異動の挨拶。 異動の挨拶とは 好印象をあたえるあいさつのしかた

異動の挨拶とは 好印象をあたえるあいさつのしかた

異動の挨拶

一日も早く新しい業務に慣れ、戦力となれるよう精進して参ります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 今後も一緒に仕事をする機会があるかと思います。 部署は変わりますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。 略儀ながらメールにてご報告させて頂きます。 社内の方への異動メールのポイントは、• 感謝の気持ちと異動先での豊富などを述べる• 直接ではなくメールでの挨拶になってしまったことを詫びる という部分です。 詳しくは別の項で解説していきます。 そもそも異動メールは必要? そもそも異動が決まった際に送るメールは必要なのか?と思っている方もいるかもしれませんが、その答えは 「必要」です。 異動の挨拶メールが必要な理由には次のようなことが挙げられます。 急な異動で取引相手などに迷惑をかけないため• 連絡や引き継ぎをしっかりと行い関係者と良好な関係を保つため• お世話になった方へ感謝の気持ちを伝えるため これまで一緒に仕事をしてきた方、 お世話になった方に挨拶をせずに異動してしまうのは失礼に当たります。 また取引先に異動の連絡をしないと、急な担当者変更によって連絡の行き違いなどが起こり、迷惑をかけてしまう恐れがあります。 直接挨拶をしに行くこともありますが、関わりのあった方全員に会いに行くことは厳しいと思います。 また、日程調整をする必要があり相手の時間を使うことにもなってしまいます。 そのため、異動についてメールで報告をすること感謝の気持ちを伝えることが必要です。 取引先への送り忘れがあると会社全体に影響が出る可能性もあります。 異動についてしっかりとメールで挨拶をし、送り忘れなどのミスがないように注意しましょう。 異動メールを書く際のポイント ここからは、実際に異動メールを書く際のポイントをご紹介していきます。 大切な部分を抑えるだけでスムーズに異動メールを書くことができるので、ぜひ参考にしてください。 異動のお知らせだとわかる件名 まずは、メール開封前に一番に目に入る件名についてです。 異動を伝える相手に 一目で異動の報告だとわかるような件名、また誰から送られたものかが分かるような件名を付けましょう。 同じ部署の方宛:「人事異動のご報告」「異動のご挨拶」• 一番下の例のように、長い件名の場合日は【】を用いると見やすい件名になります。 必要な情報を記載する 異動メールでは必要な情報をしっかりと伝えることが重要です。 異動の日付• 新しい配属先• 異動後の連絡先• 後任者の名前・連絡先• 引き継ぎの日付 異動の日付、新しい配属先は、社内・社外どちらに送る場合も必須になります。 社内に送る際、 異動後に連絡先が変わる場合は連絡先を記載するといいでしょう。 変更がない場合も「連絡先の変更はございません」などと一言添えるとより親切なメールになります。 社外に送る場合は担当者変更の旨を伝える必要があるため、 後任者の紹介と連絡先、引き継ぎの日程を記載して、相手が「誰に連絡すればいいのか分からない」ということがないようにしましょう。 担当者変更メールについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。 相手への感謝と今後の抱負を添える 異動メールでは、 お世話になった方へ感謝の気持ちを伝えることが大切です。 あまり情緒的に長々と書く必要はありませんが、感謝が伝わるような文章を意識しましょう。 相手とのエピソードを軽く交えると喜ばれるかもしれません。 また、 異動先での抱負や意気込みも加えることで、 異動に対して前向きに努力しているという姿勢が伝わり、印象の良い異動メールになります。 仕事での交流は減るかもしれませんが、また一緒に仕事をする可能性もあります。 良い関係が継続できるよう、感謝と今後の抱負を忘れずに記載しましょう。 