血液クレンジング 危険。 血液クリーニングは危険?安全?副作用は?その効果を評判・口コミから徹底検証!

「トンデモ医療であると、断言します」 血液クレンジング、医学的に徹底検証してみた

血液クレンジング 危険

ネット上では 「トンデモ医療」「危険なのでは?」と批判や疑問の声が殺到。 一時は 「血液クレンジング」がTwitterのトレンドにも入った。 各地の消費生活センターにも契約トラブルや 「効果がない」と訴える声が寄せられており、専門家は 「十分なエビデンスがあるとは言い難く、誇大宣伝だと考えます」と指摘している。 たかみな「身体の中をメンテ」 元AKB48の高橋みなみさんは昨年1月、InstagramやTwitterで 「血液クレンジングと高濃度ビタミンCなどなど身体の中をメンテナンスしてきました」と報告した。 このクリニックのホームページによると、血液クレンジングは100mlの血液を採取し、医療用オゾンを血液に加えた後で体内に戻す治療法。 採取時にはどす黒い色をしていた血液が、オゾンと反応することで 「一瞬で鮮やかな赤に変色」するという。 大きな文字で 「究極のアンチエイジング」と銘打たれ、「治療の効果」という欄には、がんやHIV、アトピー、糖尿病、パーキンソン病、アルツハイマーなどの疾患への 「効果が報告されています」と記載されている。 女優の仲里依紗さんも、2015年9月に同名のクリニックで血液クレンジングを受けたとTwitterに投稿している。 GENKING「 頭と視界がスッキリ」 【追記】新たに秋元康さんや見城徹さん、高橋克典さん、鈴木紗理奈さん、相川七瀬さん、元AKB48の高城亜樹さんらも、ネット上で血液クレンジングを紹介していたことが確認された。 契約トラブル「効果まったくない」の声 国民生活センターによると、各地の消費生活センターには、血液クレンジングをめぐってこんなトラブルの相談が寄せられている。 クリニックでダイエットを勧められ、6回分の血液クレンジングとビタミン剤の代金として約50万円分を支払った。 「中途解約を申し込んだところ高額な違約金を請求された。 納得できない」(2018年8月、山陰地方の50代女性) ダイエット目的で1年間で12回の血液クレンジングを勧められ、20万円を支払った。 「契約当日に1回、1週間後に2回の施術を受けたが、効果がまったくなかった。 解約したい」(2018年7月、南関東の30代男性) 医師「エビデンスは不十分」 血液クレンジングには本当に効果があるのか。 また、実施する医療機関や拡散する芸能人の責任をどう考えるべきか。 BuzzFeedは『』『』などの著書がある、医師の名取宏さんに見解を聞いた。 海外の医学論文を検索すると、自分の血液をいったん体外に出して、オゾンを注入した上で体に戻す「自己血オゾン療法」について、いくつかの疾患に対して効果があったとする研究は存在します。 しかし、エビデンスは不十分で、歴史が長いわりにはいまだに代替医療の一つという位置づけです。 ましてや健康な人にプラスの効果があることは証明されていません。 日本において自費診療で行われている「血液クレンジング」はニセ医学だと私は考えます。 多くのクリニックでうたわれている効果効能は十分なエビデンスがあるとは言い難く、誇大宣伝だと考えます。 「血液クレンジング」自体は以前からあり、定期的にバズっています。 血液が鮮やかな赤色になりますので、InstagramなどのSNSと相性がいいのかもしれません。 オゾンを注入した自己血を戻すだけなので、適切に管理されていれば、さほど大きなリスクがあるわけではないようです。 とはいえ、リスクはゼロではなく、自己血オゾン療法後に高カリウム血症や心筋梗塞が起きた事例が報告されています。 また、オゾン療法ではありませんが同じく自己血を用いた代替医療に関連してB型肝炎のアウトブレイクが発生した事例もあります。 国家資格を持つ医師の責任は大きいと考えます。 さまざまな効果があるかのように誤認させ、しかも高額な対価を取ってエビデンスの乏しい医療を行うことは倫理的に問題があります。 拡散する芸能人についてはやむを得ない面があると思います。 主流ではないとは言え複数の医師がすすめていますし、プラセボ効果もありますので、よい治療法だと誤認することもあるでしょう。 金銭的な対価を得た上でそれを隠して宣伝に加担するステルスマーケティングであれば問題ですが、そうではなく、無償で誤認に基づいて拡散すること自体は責められません。 芸能人に限らず、間違った情報を善意で拡散してしまうことは誰にでもあるでしょう。 ただ、健康や病気に関する情報は拡散前に慎重になっていただければ、ありがたいです。 健康な人がより健康になりたい、病気を予防したいと願うのは当然です。 ただ、お金を払えば手軽に健康が得られるような方法はまず存在しません。 効果がはっきりした健康法は、適正体重の維持、適度な運動、バランスのよい食事、禁煙といった当たり前でつまらないものです。 効果が不明確な健康法にお金をつぎ込む前に、これらの当たり前の健康法を行うほうがお得だと思います。 病気の人は、まず、標準医療を受けてください。 日本には国民皆保険制度があり、保険の範囲内でよい治療が受けられます。 医療は高価だからより価値があるとは限らず、むしろ効果が証明された医療は保険適用になりますので自己負担額は安くなります。 「血液クレンジング」といった自費診療の医療を受けるのは無理には止めませんが、ほとんどは効果があるかどうかすら不明確であることを承知の上で受けてください。 私なら血液クレンジングは無料でも受けません。 日本酸化療法医学会「安全な治療」 一方、血液クレンジングを推進する日本酸化療法医学会の渡井健男会長は、BuzzFeedの取材に対して「年間7万人以上受けているが、この10年間、副作用の報告もない安全な治療。 (科学的な根拠を示す)臨床試験は費用がかかるし、世間の『オゾンは危険』という思いこみがあるからできないだけだ」と回答した。

