アデノイド。 扁桃とアデノイドの腫れ

咽頭扁桃増殖症(アデノイド)

アデノイド

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

アデノイド切除手術にはデメリットがある?手術で生じる問題とは

アデノイド

まず、アデノイド増殖症と摘出手術の適応について説明します。 アデノイドとは鼻と喉の間にある組織で、「咽頭扁桃」ともいわれています。 両方覚えておくと良いでしょう。 誰でも持っている組織ですが、特に小児期・5歳をピークに大きくなるといわれています。 その後、徐々に縮小していきますが、大きすぎて強い症状が現れれる場合は手術の対応となります。 手術適応の目安としては、以下の3点が挙げられます。 高度の肥大があり、鼻閉を伴い口呼吸が著しいもの 2. 反復性の中耳炎、難治性の滲出性中耳炎 3. 睡眠時のいびき・無呼吸、昼間の傾眠を伴うもの 手術は、口を開けて固定する開口器という器具を口にかけ、口の中から実施します。 アデノイドは、専用の機械で削り取ります。 口蓋扁桃は、被膜に包まれた扁桃を被膜ごと摘出します。 難治性の滲出性中耳炎を併発している場合、鼓膜にチューブを留置してくる場合もあります。 手術直後は麻酔の影響もあり、大声で泣いたり騒いだり、暴れたりする患児もいます。 時間とともに落ち着いてきますが、転倒や転落に注意が必要です。 手術後の看護のポイントは、口蓋扁桃は血管豊富な部位であり出血しやすいため、出血の予防と感染予防が重要です。 そのため、術後は止血剤入りの輸液や抗生物質の点滴を行うことが多いです。 口腔内は完全な清潔を保つことが難しく、手術後1~2日は37~38度台の発熱が続くことがあります。 また、創部痛や出血・創部の腫脹により呼吸状態が悪化する可能性があるため、呼吸状態の観察・脈拍と分泌物の性状に注意し、疼痛コントロールと出血の予防に努めます。 特に術後1~4時間は、出血の可能性が高いので注意が必要です。 麻酔から完全に覚醒するまでは、臥床時に顔を横に向け分泌物の自然流出を促し、誤嚥予防に努めます。 口腔内に溜まった分泌物も、飲み込まずにできるだけ吐き出すように説明します。 口腔内の分泌物を自分でうまく吐き出せない患児で、頻回に嚥下動作が見られる場合は、出血を疑ってみる必要があります。 咳をしたり怒責したりすることで咽頭に力が加わり、出血を引き起こす原因になることがあるため、できるだけ避けるように説明します。 術後止血確認後に、食事開始になります。 流動食から始まりますが、咽頭痛のため摂取量が低下するケースが多いです。 その場合はプリンやゼリーといったのど越しの良いものを食べてもらうようにします。 食事前後の、含嗽の指導も必要です。 3歳だとできないこともありますので、その場合は水やお茶を食後に摂取してもらうようにします。 退院指導では、感染予防のための含嗽の必要性(含嗽できない場合は水やお茶の摂取)を説明します。 食事の面は、固いものや香辛料の強いもの、炭酸飲料などは、創部を刺激し痛みを感じたり出血したりする恐れがあるので、退院後1週間は避けるよう、また食事はしっかりよく噛んで摂取するように説明しましょう。 退院後1週間は激しい運動を避け、入浴はシャワーから始めてもらいます。 出血や激しい咽頭痛、発熱、嘔吐などが見られた場合は、病院に連絡して受診する必要があることも伝えます。 運動や入浴等の日常生活については、次回受診時に主治医に確認するように説明します。 おわりに.