メール連絡へのお詫び 異動を伝える相手に直接挨拶に行く場合も行くことができない場合も、メールでの連絡になってしまったことへのお詫びの言葉を入れましょう。 「後日、改めまして挨拶に伺う所存ではございますが、取り急ぎメールにてご報告させていただきます• 「本来ならばお伺いするべきところメールにて恐縮ですが、ご挨拶といたします」• 「略儀ながらメールにてご報告申し上げます」• 上記のように、 対面で挨拶をしないことの無礼を詫びる言葉を忘れずに添えます。 後日挨拶にいく場合にはその旨を伝えます。 後任者と一緒に行く場合には「後任者と共に」と一言入れておきましょう。 異動メールを送るときのマナー 次は、異動メールを送る際の 基本的なマナーをご紹介します。 「送るタイミングはいつ?」「誰に送ればいいの?」「一斉送信でも大丈夫?」と行った疑問を解決して、スムーズに異動メールを作成していきましょう。 異動メールを送るタイミングは〇〇! まずは異動メールを送るタイミングについてです。 異動メールは異動決定後、 すぐに送ればいいというものではありません。 会社にもよりますが、人事異動の情報は解禁されるまでは口外できない場合が多いものです。 そのため、異動メールを送るタイミングは 一度上司に相談して決めることをお勧めします。 社内の方へ異動メールを送る場合には、 異動前の最終日に「お世話になりました」という意味を込めて送るといいでしょう。 送る日時が決まったら、メール配信サービスの 「送信予約」の機能を使うと便利です。 異動直前は忙しくなってしまう場合があるため、あらかじめメールを作成しておいて送信時間を指定しておくと効率的にメール送信ができるでしょう。 送信予約についてはこちらの記事を参考にしてください。 異動メールは「お世話になった人」へ送る 「異動の報告は誰にすれば良いのか?」と疑問を持つ方もいると思います。 一般的には 「お世話になった人」へ送るのが基本ですが、「お世話になった人」の範囲は人それぞれです。 しかし、異動の報告の場合にはできる限りその 範囲を広く捉えるようにしましょう。 まず社内では、 同じ部署の方全員へ送ります。 他部署では、業務上やり取りをした方や過去に上司だった方、仲が良かった方などに送ると良いでしょう。 社外では、 現在取引をしている相手、個別のお客様へも報告をしましょう。 また現在取引はなくても、過去にお世話になった方へ連絡するのも良いでしょう。 異動メールは一斉送信してもいい? 次に「異動メールは一斉送信しても良いの?」という疑問にお答えします。 異動メールは、 本来であれば一人一人に対して感謝の気持ちを込めて送るべきです。 お世話になった方への最後のメッセージになるものですので、多少時間がかかっても一人一人へ文面を変えて送信することをお勧めします。 しかし、宛先が多くどうしても時間が無い場合には 一斉送信で送るのもやむを得ません。 その際には、「To」に自分のアドレスを入れ「BCC」に宛先を入れます。 間違えて相手のアドレスが流出することの無いように注意しましょう。 さらに、 「本来であれば、お一人お一人にメールをお送りすべきところ、まとめてのご挨拶となります無礼をどうぞお許しください」というように、一斉送信での挨拶を詫びる言葉を追記しましょう。 また、上司や特にお世話になった方へは一斉送信ではなく、一人一人に感謝の気持ちやちょっとした思い出のエピソードを添えて送ると、印象的なメールとなりより喜ばれます。 異動メールにネガティブな要素はNG 繰り返しになりますが、異動メールはお世話になった方々に感謝の気持ちを伝えるものです。 本音だとしても「残留を希望しましたが、異動が決定してしまいました」というような ネガティブな要素はビジネスには不向きで、受け取った側も後味が悪いと感じてしまいます。 まとめ 異動メールでは、異動する旨や後任者の紹介など必要事項を連絡するだけでなく、自分の思いや感謝の気持ちを伝えることが大切です。 その気持ちは本文だけでなく、メールを送るタイミングや送り方によっても伝わるものです。 手間を惜しまず件名から本文まで丁寧に作成し、ビジネスマナーもしっかりと守って送るようにしましょう。

