プジョー 3008。 プジョー3008は故障が多い?乗ってはいけない理由とは…

PROFESSIONAL'S VOICE

プジョー 3008

フランスの国民性が表れているのか、現代のクルマづくりは環境性能や安全性の向上に務めることはもとより、運転支援、クルマの機能と向き合うインターフェースなど、各国の自動車メーカーが同様の課題に取り組んでいます。 人に刺激を与える要素が削がれていくことは、ともあれば、退屈なクルマになってしまうかも知れない。 ところが、フランスメーカーであるプジョーは、カーライフを楽しむことを諦めるなんていうことを知らないし、心を動かすクルマをサラリと提案して世間を驚かせてみせてくれます。 プジョーのミドルサイズのSUVとして登場した「3008」は、多種多様なSUVが登場しているなかでもキラリと光る個性を放ち、上品さの中にどこかミステリアスな魅力を併せ持つ存在。 洗練されたデザインはもとより、新世代のプラットフォームや運転支援機能の採用、プジョーとしての走りの在りかたに対するコダワリなど、毎日ハンドルを握るたびにこのクルマが存在する意味をしみじみと実感させられそうです。 SUVならではのたくましいスタイルに現代のプジョーのデザイン言語を巧く融合してみせた3008。 坂道や轍を走れるだけの最低地上高をしっかりと確保し、足下には大径タイヤを装着。 薄型のルーフレールをルーフラインに沿うようにあしらい、フルLEDヘッドライトが先進的な表情をもたらすさまは、SUVでありながら、洗練されたスポーツ性と頼もしさが感じられる佇まいに仕立てられています。 テールランプのデザインはライオンの爪をモチーフにしているあたりもプジョーらしいアクセントといえそうです。 ドアの下部にあしらわれたクロームのモール部分はボディを薄く見せる効果が得られるだけでなく、ステップ部分をドアで覆う構造になっていて、乗り降りする際にパンツの裾が汚れにくいようにさり気なく配慮されているのも嬉しいポイント。 街乗りのシーンからアウトドアまで、エレガントに振る舞えそうなあたりもステキですね。 頼もしい外観とは一転して、車内はハイセンスで居心地のいい空間が拡がっています。 最新世代のプジョーに採用されている「i-Cockpit」は、ヘッドアップインストルメントパネル、小径ステアリング、タッチスクリーンで構成。 スクリーンやスイッチ類がわずかにドライバー寄りに傾けられ、運転中に情報を得たり、操作がしやすいようにと配慮された設計になっています。 デジタルメーターや内装のマテリアルなど、細部の質感までこだわり抜くことで、全体を高品質で洗練された空間に見せる効果も。 手持ちのスマートフォンと連携し、音楽アプリなどを駆使してドライブの時間を有意義に過ごせるあたりも今ドキのデジタルライフにピッタリの存在といえそうです。 先進的なインテリアではあるものの、乗員の目に留まり、肌で触れる部分は温かみのある色合いの素材やなめらかな質感の素材があしらわれていて、人の感覚に馴染む優しさを持ち合わせていることも3008の優しさ。 無理のない姿勢で身体を支えるシートは長距離ドライブでも疲れにくく、座り心地も抜群です。 後席は大人がくつろげるスペースを備えているほか、荷物をたくさん積みたい時は6:4の分割可倒式の背もたれをアレンジすると、ワンアクションでフラットな荷室が出現します。 5008と同様に助手席の背もたれが前に倒れるので、長尺物が搭載できるのも嬉しいですね。 エンジンは2種類が用意され、ひとつはEuro 6. 2と呼ばれる欧州の厳しい排ガス基準に対応した改良型1. もう一方は2. スムーズかつ爽快な吹け上がりをみせる1. 高速走行や登り坂を走るといった使いかたや、重たい荷物を積んで走る場合はハイブリッドカーに勝る低燃費も期待できそうです。 特筆すべきは、引き締まった体幹としなやかな足どりで抜群の操縦安定性と乗り心地のよさを提供してくれること。 車線変更やカーブを走行するときも、無駄に揺すられたりせず、オンザレールの優しい走りを披露してくれることに驚かされることでしょう。 そのあたりは、走行性能を含め、専門家が厳しい目線でクルマを評価するヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、プジョー 3008が2017年にSUVとして初めて大賞に輝いたことにも深く頷けます。 ひと昔前のフランス車は、感性に訴えかけるデザインや走りといった要素に最大限に力を注ぐ印象だったものの、現代のプジョーはそれらに加えて、先進的な運転支援機能を積極的に採り入れてきています。 運転ストレスを減らす機能としては、前走車との車間を維持しながら追従走行を行うアクティブクルーズコントロールを採用しているほか、前方の車両や歩行者に対応する衝突被害軽減ブレーキ、居眠り運転などで効果的なレーンキープアシスト、車線変更時に死角に隠れているクルマの存在を知らせる機能など、事故を未然に予防したり、衝突被害を軽減することに効果をもたらす機能も満載です。 さらに、雪やぬかるみなど、滑りやすい路面を走行する際のサポート機能も。 4WDモデルの場合、悪路の走破性に優れる反面、重量増と燃費面で不利になりがちですが、3008は前輪駆動をベースとしながら、滑りやすい路面では後輪のアシスト機能でフォローするメカニズムを採用していることで、一年を通して、低燃費で軽快な走りが楽しめるのです。

