ご 都合 の よろしい 時に。 「ご都合」の意味と使い方・ご都合伺いのメールの書き方

「引き取りに来て下さい」の良い表現は?

ご 都合 の よろしい 時に

製造業に従事しております。 よろしくお願いします。 客から製作を依頼された商品があり、その商品が完成したので、その旨をFAXで連絡し、引き取りに来てもらうことがあるのですが、その「引き取りに来て下さい」ということをFAX上で上手く表現する方法を教えていただけないでしょうか。 これまでは、 「ご都合の良い時に、引き取りの方、よろしくお願いします。 」 といった感じで使ってたのですが、「引き取り」という言葉はあまり良い意味で使われないことも多いので、何か別な表現がないものかと悩んでおります。 あまりかしこまった表現でなくてけっこうです。 FAXを見た相手が不快に思わない表現で何か良いものがありましたら、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 一応その道の専門家です。 「取りに行く」は、 動詞「取る」と「行く」を助詞「に」でつないだものです。 このように動詞を連続して使用する場合、 最も正しい敬語の用法としては、後に来る動詞のみを敬語とします。 (両方とも敬語にしてしまうと『二重敬語』という誤用になります) 尊敬語か謙譲語か、については、文の主語が誰なのかによります。 (『私』なのか『あなた』なのか、どちらでもない『物』なのか) この場合は、「私が取りに行く」のですから謙譲語を使用します。 これをふまえて、「取りに行く」は「行く」の謙譲語を用い 「取りに伺う」 「取りにお伺い(を)する」 「取りに行かせていただく」等となります。 では、あなたの文の前文を最も好ましいと思われる敬語に書き換えます。 (あくまでも一例です) 言葉遣いも丁寧に、クッション言葉を入れてみました。 あいにく明日は都合が悪く、 おそれ入りますが書類を取りに行くことが出来かねます。 あいにく明日は都合が悪く、 残念ながら書類を取りにお伺い致しかねます。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。