次の

アデノイド顔貌の11個の症状や原因&6つの治し方・治療法まとめ

アデノイド

咽頭扁桃増殖症 アデノイド) 咽頭扁桃(アデノイド)とは? のどの周辺には多くのリンパ組織があります。 咽頭扁桃 アデノイド)もその一つで、鼻の奥のほう、口蓋垂(コウガイスイ=のどちんこ)の裏側にあります。 「 扁桃 実は扁桃組織には線組織はないので「扁桃腺」と呼ぶのは正しい呼び方ではありません)」はリンパ組織からなり、鼻や口から侵入する病原体に対する免疫を作ったり、病原菌が体内に侵入するのを防ぐ働きをもっている。 「扁桃」は乳児期以降に生理的に大きくなり、、幼児期から小児期に最大となり、思春期にはほぼ小さくなります。 これは真っ白な免疫システムに、乳児期以降色々な病気にかかり免疫システムをたくさん書き加えるために活発に活動しているためです。 ですから子供の扁桃は大人より大きいのが普通で、大きいだけでは病気ではありません。 しかしこの咽頭扁桃 アデノイド)の肥大が原因で、鼻や耳、のどなどに慢性の炎症を引き起こすことがあります。 これを咽頭扁桃増殖症 アデノイド)と呼んでいます。 咽頭扁桃 アデノイド)は鼻のず〜っと奥にあり、ちょうどのどちんこの裏にあって、口からはみることはできません。 この場所は鼻呼吸の際の空気の通り道や、耳と鼻の奥をつなぐ耳管の入り口があります。 咽頭扁桃 アデノイド)は乳児期以降に生理的に大きくなり3〜5歳前後に最大となり、10歳ごろから小さくなり始め、思春期にはほぼ消失します。 この咽頭扁桃 アデノイド)の生理的肥大が大きくなったり、感染で咽頭扁桃 アデノイド)が大きくなることで鼻のとおりが悪くなったり、耳管を圧迫したり、のどの異物感が現れたりします。 咽頭扁桃 アデノイド)の前方にある鼻では、鼻詰まりや鼻呼吸の障害による口呼吸 口をぽかんと開けている)、夜間のいびきや睡眠時無呼吸症候群、睡眠障害、鼻水の排泄障害による鼻炎や副鼻腔炎(ちくのう)の慢性化が起こります。 下方にあるのどでは、食事摂取困難やいびき、咽頭扁桃 アデノイド)のある部分の側方には耳管があるので、中耳炎の慢性化や難聴などが現れます。 咽頭扁桃 アデノイド)の肥大の程度や感染の強さによって出現する症状は様々です。 アデノイド症状が長期に持続すると睡眠が浅く、発育異常を起こすこともあります。 耳や鼻の局所だけでなく、全身的にも影響を及ぼし、鼻呼吸が原因と考えられる鼻性注意不能症、耳管狭窄による難聴に基づく耳性注意不能症、胸郭異常、夜尿症、舞踏病、てんかん、吃音症などの誘引にもなることがある。 滲出性中耳炎、副鼻腔炎、下気道の炎症症状 喉頭炎・気管支炎) これらの病気が治りにくくて、アデノイドが発見されることがあります。 咽頭扁桃 アデノイド)は年齢によって肥大度が異なり、どこまでが正常範囲でどこからが病的であるかを決めるのは難しい。 さらに免疫に関する重要な器官であること、3〜5歳をピークに自然に退縮することを考慮し、一過性の症状であれば経過観察をしながら、小さくなるのを待つ。 しかし咽頭扁桃 アデノイド)の肥大が原因で、周囲器官の耳や鼻のどに慢性の炎症を引き起こしている場合にはアデノイド切除術が必要になることもある。 アデノイド切除術は小児では全身麻酔が必要。 アデノイドを切除した創部は10日〜2週間で完治する。 アデノイドが原因で起こっている鼻や耳やのどの病気の治療は医師の指示に従いしっかりと行います。 その状態でアデノイドの肥大の程度や病気の進行の程度、治り具合を見て、手術が必要か決めるので、アデノイドが原因で起こっている病気の観察を十分行ってください。 風邪をひくと咽頭扁桃(アデノイド)以外の扁桃の腫れも加わり症状が悪化することも考えられるので、普段から手洗い・うがいを励行し、体調管理を十分行いましょう。 アデノイド切除術を受けたあと、子供は癖で口呼吸をし、口をぽかんと開けてしまいがちです。 口を閉じることを習慣づけるようにしましょう。 鼻呼吸をするためには「 おしゃぶり」が有効と言われています。 家にいる時だけでも「おしゃぶり」を加えることによって、口がふさがり、鼻呼吸を促す効果があります。 日本ではこれまで授乳やおしゃぶりを早くに辞めさせる傾向がありましたが、最近では「鼻呼吸の重要性」言われるようになり、「おしゃぶり」」が耳鼻科でも推奨されるようになりました。 2003.10. 20更新) お大事に!.

次の