すね毛 薄くする方法。 すね毛が濃い男必見。すね毛を薄くする方法5選

すね毛が濃い男必見。すね毛を薄くする方法5選

すね毛 薄くする方法

女性ウケがいい• 清潔感がある• 毛深いコンプレックスがなくなる• 体臭予防になる 女性ウケがいい 少し前だと毛深い男は「男らしい!」と女性から好感が持たれることが多かったですよね。 近年メンズエステが登場するとすね毛がもじゃもじゃしていると、毛を処理してないことを不潔だと思い、 生理的に受け付けないという女性も増えてきています。 とはいえ、女性にも毛の無い「爽やか」なイメージがいいという人もいれば、ヒゲを生やした「ワイルド」な男性がいいという人もまだまだいるため、処理していいのか悩んでしまいますよね。 しかし、「別に毛深いのが好みな女性もいるならいいや」と思って待っているだけでは、時間をムダにしてしまうかも。 清潔感がある 冒頭でもお伝えしたとおり、メンズエステの登場で、男性のムダ毛処理も当たり前になってきた今では女性もエチケットとして男性のムダ毛を気にする人も多くなりました。 「別に毛深いのが好みな女性もいるならいいや」と思って待っているだけでは、時間をムダにしてしまうかも。 清潔なイメージが嫌だと思う女性はそうそういませんので、善は急げではありませんが出会いの機会を逃さないためにも早めに行動しましょう。 毛深いコンプレックスがなくなる また、まわりの男性の毛の濃さを比較されるのが嫌で、半ズボンなどの肌を露出する服を避けている傾向にありませんか? すね毛がなくなれば、今まできられなかったおしゃれな服なんかも存分に着られます。 毛深いというコンプレックスが一つなくなるだけで、仕事でも恋愛でも自身がつくので一歩進んだ自分になれるかもしれません。 体臭予防になる 男性の中には汗っかきという方も多いのではないでしょうか。 汗は頻繁に拭き取らないと菌が繁殖し悪臭の原因になります。 ワキガなどがその例です。 毛が濃いと汗をかくことで蒸れてしまい、不衛生な環境になってしまうことは間違いありません。 すね毛を処理することで汗も拭きやすく、肌を清潔に保ちやすいので体臭予防になります。 すね毛の濃い原因 すね毛は同じ男性でも濃かったり薄かったりするのはどうしてでしょう。 すね毛が濃い人はとくに気になりますよね。 すね毛が濃い原因について紹介します。 すね毛が濃いのは男性ホルモンの影響 毛はなぜ濃くなるのでしょう。 そもそも体毛などは男性ホルモンによって作られているものでからです。 例えば男性と女性のすね毛を比較してみるとわかるように、女性は体毛がく男性は濃い人が多いでしょう。 これは男性ホルモンが影響しているからと言われています。 しかし男性ホルモンは、男性でも女性でも性別関係なく分泌されています。 女性もホルモンのバランスが崩れれば毛深くなることもあるのです。 一般的には男性のほうが男性ホルモンをたくさん分泌しているため体毛も濃くなるわけです。 男性同士でもすね毛が濃い薄いに分かれるのは、男性ホルモンが多量に分泌されているからと言えるのではないでしょうか。 ちなみに男性ホルモンは、体毛を濃くするだけではく、筋肉を増加させるためにも必要になります。 ストレス 男性ホルモンは、ちょっとした環境の変化でガラッと変わってしまうそうです。 不規則な生活をしていると毛がどんどん濃くなってしまいます。 例えば睡眠不足やタバコの吸いすぎなんかも、男性ホルモンを増やしてしまう原因になってしまいます。 ストレスが溜まって夜眠れない、タバコのの本数がどんどん増えていってるという人は注意が必要です。 食生活 実は食事によっても毛の濃さが左右されてしまうことがあります。 毛が伸びやすくなる食べ物と伸びにくい食べ物はは次のとおりです。 高タンパク 肉・チーズ・卵• 甲殻類 エビ・カニ• 魚卵 イクラ・たらこ• インスタント食品 カップラーメン・コンビニ弁当 男性ホルモンを増やしてしまうのが、牛肉や、豚肉の赤身などで動物性たんぱく質や亜鉛が豊富に含まれているためです。 