口 で 言う ほど 簡単 じゃ ねぇ。 「口で言うほど簡単じゃないハナシ」

第4回:再利用って口で言うほど簡単じゃないんだよね|本気で読み解く”人月の神話”(第17章:後半)

口 で 言う ほど 簡単 じゃ ねぇ

歳をとるごとに、リーダーシップとか組織をまとめるとか議論を収束させるとか難しくなってくるなぁ。 ステージ レベル が上がっているのか、俺が下がっているのか、周りが気の合う仲間だけじゃないからか。 感覚で進める議論だけやってけないよなぁ。 多分一度、自分を壊す時期だ。 何事においてもこういう時期ってやってくる。 例えばギターを弾いていても、ただただ楽しく弾いている時期から、急に手が上手く動かなくなったりだとか、うまく弾けないときが出てくる、その時にめんどくさいとばかり思ってたコードをしっかり見ようとする時期へ だったりとか ただただ楽しくサッカーをしている時期から、上手くできなくなってボールタッチを考えたり、ボールのどこを蹴るか考える時期へ、 だったりとか ただ感覚でやっていた そしてそれで解けていた 国語の問題の時期から、それをちゃんと理論的に答えを導き出せる時期へ。 だったりとか なんでも「移行」するのには時間と苦労がかかる。 一度自分を崩す訳だから不安定になるし、精度は悪くなるし、正解率も悪いし、もがく。 なんで国語にも例えたかというと、実際 1ヶ月前に国語が全然できなくなって相当焦ったから 笑 何度答え合わせしても5割とか…。 あー崩れてるなぁとひしひし感じました。 そこから丁寧に読んだり、しっかり答えを探したりの方法を意識して当日は きっとまぐれにも 8割ほど ちなみに古文は満点という奇跡つき。 自慢になりませんな… 笑。 ともかくそういうなにか変わるときって自分が壊れるから、咀嚼してる最中だから、なかなか不安定になる。 でも、そういうのを通り越して、頭でもしゃきーんと理解できたら「身に付く」んだよね。 腹に落ちるっていうかなー。 っていう感覚を信じてここを通り越すしかない。 方向的には間違っていない、感覚的にも、国語の問題ができねぇー!と言ってた時期と同じ感覚よ 笑 あたまぐちゃぐちゃ。 でもここを過ぎれば成績みたいにふっと上がるから。 何よりも向上心がある証拠だ。 諦めるな。 天才くん。 君ならできる。 naga-yu.

次の

「口で言うほど簡単じゃない」と言いたい時に使えるフレーズは?

口 で 言う ほど 簡単 じゃ ねぇ

Beth: When did you start drinking coffee again? You told me last month that you had given it up. Beth: How long did you last without coffee? Mike: Only two days. ーーーーーーーーーーーーーーー ベス:いつからコーヒーをまた飲むようになったの?先月、コーヒーはやめるって言ってたよね。 マイク:口で言うほど簡単じゃないよ。 頑張ったけど、だめだった。 ベス:どれくらいコーヒーなしで、過ごせたの? マイク:2日だけ。 I need to lose some weight and get fit. Gwen: Yes, but I hardly go. Tony: If you want to get fit, you need to go at least three times a week. ーーーーーーーーーーーーーーー グウェン:運動不足なの。 体重減らして、鍛えなきゃ。 トニー:ジムに入ってたよね? グウェン:うん、でもめったに行かない。 トニー:体を鍛えたければ、1週間に少なくとも3回は行かないと。 グウェン:口で言うほど簡単じゃないよ。 ジムに通うには、仕事が忙し過ぎるよ。 まとめ.

