舌先 が 痛い。 舌の先端が赤く腫れて痛いです

舌の先などにプツッとした痛いできもの

舌先 が 痛い

舌先に口内炎ができる原因 舌先に口内炎ができる理由は、複雑な要素が絡みあってできると言われています。 ではその要素とはどのようなものがあるのでしょう。 なぜそれの要因が口内炎に繋がるのでしょう。 気になる舌先に口内炎ができる原因を説明していきます。 1-1 ストレスや疲労 ストレスを溜めることが身体に悪いということは知られていますが、口内炎の原因の一つにもなっています。 何例かの口内炎の原因調査によると、仕事やプライベートでのストレスが多い時期には、発症率も高くなるという結果が出ています。 重いストレスがのしかかっている状況では、免疫システムが影響を受けてしまって、免疫力の低下させる原因になります。 生活の中でできるだけストレスを少なくし、上手くストレス発散法を見つけることで、口内炎も治りやすくなるかもしれません。 1-2 栄養不足 忙しくてつい朝食を抜いたり、外食ばかり続いてしまうことはありませんか?また、ダイエット中で食事を抜いたりして、身体が必要とする栄養素が不足したり、食生活の乱れにより摂取する栄養素が偏ってしまうと、口内炎ができる原因となります。 主に口の中は「コラーゲン」から成り立っているので、たんぱく質などのコラーゲンを生成するための栄養素が不足することで、口内炎のできやすい状態につながるのです。 1-3 口内のケガ 口の中の粘膜には、実は頻繁に小さな傷ができています。 そこに免疫力が低下しているときなどにバイ菌が入ってしまうと、口内炎になってしまうことがあるのです。 口の中の粘膜を傷つけてしまう原因としては、ハブラシや食べ物の角が刺さる、歯並びの具合で歯の角がたびたび当たったり、毎回同じ場所を噛んでしまう、入れ歯が当たる、ガン治療で使用される放射線や抗がん剤の副作用などがあるようです。 歯科医に相談して噛みあわせを調整したり、優しく歯磨きをして、食事もゆっくり良く噛むようにし口の中を傷つけないようにしましょう。 1-4 歯磨き不足 口の中は常に細菌が入りやすい環境にあるのですが、できるだけ口内炎を発症させないようにするためには、歯磨きやうがいなど日頃から怠らずに行い、常に口の中を清潔に保つようにすることが重要。 あらゆる細菌が口の中には住んでいるものなのです。 その細菌たちが繁殖しないように歯磨きすることで、口内炎もできにくくなるでしょう。 舌先にできる口内炎の種類 ここまで舌先にできてしまう口内炎の原因をお話してきましたが、口内炎にはどのような種類があるのでしょう。 その種類や症状は一つではなく実はたくさんあるのです。 ここでは口内炎の種類と、その原因を説明していきます。 2-1 アフタ性口内炎 口内炎の種類の中で、最も多く一般的なのが「アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)」というものです。 アフタ性口内炎の原因ははっきり特定されていませんが、疲れやストレスによって免疫力が低下し、睡眠不足や栄養不足が重なり、体調を崩しているときにもできると言われています。 アフタ性口内炎は、特に若い人に多く発症し、赤く縁取られた2~10mmほどの円形状の白い潰瘍が口内にできます。 1ヶ所だけでなく、複数が固まってできてしまうこともあります。 一般的に約10日~14日で自然に治るようです。 