特に亜鉛が豊富に含まれている食材として、代表的なのが牡蠣です。 貧血防止や、免疫力を高める亜鉛を取り入れたいと思ったならば、牡蠣を食べれば良いというぐらい豊富に含まれているようです。 筋肉をつけて、体毛も増やし、男っぽくなりたければ、男性ホルモンの働きを活発にするような食べ物を積極的に食べてもいいですが、すね毛が濃いのを防ぎたいなら食べ過ぎ注意ですね。 すね毛を処理する代表的な方法 すね毛を処理する方法にはどういったものがあるでしょうか。 ここで、すね毛を処理する一般的な方法について紹介します。 毛抜きで抜く方法 すね毛がとても濃い。 だから処理をしたいと考えた時、毛抜を抜く方法を選ばれる男性多いかもしれません。 しかしリスクなどを聞いたことがある人も、多い方法ではないでしょうか? 例えば、炎症や埋没毛、色素沈着などの原因になるという話などなど。 それでも、毛抜きなどで脱毛をする人は多いですよね。 いったいなぜでしょう? まず考えられるのはコストのようです。 毛抜きは高いものではありません。 職人が作ったものなら1000円以上したりするようです。 しかし、多くの人は安価なものを購入するのではないでしょうか。 それこそ100円で気軽に買うことができます。 脱毛エステなどへ行くよりも、自宅で自分の都合によってできるのも、メリットとなっているでしょう。 中にはすね毛を抜くのが楽しいという人もいるようです。 最初はなかなか取れなかった体毛。 作業に慣れてきたら、ぽんぽん抜けたら、やっぱり気持ちがいいものですよね。 これが毛を抜くメリットと言えるかもしれません。 カミソリですね毛を剃る 簡単にすね毛を処理する方法として、一般的に使用されているのがこのカミソリではないでしょうか。 カミソリも毛抜きと同じように、とにかく低コストなのが魅力ですよね。 そして肌に刃を滑らせるだけで良いですから、一気にすね毛処理ができるのが魅力な方法です。 すね毛を剃ると濃くなる?はウソすね毛を剃ると濃くなるという話を聞いたことはないでしょうか?、前よりもなんだか濃くなったような気がするのは、剃刀で剃ることで断面からさらに毛が伸びてくるため、すね毛の断面の面積が広く見えてしまい濃く見えると言われています。 実際に、体毛の太さや色素が濃くなったというわけではないので安心を。 しかし剃刀は刃です。 皮膚を傷つけてしまう道具だと考えておいてください。 さらに石鹸などは、角質などを削いでしまうことに。 色素沈着なども引き起こすので気をつけましょう。 剃刀負けには注意 剃刀でムダ毛を一気に剃ったら、真っ赤に腫れたり「かゆいー」なんて苦しんだことは男性なら一度は経験があるはず。 いわゆるカミソリ負けですが、カミソリ負けと聞くと、別にたいしたことではないと思えますよね。 しかしそれに病名があると言われるとドキッとしますよね。 それが尋常性毛瘡 じんじょうせいもうそう やボックハルト膿痂疹(のうかしん)という名称で、どちらも 毛嚢炎の一種です。 毛穴の奥には毛のうという毛根を包みこんでいる組織があり、それを毛包と言います。 この毛包に黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌といった細菌が侵入し炎症が起きることを毛嚢炎と呼んでいます。 別名かみそり負けと言います。 尋常性毛瘡 じんじょうせいもうそう は口ひげを剃る時に、ちょっと傷つけてしまって剃刀負けすると赤い丘疹や膿疱ができてしまったもの指します。 ボックハルト膿痂疹(のうかしん)は、爪で皮膚をかいたりした時に細菌が押し込まれるように入ってしまい炎症を起こしてしまうものです。 この剃刀負けによる毛嚢炎が、すねにもできると考えておけば良いでしょう。 クリームの代わりに石鹸はNG 剃刀負けを防ぎたいのでしたら、きちんと専用のクリームなどを塗っておいたほうが良いでしょう。 