グーグル テレビ 会議。 Google Meet でビデオ会議を開始する

ビデオ会議ツール「Google Meet」の利用方法

グーグル テレビ 会議

Google Meet(グーグルミート)とは Googleが提供するテレビ会議ツールが「Google Meet(グーグルミート)」です。 本記事ではGoogle Meetの特徴や使い方などの基本を解説していきます。 Google Meet無料提供へ Google MeetはもともとG Suiteユーザー対象の有料サービスでしたが、 Googleは2020年5月から一般向けに無料提供を順次開始すると発表をしました( )。 新型コロナウィルスの影響によるものです。 今までGsuiteユーザー以外には利用されづらかったGoogle Meetを使う機会が増えることが想定されます。 無料解放で使える主な機能 今回の無料提供で解放される主な機能は以下です。 無料で使える機能としては非常に魅力的であるといえます。 大規模会議を実施可能(最大参加者数は250名)• 録画機能が利用可能に• ライブストリーミング機能が利用可能に Google Meet(グーグルミート)の使い方 早速Google Meetの使い方を説明します。 といってもほぼ直感で使えるユーザーインターフェースですので難しい説明は不要です。 Google Meetの使い方は大きく2つの方法があります。 Googleカレンダーから使う• Google Meetのサイトから使う Googleカレンダーから使う カレンダーツールとしてGoogleカレンダーを使っている方は多いかと思います。 Google MeetはGoogleカレンダーからほぼワンクリックで立ち上げが可能です。 以下に使い方を説明します。 Googleカレンダーで予定を設定する。 「Google Meet のビデオ会議を追加」をクリック クリックすると、瞬時に「Google Meetに参加する」というリンクが生成されました。 ミーティングの参加者はこのリンクをクリックすると瞬時にGoogle Meetが立ち上がります。 あとは、カメラや音声の設定をするだけでテレビ会議を開始することができます。 Gmailなど、G suite 利用でないGoogleアカウントの場合は「Googleハングアウト」での利用となるため表示が少し異なります。 Google Meetサイトから使う 次にGoogle Meetのサイトからテレビ会議を開催する場合を解説します。 以下のGoogle Meetサービスページにアクセスします。 ミーティングを開始する場合は、画面中央右の「ミーティングに参加または開始」をクリックします。 すると以下のような表示がされます。 ミーティングコードまたはミーティングのニックネームを入力します。 「続行」を押すとそのままミーティングが始まります。 Google Meetは大人数の会議でも使えるの? Google Meetでは 最大250人まで のテレビ会議参加が可能です。 会社の総会やセミナーなどの大規模な会議にも利用ができます。 Google Meetは画面共有はできるの? Google Meetでは もちろん画面共有が可能です。 画面右下の「今すぐ表示」をクリックするとあなたの画面を共有することができます。 全画面共有かウィンドウ共有を選択することができます。 Google Meetで動画中にチャットはできるの? Google Meetでは チャット機能も付いています。 画面右上のチャットアイコンをクリックすると、参加メンバーでチャットを行うことができます。 資料リンクを送ったり、メモを共有したりということが可能です。 Google Meetで録画はできる? Google Meetで画面録画は可能ですが、従来は「G Suite Enterprise」 と 「G Suite Enterprise for Education」プランを契約しているチームのみ使える機能となっていました。 しかし、 2020年9月30日までG Suiteユーザーであれば録画機能も利用可能 になっています。 5月以降順次ロールアウトしていくとのことです。 Google Meetでバーチャル背景は設定できるの? 例えば、ZOOMなどではバーチャル背景の設定機能が人気です。 Google Meetにはそのような機能はあるのでしょうか。 Google Meet単体機能としては 残念ながら設定ができませんが、 次で説明するサービスを使うとバーチャル背景への変更も可能になります。 Snap Camera(スナップカメラ)を利用すればGoogle Meetでも背景変更が可能 前述の通りGoogle Meet単体ではバーチャル背景の設定はできませんが、 Snap Camera(スナップカメラ)というツールを利用するとGoogle Meetでも背景変更が可能になります。 続いて、具体的に Google MeetとSnap Cameraを連携させる方法を説明します。 Snap Camera(スナップカメラ)をダウンロード Snap Camera(スナップカメラ)は デスクトップアプリとなりますのでダウンロードの必要があります。 以下のサービスサイトから「Download」をクリックして、 規約チェック と メールアドレス入力 を行い、ダウンロードを進めます。 インストールが完了するとアプリが立ち上がります。 「ビデオ接続」「マイク接続」を許可して進めます。 バーチャル背景を選択する 様々なバーチャル背景がありますので選択します。 バーチャル背景以外にも様々なエフェクトを利用することができます。 以上でSnap Camera側の設定は終わりです。 Google Meetで設定をする 続いてGoogle Meet側の設定に移ります。 にアクセスします。 画面右上の「歯車」ボタンをクリックします。 動画の設定画面に移りますので、「Snap Camera」を選択します。 これでGoogle Meet側の設定も完了となります。 そのまま会議に参加するとSnap Cameraで設定したバーチャル背景でテレビ会議を行うことができます。