次の

プジョー新型SUV 3008の試乗記。素人が正直にぶっちゃけます

プジョー 3008

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 45秒で愛車の最高額がわかる! 【プジョー3008】デザイン• これほどの傾斜のついたウィンドウスイッチパネルは珍しい• メーターの高さとナビゲーションの高さが同じなので 視野を落とす事なく運転できる• パノラミックサンルーフのおかげで後部座席の頭上まで解放感がある• プジョーのインテリアはデジタルなインターフェイスで構成されているがアナログにしてほしかった• 内装、外装のデザインは 他に類をみないおしゃれ度だが品質にムラがある• タフさもあり上品さもあるフロントデザイン• ヘッドライトのデザインが独特(切り欠いている) プジョー3008の内装、ほんとコックピットみたいでカッコいい。 低速ではごつごつした走りが気になる• ハンドリングが良い• ハンドルの 回頭性の良さが感じられる• エンジン音もベンツやBMWに比べて 静粛性が高い• 舗装の悪い道でも乗り心地は極めて良好• シートの座り心地がよく腰への負担が少ない プジョー3008、取り回しがすっごい楽だし(ボディの見切りとか)、FFくさくなくステディな乗り味は好き。 エンジンもボディの重さを感じさせないトルクと、SUVらしからぬ吹け上がりで好印象。 唯一、8速ATで2速に落ちるときの違和感が消えなかった(学習が足りなかったわけじゃないと思うんだけど)。 — Hiroshi Maruyama maru5565 試乗インプレッション動画|クルマでいこう! — 自動車Tube MTube8135 まとめ• 居住性抜群、高級感あふれる空間に一度身をおいてみよう• 燃費を頭に置いて、年間のランニングコストで見た時には、高くないのではないか• まずは試乗に行ってみよう 以上のように、かっこよさと乗り心地の良さ、静粛性を兼ね備え、燃費の良さも実現した落ち着いた大人の車だという評価です。 インテリアの高級感にも定評があり、コックピット風の運転席には面白さも感じることができます。 また、燃費については多くの方が満足しておられます。 一方、リヤウィンドウの大きさが小さい、フロントガラスの反射がすごいなどと不満点を持たれるかたもいます。 価格については、やや高めだとされる方が多いものの、高級感、ブランド力、燃費の良さによる年間のランニングコストからみて満足され、一目ぼれで購入される方もいます。 ぜひ一度試乗に行ってみませんか? 最後まで読んでいただきありがとうございました。 お得に車を買い換えたい方は試す価値あり 買取額60万UP 車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり 販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、 かなり損してます。 言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。 私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で 差額約60万でした。 業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。 無料で1分でその場で スマホ できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