何も塗らない状態で一気に、すね毛を処理すると剃刀負けのリスクを高めるだけになってしまいます。 さらに、そのまま剃ってしまうと、毛穴に汚れが詰まってしまうケースも。 肌トラブルの原因になるので気をつけてください。 「クリームなどがないから、石鹸やボディーソープでいいだろう」と考えて、代わりにする人もいますよね。 これも止めたほうが良い行為だそうです。 なぜならば石鹸などの泡が手についたとしますよね。 そうするとすべってしまい剃刀を扱う手元が狂う可能性があります。 脱毛ワックス 毛抜きではなく脱毛ワックスを利用される人もいます。 これも、毛を抜くスタイルの脱毛方法ですよね。 特殊なワックスをまず、すねの表面に塗ります。 乾かしたあと、はがしてしまえば、もう大量の毛がついて来るというもの。 脱毛ワックスの大きなメリットは、広い範囲で一気に体毛を抜くことができる所でしょう。 さらに根本からすね毛を抜くことができるんですね。 カミソリや、除毛クリームなどを使った脱毛方法もあります。 しかしその2つは、あくまで、表面に出た体毛を切るという方法なのです。 脱毛ワックスは根本から抜くですから、次に生えて来るまでの時間は長いものになっています。 ただ、注意したいこともあります。 ワックスをはがす時には、大きなリスクもあるのですね。 それは皮膚もはがれてしまうこと。 この肌ダメージは大きなものでしょう。 そのため内出血が起こったり、かぶれや炎症の原因になることも。 さらに毛穴が塞がってしまい、埋没毛になることもあるようです。 ブラジリアンワックスについて詳しくはこちら 脱毛テープ 脱毛テープも、毛を抜くタイプの脱毛方法のようです。 テープを貼るだけなので、かなり簡単ではないでしょうか。 原理としては、ガムテープでの脱毛方法と同じかもしれませんね。 ただ、脱毛ワックスと同じように、はがす時は皮膚の表面がはがれてしまうケースも。 もちろんはがれる皮膚は薄いものですが、肌に大きなダメージを与えるのは否定できないですよね。 脱毛ワックスと同じように、内出血やかぶれ、炎症などが起きてしまうことも。 さらにブツブツとした鳥肌状態になることもあるようです。 この脱毛テープも、ワックスと同じように、後々、毛穴が塞がって埋没毛のリスクを考えなければならないでしょう。 脱色クリームで薄くする すね毛の処理では、脱色剤を利用したものもあります。 無駄な色素を抜くことで、すね毛を目立たなくさせる方法です。 しかし肌のタンパク質を壊してしまうというリスクもあります。 そのため、かぶれてしまったり、かゆくなるケースもあるようです。 それでも脱色剤を使うなら、まずパッチテストを行ったほうが良いでしょう。 すね毛を脱色する方法は、あくまで目立たなくさせることにあるため、根本的な解決にはなりません。 とにかく目立たなくすれば良い、お金もかからない方法がいい、と考えるのならば選択肢として考えても良いかもしれません。 ただし、肌へのリスクはきちんと考えておきましょう。 はさみですく すね毛を薄くしたいなら、脱毛ではなくはさみで切ってしまうやり方もあるようです。 例えばすきバサミなどで剃ってしまえば良いと考える人もいます。 このすきばさみを利用した処理方法のメリットは、まず、コストがかからないことでしょう。 髪の毛を切るのでしたら、多少は「切れ味が良いものを」と考える人もいるかもしれません。 しかしすね毛は、ヘアスタイルを作るような細かな作業は必要ありませんよね。 ただ、すね毛をすくことが目的なのでそこまで高いすきばさみを利用する必要はないでしょう。 しかし作業自体は面倒かもしれません。 手先が不器用な人は、皮膚を切ってしまう可能性も。 最初はスムーズに切れていても、ちょっと手先がぶれてしまって、ふくらはぎなどを切ってしまわないように注意してください。 バリカンで一気に剃る すね毛を処理する方法としては、バリカンもあります。 