ピーコック ストア。 東京都・ピーコックストアのアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

イオン、仇敵からピーコックを買収する事情

ピーコック ストア

ファミレス・レストラン ホールスタッフ 0• 居酒屋(ホールスタッフ 0• その他飲食店 ホールスタッフ 0• キッチンスタッフ ファミレス・レストラン 0• キッチンスタッフ 居酒屋 0• キッチンスタッフ その他飲食店 0• ファーストフード 0• カフェ・喫茶店 0• 宅配・デリバリー 0• 飲食店 店長・マネージャー 0• パン屋(ベーカリー) 0• ケーキ屋・スイーツ 0• 焼肉屋 0• うどん・蕎麦屋 0• 寿司屋・回転寿司 0• ラーメン屋 0• ビアガーデン 0• 弁当屋 0• ピザ屋 0• フードコート 0• バー(BAR)・バーテンダー 0• 皿洗い・洗い場 0• 配膳 0• コンビニ 0• 家電量販店・携帯販売(携帯ショップ) 0• インテリア・雑貨販売 0• ドラッグストア・薬局・化粧品販売 0• DPE・カメラ店スタッフ 0• レンタルビデオ・CD 0• アパレル 0• ファッションデザイナー・パタンナー 0• バイヤー 0• 試食試飲・デモンストレーター・マネキン 0• スタイリスト 0• 販売店 店長・マネージャー 0• 書店・本屋 0• CD・DVD販売 0• ペットショップ 0• 花屋(フラワーショップ) 0• 100円ショップ 0• ホームセンター 0• グッズ販売 0• イベントスタッフ・コンサートスタッフ 0• パチンコ 0• カラオケ 0• アミューズメントスタッフ 0• インストラクター 0• フロント・受付 0• ホテルスタッフ(フロント等) 0• ベッドメイキング 0• その他宿泊施設業務 0• ゴルフ場(キャディ) 0• ペンション・旅館・民宿スタッフ 0• 漫画喫茶・ネットカフェ 0• 映画館 0• スキー場 0• レンタカー 0• 温泉・銭湯・スーパー銭湯 0• プール監視員 0• レジャー施設 店長・マネージャー 0• その他レジャー 0•

