エンカル ナシオン。 【MLB2020FA】エンカーナシオンがホワイトソックスへ!パロットポーズをやり始めたきっかけも

Une Parenthèse en Aubrac: 2020 Room Prices, Deals & Reviews

エンカル ナシオン

右投右打。 MLBのシカゴ・ホワイトソックス所属。 愛称はEE。 ドミニカ共和国で生まれたが、後に家族でプエルトリコのカグアスに移住し、高校時代までを過ごした。 現在、一家は再びドミニカ共和国に戻っている。 2000年のMLBドラフト9巡目(全体274位)でテキサス・レンジャーズから指名され、プロ入り。 シンシナティ・レッズ時代 (2008年2月24日) 2001年6月14日にロブ・ベルとのトレードで、ルーベン・マテオと共にシンシナティ・レッズへ移籍した。 2005年6月24日にメジャーデビューを果たすと、7月にレギュラー三塁手のジョー・ランダがトレードされたため、以降はレギュラー三塁手としてプレーした。 69試合に出場し、打率. 232、9本塁打、31打点、3盗塁、16二塁打をマーク。 2006年は三塁手のレギュラーとしてメジャーに定着。 117試合の出場で、打率. 276、15本塁打、72打点、33二塁打をマーク。 しかし、25失策を記録し、守備面での課題が残った。 2007年は2年連続で打率. 270・15本塁打以上を記録した。 トロント・ブルージェイズ時代 (2016年4月3日) 2009年7月31日にジョシュ・レネキー、ザック・スチュワートと共にスコット・ローレンとのトレードで、トロント・ブルージェイズへ移籍した。 2010年は手首の故障の影響で、低打率に苦しんだ。 7月にはDFAとなるとマイナー契約となり、AAA級ラスベガス・フィフティワンズに降格となった。 シーズン終盤に復調し、最終的に96試合の出場ながら21本塁打を放った。 オフに再びDFAとなると、ウェイバー公示を経て、オークランド・アスレチックスへ移籍した。 しかし、475万ドルの高額年俸がネックとなりアスレチックスは条件提示をせず、そのままノンテンダーFAとなった。 12月16日にブルージェイズと1年250万ドル(2年目は350万ドルのオプション)で再契約した。 2011年は三塁手としての出場が減り、一塁手やDHとしての起用が増えた。 5月29日までは本塁打0だったが、後半戦は復調した。 シーズン終了後にオプションが行使され、2012年もブルージェイズでプレーすることが決まった。 2012年も指名打者や一塁手としての出場となった。 シーズン中盤にチームメイトで主砲のホセ・バティスタが故障離脱するが、その後は代わるかのように本塁打を量産、結果この年は本塁打・打点・安打・得点で自己最多の成績を残したほか、84四球を選んだ。 さらに出塁率・長打率でも自己最高を記録した。 7月12日には3年2700万ドル(4年目は1000万ドルのオプション)で契約を延長した。 2013年は開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック WBC のドミニカ共和国代表に選出された。 同大会では主に一塁手で出場しチームの初優勝に貢献。 自身も一塁手部門でベストナインを獲得した。 レギュラーシーズンでは、打率. 272、36本塁打、104打点を記録し、2年連続で35本塁打と100打点のラインをクリアした。 2014年5月8日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で2本塁打を放ち、通算200本塁打を達成。 5月29日、ハーモン・キルブルー(1959年5月)、アルバート・ベル(1995年9月)に次ぐ、歴代3人目となる月間5回の1試合複数本塁打を達成。 この月に放った16本塁打は、5月の月間本塁打数としてはミッキー・マントルの1956年の記録に並ぶアメリカンリーグ最多タイ記録となった。 7月には2年連続でオールスターに選出されたが、選出後の7月7日に左脚の大腿四頭筋の故障で15日間の故障者リスト入りした。 8月15日に故障者リストから外れた。 故障の影響で出場試合数は128試合に留まったが、3年連続で30本塁打・90打点をクリアし、主砲としてチームに貢献した。 2015年は一塁手の...