2-2 カタル性口内炎 歯の矯正器具等が口内で当たって傷になったり、口の中を噛んだときに繁殖する細菌や、薬品の刺激ややけどが原因で発症するのが「カタル性口内炎」です。 特に高齢者がなりやすいのですが、幼児の指しゃぶりが原因で見られることもあるようです。 カタル性口内炎の特徴は、赤く炎症することです。 また、白くただれることもあります。 アフタ性口内炎との見分け方は、炎症部分と正常な部分の境目はっきりわからないことです。 口の中が熱く感じ、食欲もなくなり、味覚も落ちることがあるそうです。 2-3 ウイルス性口内炎 「ヘルペス性口内炎(口唇ヘルペス)」という単純ヘルペスウイルスや梅毒などに感染したことが原因の、ウイルス感染が原因で発症する口内炎です。 子どもの場合は、かぜのウイルスが口内炎の原因になることもあり、手足口病やヘルパンギーナはその代表とも言われています。 ウイルス性口内炎の主な症状は、口内に小さな多数の水ぶくれができた後、破れてただれる場合もあり、さらに強い痛みと発熱を併発することがあるそうです。 2-4 口腔カンジダ症 口腔カンジダ症とは、口の中に存在するカビ菌の一種、カンジダ菌が増殖することで、口の粘膜に口内炎を引き起こすものです。 カンジダ菌は、半数程度の人の口内に存在しており、口腔カンジダ症は乳幼児や高齢者に多く発症します。 口内の粘膜に白く膜のような苔状のものが、粉状や点状に付着します。 悪化してくると白い苔状から地図状になり、どんどんこびりついた状態になってきます。 また舌全体が赤く腫れて、炎症を起こすこともあるようです。 今すぐできる口内炎を治す3つの方法 痛くて気になる口内炎、とにかく早く治してしまいたいですよね。 そこで今すぐできる口内炎を治す方法と、それに加えて治療法としてうがい薬を使う場合や塗り薬の使い方などを、それぞれの項目で「こうすると良い」といったポイントを交えてご説明します。 3-1 口内を清潔にする 口内にバイ菌が増殖したり、傷ができたところからどんどん口内炎がひどくなっていくパターンもあるので、とにかく口内は清潔に保つように心がけましょう。 これが一番身近で簡単にできる口内炎を治す方法です。 口内を清潔に保つことは、早く治すことにもなりますし、今後新たな口内炎ができることを予防することにも繋がります。 ただし歯磨き粉やマウスウォッシュなどは、口内炎の痛みが強ければ避けるようにしましょう。 清潔にすることだけでなく、刺激を与えないことも重要です。 3-2 口内炎の治療薬を使用する ひどい口内炎には病院で治療薬を処方してもらいましょう。 ただ、舌にできた口内炎に軟膏などの薬を塗っても、つい舌を動かすとせっかくの薬もすぐにとれてしまいます。 そんなときは、ガーゼに多めに軟膏をつけ、そのガーゼを直接口内炎にかぶせて置きます。 少し違和感がどうしてもありますが我慢して、30分ほどで取り除いても大丈夫です。 1日3~4回、食後など歯磨きをしたあとに繰り返しのせると効果的だそうです。 3-3 サプリメントでビタミンを補う ビタミン不足が口内炎の原因になることもあります。 本来ビタミン類は食事から摂りたいのですが、とにかく早く、口内炎の痛みをとるためは、サプリメントで補給するようにしましょう。 サプリメントはドラッグストアやコンビニでも簡単に手に入れることができます。 口内炎の治療や予防のために摂取するべきビタミンは、特にビタミンB2とビタミンB6で、効果があると言われており、その他にもビタミンCや亜鉛、鉄なども合わせて身体の抵抗力の向上を促す効果あるそうです。 