次の

イオンマーケット

ピーコック ストア

「」も参照 (19年)9月、・経営統合(J. フロント リテイリングの発足)が行われた。 これを契機に、同グループ内の事業整理・ブランド統合を目的として(20年)、旧大丸系である株式会社大丸ピーコックが、旧松坂屋系の類型各社を、 ピーコックストアにを変更した。 「ピーコック」とは、大丸のにもあしらわれているを意味する。 ピーコックストアに統合時、「大丸ピーコック」「松坂屋ストア」で運営していた店舗の屋号はそのまま維持されたほか、社名と同じ「ピーコックストア」やディスカウント形態の「Pマート」など新形態の屋号の店舗も出店した。 当時の大丸ピーコックは、珍しい食材や輸入品が充実した高級スーパーマーケットであり、また当時に発生した買い付け騒動の代表格であるの発端をつくったことでも知られていた(NHKの朝番組で中曽根通産大臣が紙の使用の自粛を呼びかけた日が千里大丸プラザ(現: ピーコックストア千里中央店・内)のトイレットペーパーの特売日と重なりその映像が全国に広がったことが発端とされている)。 「イオンマーケット」商号変更後 [ ] 2013年に行われた「イオンマーケット」への商号変更の際、「ピーコックストア」など大丸・松坂屋の表記が含まれない店舗屋号は維持されたものの、「大丸ピーコック」「」の屋号で営業していた店舗は順次「ピーコックストア」へ統一、からはレジ袋などの消耗品、店舗掲示物からは全て大丸・松坂屋の表記を消去した(ただし、旧:大丸ピーコックであった店舗を中心に、「大丸」部分のみをシールなどで隠し、大丸ピーコック時代の店舗ロゴをそのまま流用している箇所も存在する)。 「エクセピーコック」は2013年に店が閉店 したため、存在しなくなった。 をもってから撤退、県内の2店舗は閉鎖、残りの6店舗は株式会社へ譲渡された。 また、近畿地方については奈良北生駒店がをもって閉店したことによりから撤退し 、既存店舗も、京阪神エリアにおける食品スーパーマーケットの店舗網再編に伴い、2016年3月1日付で、2店舗を閉鎖し、残りの23店舗を同じグループ会社のへ譲渡され、近畿地方からも完全撤退した。 かつての親会社だった大丸の一部店内において、引き続き百貨店事業部として営業を継続している。 年表 [ ]• (昭和26年) - 会社設立• (昭和35年)9月 - ピーコック産業株式会社を設立• (昭和35年) - 大阪府にて大丸ピーコック第1号店となる香里店を開店• (昭和48年) - 大阪府の店(現:ピーコックストア千里中央店)からが始まった。 (昭和49年)6月 - を実施し、「 株式会社大丸ピーコック」に商号変更• (平成20年)• 9月1日 - 旧松坂屋系のスーパーマーケット会社3社(、横浜松坂屋ストア、)を吸収合併し、「 株式会社ピーコックストア」に商号変更• 9月4日 - ピーコックストア第1号店となる店を開店(旧松坂屋ストアをピーコックストアに新装開店)• (平成21年)4月 - の実験店舗として山田店(大阪府吹田市)を「Pマート」に業態転換する。 2013年(平成25年)• 3月 - が、4月1日にピーコックストアの全株式を取得(完全買収)する事を発表。 4月1日 - 株式譲渡に伴ってイオンの子会社となり、入り。 同時に、「 イオンマーケット株式会社」に商号を変更。 4月27日 - である「」が全店で利用可能となり、「イオンカード」はイオングループの特典が受けられるとなる。 8月31日 - システム変更に伴い、この日を持って「ピーコックカード」・「ピーコックEdyカード」の取扱を終了。 同時に、ピーコックストアでのの取扱も終了(WAON への完全移行)。 (平成26年)3月31日 - 月見ヶ丘店と菱野店の2店舗を閉店、残りの6店舗を翌4月1日付で同じグループ会社のへ譲渡 し、愛知県から撤退 (なお、マックスバリュ中部へ譲渡された6店舗は同年4月4日に「」に屋号変更して新装オープン。 三好店は同年11月に閉店し、平針店は2017年9月にザ・ビッグエクスプレスに改装した後2019年6月にに移管され、本郷店は2019年6月に閉店し残りの3店舗は2019年9月1日の合併に伴い、の運営となった)。 (平成27年)8月31日 - 奈良北生駒店の閉店に伴い、から撤退。 (平成28年)3月1日 - イオングループ内における京阪神地区の食品スーパーマーケット再編に伴い、前日の2月29日をもって閉店した新神戸店・塚原店や百貨店事業部を除く近畿地方の23店舗を吸収分割により、同じグループ会社のへ承継。 なお、光洋では「KOHYO」へ屋号変更する一部の店舗を除いて「ピーコックストア」や「Pマート」の屋号が引き継がれたが、翌月以降、一部店舗において改装のタイミングで「KOHYO」や「マックスバリュ」へ屋号変更しており、前述のPマート山田店もマックスバリュ北山田店へ屋号・店舗名称を変更した。 2月28日 - ピーコックストア青山店(大丸ピーコック関東第一号店)が入居するビルの建て替えにより閉店。 12月12日 - の核店舗としてピーコックストア稲城長沼店をオープン。 「ピーコックストア」として初めて「」へ入居する店舗となった。 取扱サービス [ ]• 大半の店舗はを中心とした品揃えだが、一部店舗ではや・の取扱も行っている。 一部フロアに・・衣料品店などのを入れている店舗が多い。 フロントリテイリング傘下であったときは、や大丸・松坂屋・横浜松坂屋発行の、、大丸くじゃくカードによる決済や、大丸松坂屋カードとお得意様ゴールドカードによる特典利用ができたが、イオングループ傘下となったことにより、2013年8月31日をもってこれらの取扱を終了した。 2013年4月27日より全店でで支払いが可能になった。 ただし、店内の一部テナントでは電子マネーでの支払いができない場合もある。 サービス開始当初は暫定的にWAONの決済端末を一部レジのみに設置し、チャージも店内設置のイオン銀行ATMやWAONチャージャーのみでの対応だった。 2013年9月以降、全店のレジを順次変更し、全レジでのWAON決済および店頭レジでのチャージのほかに、交通系電子マネー()・・による決済も可能になった。 なお、高田馬場店では、イオングループ傘下になる前の2005年9月から交通系電子マネーによる決済が可能だった。 2016年2月(「お客様感謝デー」の同年2月28日開催分)をもって他のイオングループ店舗(ダイエーを含む)と同時に終了となった後、同年6月に発行を開始した「WAON POINTカード」を先に提示することで再び割引が適応されるようになっていたがこちらも2020年3月30日をもって終了した。 その他、各店で下記金券類が利用可能である。 いずれの金券も店内の一部テナントなどでは利用できない場合がある。 ・ VJA ・・の、、• 内共通商品券(ギフトカード・なみすけ)(阿佐谷店・井荻店・久我山店のみ)• その他地域プレミアム商品券 期間、店舗により取り扱い状況は異なる。 イオン商品券、ダイエー商品券(本券のみお釣りが出る。 イオンギフトカード 店舗 [ ] 当社はの一部に38店舗を展開する(2019年12月時点)。 各都県の店舗数は以下の通り。 東京都 - 33店舗• 神奈川県 - 4店舗• 千葉県 - 1店舗 店舗の詳細は「」を参照。 東京都の中野店は、現在の店舗に建替えられる前から、マルイ(当時は丸井中野本店)の地下食品売り場として出店している。 脚注 [ ]• イオン. 2015年2月14日閲覧。 - イオンマーケット株式会社 2013年7月1日(2013年7月12日閲覧)• - イオンマーケット株式会社 2015年11月23日閲覧)• - イオン・光洋・イオンマーケット 3社連名によるリリース(配信元:イオン株式会社) 2015年12月17日• PDF プレスリリース , イオン, 2013年3月4日 , 2013年3月5日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ピーコックストア, 2013年4月1日 , 2013年4月1日閲覧。 - イオン株式会社 ホットプレス Vol. 442 2013年4月17日(2013年5月12日閲覧)• プレスリリース , イオン・ピーコックストア・イオンフィナンシャルサービス 共同リリース, 2013年4月25日 , 2013年4月27日閲覧。 プレスリリース , マックスバリュ中部, 2014年1月21日 , 2014年2月11日閲覧。 プレスリリース , イオンマーケット株式会社, 2014年3月1日 , 2014年3月23日閲覧。 プレスリリース , イオンマーケット株式会社, 2016年2月1日 , 2016年3月2日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンタウン株式会社、イオンマーケット株式会社(2社連名), 2019年11月28日 , 2019年12月12日閲覧。 ただし、大丸松坂屋カードは9月1日以降もクレジットカードとしての決済は可能である。 PDF プレスリリース , 株式会社, 2005年9月2日 , 2013年10月20日閲覧。 なお、ニュースリリース中の西船橋店は2009年2月に閉店している。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 イオン食品館• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の