次の

テレビ会議をもっと便利に!おすすめテレビ会議アプリ5選

グーグル テレビ 会議

米Googleは3月3日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策で企業や学校が従業員や学生の在宅化を進めていることを受け、「G Suite Basic」(1ユーザー当たり月額680円)を含むすべてのエディションのG Suiteで、本来は「G Suite Enterprise」(1ユーザー当たり月額3000円)でのみ利用可能なプレミアム機能を無償で提供すると発表した。 無償なのは7月1日まで。 無償になるのは、以下の3つのプレミアム機能。 最大250人が同時参加できるビデオおよび音声会議(Hangouts Meet)• ドメイン内での最大10万人に配信できるライブストリーミング• Googleドライブへの会議記録 無償なのは7月1日までだが、Googleドライブに保存した会議データはそれ以降も保存しておける。 関連記事• チケットは払い戻し、「他の方法を模索する」としている。 LINEが、メッセージアプリ「LINE」で中高生向けに5教科(国語・数学・英語・理科・社会)の学習動画や問題集の無償提供を始めた。 提供期間は「新型コロナウイルスによる影響が終息するまで」としている。 ビデオ会議サービス「Zoom」が教育関係者向けに無料で提供される。 新型コロナの感染拡大を受けた施策で、遠隔授業などを支援する。 期間は4月30日まで。 全国の大学や研究所の広報担当者が共同で運営する科学技術広報研究会は、新型コロナウイルス感染症の影響で臨時休校になった子ども向けに、動画やゲームをまとめたWebサイト「休校中の子供たちにぜひ見て欲しい科学技術の面白デジタルコンテンツ」を公開した。 国内大手のブイキューブが教育機関や非営利団体向けにWeb会議サービス「V-CUBE ミーティング」の無料提供を始めた。 N高とドワンゴが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う全小中高の休校要請を受け、オンライン学習アプリ「N予備校」を3月1日から無償で提供する。 オンライン授業の実施を検討する教員向けに、配信ノウハウの講義やアドバイスを行うサービスも始める。 オンライン学習塾「アオイゼミ」が中高生向け授業動画を3月31日まで無料公開。 新型コロナ感染拡大で臨時休校する学校などが出ていることを受け、4000本以上の動画を提供する。 関連リンク•