口内炎の予防方法 ここまで口内炎の原因や種類とその治療方についてお話してきましたが、そもそも口内炎を発症させないために何かできることはないのでしょうか。 ここでは口内炎にならないための予防方法について詳しくご説明していきます。 4-1 口内を清潔に保つ 口内炎にならないために、いつも口内を清潔に保つようにしましょう。 自分に合った歯ブラシやデンタルフロスを使って、食事の後と就寝前には口の中をいつもきれいに清掃します。 デリケートな口の中において、歯磨きなどで細菌数を減らすことで口内炎の原因も少なくなり、治りも早くしてくれます。 丁寧な歯磨きやデンタルフロスを使って歯間までキレイにしたり、うがい薬やマウスウォッシュなどを利用して口内をすみずみまで清潔にするように努めましょう。 4-2 栄養を十分に摂る 口内炎が舌にできてしまうと、口の中の他の場所にできた場合より食事が摂りにくいようです。 痛みで噛むことも、飲みこむことも辛い場合もあります。 しかし、そんなときこそ栄養をきちんと摂取しなければ栄養不足となり、口内炎をさらに悪化させてしまうこともあるのです。 おかゆや雑炊などのできるだけ刺激が少ないものを食べるか、ゼリー飲料など高カロリーなものを飲んで、体力を低下させないように栄養を十分に摂る必要があります。 4-3 口を乾燥させない 唾液には口の中の潤滑材の役割にくわえ、殺菌作用という重要な役割もあります。 唾液が少なくなってくると、乾燥した状態で舌と歯が擦れるので、舌が傷ついて口内炎ができやすい状態になるのです。 また、口の中は特に細菌が多い場所なので、唾液の殺菌作用が減ると少しの傷でも感染してしまい、口内炎ができてしまうのです。 ガムを噛んだり、唾液腺のマッサージで唾液が出るように促すようにしましょう。 唾液腺に異常がある場合には、歯科医で人口唾液を処方してもらうことができます。 治らない舌先の口内炎は病気の可能性も 舌先にできてしまった口内炎の中には、病気の可能性もあるのです。 それではどのような口内炎の場合に疑わしいのでしょう。 ここでは口内炎に伴って起こる身体の不調などから、考えられる病気について詳しく説明していきます。 5-1 血液の病気 口内炎が白血病のサインということもあります。 白血病は正常な白血球がガン化することで、白血球数が減少してしまうのです。 そのために免疫力が低下するので、口内炎になりやすいというわけです。 全ての白血病患者の方に共通する初期症状として、口内炎ができるといわれるのはこれが理由です。 また同様に糖尿病の症状として口内炎もあります。 糖尿病になると免疫力が低下するのが原因です。 長期間にわたって治らない口内炎がある場合には、早めに歯科口腔外科など専門医を受診するようにしましょう。 5-2 口腔がん 口内炎と間違えやすい病気として舌癌もあります。 舌癌を含め、口腔粘膜にできたガンを総称して、口腔がんと呼ぶ場合もあります。 特に舌癌の発症率は口腔がんの中で最も高くなっています。 口内炎と舌癌を見分けるのは難しく、舌にできたアフタ性口内炎と初期症状が非常によく似ています。 口内炎は、患部の周りが赤くなっているのに対し、舌癌はその縁がギザギザしており硬いのが特徴のようです。 しかし素人が判断するのは難しいので、長期間症状が続く場合には早めに受診することをおすすめします。 まとめ.