イオンマーケット

ピーコック ストア

大手総合スーパーのイオンは3月4日、傘下に大丸松坂屋を擁するJ. フロント リテイリングから食品スーパーのピーコックストアを買収すると発表した。 フロントグループからピーコックへの債権放棄分への対価も含め、買収価格は300億円。 イオンはピーコックの全株式を取得して完全子会社化する。 ピーコックは首都圏、近畿圏、中京圏を中心に、百貨店内の6店を含む88店を展開する。 業態は「大丸ピーコック」「ピーコックストア」「松阪屋ストア」「ピーマート」など。 都市型の高級食品スーパーが主体となっている。 ピーコックの業績は低迷 近年、スーパーマーケットは激しい価格競争と出店競争の中にあり、ピーコックの業績は低迷していた。 2011年2月期は売上高1184億円ながら営業利益は3億円弱と収益力は高くなく、最終損益は2億円の赤字。 12年2月期も売上高1126億円と前期比4. 9%減。 営業利益は4億円に改善したが、最終赤字は37億円に膨らんだ。 直近決算の12年3~11月期(第3四半期累計)決算でみても、営業赤字8億円、最終赤字10億円と損益の改善は見られない。 業界関係者は「価格や鮮度に対する顧客の目線が厳しいスーパー業界では、百貨店流のビジネスをそのまま持ち込んでも通用しない。 ピーコックはその代表的な事例だ」と切り捨てる。 もちろん、J. フロントが何もしなかったワケではない。 奥田務会長は昨年の決算説明会で「百貨店が順調な中で、(ピーコックの不振を)深刻に受け止めている。 あまりにも百貨店中心にモノを考えてきたことを反省している。 これを機会に思い切って全般的な経営改革に取り組んでいこうと考えている」と話していた。

次の