次の

血液クレンジングは危険?クリニックで行うアンチエイジングには注意も必要

血液クレンジング 危険

血液クレンジングというものをご存知ですか? 私たちが健康に生きていくうえで血液の質を保つことはとても大切です。 しかし、食生活や生活習慣により血液は劣化してしまいます。 そこで最近行われているのが、『血液クレンジングをして、血液を綺麗にしよう!』という方法なのです。 しかし、注意したい点もありメリットをデメリットをよく理解しておく必要があります。 血液クレンジングが気になっている方は、要チェックです。 血液クレンジングとは何? 血液クレンジングは、「血液オゾンバイタル療法」と呼ばれドロドロになった血液をオゾンで綺麗にしてサラサラにして体に戻す療法です。 血液クレンジングを行うと 血液がサラサラになり免疫力が高まる、血行改善、抗酸化力が高くなる、疲労回復などの効果があるといわれています。 始まったのは約50年ほど前、ドイツで開発された療法で加齢による血液の老化を予防し、体のいたるところの機能を回復する効果があるといわれています。 体内の血液を取り出しで洗浄するものといえば、人工透析がありますよね。 血液クレンジングと透析の違いは、透析は全部の血液を浄化するのに対して、血液クレンジングは100㏄の少量の血液だけを取り出して浄化します。 血液クレンジングのメリットについて 血液クレンジングの所要時間は 約30分程度で大変簡単にできる為、日ごろ疲れやすい人や生活習慣が不規則な方に大変注目されています。 メリットとしてはオゾンを使用するので、血液内の酸化ストレスが刺激され抗酸化力がアップする点があります。 抗酸化力が高まると体の細胞の老化が遅くなり、疲労回復、病気予防、美容などあらゆる面で効果を感じることができます。 高血圧の改善、脳梗塞の予防、肥満改善などなかなか自分ではできない健康管理も、血液クレンジングをすると体本来の働きが活性されるため、健康メリットを感じやすくなります。 女性に多い肩こりや腰痛なども改善され、しかも効き目が早く出る点も魅力と言われています。 血液クレンジングの危険なデメリットとは? 血液クレンジングは悪性リンパ腫やガン、また自己免疫疾患のHIVやB型肝炎の治療として行われ、医療保険も適用されています。 しかし、なかにはアンチエイジングで美容目的で行う方もいますが、その場合は保険適用外になります。 注意したい危険性ですが、施術で使用する注射のハリやボトルなどに万が一細菌が付着してしまうと、菌が入った血液が体内に戻ってしまうため、病気を招く可能性があります。 あくまでも病気の治療の一環として行うものなので、美容目的で気軽な気持ちで行うのは大変危険です。 血液クレンジングを行うクリニックも少なく、この施術を推奨する医師はあまり多くないともいわれています。 まとめ 『最近これが流行っているから・・・』というような安易な気持ちで行うのはオススメ出来ません。 実際に血液クレンジングを行おうと思っている場合は様々な情報をチェックし、その後『それでもやりたい』と感じてから実際にやる方が良いでしょう。 参考にして下さい。

