そら いろ 食堂。 そら・いろ食堂Cafeさんでの展示がはじまります♪:とるねい堂のときどきつれづれ

そら・いろ食堂*Cafe

そら いろ 食堂

1.あの人気店の新機軸が池袋西口に登場!『ソラノイロ食堂』 麹町に本店を置き、個性的メニューで話題を集める『ソラノイロ』。 2019年1月に池袋西口に開店した『ソラノイロ食堂』は、餃子やカレーライスや唐揚げなどもメニューに並べ、夜の部では「食堂」の名にふさわしいつまみや揚げ物なども楽しめる。 「ラーメン」は豚骨や豚肉を煮出した清湯スープをベースにした、 塩味と醤油味の2種類。 どちらも「こってり」オーダーがオススメ。 和豚もち豚の背脂がたっぷりかけられている。 国産小麦をブレンドした中細ストレート麺にスープと背脂の旨みが絡み、勢いよく啜れる。 吊るし焼きチャーシューも香ばしく味が染みたもの。 新しさと懐かしさを同居させた一杯には、卓上の一味唐辛子がベストマッチ。 2.煮干しがじんわり薫る一杯が早くも人気『中華そば 六感堂』 池袋東口で人気の「麺屋 六感堂」の2号店が、2019年3月に開店。 1号店とは異なり、「白」と「黒」2種類の「中華そば」がメイン。 まず食べてみてほしいのは 「中華そば(白)」。 手揉み麺と細麺から選べるが、手揉みを加えた中太麺が、煮干しを中心に鶏ガラ、豚ガラも加わって醤油ダレでまとめられたスープに自然に馴染んでいき、一気に啜り上げたくなる力強い一品。 たまり醤油とネギ油を加えてインパクトを増したという「中華そば(黒)」も気になる存在。 紹介しているお店はこちら! 店名:中華そば 六感堂 住所:東京都豊島区池袋2-23-5 公式Twitter: 3.期間限定で楽しめる2つの味!『ナベラボ 池袋"牛骨ラーメン"』 池袋東口で、定期的に店舗を入れ替えて様々な味が登場する「石神秀幸 厳選 極み麺selection」。 ここ数年は、「渡なべ」店主でもあるラーメンプロデューサー、渡辺樹庵氏が各地のラーメンをモチーフにした店舗を出店。 2019年2月からは、2種類の牛骨ラーメンを提供している。 その牛骨ラーメンは 「山口下松牛骨」と 「鳥取牛骨」の2種類。 山口県下松市と鳥取県中西部には、牛骨スープを使ったラーメン店が多く、それぞれに地ラーメンとして人気を集めている。 それらをモチーフにして、山口下松牛骨は濃厚な味わい、鳥取牛骨はあっさりしたスープに牛脂の甘さも加わっている。 紹介しているお店はこちら! 店名:ナベラボ 池袋"牛骨ラーメン" 電話番号:03-5992-3115.

