ヘルペスを一日で治す方法。 ~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~

「口内炎」対策の裏ワザ ― 痛みを和らげ、素早く治したい方へ

ヘルペスを一日で治す方法

とにかく早く病院(皮膚科)へ行こう ヘルペスを早く治すために最も大切であるといっても過言ではないのが、「とにかく早く病院へ行く」ということです。 ヘルペスの治療においては抗ウイルス薬が処方されますが、この種の 薬はいつ飲んでも同じように効くというわけではなく、できるだけ早い段階で服用することで本来の効果が発揮されます。 例えば口唇ヘルペスに対して良く処方されるバルトレックスという内服薬ですが、このお薬はヘルペス発症後5日以内に服用を開始する必要があります。 また口唇ヘルペスは治療開始が遅れると、症状が重篤化して患部の肌細胞に深刻なダメージを与え、痕(跡)になってしまうこともあります。 なので、口唇ヘルペスと思われる症状が出た場合には、できるだけ早く病院へ行って治療を受けるようにしましょう。 なお、病院の何科にかかればいいのか迷う方もいると思いますが、基本的には 皮膚科を受診しましょう。 詳しくは「」をご覧ください。 ) 病院に行けない時でも、前兆を感じたら市販薬を塗ろう 「ヘルペスを早く治すにはすぐに病院に行ったほうが良い」、それはわかっていても、仕事や学校、家事などで忙しくしているとなかなか病院に行けないこともありますよね。 そんな時でも、再発した場合に限っては、 薬局やドラッグストアで売っているヘルペスの市販薬を使用するという方法もあります。 口唇ヘルペスの治療薬(塗り薬)は、薬局はもちろん、「マツモトキヨシ」や「ココカラファイン」といった一般的なドラッグストアでも市販されていますので、何度も再発を繰り返しているという方は予め購入しておきましょう。 そして、ヘルペスが再発する前兆と思われる症状があらわれた場合に、薬を塗るのです。 代表的なヘルペス再発の前兆としては、 ・口唇やその周りがピリピリ・チクチクする ・患部がムズムズするなど違和感がある ・患部が熱っぽくなる といった症状があげられます。 ヘルペスも何度か再発を繰り返しているとその前兆がわかるようになりますので、これを感じた場合は早めに市販薬を塗布することで症状を早く軽快させることができます。 ヘルペスに初感染・初発症した場合はその症状がヘルペスによるものでない可能性もありますので、病院に行って医師の診断を仰ぐ必要があります。 「ヘルペスだと思っていたら実は他の病気だった」なんてケースもありますので、ヘルペスと思われる症状が初めて出たという場合は、必ず病院に行くようにしましょう。 残る2つは、ヘルペスの薬が手元にないときにでも、できる事を紹介します。 リジンを積極的に摂取しよう 口唇ヘルペスを早く治すには、「リジン」を積極的に摂取するという方法もおすすめです。 「リジン」は必須アミノ酸の一種で、ヘルペスウイルスの栄養分となるアルギニンを減らす役割があることがわかっています。 そのためリジンを多く摂取すれば、その作用によってヘルペスウイルスの活動を抑制し、辛い症状を軽減させる効果が期待できるのです。 (参考:) リジンを多く含む食材には、 ・ 魚介類 ・ 牛肉 ・ チーズ ・ 鶏肉 ・ ビール酵母 ・ 卵 ・ もやし ・ 野菜 ・ 大豆製品 ・ フルーツ 等がありますので、普段の食事の中に意識的に取り入れてみてはいかがでしょう。 ちなみにヘルペスウイルスの栄養分(つまり身体にとってはNG)となるアルギニンは、 ・ チョコレート ・ カフェイン ・ ナッツ類 ・ 干しぶどう 等に多く含まれています。 ヘルペスの症状が出ている時は、これらの食材をなるべく摂取しないようにするというのもおすすめです。 リジンを摂取できるヘルペス向けのサプリが注目されています 普段の食事でリジンを補うことが難しい場合や、大切なイベント前など、効率よくリジンを摂取したい場合に役立つのがサプリメントです。 最近は、ヘルペス向けサプリメントの種類も増えているので、サプリについては以下の別記事にまとめています。 ヘルペスが再発すると2週間は辛い思いをしてしまうため、こういったサプリを活用し、日々の生活の中で無理なく予防するというのも1つの方法ですね。 実際に私自身も、体調に合わせてサプリを取り入れるようにしてから、ヘルペスの症状に悩まされる頻度が減っています。 体と心を休めよう 最後は基本中の基本ですが、ヘルペスを早く治すためには、体と心を休めるということも大切です。 というのも、ヘルペスは、 ・体力が弱っているとき ・病み上がりのとき ・免疫機能が低下しているとき ・ストレスを過剰に感じたとき ・夏場、炎天下で活動したとき に再発しやすい傾向にあります。 体力や免疫機能が弱っていると神経細胞の奥に潜んでいたウイルスが活発化して増殖し始め、ヘルペスの症状が出てくるわけですね。 もちろん抗ウイルス薬を服用すればウイルスを鎮静化することはできますが、体力が著しく低下していると、薬を服用してもなかなか症状が改善されないことがあります。 そこでヘルペスの症状がでたときは、あまり無理をしないで体と心をしっかり休めるようにしましょう。 特に過剰なストレスはヘルペス再発の原因になりやすいことがわかっていますので、 ・リラックス習慣を身に着ける ・趣味に没頭する時間を作る ・誰かに話を聞いてもらう などして、 あまりストレスを溜めないようにすることが大切です。 また睡眠不足もヘルペス再発の原因となりますので、ヘルペス発症中はもちろん、日頃から睡眠時間をしっかりと確保することによってヘルペス再発を予防することができます。 まとめ ヘルペスになってしまった場合、その症状を早く治すにはできるだけ早い段階で病院に行くことが大切です。 仮に病院に行くのが難しいという場合でも、口唇ヘルペスは市販薬が販売されていますのでこれを使って対処しましょう。 そして薬による治療と同時進行で、体を休めたり食生活の改善に取り組んだりすれば、より効果的に、そして早く辛い症状を改善することができるのです。

