披露宴 招待状 返信 書き方。 結婚式の招待状【返信マナー&メッセージ文例】|ゼクシィ

招待状返信マナー|結婚式招待状メッセージの書き方

披露宴 招待状 返信 書き方

結婚式招待状の返信マナーと書き方 結婚式に出席する場合の招待状の返信マナーをまとめました。 必ず抑えておきたい点をご紹介していますので、しっかりと内容をチェックして漏れのないように気をつけてくださいね。 返信は1週間以内を目安に! 招待状の返信は、明記されている返信期限を守るのはもちろん、なるべく早めに出すのがマナーとされています。 新郎新婦は招待客の人数をもとに、席次や引き出物等の準備を開始するという事情があるため、招待状は早く戻ってくればくるほど助かるんです。 返信期間の目安は、招待状を受け取ってから 1週間以内と考えましょう。 また、予定がはっきりせず期限ギリギリまで出欠がわからないという場合は、 新郎新婦に電話やメッセージ等で状況を説明新しておきましょう。 せっかく招待をくれた新郎新婦に余計な心配をさせないためにも、このような配慮を心がけるとスマートです。 《出席》返信の書き方 【表面の書き方】• 宛て名の 『行』を二重線で消して『様』に 書き直す。 定規を使って 二重線を綺麗に引いて消すようにしてください。 【裏面の書き方】• 『御』や『御芳』は寿消しする 『御』や『御芳』は、上から 『寿』と書いて消す方法があります。 招待してくれたことに対し、お祝いの気持ちがより伝わる素敵な返信です。 前後に「慶んで(喜んで)」 、「させていただきます」 などの言葉を追記すると、よりていねいな印象になります。 連名で招待された場合は、出席者全員の名前を明記する 芳名の欄に、連名で招待された 出席者全員の名前を記載します。 招待状に記載がなくても子どもを連れていきたい場合は、まず新郎新婦に確認を。 問題なさそうであれば芳名欄に子どもの名前を追記します。 子どもがある程度の大きさになると席やお料理(お子さまプレートなど)の手配が必要になりますので、招待状返信の際は必ず記載しましょう。 【表裏共通のマナー】 続いて、表裏共通のマナーをご紹介します。 毛筆・万年筆で書く マストではありませんが、できれば招待状の返信は 毛筆や万年筆で書くのがベターです。 ボールペンでもOKですが不祝儀を表すグレーは避けて、 黒一色で書くように気をつけましょう。 線は定規を使って引く 文字を消す際の二重線など、招待状の返信ハガキに線を引くときは、 定規を使ってまっすぐに引くとていねいな印象になりますよ。 句読点は使わない お祝いごとには終止符を打たないとの理由から、結婚式の招待状には『、』や『。 』などの句読点を打ちません。 招待状返信の際にも、句読点を打たないことを心がけましょう。 返信にお祝いのメッセージを! 招待状の返信をする際は、出欠の返事以外に3行程度の短いお祝いのメッセージを添えましょう。