次の

一目惚れ続出!プジョー3008の口コミ評価・評判まとめ

プジョー 3008

端正なモノフォルム 新しい「プジョー3008」、おしゃれで快活なライフスタイルを象徴するクロスオーバー車として、たぶん今ならピカイチだろう。 ちょっとたくましい姿だから、かなりの悪路や雪道も平気で踏み越えられるが(ただし4WD仕様はない)、実際には颯爽(さっそう)と行動したい都会派にぴったりだったりする。 それにしても、アメリカから生まれて日本経由で最近ヨーロッパにまで伝染した「クロスオーバー」という呼び名は、けっこう解釈があいまいだ。 まず快適な乗用車として合格で、ワゴンの便利さとSUVらしい多用途性も誇り、必要とあらばGTさながらの走りも可能という「なんでもあり」で、従来のどのカテゴリーに当てはめたらいいかわからないから、仕方なく付けた名称なのだ。 クイズ番組で歴史とか文学とかの分類と別にノンセクションというのがあるが、それに似ている。 そんな3008でまず印象に刺さるのは、ツルッと滑らかな面にほどほどの緊張感も漂わせた外観だろう。 最近のプジョーを特徴付けている獅子頭みたいなフロントのデザインも、セダンやクーペ系よりバランス良くまとまっている。 遠くから眺めるとコンパクトなのに、全高が1. 6m以上もあるため(残念ながら、たいていの機械式立体駐車場には入れない)、近寄ってみるとなかなかのボリューム感と迫力だ。 あれもこれも標準装備 室内の眺めも充実している。 セダン系より機能を重視した雰囲気だが、豪華さも一人前以上。 そのうえ格納式ハーフミラーに投影されるヘッドアップディスプレイや車間距離保持機能など、このクルマだけのぜいたく装備まで気配りが行き届いている。 日本向けに「プレミアム」と「グリフ」の2グレードあるうち、上級のグリフでは高級感あふれる本革シート(電動、ヒーター付き)まで標準装備だ。 もっとも、それを除けばESP 、前後コーナーセンサー、電動パーキングブレーキ、バイキセノンヘッドライト(自動点灯/消灯)、雨滴感知自動ワイパー、開口部の大きいパノラミックガラスルーフ、熱線入りドアミラー、クルーズコントロール、オートエアコンなど、往年の簡素なフランス車を愛してきたファンが腰を抜かしそうなほど、あれもこれも全車に備わっている。 こんなに各種の装備を羅列したのは、それだけ普通のセダンやワゴン SW より豊かな暮らしの伴侶に見えそうだからだ。 そんな空気は、上下開きのテールゲートからのぞき込む荷室にも濃厚。 びっしりカーペットを敷きつめてあるだけに、汚れた段ボールなど放り込む気にはなれない。 ところでこの3008、普通なら3けたの真ん中にゼロを挟むプジョー式ネーミングからは、少し規格外に位置する。 「三菱アウトランダー」のプラットフォームを利用したSUV、「4007」などと同じ流れだ。 でも2615mmのホイールベースから想像できるように、その正体は傑作セダン/ワゴンとして知られた「308」のもの。 優秀なプラットフォームさえあれば各種のボディを作り分けられるという、現代のクルマ作りの見本みたいな仕立てだ。 ロールはゆっくり もちろんエンジンも最近のPSAグループ(プジョーとシトロエン)が広範囲に採用している4気筒1. 6リッターターボで、最新の308などと同じように、最高出力は156psと従来型より少しだけチューンが高い。 それより注目は、わずか1400rpmから3500rpmという広い回転域で24. 5kgmと、普通の2. 5リッター級に匹敵するトルクを絞り出す点だ。 軽すぎない軽さ、重すぎない重厚感、鋭すぎない敏しょうさなど、高いレベルで中庸を得た走行感覚こそすべてのプジョーの美点だが、それは3008でもまったく同じ。 簡単に言えば、少しだけ着座位置と視点が高い308だと思えば当たり。 グッと力強いエンジンの特性は、最近やっと308の上級グレードに採用されたのと同じ6段ATによって、さらに有効に生かされている。 これまでプジョーが頑固に使い続けてきた4段ATも、各ギアごとの守備範囲が広く、ちまちま頻繁に切り替わらないため、悠然たる走行感覚がうれしかったが、今は変速機の段数そのものがファッションでもあるので、ここは6段化も当然だろう。 ただし、好んで低いギアを優先したがる制御は少し疑問。 もっと上のギアを多用すれば日本での実用燃費を改善しやすいのに、惜しい。 走る軽快さと重厚感は前述の通りだが、そんな308的な完成度を支えるのが、3008専用の「ダイナミックロールコントロール」。 左右の後輪のダンパーを配管で結び、中央に第三のダンパーを追加することにより、やりとりする油圧で、しなやかにロールを抑制するシステムだ。 原理としては、かつてヤマハが開発し「トヨタ・スープラ」に使われたREAS(リアス)と似ている。 妙にスタビライザーを突っ張らせず、最大ロールに達するまでの時間を稼ぐ方式なので、乗り心地を下品にすることなくスポーティな味だけ濃くできている。 こうして見ると、機能も性能も装備も満点の「3008」、もしかすると魅力のワゴン「308SW」にとって最大の脅威になるかもしれない。 (文=熊倉重春/写真=高橋信宏).

次の