ちょこ 先輩。 【シャニマス】H←ちょこ先輩 ω←三峰 ~←てー │ シャニマス情報局

【シャニマス】H←ちょこ先輩 ω←三峰 ~←てー │ シャニマス情報局

ちょこ 先輩

園田智代子はアイドルマスターシャイニーカラーズというゲームに出てくる普通の女の子だ。 歳は17、身長は149cmと小柄で、チョコが大好き。 自分の好きな食べ物と自分の名前を掛けてチョコ好きアイドルと銘打って売り出しているアイドルだ。 そんな園田智代子は所属しているアイドルユニット『放課後クライマックスガールズ』のメンバー小宮果穂から「ちょこ先輩」と呼ばれている。 先輩だ。 みんなは「先輩」という言葉にどんなイメージを持っている?自分より年上で、知らないことを教えてくれたり、悩みを相談周りに気配りができる。 それでいて歳もそんなに離れていないから話題も一致するからおしゃべりしてても楽しい。 そんな頼りになるスゴイ存在を俺たちは尊敬を込めて「先輩」と呼ぶ。 なぜ園田智代子だけが「先輩」とつけられているのか。 決して他のメンバーが尊敬できないとかそういう話ではないのは、今までのコミュを読めば確かだ。 今現在でもその謎はシャニマスのコミュでは語られていない。 だが、先日の冬のユニット合同イベント「[MAKING]スノー・マジック!」にて園田智代子が先輩と呼ばれる所以の一端を垣間見ることができた。 コミュ2話にて、愛依がカメラの前で素の自分を見せられないことに負い目を感じているシーン。 智代子は咄嗟に自分とメイの共通点を語り、励ます。 こんなことを咄嗟に言って励ませる子は自称普通の女の子なのだろうか。 そういえば愛依にとって智代子は事務所に入った順番で言うと先輩にあたる。 だが智代子は「先輩らしく」振舞まおうとしているわけではない。 ごくごく自然に、相手を想える子なのだ。 思い返せば、園田智代子は気配りの達人だ。 学園ドラマではリーダー格の少女の無念を晴らすために行動するチヨコを演じた。 掘り出せばたくさん出てくるだろうが一旦ここまでにしておこう。 とにかく、探せば探すほど園田智代子の先輩要素というべきか、良い所がたくさん出てくるのだ。 果穂も智代子のこういった部分を見て先輩と呼び始めたのかもしれない。 先ほど言ったように智代子がちょこ先輩と呼ばれるようになった理由がわかるストーリーはシャニマス内にはないが、先輩と言われるだけの根拠があることが端々を見ていくとわかる。 果穂は決して何となくで先輩呼びをしているわけではないのだろう。 やはり、園田智代子はちょこ先輩なのだ。 シャニマスは早いもので2周年が間近に迫ってきている。 ユニットの結成秘話、エピソードゼロ的なものをそろそろやってほしいなぁと思ったのとこの前のSR智代子が出なかったのが悔しくて書きなぐった。 SRカードを限定にするのやめてクレメンス……。