次の

口唇ヘルペスは市販薬で治せる?再発させたくないあなたに

ヘルペスを一日で治す方法

ほとんどの場合は 単純ヘルペスウイルス 1型 HSV-1 による感染が原因です。 この1型はコントロールしやすい型なのですが、単純ヘルペスウイルス2型 HSV-2 によってヘルペスに感染してしまった場合は、主に性器ヘルペスとなります。 ヘルペス ウイ ル ス は人から人へとうつりやすいウイルスです。 従って、ヘルペスを発症している人との接触は直接的であれ、間接的であれ気をつけなくてはいけません。 タオル、食器やカトラリー、メイクアップなどを通してもヘルペスはうつるのです。 こちらもお読みください: たった一晩で口唇ヘルペスを治す方法 実は一晩で口唇ヘルペスを治す自然療法があるのです。 この秘密はニンニクにあります。 ニンニクには天然の抗酸化作用があり、ウイルスや細菌の活動を抑えてくれます。 には、ナトリウム、カリウム、セレン、カルシウム、マグネシウム、ケイ素、硫化水素、リン酸、ビタミン C、D、B、フィトステロール、そして欠かすことのできない油分が含まれています。 また、アリシンと呼ばれる物質を含んでおり、これには感染を素早く治す助けをする役割があることが研究の結果わかっています。 実際、処方された薬よりもニンニクの方が効果的であり、かつ 副作用がないという結果を出した研究がたくさんあります。 また、糖尿病の患者やコレステロール値を下げたい人、フリーラジカルの影響を減らしたい人、様々な病気を予防したい人にも効果的です。 口唇ヘルペスの治し方 ニンニクを一片みじん切りにするか擦りおろします。 これを口唇ヘルペスのできている部分に直接塗布します。 口唇ヘルペスが大きく、症状がひどい場合は、新鮮なニンニクをいくつか使い、このトリートメントを何度か繰り返しましょう。 塗布したら10分程置いてぬるま湯で洗い流します。 ニンニクを塗布すると唇にかゆみや熱さを感じる場合がありますが、数秒で消えるでしょう。 さらに、ニンニクは口唇ヘルペスの痛みを減らす効果もあります。 もし、口唇ヘルペスが良くならない場合はこのトリートメントを1日数回行いましょう。 別の方法として、ニンニクを潰してペースト状にしたものを口唇ヘルペスに塗布し、絆創膏でカバーし一晩置く方法もあります。 翌朝絆創膏を取って洗い流しましょう。 口唇ヘルペスは乾燥していることでしょう。 こちらもお読みください:.

次の

辛いヘルペスへの対策!一日でも早く治す方法や摂りたい効果的な栄養素とは!?