バリカンはそもそも髪の毛を切るための道具でバリカンの種類によって長さは違うかもしれませんが、バリカンには髪の毛の長さを調整できるアタッチメントがついおり、長さの微調整ができる点では優秀です。 完全に脱毛をしたくないという人には、向いているかもしれません。 また、スピーディーにすね毛などのムダ毛を処理してくれます。 とにかく、すね毛を処理したい。 しかし面倒だったり時間がないという人には、このバリカンでの処理は適しているのではないでしょうか。 すね毛を抜くデメリット すね毛を抜くという脱毛方法には、以下のようにデメリットが多くあります。 埋没毛になりやすい• 鳥肌のようなブツブツ肌になる• メラニン色素が活発化して黒ずみの原因になる• かみそり負けによる皮膚疾患 このデメリットは、抜くという方法以外にもカミソリで剃る場合でも共通におこりうるデメリットです。 それぞれの理由について説明していきたいと思います。 埋没毛になりやすい 毛抜きやカミソリなどで処理をしますよね。 毛を抜く行為は、肌にとって大きなダメージを与えるもののようです。 皮膚が傷つくと体は壊れた肌を修復しようとします。 そして傷ついた皮膚はやがてかさぶたになります。 しかしそのことで、毛穴が塞がってしまうことがあるようです。 毛穴が塞がれば、すね毛は表面へ出てこれませんよね。 さらに皮膚の中で育ってしまうのです。 「皮膚の中だけで大きくなるだけなんでしょ?」と軽く考える人もいるかもしれません。 確かに埋没毛は多くの場合、大きなトラブルになることはありません。 しかしそのまま毛が育っていき、それ以上成長できなくなるとそうすると体毛は壊れてしまうそうです。 しかしそうならないケースも。 埋没毛がきっかけとなって、色素沈着が起きることもあるようです。 他に毛嚢炎などの皮膚疾患なども考えなければなりません。 鳥肌のようなブツブツ肌に 毛を抜くと、毛穴が一時、大きくなってしまいます。 しかし通常はそこまで焦る必要はないでしょう。 時間が経過すれば元通りになるそうです。 ただ、何度も何度も体毛を抜いていると、どうなってしまうのか?だんだんと皮膚が弱ってしまうそうなのです。 ついには回復できなくなって、バタンキュー。 その状態になると鳥肌になってしまうそうです。 それも一時ならば、まだ我慢できるかもしれません。 しかし皮膚は弱っている状態です。 そのため、ずっと鳥肌状態になることがあります。 ずっとブツブツな肌は、かっこわるいですよね。 メラニン色素が活発化して黒ずみの原因に すね毛を処理する時は皮膚の黒ずみも考えておかなければいけません。 人間の皮膚にはあメラニン色素の活性化によって、肌が黒くなってしまうという特徴があります。 メラニン色素が活性化してしまう理由こそが肌への刺激でつまりすね毛を抜くという行為です。 すね毛を抜くことを繰り返すとことで結果として黒ずみが生まれてしまうこともあります。 皮膚が赤くなる毛嚢炎に注意 先ほどもカミソリの処理する際の注意でもお話しましたが、すね毛を抜くことでも皮膚が赤くなったりする毛嚢炎がでることがあります。 別名かみそり負け。 皮膚の傷から黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌といった細菌が侵入し炎症をおこし皮膚に赤い発疹などの症状がでます。 毛嚢炎になったときの対処法 第一に 皮膚を清潔に保つことが大切です。 軽症であれば、抗菌成分配合の市販薬などの使用で1週間程度で症状が落ち着きます。 しかし症状がどんどん悪くなるようであれば、皮膚科の受診をおすすめします。 炎症が出た後は、しばらくムダ毛処理は控えるようにしましょう。 すね毛処理のおすすめの方法 すね毛の処理には多くの方法があることを紹介してきました。 しかし、すね毛を抜いたり、剃ったりはまたすぐに生えてきてキリが無いですし、繰り返すと肌への負担が増すばかりです。 そもそも面倒になって処理しなくなってきてしまうでしょう。 ここで、おすすめのすね毛の処理方法を紹介します。 