次の

血液クレンジングとは?知っておくべき効果や副作用、危険性

血液クレンジング 危険

この記事では「血液クリーニング」の効果について、評判や口コミから検証してまとめています。 2000年頃に ニンニク注射というのが流行ったことがあります。 ビタミンB1やB6を主成分とする栄養点滴のようなものですが、疲労回復に絶大な効果があると芸能界やスポーツ界で話題になり、一気に広がりました。 現在最も注目を浴びている 疲労回復法の1つに「 血液クリーニング」というものがあります。 血液をクリーニングすると聞いて、皆さんはどう感じますか? 「私の血液もきれいにして欲しい」でしょうか。 それとも「何だか怖い・・・」と思うでしょうか。 簡単にいうと「血液を採ってオゾンガスできれいにしてまた戻す」という、とっても単純な話のようですが、血液クリーニングについてはさまざまな意見があるのが現状です。 「 疲労回復の特効薬」「 究極のアンチエイジング」の呼び声高い血液クリーニングですが、はたして危険なのか、安全なのか。 副作用は本当にないのか。 そもそも、効くのか。 評判や口コミから徹底検証したいと思います。 「 血液をオゾンガスで洗ってから身体に戻すって、それ大丈夫なの?」 オゾンと聞くと「オゾン層の破壊」などという言葉を連想しますが、日本では1900年代に医療用オゾンガス発生器が発明されて以来、オゾンを用いた様々な治療が行われています。 オゾン療法は 感染症、皮膚病、免疫不全、老人病、慢性リウマチ、アレルギーなどに対して行われています。 がんの補助療法としても効果が確認されているそうです。 医療用のオゾンガスは血液クリーニング以外に、腸に注入する 腸内オゾン療法や、関節や筋肉など疼痛部分に直接注入して痛みを緩和させる 整形オゾン療法、HPV感染症やヘルペス感染症の治療に用いられる オゾンワクチンなど、さまざまな形で利用されています。 獣医学の分野では犬や猫のがん治療にオゾンガスが役立っているほか、歯科の分野でもヒールオゾンという治療法が存在します。 血液クリーニングを実施している施設によると、安全性が認められている 医療用オゾンガスが使われていて、 採血された血液もオゾンガスも一切外気に触れない状態で処置されるため、異物の混入もガスの漏洩もないとのことです。 オゾンガスの持つ殺菌力や還元力を利用して血液を活性化させる 血液クリーニングは、正式な 医療行為として万全を期して行われています。 設備の整った医療機関で施術を受ける分には、特に懸念材料はないように思われます。 血液をどうやってクリーニングするの? 血液クリーニングというのは俗称で、正式名称を 血液オゾンバイタル療法(血液クレンジング療法)といいます。 日本では「 血液クリーニング」以外に「 血液クレンジング」という呼び方もされています。 以前はこちらの呼び名が主流でした。 で、どんなことをやるのかというと・・・。 手っ取り早く説明をすると、 100~200ml程度の血液を採り、それに医療用オゾンガスを混入させて活性化してからまた身体に戻す、という方法で、血液の一部をきれいにするのが血液クリーニングなんですね。 40年以上前に ドイツで開発され、ヨーロッパ全体に広まりました。 イギリスの エリザベス女王の母君 通称クイーンマム も週2で血液クリーニングを受けていたそうで、その効果あって 101歳までお元気でした。 血液クリーニングの効果とは?口コミは? 100~200mlという少量の血液をオゾンガスで活性化して、それを体内に戻す。 設備や手法が確立していて 安全面で問題がないとなれば、 「 これは何だかすごく効果がありそうだぞ。 