次の

エドウィン・エンカーナシオンの守備や打撃。MLBを代表する強打者

エンカル ナシオン

右投右打。 MLBのシカゴ・ホワイトソックス所属。 愛称はEE。 ドミニカ共和国で生まれたが、後に家族でプエルトリコのカグアスに移住し、高校時代までを過ごした。 現在、一家は再びドミニカ共和国に戻っている。 2000年のMLBドラフト9巡目(全体274位)でテキサス・レンジャーズから指名され、プロ入り。 シンシナティ・レッズ時代 (2008年2月24日) 2001年6月14日にロブ・ベルとのトレードで、ルーベン・マテオと共にシンシナティ・レッズへ移籍した。 2005年6月24日にメジャーデビューを果たすと、7月にレギュラー三塁手のジョー・ランダがトレードされたため、以降はレギュラー三塁手としてプレーした。 69試合に出場し、打率. 232、9本塁打、31打点、3盗塁、16二塁打をマーク。 2006年は三塁手のレギュラーとしてメジャーに定着。 117試合の出場で、打率. 276、15本塁打、72打点、33二塁打をマーク。 しかし、25失策を記録し、守備面での課題が残った。 2007年は2年連続で打率. 270・15本塁打以上を記録した。 トロント・ブルージェイズ時代 (2016年4月3日) 2009年7月31日にジョシュ・レネキー、ザック・スチュワートと共にスコット・ローレンとのトレードで、トロント・ブルージェイズへ移籍した。 2010年は手首の故障の影響で、低打率に苦しんだ。 7月にはDFAとなるとマイナー契約となり、AAA級ラスベガス・フィフティワンズに降格となった。 シーズン終盤に復調し、最終的に96試合の出場ながら21本塁打を放った。 オフに再びDFAとなると、ウェイバー公示を経て、オークランド・アスレチックスへ移籍した。 しかし、475万ドルの高額年俸がネックとなりアスレチックスは条件提示をせず、そのままノンテンダーFAとなった。 12月16日にブルージェイズと1年250万ドル(2年目は350万ドルのオプション)で再契約した。 2011年は三塁手としての出場が減り、一塁手やDHとしての起用が増えた。 5月29日までは本塁打0だったが、後半戦は復調した。 シーズン終了後にオプションが行使され、2012年もブルージェイズでプレーすることが決まった。 2012年も指名打者や一塁手としての出場となった。 シーズン中盤にチームメイトで主砲のホセ・バティスタが故障離脱するが、その後は代わるかのように本塁打を量産、結果この年は本塁打・打点・安打・得点で自己最多の成績を残したほか、84四球を選んだ。 さらに出塁率・長打率でも自己最高を記録した。 7月12日には3年2700万ドル(4年目は1000万ドルのオプション)で契約を延長した。 2013年は開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック WBC のドミニカ共和国代表に選出された。 同大会では主に一塁手で出場しチームの初優勝に貢献。 自身も一塁手部門でベストナインを獲得した。 レギュラーシーズンでは、打率. 272、36本塁打、104打点を記録し、2年連続で35本塁打と100打点のラインをクリアした。 2014年5月8日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で2本塁打を放ち、通算200本塁打を達成。 5月29日、ハーモン・キルブルー(1959年5月)、アルバート・ベル(1995年9月)に次ぐ、歴代3人目となる月間5回の1試合複数本塁打を達成。 この月に放った16本塁打は、5月の月間本塁打数としてはミッキー・マントルの1956年の記録に並ぶアメリカンリーグ最多タイ記録となった。 7月には2年連続でオールスターに選出されたが、選出後の7月7日に左脚の大腿四頭筋の故障で15日間の故障者リスト入りした。 8月15日に故障者リストから外れた。 故障の影響で出場試合数は128試合に留まったが、3年連続で30本塁打・90打点をクリアし、主砲としてチームに貢献した。 2015年は一塁手の...

次の

エンリケータ・エステーラ・バルネス・デ・カルロット

エンカル ナシオン

二本のホームランが収録されている動画だが、どちらとも凄い。 エンカーナシオンは構えで腕を下げており、バットも立て気味なので、腕には負担がかからない。 ただし解剖学的には理想的な構えにはならない。 今期ホームランは12本と4位につけているが打率は0. 255とあまり高いとは言えない。 やはり、こうした打ち方だと一発長打に走るか、アベレージを狙いに行くかのどちらかにならざるを得ないのだろう。 ただ、上半身の力が抜けている分、始動時の下半身の力は凄まじく、かなりハムストリングスを使えている。 始動時の下半身の力は上半身のサイレントピリオドと連動しているので、上半身に力みが有ると、始動時の下半身の力は弱くなる。 また、エンカーナシオンは下半身の構えも楽な感じだ。 典型的なパンチャータイプの構えでは無いが、この打ち方は「リラックスした状態から一気に大きな力を発揮する」と言うパンチャータイプのメカニズムの本質的な部分を非常に良く表現しているし、それは傍から見ていても解りやすいと思う。 上半身も下半身も全体的にリラックスした構えから一気に力を発揮してボールを強く叩く。 そういう打ち方である。 そうした「力の発揮の仕方」と言う観点から見ると良い打ち方なのだが「形」を伴っていないので打撃成績にも限界が有ると言う事なのだろう。 ただ一つの「打撃スタイル」としては充分魅力的であるし「打者のタイプ」としても魅力的ではある。 エンカーナシオンと比較的似たスタイルを採っているのがブライス・ハーパーだ。 一見、トップ型の構えに見えるが、よく見ると顔の前にバットを通す「ヘッド入れ型」の一種である。 これはやってみると解るが、トップ型よりも腕に負担がかからない。 ただ、この構えだと骨盤が前傾しにくく股関節が割れにくい問題が有る。 なのでハーパーもやや腰が丸まり気味で膝が前に潰れた形を採っている。 なので、そのフォームは理想的であるとは言えない。 しかし、下半身に関しても、動的なタイミングの取り方をすることでリラックスした状態を作れているので、エンカーナシオン同様「リラックスした状態から一気に大きな力を発揮する」と言うパンチャーの根幹部分はよく表現出来ている。 ただ、エンカーナシオンに比べるとフォームを重視した「バランス型」と言えそうなので、バランスの良い打撃成績を残す事が出来るのだろう。 スイングもエンカーナシオンに比べるとクセが無い。 ハーパーにしてもエンカーナシオンにしても構えで腕の力が抜けているので、始動時に発揮される下半身の力が強い。 ただ、そうやって発揮したパワーもフォームに問題が有るとロスされて行くので、最終的には差し引きが生じる。 そのため、彼等のようなフォームが一番パワーを発揮出来ると決めつける事は出来ない。 ただハマった時に飛距離が出やすいスタイルである事は間違い無いと思う。 ただ、やはりフォーム的に理想なのはプリンス・フィルダーのようなトップ型だ。 あらかじめトップの角度にバットがセットされているので、バットが出るまでに無駄な動きが少ない。 (面倒なので簡単な言い方をするとそうなる。 ) しかし、トップ型で結果を残すためには数多くの抑えなければならないポイントが有る。 414• 105• 103• 147•

次の