次の

異動の挨拶、スピーチは正しいマナーでスマートに

異動の挨拶

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 【転勤・異動の挨拶】どのタイミングですればいい? 転勤や異動の前には、 本人だけにその旨を通知する内示がでます。 そのあとに正式な辞令が出るのですが、その間がどのくらいあるかは企業によって違います。 気をつけたいのは、 正式な辞令が出るまでは、転勤や異動の挨拶などはしてはいけない、ということ。 「会社によっては 情報解禁日が決まっているところもあります。 仕事内容などによっても、お知らせする相手やその順番などが重要になる場合もあるので、直属の上司とよく相談して、フライングしないように気をつけましょう」(北條さん) 【転勤・異動の挨拶】ハガキで挨拶状を出すべき? メールでも失礼じゃない? メールでお知らせしても失礼にはならず、むしろ先方にとってはその方がありがたいという面もある、というのが今時の流れのようです。 「変わった職場の肩書や連絡先などを確認したい時、いちいちハガキを取り出さないといけないというのはとても手間がかかります。 その点、 メールであれば内容の確認も簡単ですし、コピー&ペーストができるので転記ミスもなく、保管も簡単です。 ですからメールでお知らせというのは決して失礼ではありません」(北條さん) 転勤や異動する際は先方の仕事に支障が出ないよう、必要な情報を新しい部署に変わる前にきちんと連絡する、というのが一番大切。 また、メールを出すのは社外では取引先、社内では仕事で関わりがある部署の人たちというのが一般的です。 c Shutterstock 自分らしさをプラス。 転勤や異動のメールで押さえるべきポイント 「転勤や異動の挨拶には、 1. 在籍時のお礼 2. 転勤・異動先、いつまで今の部署にいるのか 3. 後任の紹介 4. 結びの挨拶 を入れます。 定型の文章はたくさんありますし、BCCで一斉に出すもの以外に、特にお世話になった方々には個別にメールを出した方が丁寧です。 そういうものには、感謝の言葉を上手に入れたいですよね。 おすすめなのは、最初の挨拶に印象に残っている 仕事のエピソードをプラス、最後の挨拶に一緒に仕事をした経験を生かしてどう頑張っていきたいかの 抱負を入れるという方法です。 株式会社なでしこの山田でございます。 新しい部署では、気持ちを新たに全力を尽くして参ります。 本当に有難うございます。 今後とも、ご指導、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。 jp ——————— 【転勤・異動の挨拶】どう返信する? 転勤や異動の挨拶メールをもらったら 転勤や異動の挨拶のメール、受け取ることも多いですよね。 親しさの度合いにもよりますが、たくさんの人に出しているものだから、返信はかえって迷惑かな? などと思っているうちに時間が経ってしまうことも。 返信は出した方がいい? 出さなくてもいい? c Shutterstock 「 返信は出しましょう。 その方との最後の仕事だと思って、ささやかでも花むけの言葉を入れたお返事を。 また内容をきちんと確認して在籍中に確認しなくていけないことがあれば、返信で質問しておきましょう。 また、今までお世話になったことの中で印象に残っていることがあれば、一言添えて。 こんなことも覚えていてくれたんだ、と嬉しく思ってもらえるはずです。 将来、またいつどこで仕事をご一緒するか、わかりません。 きちんとした対応が今後の仕事につながることもあります」(北條さん) 【転勤・異動の挨拶】最後の朝礼で一言スピーチを? 挨拶といえば、職場の最後の朝礼で「一言お願いします」と言われることも。 いきなり言われても何を話していいか思いつかないし、「ありがとうございました」だけじゃあっさりしすぎ…。 「誰でもその職場に来る前の過去、そこで頑張ってきた現在、これから新たに行く先での未来はありますよね。 それを短くまとめると良い挨拶になります。 c Shutterstock 例えば、現在は経理部でこれから経営企画室に異動になるのならば…… 「経理部配属当時は、お金のことは全くわからず迷惑をおかけしましたが、現在は後輩から質問をしていただけるほど成長できました。 経営企画室は新たな分野ですが、経理部で培った数字の知識を活かし、頑張っていきたいです」 というような流れです。 特に今の職場であげることができた成果やお世話になった人への感謝の言葉をしっかり述べれば、良い挨拶になります」(北條さん) 転勤や異動の際の挨拶はその職場での最後の仕事。 メールもスピーチも丁寧でしっかりした挨拶ができるようにしておきましょう。 初出:しごとなでしこ.

次の

異動の挨拶、スピーチは正しいマナーでスマートに

異動の挨拶

2.転勤、人事異動の挨拶状を作ってみよう (挨拶状の書き方・文例・例文・例・雛形) それでは、実際に転勤や異動の挨拶状をつくってみましょう。 【縦書き、横書き、どちらでも】 もともとは毛筆での手書きが日本古来の文化。 挨拶状も正式なものは手書きの縦書でした。 現代では印刷したハガキが使われるようになり、縦書き・横書きの両方のタイプが使われるようになっています。 最近は横書きのものも大変多くなっています。 【転勤のごあいさつ、異動のごあいさつの内容に盛り込みたいもの】 1. 異動になった月日 3. 新任地 4. お世話になったお礼 5. 新生活への抱負 6. 変わらぬおつき合いのお願い 7. 新しい住所、あなたの氏名 月 時候の挨拶の例 1月 ・厳寒の侯 ・お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 ・松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 2月 ・余寒の侯 ・立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております ・節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 3月 ・早春の侯 ・桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 ・寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 4月 ・陽春の侯 ・桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 ・花の色が美しい季節になりました。 5月 ・新緑の侯 ・鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 ・新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月 ・梅雨の侯 ・梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 ・あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月 ・盛夏の侯 ・暑中お見舞い申し上げます。 ・降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。 8月 ・残暑の侯 ・立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 ・土用あけの暑さひとしおの侯 9月 ・初秋の侯 ・コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 ・燈火親しむ頃となりました。 10月 ・秋冷の侯 ・菊の花が香る季節となりました。 ・さわやかな秋晴れの日が続いております 11月 ・晩秋の侯 ・朝晩はめっきり寒くなって参りました。 ・庭の草木も日ごとに色づいて参りました。 12月 ・初冬の侯 ・今年もおしつまって参りました。 ・師走に入り、あわただしい毎日が続いております。 挨拶状とは違いメールですので、ある程度、親しい間柄という前提で作りました。 自由にアレンジしてお使い下さい。 (ただし、メールはあくまでも略式ですので目上の人あてにはできるだけハガキや手紙で挨拶状を送るようにしてください。 また、社外の相手に使う場合には 相手との間柄を良く考えてご利用下さい。 文章が長くなり過ぎないように、適当な長さのところで改行を入れると読みやすくなります。 ・転勤後も、相手との関係を続けたい場合には個人用アドレスや転勤先での連絡先などを知らせます。 ・転勤にあたりお礼の言葉は伝えたいが、今後は特におつきあいを続ける必要はないという場合には職場のアドレスで送信します。 ・その他に、職場のアドレスで送り、転勤後の連絡先として個人用アドレスを明記するなどしても良いでしょう。

次の