ボディシェーバー カミソリが肌に負担がかかることを説明してきましたが、それは深剃りになってしまうためです。 ヒゲなんかでもそうですよね。 そこでカミソリで深剃りをしてしまうことで悩んでいる方におすすめしたいのが電動式のボディシェーバーです。 とくにボディー用のシェーバーだと、ムダ毛を完全に脱毛したくない人のために長さの調整ができるトリマーが付属でついています。 また、肌への負担を考えて刃が直接肌に当たらないような設計のシェーバーもあるので、「サロンに通うのは恥ずかしい」、「自分で処理したいけどカミソリやワックスは痛そうで不安」という方は電動式のボディシェーバーを試してみてもよいでしょう。 メンズサロン 自身で毎回処理するのが面倒という方には本格的なサロンやクリニックによる脱毛がおすすめです。 完全に毛が生えてこなくなるニードル脱毛やレーザー脱毛、毛が減っていく光脱毛といった種類があります。 ムダ毛を永久的に脱毛したい方はニードル脱毛やレーザー脱毛がおすすめですが、費用が高くクリニックなどの医療機関でしか受けることができません。 光脱毛は照射していくごとに減毛する効果があるので、完全に脱毛したくない方や費用をなるべく抑えたい方におすすめです。 しかし、どちらも即効性があるわけではなく、効果を得るのに最長で2年程度かかりますので、そのことを頭に入れておきましょう。 イソフラボンを含む食品 大豆・豆乳• フルーツ類• 海藻類• 食物繊維 上記のように女性ホルモンを増やす食べ物を意識して食生活に取り入れてみましょう。 逆に女性ホルモンの不足をカバーする食べ物はなんでしょうか?よく言われるのが大豆です。 大豆の中には大豆イソフラボンが含まれています。 この大豆イソフラボンが、男性ホルモンを抑えて、足りない女性ホルモンをおぎなってくれるそうです。 このように普段から食べ物を意識してすね毛対策をしてみてください。 ただしなんでも摂取しすぎるのは体の毒となりますのでほどほどにしましょう。 抑毛ローションを使用する 「毛深いのが悩み」「すね毛をすべて脱毛してしまうのに抵抗がある」という方も中にはいますよね。 そこでおすすめなのが抑毛ローションです。 抑毛ローションは、カミソリ剃り後などに保湿として何回か使用しているうちに、毛が生えてくる速さを遅くし、全体的に毛を薄くしてくれるというもので、女性ホルモンに似た成分が使用されているので、毛がだんだん薄くなってくる抑毛効果が期待できるのです。 カミソリ処理後の悩みや、毛深い悩みにWでアプローチしてくれるので助かりますよね。 すね毛だけでなく、ヒゲに使用している男性も多いのだとか。 試してみる価値はありそうです。 抑毛ローションの選び方 抑毛ローションの選び方にもポイントがあります。 それは抑毛効果が高い「イソフラボン」と「ブロメライン酵素」が入っていることです。 しかし、入っていればいいというものではありません。 成分表示の上位に表示されている含有量が多いものから選ぶようにしましょう。 初回購入半額 すね毛処理で肌トラブルが起きたら病院へ すね毛処理は、毛を抜く、剃刀で剃る、すきばさみですく、食べ物で女性ホルモンを増やすなど色々な方法があります。 毛を抜くと一概に言っても、毛抜きや、脱毛ワックスやテープなど方法は様々ですよね。 しかしどんな方法でも、自己流はリスクが伴っていると考えてください。 もしすね毛の処理で、剃刀負けや毛のう炎などが発症したら、皮膚科などに相談するようにしましょう。 「剃刀負けなんて大したことない」そう思われるかもしれませんが、やはり肌荒れはいやですよね。 すね毛の処理は、自身で処理する場合は、抜くよりボディシェーバーなど肌への負担が少ない方法を選ぶようにしてください。 すね毛をしっかりと処理したい、肌荒れが怖いという方はサロンやクリニックに相談してみてもいいでしょう。 スマートな男に剃刀負けは似合いません。 正しいすね毛処理をしてハーフパンツが似合う男子になりましょう。