次の

口で言うほど簡単じゃない

口 で 言う ほど 簡単 じゃ ねぇ

冒頭の研磨がすごい。 こんなの悪役のセリフじゃん。 と思うんだけど、GWから続く友達といってもいいような仲の良い関係性もまた嘘じゃなくて、その2つが両立しているというのが、何というか、こわいよね。 全然わからない。 「目先の新しさを求めて」にはちょっとびっくりした。 これまで日向は、どんなに対応されてもあっと驚くような方法を使って対応し返して来たし、それでうまくいくことも多かった。 だけど今回に限っては、そうではない。 音駒は、研磨は更に上をいく。 そういう状況とかも全部ひっくるめて、「目先の新しさを求めて」と皮肉のように言ってしまえるんだな 先生は研磨にそう言わせてしまえるんだな、というのもある。 そして日向は無意識に、今の自分の状況 と研磨 を強化合宿の鍛治くんの言葉に重ね合わせる。 マジか…だよ…。 あの時の日向は、コートにおいて価値をなくした、コートに立つ権利をなくしたことを鍛治くんにハッキリと言葉によって叩きつけられて、今の日向は研磨にそう言われたわけでもないし現に今もコートに立っている。 だけどこの2つを日向は明確に重ねている。 影山がいないお前に価値を感じない、そしてそれに重ねる、攻撃・得点ができなくなっている今。 日向にとって自分がコートに立つ価値の凄く大きな部分が攻撃にある、ということがよく分かる。 だけど、強化合宿の時からひとつ大きく変わったことがあるとするなら、絶対に「レシーブへの目覚め」がそう。 レシーブの大切さや面白さや気持ち良さを知っている今、それが何かきっかけになればいいな… そしてやっぱりスガさんに救われる。 彼は思っている以上に色んなものが 例えばいま日向が1人思っていることがあるだろうこととかも 見えている子だと思うけど、こんなふうに明るく自然にチームの雰囲気を底上げしてくれる、そういう子って、実はそんなにいないんじゃないかなと思う。 どんな苦境でもへこたれない、人間離れした強さもすごい、だけど、常に優しく明るく自然体で、周りを見ていてくれてこんな風に声をかけてくれる強さもまたすごい。 3年生がこれを言ってくれるというのもすごく大きいよね。 そしてスガさんを「ヤベェ奴」と分かってる黒尾も良いなー。 「今こそ俺達が日向に道を作れ」。 4月の時点ではきっとそうではなくて、他のメンバーに支えられて日向はバレーボールを始められたし、コートに立てていた。 そしてそのうちに日向の「囮」としてのパワーというのが、烏野の中で確立されたものになり、日向は烏野のコンセプトを支える存在になっていった 勿論それは日向だけではないけど、常に烏野のコンセプトを実現するための「囮」という存在の大きさはやっぱりすごい。 それを烏野の皆が分かっていて、「日向に道を作ってもらってきた」と表現される。 まるで最終章みたいな熱さ。 ただ、そこで終わらないのが面白くて、今の日向が「道を作ってもらって」コートに立つことに意味があるのか、ということ。 「影山のいないお前に価値を感じない」と言われたあの時の体験と、今の自分とを重ねている以上、日向は「烏野の皆がいる今は俺に価値はある」ではなくて、「影山や烏野の皆がいなくても俺に価値はある」と言い切れなきゃいけない。 「戦略的ワンポイントチューセッター」にあかねが驚いているのが少し新鮮!そして「助走距離確保」が1つ仕掛けになっているのが面白い。 音駒に狙われ牽制されて十分な助走距離を確保できず、攻撃に参加できない、という状況の中で、「助走距離確保」の文字が目に入ると、やっぱり「来る!」と思うもん。 しかしそれでも日向の攻撃には繋がらない。 だねど日向が、「レシーブを選ばない」ことをしなかったことは、本当に大きなことだと思った。 4月、スパイク打ちたい打ちたいってそればっかりだった日向が、今、あの強化合宿を1つの大きなきっかけとして、「レシーブが無きゃスパイクも無い」にたどり着いている。 日向はコートに立つ価値があると主張し続けなければならない、そして今現在日向にとって、もっともそれを知らしめることができるのはきっとスパイクだと思う。 コートに立つ価値がないと言葉で叩きつけられた強化合宿に、一瞬だけ今を重ねて、それでも尚、スパイクに焦るわけにはいかない。 近道はなく、レシーブを捨てた先にスパイクはないから。 だから「どっちか」という選択肢はないんだよね。 レシーブが上がった先でスパイクを打つ、というそれしかない。 未だ日向はスパイクを打てない。 だけど状況は悪いばかりじゃない、リエーフの「打ってくるんじゃ?」こそがそう。 まさかの「不運」にヒュッと肝が冷え、なんで今だよ、まじかよ、って苦しくなった。 だけど日向はちゃんっっと大丈夫。 一度興味を失いかけた研磨がまた日向を見ている。 まだ終わりじゃねえぞ、こんなんじゃねえぞ!って日向が研磨に叩きつけてくれる時が来るのが楽しみ、と期待できる流れになってきたことがほんとうに嬉しい。 諦めないって口で言う程簡単じゃないけど、日向の「諦めない」力は本物。 第1話で影山がこの言葉を投げかけた時の日向は、人数も揃わず基礎的な練習すら満足にできない環境で「とぶこと」1つだけ武器に持って、「次もコートに立つ権利」を欲していた。 間違いなくここが原点であると同時に、日向はこの時の日向のままではない。 313話の積み重ねを経て、「とぶこと」は今も日向のもっとも大きな武器だけど、それだけではなく、「ボールが落ちたらバレーボールは始まらない」にたどり着いた。 日向の「コートに立つ価値」の大部分を占めるのは今も「とぶこと」かもしれないけど、今の日向はとばせてもらえるのを待つんじゃない。 レシーブがあって初めて、とべるのだということを知っていて、だから絶対にそれを捨てない。 苦しい話が続いたけど、光が見えてきた。 つぎは2週ぶりのジャンプ! pero2pero.

次の