次の

「ご都合はいかがでしょうか」の使い方・敬語での聞き方・返事の方法

ご 都合 の よろしい 時に

「いつでも大丈夫」の敬語表現を確認する前に、多くの人が使ってしまいがちな「いつでも大丈夫」の間違った敬語表現をはじめに見ておきましょう。 間違った敬語表現「いつでも大丈夫ですので」とは? みなさんの中に、「いつでも大丈夫」だということを言いたいときに、 ・「いつでも大丈夫ですので、ご連絡ください」 ・「いつでも大丈夫ですので、お越しください」 となどといった「いつでも大丈夫ですので」という言い回しを、使ってしまっている人はいませんか。 この言い回しは、丁寧な言い方に聞こえますが、実は正しい敬語表現ではないと言われています。 また、この言い回しが敬語表現に当たらないと言われる理由としては、 ・「大丈夫」が敬語表現に適していない ・「いつでも」が敬語表現に適していない という理由があげられています。 少し丁寧に「いつでも大丈夫」だということを言いたい場合には、過剰に気にする必要はありませんが、仕事などフォーマルな場面で使う場合や、目上の人に使う場合には、「いつでも大丈夫ですので」の言い回しは、避けた方が良いでしょう。 その他の間違った敬語表現とは? 前述で紹介した「いつでも大丈夫ですので」の言い回しにも似ている表現ですが、 ・「いつでも結構ですので、ご連絡ください」 ・「いつでも構わないので、ご連絡ください」 などの言い回しもよく耳にします。 この言い回しも「いつでも大丈夫ですので」と同様「いつでも大丈夫」だと言いたいときに使われる言い回しです。 実はこの言い方も、一見丁寧で正しい敬語表現に聞こえますが、「この敬語表現は正しくない」と考えている人も多くいます。 この言い回しが「正しくない」と言われるのは、 ・丁寧に聞こえる反面「結構」や「構わない」という表現が、上から目線な言い方に聞こえる ということが理由としてあげられています。 「結構ですので」も「構わないので」も、どちらも「正しい敬語表現だ」という人もいますが、フォーマルな場では、この言い回しを避けた方が無難だと言えるでしょう。 「いつでも大丈夫」の敬語表現と使い方とは? はじめに「 いつでも大丈夫なので 連絡または、返事がほしい」と言いたいときの敬語表現を紹介していきます。 「 いつでも大丈夫なので 連絡または、返事がほしい」ということを敬語表現で言いたいときには、 ・「お手隙の際に」 ・「ご都合のよろしいときに」 という敬語表現を使うことができます。 この「お手隙の際に」と「ご都合のよろしいときに」という言い回しは、「いつでも大丈夫」の部分の敬語表現に当たります。 では次に「お手隙の際に」や「ご都合のよろしいときに」を、どのように使えばよいのかについて、意味や使い方を確認していきましょう。 「お手隙の際に」の意味は? 「お手隙の際に」とは、「手が空いたときに」という意味があります。 この言い回しを使うことで、 ・ 仕事と仕事の間など 隙間の時間ができたとき ・時間に余裕があるとき などに「連絡をください」ということを相手に伝えることができます。 「お手隙の際に」の使い方と例文 では次は、実際どのように「お手隙の際に」を使うのか例文といっしょに見ていきましょう。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが、お手隙の際にご連絡いただければ幸いです。 上記のように、「お手隙の際に」といっしょに「恐れ入りますが」や「お忙しいところ申し訳ありませんが」などの言葉を添えることで、相手を配慮した言い回しになります。 また最後に、「よろしくお願いいたします」などの一言をつけると、より丁寧な印象になるでしょう。 「ご都合のよろしいとき」の意味は? 「ご都合のよろしいとき」とは、言葉のとおり「都合が良いときに」という意味です。 「お手隙の際に」と同じで、この言い回しを使うことで ・時間に余裕があるとき などに「連絡をください」ということを相手に伝えることができます。 「ご都合のよろしいとき」の使い方と例文 では次に、「ご都合のよろしいときに」の使い方を例文で、確認していきましょう。 お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。 例文を見てわかるように「ご都合のよろしいときに」と「お手隙の際に」の意味合いや使い方は、ほとんど同じなのでこの2つは、セットで覚えておくと良いでしょう。 「お気軽に」という敬語表現は、普段からよく使われているので、耳にすることも多いのではないでしょうか。 知っている人も多いでしょうが、「お気軽に」は「いつでも大丈夫なので、気を遣わず連絡してきてください」ということを、言いたいときに使うことができる敬語表現です。 「お気軽に」の使い方と例文 「お気軽に」の使い方は、「なんとなくわかる」という人も多いでしょうが、念のため使い方を例文で確認しておきましょう。 ・ご質問などがございましたら、お気軽にご連絡ください ・ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください この言い回しを一文添えることで、印象がとてもよくなります。 問い合わせがあるような内容をお客さんなどに伝えるときには、この一文を添えると良いでしょう。 また、「お気軽に」の他にも「ご遠慮なく」という言い回しも、同じように使うことができるので、いっしょに覚えておくと良いでしょう。 またそういった場面で「自分はいつでも大丈夫なので、相手に日程を合わせたい」ということを敬語表現で伝えたいときも多いのではないでしょうか。 ここでは、そのような場面で使うことができる「ご都合のよろしいときに」の使い方を紹介します。 「ご都合のよろしいときに」の使い方と例文 では、「 自分はいつでも大丈夫なので 相手の日時に合わせたい」と言いたいときに使うことができる「ご都合のよろしいとき」の使い方を例文で見てきましょう。 上記の使い方といっしょに、「ご返信をお待ちしております」という言葉を添えるようにしましょう。 自分から「日程を提案する」のはあり? 前述で「相手の日程に合わせたいとき」に使うことができる敬語表現を紹介しました。 では反対に「自分から相手に日程を提案する」のは「あり」なのでしょうか。 「相手に自分の都合を押し付けるのは、失礼ではないか」と思ってしまう人もいるそうですが、「相手に日程を提案する」のは、正しい敬語表現で伝えれば、相手に対して決して失礼になることはありません。 反対に、相手の都合ばかりを聞いて予定を立ててしまうと、自分自身の仕事が、効率よくいかなくなってしまう場合もあります。 そのため「候補日や時間をあげて、相手に提案する」というのも仕事をする上でとても大切になってくるでしょう。 正しい敬語表現で「相手に日程を提案する」ことで、自分のスケジュールを管理しやすくできるようにしましょう。 「メールでの日時提案」の仕方とは? では、さっそく「相手に日程を提案するとき」に使える敬語表現のメールサンプルを少し紹介しますので、参考にしてみてください。 お忙しい中大変申し訳ありませんが、下記の日時にてお時間をつくっていただければ幸いです。 希望日時 ・3月15日 月 14時~ ・3月16日 火 15時~ ・3月19日 金 11時~ 打ち合わせ時間は、30分程度を予定しております。 大変恐縮ではございますが、3月10日までにご返信いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 希望日時 ・3月15日 月 14時~ ・3月16日 火 15時~ ・3月19日 金 11時~ 打ち合わせ時間は30分程度を予定しております。 大変恐縮ではございますが、3月10日までにご返信いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 メール「日時提案」のポイントは? メールで日時を提案する際のポイントは、 ・希望日を3つ~4つ程度、提案する ・所要時間を伝える ・いつまでに返事がほしいかを伝える この3つです。 「恐れ入りますが」や「お忙しい中申し訳ありませんが」などの相手を気遣う言葉もつけると、より丁寧な印象になるでしょう。 「いつでも大丈夫」の正しい敬語表現を使いこなそう.