次の

すね毛を薄くする方法【男性レイヤー向け】

すね毛 薄くする方法

エステサロンや脱毛サロンで受けられる脱毛方法です。 特殊な光を脱毛したい部位に照射し、毛の黒色の成分である「メラニン色素」を伝って、毛根をアプローチすることで毛が生えてこないようにする方法です。 個人差はありますが、毛が太く濃い部分、皮膚の薄い部分は痛みを感じる場合があります。 光 フラッシュ 脱毛は、 美肌効果も期待できる肌に優しい光なので、 敏感肌の男性でも安心して脱毛することができます。 費用も医療レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて 安く、痛みが少ないので気軽に脱毛を始められます。 また、サロンは営業時間が長く、仕事帰りに脱毛しに行けるので通いやすい環境です。 \ RINX ならすね毛脱毛初回 45% OFF / 医療レーザー脱毛は 医療機関で受けられます。 特殊なレーザーを脱毛したい部位に照射し、毛の黒色の成分である「メラニン色素」を伝って、毛根をアプローチすることで毛が生えてこないようにする方法です。 個人差がありますが、毛が太く濃い部分や皮膚が薄い部分は痛みを感じやすいです。 光 フラッシュ 脱毛に比べて 費用が高い傾向にあり、痛みが大きいです。 痛みが心配な場合、医療機関ですので 別料金 相場1回1部分あたり1,000~3,000円 で麻酔を使用できます。 敏感肌の男性は、しばらく肌の 赤みが引かない場合があります。 万が一肌トラブルが起きたら、その場で対処してもらえるのは安心ですね。 医療機関は営業時間が短く、他の治療もしているので 予約が取りづらい傾向にあります。 毛周期通りに施術を受けることが大切なので、予約が取れないクリニックの場合は注意が必要です。

次の

中学生男子向けで剃るよりも簡単な濃いすね毛処理の方法。

すね毛 薄くする方法

毛の成長を抑制する抑毛方法 これから紹介するムダ毛処理方法は、これまで紹介した方法とは違い「 即効性」はありません。 継続して行うことで 毛の成長自体を抑えることに繋がり、ムダ毛を薄くすることが期待できるムダ毛処理方法です。 それでは継続的にムダ毛を薄くする2つの方法を見ていきたいと思います。 男性の体内でも男性ホルモンだけでなく女性ホルモンも分泌されて働いています。 ただ、 体毛が濃くなる原因は男性ホルモンにあります。 男性ホルモンが優位になることで、体毛の成長が促進されます。 つまり裏を返すと、 男性ホルモンの分泌を抑制し女性ホルモンの分泌を促すことで体毛の成長を抑えることが期待できるということです。 自分の好きなタイミングで自宅で脱毛できる• 通う負担がない• 恥ずかしい部位を他人に見られなくて済む• 家族も使える フラッシュ式のケノンではレーザー式より照射範囲が広く、例えば脇に使用する場合には 片ワキが約10秒と極めて短時間で脱毛を終えられます。 脱毛サロンでは年に6回までの照射と定められていますが、ケノンでは家庭用に出力が抑えられているため肌への負担も少なく、脱毛頻度としても 2週間に1度程度のペースで使用が可能です。 さらにケノンではカートリッジを変更することで、使用部位を選ばす使うことが可能です。 たとえば、陰部のけつ毛から美顔カートリッジで髭(ヒゲ)脱毛まで可能になっています。

次の