ドコモ から セキュリティ コード。 助けてください。。。 メールで[セキュリティコード] dアカウントでロ

ドコモオンラインショップで必須になったdアカウントの「2段階承認」とは?設定方法を紹介

ドコモ から セキュリティ コード

PIN1・2コード/PINロック解除コード(PUK) PINコード(PIN1コード・PIN2コード) 5G Xi クロッシィ FOMA ドコモUIMカード(FOMAカード)には、PIN1コード、PIN2コードという2つの暗証番号を設定できます。 PIN1コードは、第三者による無断使用を防ぐため、ドコモUIMカード(FOMAカード)をFOMA/「Xi」(クロッシィ)機種に差し込むたびに、または、FOMA/「Xi」(クロッシィ)機種の電源を入れるたびに使用者を確認するために入力する4~8桁の番号(コード)です。 PIN1コードを入力することにより、発着信および機種操作が可能となります。 PIN2コードは、ユーザー証明書利用時や発行申請、積算料金リセットを行うときなどに使用する4~8桁の暗証番号です。 電源を切っても、入力を間違えた回数は戻りません。 (前回正しく入力したときから3回連続です) PINロック解除コード(PUK) 5G Xi クロッシィ FOMA PIN1・2コードを3回連続して間違えた際、自動的にかかる「PINロック」を解除するときに使います。 PINロック解除コード(PUK)のご利用方法 PINロック解除コード(PUK)を入力すると、PINロックが解除され、新しい「PINコード」を設定し直す画面が表示されます。 (初期の「0000」へリセットする機種もあります) PINロック解除コード(PUK)を10回連続して間違えると、完全にロックされます。 PINロック解除コード(PUK)のお買い上げ時の設定 [契約時にお渡しする契約申込書(お客さま控え)に記載されている8桁の数字]• 申込書控えは、ドコモショップでお申込みの場合にお渡しいたします。 ドコモショップ以外で新規にご契約されたお客さまは、下記のの方法で確認になれます。 PINロック解除コード(PUK)を確認したい場合 以下の方法で確認することができます。 My docomo(iモード版・spモード版・パソコン版)の「ドコモオンライン手続き」から確認する 2. ドコモ インフォメーションセンターへご相談いただく ドコモ インフォメーションセンターにお問い合わせいただき、ご確認ください。 お忘れの場合や完全にロックされたとき PINロック解除コード(PUK)は変更できません。 お忘れの場合、ドコモUIMカードと本人確認書類(運転免許証など)をお持ちの上、お近くのドコモショップまでご来店ください。

次の

助けてください。。。 メールで[セキュリティコード] dアカウントでロ

ドコモ から セキュリティ コード

今朝起きてスマートフォンを見ると、ショートメールのメッセージが届いていました。 ショートメールはドコモから毎月の利用料金のお知らせが来るくらいなので、今朝も利用料金の案内かと思ったところ、dアカウントのセキュリティーコードが届いていました。 朝7時30分頃受信していて、その時間はまだ寝ていましたので、間違って操作したものでもありません。 不正にアクセスされた可能性が高いと思い、ドコモの問合せ開始時間を待って電話してみました。 窓口の電話に繋がると、音声ガイダンスの案内が流れて、オペレーターに繋がるまで10分程かかりました。 応対してくれた担当者に、身に覚えのないdアカウントのセキュリティコードが届いた件を話すと、第三者がログインしようとした可能性があるといわれました。 この段階では不正利用されていませんが、対策としてIDの変更と、パスワードの変更を勧められました。 dアカウントのIDが電話番号になっていると、IDが予測しやすいので不正アクセスされる可能性が高いということでした。 最近問題になっている、dアカウントを不正利用して高額な買い物をするケースは、IDが電話番号になっている人が被害にあっているそうです。 電話を切って、早速パソコンからサイトにアクセスし、ID変更手続きをしました。 IDは端末ごと設定する必要があるので、スマートフォンの設定も変更しなければなりません。 スマートフォンの設定画面を開き、【ドコモのサービス/クラウド】から【dアカウント設定】ページを開き、別のID登録から変更したIDを登録しました。 私の場合、mydocomoやdTVチャンネルなどです。 今回dアカウントの二段階認証の設定をしてあったことで、ログインするにはセキュリティコードが必要だったため、不正アクセスを防ぐことができましたが、二段階認証の設定をせず、パスワードが漏洩していたらログインできて、不正に使用されていた可能性があります。 ドコモユーザーの方は、ご自分のセキュリティ設定を確認し、二段階認証の設定をしたほうが安全です。 不正利用でも、代金は支払う義務があるそうなので、ご自身での対策が必要です。 dアカウントは、携帯電話の料金やコンテンツの支払いに使用されるだけではなく、ショッピングサイトでも使用ので、ドコモオンラインショップでiPhoneなどの高額端末を購入する被害も報告されており、IDやパスワードの管理は厳重に管理が必要だと感じました。