次の

「いつでも大丈夫」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

ご 都合 の よろしい 時に

「都合がつく日程をー」なんて言い方をみますよね。 ですが、これは完璧な敬語表現にはなっていません。 これだけでも丁寧な表現に見えますが、頭に「ご」をつけることによって敬語表現へと変化させることができます。 「ご都合がつく日程をー」という言い回しをしたほうがより丁寧に見えます。 また、少し違った言い回しとして「ご都合がよろしい」という言い方もできます。 あくまでも、頭につけるものは「ご」であり、「お」ではありません。 「お都合がつく」なんて言っても確かに丁寧に見えるしいいのではないか、と思うかもしれませんが、これにもしっかりとした理由があります。 意外と用法を間違っていたりする事が多いので、下記にまとめてみました。 和語には「お」がつき、漢語には「ご」がつく 和語や、漢語と言われてもしっくりこないかもしれませんので簡単な説明を。 「和語」は日本の言葉であり、主に訓読みするものが該当します。 「漢語」は中国から入ってきた言葉であり、音読みされる熟語が該当します。 例外もありますが、基本的にはこのような感じになります。 「お」がつく言葉の例としては、お手紙、お話、お見送り等が挙げられます。 「ご」がつく言葉の例には、ご注文、ご住所、ご説明、ご連絡が挙げられます。 こうしてみると、「お注文」や「ご手紙」なんて言い方はおかしな感じがしますよね。 こういった意味があり、なんでもかんでも「お」、「ご」を付ければいいわけではありません。 また、ワインなどの外国由来の言葉には丁寧な表現をする際にこちらの「お」、「ご」を使うことはありませんので注意が必要です。 3つの例文はとても似ているものになりますが、日程だけを知りたいのであればこのような表現をするのが正しいものになります。 注意する点としては、改めて確認をする旨を伝える際にメールでなのか、電話でなのかをハッキリさせることです。 また、例文では「ご都合のつく、よろしい」を使用していますが、文面に噛みあわないように感じるなら「ご都合のほど」や「ご都合はいかがでしょうか」のように「つく」の部分を変化させることで丁寧な言い回しを崩さずに聞くことができます。 ただし、変化させる言葉にも丁寧ではない表現もありますので、しっかりと考えて使うようにしましょう。 こちらの例文は、「この日までに予定を知りたいので折り返しの連絡をお願いする」際に使用することのできる例文です。 今すぐじゃなくても予定を把握しておきたい場合に、期限を指定して聞くことができるので、こういった言い方もします。 また、「ご都合の程ー」の例文では上記したとおり「ご都合のつく」を変化させて使用しています。 こういった言い方をすることで「ご都合のつく日程を」といった回りくどさをなくし、スマートな文章にすることができます。 ご都合がつきましたらご参加ください。 こちらは「すでに日程の決まっている事柄に対しての予定をうかがう、合わせてほしい際」に使用します。 1つ目では「この日、この時間に伺いたいのですが」といったようにある程度日程を決めた状態での連絡になっていますよね。 日程を指定している分、相手も返答がしやすい文章になっています。 2つ目の例文では「すでに日程が決まっていて、時間が合うようなら参加してほしい」という旨を伝えた文章。 こちらの特徴は返答が必ず必要なのではなく、来れたら来てね、といったニュアンスが含まれているのでこれ以上の予定の合う、合わないのやりとりが不要になります。 ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。 雑用や地味な仕事の連続で、 本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。

次の