次の

【口内炎】が舌(舌先)に出来たら…? おすすめの市販薬を歯科医が答えます!

舌先 が 痛い

口腔内のトラブル 舌が痛い むし歯 う蝕 で穴が開いたり、歯が磨り減ってとがったり、歯に被せたものが破れたり、義歯が合わなくなって舌が磨れたりする場合などの刺激で舌がぴりぴりすることがよくあります。 そのような場合は診察を受けその原因を取り除けばぴりぴりすることはなくなります。 神経質な方の場合歯科心身症ということも考えられます。 ストレスなどで無意識のうちに舌を噛んだり、こすったりすることにより引き起こされます。 あまり気にしないほうがよいかと思います。 そのほかに口腔乾燥症や肉眼的に異常をみとめない舌痛症なども考えられます。 いずれにしても症状が長く続くようでしたら受診されることをおすすめします。 関連疾患:歯科心身症 口腔乾燥症、その他の口腔粘膜疾患 舌痛をきたす疾患 1. 全身疾患に伴う舌痛• プランマービンソン症候群 鉄欠乏性貧血 - 赤い平らな舌 舌乳頭の著明な萎縮 、嚥下困難、口角亀裂、サジ状爪• 胃切除後あるいは悪性貧血 ビタミンB12および葉酸が欠乏 - 慢性表在性舌炎 メーラー舌炎、ハンター舌炎 舌乳頭が萎縮し白色斑、舌尖から舌縁にV字型の発赤、腫脹を認め舌痛や味覚障害• 亜鉛欠乏症 - 味覚障害の原因の一つ。 舌痛や知覚異常• 舌動脈硬化 - 不快な感覚• 舌下面の静脈瘤 4. 感冒時びらん性舌炎• カンジダ症• 単純性ヘルペス感染• 水痘、帯状疱疹ウイルス感染• アフタ性口内炎• 天疱瘡、類天疱瘡 - 自己免疫疾患 5. 悪性腫瘍 舌癌の浸潤により知覚神経を刺激 6. 神経痛 1 三叉神経痛 下顎神経に神経痛が生じると舌体部に舌痛 誘因:舌を動かすなどの動作 痛みの性状:発作性、放散性、瞬時的な鋭い痛み 2 舌咽神経痛 舌根部に疼痛。 舌痛症 舌に異常感を訴えるが、それに見合うだけの肉眼的な異常がないもの 局所所見、検査所見に異常のあるものを除き、心気症に近い病態で何らかの精神的要因が背景にあるもの.

次の

舌の先が痛い原因は?考えられる病気や治療法について

舌先 が 痛い

基本的には白色をしていることが多いですが、褐色や黒色を呈する場合もあります。 原因ははっきりとは分かっていませんが、色素を産生するメラニン形成細胞が傷害される自己免疫疾患ではないかと考えられており、機械的刺激や遺伝などによっても起こると言われています。 前癌病変の一種で、癌化率は4. 4〜17,5%と言われています。 口内炎や外傷による紅斑、カンジダ症の赤色病変などとの鑑別が必要となります。 原因は黒い色素を産生する細菌の増殖と考えられており、抗菌剤の投与による菌交代現象によって引き起こされることが多いですが、喫煙などによっても起こる場合があります。 病変が進行すると周囲の斑と斑が融合して地図のような様相を呈することからこの名称が名づけられました。 原因は様々で、ビタミンBの不足や自律神経失調など後天的なものだけではなく、先天的なもの 正中菱形舌炎など もあります。 機械的刺激が原因で起こることが多いため、刺激を与えている原因の除去や、大きなものの場合は切除を行います。 まれに、何らかの全身疾患が原因となっていることもあります。 「ガマ腫」という名前から腫瘍と勘違いしやすいですが、粘液嚢胞の一種で、舌下腺あるいはその周辺に存在する小唾液腺の閉塞や損傷が原因と考えられています。 原因は、舌先部下面に存在するブランディンヌーン腺が何らかの理由で閉塞・損傷し、粘液が貯留することです。 舌を不意に噛んでしまうことにより起こることが多いですが、何度も繰り返し血腫が出来る場合は全身的な疾患の可能性もありますので、血液検査が必要な場合もあります。 病気ではなく正常なものですが、鏡などを見ていてたまたま気がつき、歯科医院を受診されるケースもけっこうあります。 元々舌が大きい人や、舌がむくみやすい人などはこの歯痕が付きやすくなりますが、特に治療が必要なものではありません。 原因は不明で治療の必要もありませんが、溝の部分に汚れが溜まると炎症を起こす場合もあるので、清潔に保つように心がける必要があります。 ただし、口腔癌の発生頻度は癌全体の1〜2%程度です。 全身に症状が現れますが、口の中に現れる症状として、舌、唇、頬粘膜、歯肉などに境界明瞭な円形〜楕円形の潰瘍が出現することがあります。 また、インプラントや親知らずの抜歯などの外科手術時に舌神経の損傷によって起こるということは非常にまれです。

次の