次の

ドコモのdアカウントに不正アクセス・ログイン?身に覚えがないセキュリティコード番号がSMSから届いた時の対処法!

ドコモ から セキュリティ コード

アカウントにアクセスがあったとき、二段階認証が設定されていると手間が増えますが、安心です。 しかし、二段階認証にもイロイロ種類があるようで…。 そんなdアカウントのご報告です。 深夜に突然やってくるSMS 夜、突然携帯にメール着信。 見てみると…、セキュリティコードが届いていました。 ん?セキュリティコード? なにもセキュリティコードを要求されるような操作していないんですが…。 時間も時間なので、スマートフォンもPCも携帯電話も操作していませんでした。 にもかかわらず、セキュリティコードがSMSで届くのは…、これは怪しい。 ちょっと調べると… すぐ調べてみることにしました。 もしかしたら、といういやな感じも合ったことですし。 dアカウントとDoCoMoのサイトが引っ掛かりました。 ということは、dアカウントという攻撃対象も攻撃者にとって選択肢として増えたってことなのかな?と思いました。 さらにこのページでは、二段階認証の設定を「強(推奨)」に設定することをオススメされています。 ん?二段階認証は設定している(からこそセキュリティコードが届いている)のですが、「強(推奨)」なんて選択肢あったっけ? さっそく、設定を確認してみることにしました。 設定画面 dアカウントの設定画面を開くと、メニューのセキュリティの項目に早速「2段階認証の設定」と言う項目を発見。 クリックします。 クリックすると「2段階認証設定」という項目があるので、設定に確認にしろ設定変更にしろ、この画面を開くのでよさそうです。 早速開くと、 画面は設定し終わった後の画面 おお、「2段階認証の設定」という箇所には「強(推奨)」と「弱(標準)」の二種類がありました。 詳しくはコチラ、というリンクを開くと詳細な説明が閲覧できます。 それによれば、 弱 標準 では、利用状況に合わせて、ドコモが最低限必要と判断した場合のみ2段階認証を要求する、って感じの記載があります。 ん?ドコモが最低限必要と判断、って…。 ちなみに、 強(推奨)では信頼できない端末からアクセスがあった場合常に2段階認証が表示されるため、普段利用しているブラウザ環境を信頼できる端末に登録する以外の二段階認証省略の方法はない、という認証方式のようです。 これはいけません、さっそく「強(推奨)」に設定してしまいます。 とりあえず、信頼できる端末には自分の手持ちの環境しか登録されていないため、これでとりあえずは安心です。 ようやく枕を高くして寝ることができそうです。 今後 とりあえず、dアカウントの二段階認証に「強(推奨)」と「弱(標準)」という段階があるのは知りませんでした。 昔、設定してそのまま、という場合は同じ二段階認証で安心するとしたら、やはり「強(推奨)」にしておくほうがよさそうに思えます。 さらにドコモのサイトでは 「dアカウントのIDおよびパスワードの変更も併せて実施」 というところも推奨事項としてあげられています。 この辺もそのうち(近いうち)やっていこうと思いました。 なんといってもdアカウントが攻撃対象になっているわけですし。 treedown.

次の