次の

朋優学院高校(東京都)の先輩体験談【入試本番/特進コース】(ちょこ先輩)|進研ゼミ 高校入試情報サイト

ちょこ 先輩

「あなたの隣にあまーい智代子!で覚えてくだー!」 概要 「」の。 明るく親しみやすい、良くも悪くも「の」。 になるにあたって売りがいことを思い悩み、からも「」とあだ名されていることから「」として売り出すことを思いつき、その路線を押し出している。 しかしその後も付けへの不安は拭えておらず、を巻き込んで模索したり、新しい付けで迷走し始めたりすることも。 付けとしてのが先行しているが、実はは好きでもない……などということはなく、にその他諸々甘い物好きである。 言い換えると的な範疇の「好き」であり、とかとかそういう領域ではない。 ただし、P-【よろしくめしませっ】のでは 「になることを標にする」という宣言をする(「のになるくらい好かれた存在になる」という意味合いで)。 を見ると食べる方専門のように見えるが、を作る方も手慣れている。 所属のの中で最も小柄で、16人中一の台。 なお、最年少のとべると14低い。 その一方で、や一部のからわかるように、結構なの持ちである。 果穂からは「ちょこ先輩」、からは「」と呼ばれる。 にはを貸し出す仲。 内ではゆえの担当……とも限らず、勢いで振り回す側になることもしくない。 その場合は里に一任される。 ()のは。 中では、初期では使いにくいものが多かった系の中では飛び抜けて使いやすい初期S-【迷走】、しい新規も持つ系の有用なS-R【……?】や、固有のVすべてを強化する効果がにおいて非常に優秀な初期P-【純】と、何かと縁の下の持ち的な評価が高い。 関連動画 関連静画 関連商品 関連コミュニティ i soon... 関連項目• …の甘いものが好きな• …のゆえに付けに思い悩む.

次の

園田智代子とは (ソノダチヨコとは) [単語記事]

ちょこ 先輩

園田智代子はアイドルマスターシャイニーカラーズというゲームに出てくる普通の女の子だ。 歳は17、身長は149cmと小柄で、チョコが大好き。 自分の好きな食べ物と自分の名前を掛けてチョコ好きアイドルと銘打って売り出しているアイドルだ。 そんな園田智代子は所属しているアイドルユニット『放課後クライマックスガールズ』のメンバー小宮果穂から「ちょこ先輩」と呼ばれている。 先輩だ。 みんなは「先輩」という言葉にどんなイメージを持っている?自分より年上で、知らないことを教えてくれたり、悩みを相談周りに気配りができる。 それでいて歳もそんなに離れていないから話題も一致するからおしゃべりしてても楽しい。 そんな頼りになるスゴイ存在を俺たちは尊敬を込めて「先輩」と呼ぶ。 なぜ園田智代子だけが「先輩」とつけられているのか。 決して他のメンバーが尊敬できないとかそういう話ではないのは、今までのコミュを読めば確かだ。 今現在でもその謎はシャニマスのコミュでは語られていない。 だが、先日の冬のユニット合同イベント「[MAKING]スノー・マジック!」にて園田智代子が先輩と呼ばれる所以の一端を垣間見ることができた。 コミュ2話にて、愛依がカメラの前で素の自分を見せられないことに負い目を感じているシーン。 智代子は咄嗟に自分とメイの共通点を語り、励ます。 こんなことを咄嗟に言って励ませる子は自称普通の女の子なのだろうか。 そういえば愛依にとって智代子は事務所に入った順番で言うと先輩にあたる。 だが智代子は「先輩らしく」振舞まおうとしているわけではない。 ごくごく自然に、相手を想える子なのだ。 思い返せば、園田智代子は気配りの達人だ。 学園ドラマではリーダー格の少女の無念を晴らすために行動するチヨコを演じた。 掘り出せばたくさん出てくるだろうが一旦ここまでにしておこう。 とにかく、探せば探すほど園田智代子の先輩要素というべきか、良い所がたくさん出てくるのだ。 果穂も智代子のこういった部分を見て先輩と呼び始めたのかもしれない。 先ほど言ったように智代子がちょこ先輩と呼ばれるようになった理由がわかるストーリーはシャニマス内にはないが、先輩と言われるだけの根拠があることが端々を見ていくとわかる。 果穂は決して何となくで先輩呼びをしているわけではないのだろう。 やはり、園田智代子はちょこ先輩なのだ。 シャニマスは早いもので2周年が間近に迫ってきている。 ユニットの結成秘話、エピソードゼロ的なものをそろそろやってほしいなぁと思ったのとこの前のSR智代子が出なかったのが悔しくて書きなぐった。 SRカードを限定にするのやめてクレメンス……。

次の