次の

そら・いろ食堂Cafeさんでの展示がはじまります♪:とるねい堂のときどきつれづれ

そら いろ 食堂

2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 最近の投稿• 人気記事ランキング• 18,519 views の下• 11,814 views の下• 8,004 views の下• 7,467 views , の下• 6,942 views の下• 5,091 views , の下• 4,933 views の下• 4,691 views の下• 4,258 views の下• 4,073 views の下 カテゴリー• 以前は東京吉祥寺井の頭公園前で営業をされていて、2013年11月に移転してきたとのこと。 場所は、沖縄銀行本店の裏の路地にあります。 お店の外にもドラム缶のテーブル席があります。 外でビールなどを飲むのも夏場はいいかも。 店内は明るく、天井も高く開放感があります。 カウンター席もあり、お一人様でも利用しやすいです。 テーブル席もあり、内装も凝っています。 店内、雑貨の販売コーナーもあります。 飲食店を始める前から「chocoalate(チョコアレート)」というブランドでアートな物作りをしていると語ってくれました。 レモン水はセルフサービスとなっています。 ランチタイムはスープが飲み放題になります。 世界各地のビールがあります。 ビール以外、ラム酒も世界各地の銘柄があり、ジャマイカ産のラム酒もありました。 2016年4月時点のメニューです。 【営業時間】 11:00〜22:00(21:00 ラストオーダー)月曜日はランチのみ(〜14:30) 【定休日】 日曜日 ジャークチキン香草カレー(800円)です。 ジャークチキンが特に美味しかった。 ビールのつまみにも合いそうです。 昼飲みもできます。 「お得なちょい飲みSET」や「せんべろセット」も最近からはじめたようです。 以前は店舗ではなく移動販売車での営業でした。 移動販売車も沖縄に運んできたが廃車にしたとのこと。 見てみたかったので残念です。 ジャークチキンはジャマイカ料理で、店長はジャマイカにも行ったことがあると語ってくれました。 ここにきたら、ジャークチキンがオススメです。 昼飲みもやっていて、とくにラム酒に力を入れてるようです。 ラム酒は色々な種類があり、500円で飲める銘柄もあるので近いうちに飲みに行こうと思います。 昼から飲みたい人にもオススメのお店です。 他の写真はflickrに置いています。 良かったらご覧ください。

次の

アトリエそらのいろ, 由比ガ浜1

そら いろ 食堂

1.あの人気店の新機軸が池袋西口に登場!『ソラノイロ食堂』 麹町に本店を置き、個性的メニューで話題を集める『ソラノイロ』。 2019年1月に池袋西口に開店した『ソラノイロ食堂』は、餃子やカレーライスや唐揚げなどもメニューに並べ、夜の部では「食堂」の名にふさわしいつまみや揚げ物なども楽しめる。 「ラーメン」は豚骨や豚肉を煮出した清湯スープをベースにした、 塩味と醤油味の2種類。 どちらも「こってり」オーダーがオススメ。 和豚もち豚の背脂がたっぷりかけられている。 国産小麦をブレンドした中細ストレート麺にスープと背脂の旨みが絡み、勢いよく啜れる。 吊るし焼きチャーシューも香ばしく味が染みたもの。 新しさと懐かしさを同居させた一杯には、卓上の一味唐辛子がベストマッチ。 2.煮干しがじんわり薫る一杯が早くも人気『中華そば 六感堂』 池袋東口で人気の「麺屋 六感堂」の2号店が、2019年3月に開店。 1号店とは異なり、「白」と「黒」2種類の「中華そば」がメイン。 まず食べてみてほしいのは 「中華そば(白)」。 手揉み麺と細麺から選べるが、手揉みを加えた中太麺が、煮干しを中心に鶏ガラ、豚ガラも加わって醤油ダレでまとめられたスープに自然に馴染んでいき、一気に啜り上げたくなる力強い一品。 たまり醤油とネギ油を加えてインパクトを増したという「中華そば(黒)」も気になる存在。 紹介しているお店はこちら! 店名:中華そば 六感堂 住所:東京都豊島区池袋2-23-5 公式Twitter: 3.期間限定で楽しめる2つの味!『ナベラボ 池袋"牛骨ラーメン"』 池袋東口で、定期的に店舗を入れ替えて様々な味が登場する「石神秀幸 厳選 極み麺selection」。 ここ数年は、「渡なべ」店主でもあるラーメンプロデューサー、渡辺樹庵氏が各地のラーメンをモチーフにした店舗を出店。 2019年2月からは、2種類の牛骨ラーメンを提供している。 その牛骨ラーメンは 「山口下松牛骨」と 「鳥取牛骨」の2種類。 山口県下松市と鳥取県中西部には、牛骨スープを使ったラーメン店が多く、それぞれに地ラーメンとして人気を集めている。 それらをモチーフにして、山口下松牛骨は濃厚な味わい、鳥取牛骨はあっさりしたスープに牛脂の甘さも加わっている。 紹介しているお店はこちら! 店名:ナベラボ 池袋"牛骨ラーメン" 電話番号:03-5992-3115.

次の