ• ナイアシン: たらこ・鰹・牛レバー・落花生• パントテン酸: 牛レバー・鶏もも肉・納豆• 葉酸: 菜の花・枝豆・ほうれん草・牛レバー• ビオチン: 牛レバー・いわし・落花生・卵 「ビタミンB群」はダイエットや育毛効果も期待できる優れた栄養素です。 しかし、ビタミンB群の各それぞれは寂しがり屋さん… バナナだけ…枝豆だけ多量に摂取する…では、効果がありません。 また、特に 「マグネシウム・カルシウム」との相性も良いので… ゴマ・あさりの味噌汁・海苔・油揚げ・カレー・煮干し・ひじき など B群とまとめて摂取できるように、サプリメントや食べ合わせを考えて摂るように心掛けてみてください! 3. 睡眠時間の確保 実は…起きている時間中、頭皮の皮脂は分泌し続けています。 逆に睡眠中には成長ホルモンが分泌され、体内で新たな細胞が作られています。 その働きが新陳代謝として悪い細胞を良い細胞へと替えてくれています。 「お肌のゴールデンタイム」 という言葉を耳にしたことはありませんか? だいたい夜10時から深夜2時までの間がそのゴールデンタイムと言われていますが… 頭皮も肌の一部ですので、この時間に睡眠を取ることで、新しい皮膚細胞が活発的に作られます。 また、しっかりと睡眠時間を確保することは… 新しく生まれた細胞が、頭皮湿疹の原因となる悪い菌が繁殖しないような環境を整え… 炎症を起こしている患部を修復してくれる効果もあるとされています。 ハッキリ言って、「質の良い睡眠」は頭皮にとって良いことづくしです! 関連記事 まとめ 今回ご紹介した4つの頭皮湿疹のうち、あなたの湿疹はどれに当たりましたか? 前述したとおり…脂漏性皮膚炎であれば、少し環境を変えるだけで治まったりします。 しかし、他3種類の場合は、体調や遺伝など、体内のホルモンバランスなども影響してきますので… 皮膚科や専門医へのご相談を優先してください。 頭皮湿疹は、男性・女性に関わらず、食文化や環境の変化が生んだ現代病の一種だとも言われています。 皮膚科医が開発に関わることで…• 脂漏性皮膚炎の方々がどんなことで悩んでいるか• 通院中の患者さまに試作としてモニター調査できる• 効果を証した実例がある これら3つのメリットを活かして【KADASONスカルプシャンプー】は生まれました。 フケ・かゆみ・脂漏性皮膚炎でお悩みの方は、是非お試しください。 頭皮湿疹改善のための抗菌シャンプー 「すっきり・なめらか」の2タイプから選べる 3. 頭皮ニキビ・湿疹専用ローション【ルプアクア】 最後にご紹介するローションは… 「頭皮湿疹や頭皮ニキビに特化した」専用ローション もちろん、先ほどの【KADASON・コラージュフルフル】と併用してお使いいただくことで、より保湿力を高め、次の疾患予防にもつながります。 頭皮は顔よりも皮膚が分厚く、顔用の美容液や化粧水では、毛穴の奥までなかなか浸透しないもの。 しかし、この は頭皮の疾患に特化していることもあり… 分厚い皮膚への浸透率が高い 「超低分子のヒアルロン酸」を配合することで、頭皮の内部から保湿してくれます。 しかも、無添加・天然由来成分 によって構成されているので、敏感肌の方でも安心してお使いいただける商品です。 1日でも早く頭皮の湿疹や疾患を治したいなら…是非一度、ローションも併せてお試しください。 関連記事• [美デキ男子 編集部より] 最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます。 スマホでご覧の方は、これより下にスクロールしていただくと… 「おすすめの関連記事」や 「人気ランキング」…また 「注目記事」等が一覧(リスト)でご覧いただけます。 薄毛やスキンケアだけでなく、脱毛やサプリメントの情報、モテる男の条件など… 『モテる』『デキる』男になるための参考記事をたくさんご用意しておりますので、通勤時間やお昼休憩、おやすみ前の空いている時間等に、是非ともご覧くださいませ。 【美デキ男子】の記事をいつもお読みくださり、ありがとうございます。 当サイトは元美容メーカー営業部の編集長をはじめ、元AGAクリニックのナース・現役脱毛クリニックの看護師…時には現役美容師の方など…美容に特化したライターさまのお力を借りて構成しております。 また、本サイトで紹介している商品やクリニックなどは、成分や実績、期待できる効果などを総合的に、より専門的な見地から、より正しい情報を…また、安心・安全にご使用・ご利用できるものを抜粋して提案しております。 どうぞ、あなたが気になる部位や箇所の【コンプレックスこっそり解消サイト】として、安心してお役立てくださいませ。 関連記事• 人気記事•

次の