次の

結婚式の招待状の返信方法……出欠ハガキの書き方とは [結婚式・披露宴マナー] All About

披露宴 招待状 返信 書き方

招待状の返信で押さえておきたいポイント お相手がつけてくれた「ご(御)」「芳」と不要な選択肢は取り消す 招待状の通信面に印刷された内容には、「ご出席・ご欠席」、「ご住所・ご芳名」など、こちらを立てる敬称がついています。 そこで出席の場合は、「ご出席」の「ご」を二重線か「寿」の字で取り消して、「出席」を丸で囲み、「ご欠席」も二重線で取り消します。 また、ご住所」の「ご」、「ご芳名の「ご芳」も二重線か「寿」の字で取り消しておきます。 招待状の宛名面には、返信先としてお相手のご住所とお名前が入っています。 ここでもお名前についている「行」を二重線で取り消し、敬称の「様」へ書き換えてから出すようにしましょう。 「慶(喜)んで出席いたします」と書き添えて 出席の場合は、余白に「慶(喜)んで出席させていただきます」と一筆書き添えるようにしましょう。 余白が少ない場合は、丸囲みした「出席」の前後(左右)に「慶んで」「させていただきます」と書き添え、「慶んで出席させていただきます」と読めるようにします。 ちなみに、句読点は終わりや区切りを意味しますので、結婚式関連の文面では使わないようにしましょう。 欠席する場合は理由も添えて 欠席の場合も、「ご欠席」の「ご」を二重線か「寿」の字で取り消して、「欠席」を丸で囲み、「ご出席」を二重線で取り消します。 また余白にはお祝いの言葉と、欠席の旨を簡潔に書き添えるようにしましょう。 あまり早々と欠席の返事をすると、「出欠を迷ったり出席できるよう調整を試みたりすることもなかった」という風に受け取られるかもしれません。 締め切りを過ぎるのは論外ですが、少しだけ遅めに出すようにしましょう。 余白に書き添えるメッセージの文例 文例:出席の旨に加えてお祝いメッセージを添えたいとき 結婚式の準備中は忙しいものです。 お祝いは当日直接伝えることにして、返信はごくシンプルなメッセージにとどめましょう。 文例1 ご結婚おめでとうございます お二人の結婚式にお招きをいただきましたが かねてからの予定があるため 残念ながら欠席させていただきます お二人のご多幸をお祈りしております 文例2 ご結婚おめでとうございます あいにく長期出張の予定があり(出産を控えており) 残念ながら欠席をさせていただきます 末永いお幸せを心よりお祈り申し上げます 気の置けないお相手なら「返信アート」に挑戦! 最近は、気心の知れた友達へ招待状の返信をする際にイラストを描いてデコレートする「返信アート」が、カジュアルにお祝いの気持ちを伝える方法として話題になっています。 ポイントは、「出席」をイラストで囲んだり、二重線で取り消す部分をイラストでさりげなく隠したりすることです。 絵心に自信がなくても、シールやマスキングテープなどを使うと華やかになりますよ!.

次の

結婚式の招待状、返信はがきの書き方・マナー [結婚式・披露宴マナー] All About

披露宴 招待状 返信 書き方

結婚式の招待状、返信ハガキの書き方とは? 友人や親戚など、結婚式への招待はまず電話で打診されると思います。 そこで「出席します」の返事をしていても、披露宴の招待状を頂いたら、出来るだけ早めに出欠の返事を出します。 いくら親しい友人であっても「電話で返事が済んだから大丈夫」なんて思っている人はマナー違反(実は筆者自身が友人の結婚式の招待状をだすのを忘れたことがあり、先方に大変失礼な事をしました)ですので、届いた時にその手で返事を書くことを忘れずに!! 新しい人生のスタートをお祝いする気持ちは出席の返事からもうすでに始まっています。 その人の立場になってわかることですが、すぐに返事をもらうとやはり嬉しいことです。 遅くとも二~三日中には返信するように。 返事が遅くなると、料理や引き出物、席次表などで先方に迷惑がかかります。 もし、予定が立たない場合はとりあえず電話でその旨を連絡します。 「出席できるかどうかわからないからしばらくほっておこう」「返事をしないことで欠席とわかってくれるだろう」なんて思っている人はもってのほかです。 その場合でも少なくても一週間以内には返事を出すようにします。 また、どうしても都合が悪く欠席する場合はお詫びの言葉を添えます。 その時は、出席・欠席にかかわらず必ずお祝いのことば(ご結婚おめでとうございます)は書き添えます。 <目次>• 結婚式の招待状、返信ハガキの書き方とは? まず、宛て名の「行」を「様」に書き直します。 棒線で二本線か斜線で消します。 結婚式の招待状、返信ハガキの書き方:出席の場合 御出席の「御」を二本線か斜線で消します。 「出席」を丸で囲みます。 その下の方に「このたびはご結婚おめでとうございます」「喜んで出席させていただきます」と書き入れます。 「御欠席」、御住所の「御」と御芳名の「御芳」を二本線か斜線で消します。 結婚式の招待状、返信ハガキの書き方:欠席の場合 「御出席」御欠席の「御」を二本線か斜線で消します。 「欠席」を丸で囲みます。 その下の方に「このたびはご結婚おめでとうございます」「当日はあいにくやむをえない用事がございますので」と書き入れます。 事故や、仏事、葬儀など身内の不幸と重なった場合には上記のように理由をはっきり書かないようにします。 御住所の「御」と御芳名の「御芳」を二本線か斜線で消します。 みなさんが、結婚する時にわかると思いますが、返事が来ないと引き出物、披露宴の手配などほんとに困ります(筆者も経験済み)。 届いたその日に出来るだけ早く、返信しましょう。

次の