次の

テレビ会議システムの仕組みとは?Web会議との違いも紹介!|ITトレンド

グーグル テレビ 会議

そもそもテレビ会議とは テレビ会議とは、モニター・スピーカーを含む専用ハードウェアを用いて、遠隔地にいる相手と高品質な音声・映像による会議ができるシステムです。 それぞれ、普段業務を行っている拠点の会議室から会議に参加できるため、会議の度に1箇所に集合する必要がなく、時間や交通費を節約できるのです。 以下の記事でテレビ会議について詳しく紹介していますので、是非参考にしてください。 テレビ会議システムの仕組み 動画や音声でリアルタイムでコミュニケーションができるテレビ会議システムですが、一体、どのような仕組みになっているのでしょうか。 テレビ会議システムの一連作業をそれぞれフローに分けて紹介していきます。 フロー1 カメラ・マイクからの動画・音声をデータとして取り込む テレビ会議、Web会議ともに動画・音声によるリアルタイムコミュニケーションが可能であることは冒頭でご紹介しましたが、テレビ会議において、データの取り込みにカメラやマイクを内蔵した専用機器(ハードウエア)の設置が必須です。 テレビ会議を行う上ではこの専用機器を会議室に常設する必要府がある為、それにともなう初期費用や、月額使用料などは、導入時の費用計算に入れておきましょう。 フロー2 取り込んだデータをエンコード(圧縮)する カメラやマイクから取り込んだ動画や音声はデータとして相手先へ送信されますが、取り込んだままの状態では膨大なデータ量となってしまい通信帯域を圧迫してしまいます。 そのため、取り込んだ後にデータを圧縮して送信しています。 このデータ圧縮技術のことを「エンコード」と呼びます。 フロー3 圧縮したデータをネットワークを介して送信する 続いてエンコードしたデータをネットワークを使用して送信します。 一般的にはテレビ会議では専用のP to P(Point to Point での接続を使用するのに対し、Web会議ではインターネットを使用するという違いがあります。 最近では、テレビ会議システムでもインターネット回線を使用したシステムも出てきていますが、基本的には使用回線の違いがそれぞれのシステムの違いと言えるでしょう。 またこのようにデータを送信する際には電子規格を標準化する必要があります。 テレビ会議システムのIPやISDNなどの通信に関して、もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参照してください。 フロー4 受信データをデコードする(元に戻す) こうして圧縮し送られてきたデータは、今度、相手先で解凍され再び動画や音声として戻されます。 また、データ圧縮の「エンコード」に対し、データ解凍のことは「デコード」と呼びます。 このように双方でデータを送受信することで、リアルタイムでのコミュニケーションが可能になっているのです。 データ受信の際にも標準化された規格が必要です。 以下の記事で特にH. 264プロトコルについて紹介していますので、是非参考にしてください。 テレビ会議とWeb会議の違いとは ここまでテレビ会議の仕組みについてご紹介してきましたが、Web会議においても動画や音声を取り込み、ネットワークを使用し送受信するという基本的なプロセスは同じです。 それでは双方にはどのような違いがあるのか、テレビ会議とWeb会議の違いについてご紹介していきます。 違い1 エンコードとデコード テレビ会議では、ハードウェアエンコーダー・デコーダーを使用しており、高音質を維持できるというメリットがあります。 一方、Web会議では、ソフトウェアエンコーダー・デコーダーを使用しており、画質や音質はコンピュータの性能に左右される場合があります。 違い2 データの送受信に用いるネットワーク テレビ会議では、PtoP(Point to Point)接続を行っており、安定した接続が確保できウイルス感染のリスクも軽減できるというメリットがあます、一方、Web会議は、インターネット接続を行い、ネット接続ができる環境であれば出先や移動中であっても場所を選ばす会議に参加することができるメリットがあります。 違い3 使用目的 テレビ会議は、大人数の参加者が集まる会議や講習向けに使用されることが多く、接続ができるのはPCだけではなく大型のモニターなども可能なため、大画面で高画質・高音質の会議が実現可能です。 一方、Web会議では、少人数のミーティングや打ち合わせ向けに使用されることが多いです。 テレビ会議とWeb会議システムの違いを解説してきましたが、具体的にテレビ会議システムの機能にはどのようなものがあるのでしょうか?機能について以下の記事で紹介していますので、是非参考にしてください。 テレビ会議システムの仕組みを理解して製品を選定しよう ここまでテレビ会議のシステムについてWeb会議と比較しながらご紹介してきましたが、それぞれのシステムの特徴が様々です。 自社にあったテレビ会議システムを導入する為にも、是非資料請求してみることをおすすめします。

次の