」 と思う人がいても不思議ではありません。 この血液クリーニング、医学の分野では次のような症状に効果があると考えられています。 パーキンソン病、がん、アトピー、脳梗塞、疲労感、肩こり、冷え性、アンチエイジング全般 など 血液クリーニングを受ける人たちは、必ずしも上記の病気を患っているというわけではありません。 疲労回復や健康維持のために受ける人がたくさんいます。 芸能界でも「 具合が悪いから」という理由ではなく、疲労回復や予防のために受けている人が多いみたいですね。 実際に血液クリーニングを受けた人は、どのような感想を持っているのでしょうか。 気になりますね。 調べてみました。 まずは有名人のツイートなどから。 血液クリーニングに否定的な専門家は、納得できるだけの十分なエビデンスがないから、ということを理由なようです。 専門家でも考え方が違うのは、血液クリーニングに限ったことではありません。 血液クリーニングに関する学術論文は少ないのは事実のようですが、医師を対象とした「 血液クレンジング講習会」などが頻繁に行われたりしているのもまた事実。 認めている医者もいれば認めていない医者もいるというのが現状です。 でも実名を公表して血液クリーニングを否定している専門家はいないみたいですね。 高須病院の透析は安全です。 よそのは知りません。 — 高須克弥 katsuyatakasu 実感は人によって異なる 血液クリーニングを受けた人の100人中100人全てが「 何も感じなかった」というのであれば、明らかに何の効果もないと断定できるのかもしれません。 でも血液クリーニングを受けた人がその効果を感じ、その後の 生活の質 QOL が向上したとすれば、その人にとって 血液クリーニングは有効だといえるはずです。 効くのかどうかは実際に試してみないことにはわかりません。 否定派は血液クリーニングを受けることはないでしょうし、肯定派は2度、3度と受けると思います。 その差を埋めることは難しいですよね。 感覚は人それぞれ。 価値観も人それぞれです。 安心・おすすめの医療機関は? 血液クリーニングを安全に受けられる施設は、 実はたくさんあります。 血液クリーニングは私たちが思っているよりもはるかにメジャーになりつつあるのです。 その中でもリピーターが多く、高い実績のあるイチオシ施設として、 アリシアクリニックが挙げられます。 アリシアクリニックでは、「 やせたい人」「 疲れている人」を対象にトライアル10000円コースを設けており、血液クリーニングを 初めて体験する人でも安心して施術が受けられるようになっています。 「 冷え性が無くなった」「 やせた」「 疲労解消が早くなった」「 不眠解消で目覚めスッキリ」など、効果に驚く声が続出しており、多くの人が血液クリーニングで健康を取り戻していることがうかがえます。 血液クリーニングを試してみようと思った人は、まずは 無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。 まとめ 本当に疲れている時、健康が心配な時、なんとかしたい時には、 自分で決断することが大事。 世の中には疲労を回復するための情報がいろいろ出回っていますが、そのうちのどれを選ぶかは 自分次第です。 どんなに効果があると言われている方法でも、口コミのとおりの効果が自分も得られるとは限りません。 結局は自分で体験して、 自分なりの判断をするしかないと思います。 「 これだ!」と思った方法は試してみるべきではないでしょうか。 自分のためになるかどうか悩んで躊躇して、あとで後悔するのなら、やっぱり決断してみるべきですよね。

次の