ヘルペスを一日で治す方法

スポンサーリンク 口唇ヘルペスに必要な成分とは? 口唇ヘルペスに一番良いとされている成分があります。 それが、「 リジン」という必須アミノ酸の成分です。 口唇ヘルペスウイルスが必要としている栄養素に「アルギニン」という成分を抑制してくれる働きがあるとされていて、 ウイルスの活動や増殖を抑制する働きがあるとされているからです。 そのため、リジンが含まれている食べ物を多く食べると良いとされています。 また皮膚の再生などを促すために、ビタミンも取ると良いとされています。 ビタミンでも、 ビタミンB、ビタミンB6、ビタミンB12が良いとされています。 それぞれの働きとしては、• ビタミンBは粘膜の回復• ビタミンB6は免疫力アップ• ビタミンB12は貧血対策 となります。 ビタミンCは弱った皮膚には特に必要な成分です。 ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持を助け、抗酸化作用を持つ栄養素とされています。 口唇ヘルペスになっている場合は皮膚が炎症しているので、こういった栄養素も欠かせません。 口唇ヘルペスを早く治す食べ物は? 口唇ヘルペスを治すには、リジンやビタミンなどの栄養素が入っている食べ物を食べて栄養をつけるのが大切です。 肉は何の肉でもいいですが、レバーはビタミンも取れるのでオススメ。 乳製品などのタンパク質が含まれている食べ物には、必須アミノ酸が入っていて牛乳などが飲みやすいかと思います。 口唇ヘルペスに良いビタミンが含まれている食べ物 口唇ヘルペスで皮膚ケアとして必要なビタミンは、下記の食べ物があります。 ・ビタミンB:レバー、ウナギ、乳製品 ・ビタミンB6:肉、魚、バナナ ・ビタミンB12:レバー、牛、豚、乳製品 ・ビタミンC:レモン、みかん、キウイ、いちご リジンとビタミンが含んだ食べ物以外にも、バランスの良い食べ方をすることで、ヘルペスを早く治すことが期待できます。 ヘルペスができているときに避けた方が良い食べ物 上の方でヘルペスウイルスの好物が「 アルギニン」と書きました。 ヘルペス菌の好物ということは、ヘルペスが悪化したり、水泡のブツブツが増えたりするということです。 そのためアルギニンが含む食べ物は、口唇ヘルペスができているときはなるべく食べるのを控えるようにしてみて下さい。 アルギニンはどんな食べ物や飲み物に入っているかというと、• コーヒー、紅茶、お茶などのカフェインの入った飲み物• チョコレート• ナッツ類:ピーナッツ、アーモンド• 大豆類(豆腐、油揚げなど)• かつお節• 海老 というのもに主に入っています。 アルギニンの成分はヘルペスウイルスを活発にさせて、早く治すどころか悪化しやすくなる原因でもあります。 いえいえ、バランスの良い食べ方をするのが大切です。 ヘルペスにはあまり良くないとしても、アルギニンも体に必要な成分です。 そのため一概に、絶対にアルギニンが含まれている食材を食べない方がいいというわけではありません。 ヘルペスができているときに大豆や魚類に含まれている 「アルギニン」が多い食材は少な目の摂取がいいかもしれませんね。 食事分ぐらいであれば、さほどは影響ありません。 たとえば、かつお節、油あげ、豆腐など豆類にはわりと多く含まれています。 リジンも含まれている食材もあれば、アルギニンも多く含まれています。 この辺は見分けがつかないので、適度の量がよいですよ。 また牛乳にもアルギニンが含まれているので、一切飲まないという訳でなく、 飲み過ぎには気を付けて下さいねという意味あいです。 ヘルペスの症状改善には、リジン:アルギニン比率が 4:1の割合が望ましいともされています。 ちなみにダイエットなどをしていて野菜ばかり食べていると、リジンとアルギニンの比率が1:1で、ヘルペス改善は少し難しくなってきます。 大概の日本人は、アルギニン量は必要摂取量5gに対して、3gぐらいが平均なので意外と足りてないという場合もあります。 逆に、リジン不足という場合もあります。 おやつなどのチョコレートやお茶類はなどは、ヘルペスができているときは、ほどほどにですね。 う~ん、一日の摂取量があまり取れてないにしても、リジンもアルギニンも食事でバランスよくが大切か・・・。 なんだか、リジンだの、アルギニンとかその辺全然さっぱりだけれど、 リジンの比率が多い方がヘルペス予防になるってことだよね。 逆にアルギニンが増えると、ウイルスが増殖しやすいとか怖いかもね。 でも、バランスの良いリジンが多い食事の献立を考えると、結構めんどうくさいから、私には食事での対策はちょっと難しいかも。 食事はできるだけバランスよく。 ヘルペスができているときは肉や卵類や大豆系を気持ち少な目にして、チョコレートやナッツ類は控えるようにしたほうがいいね。 口唇ヘルペスができたときの食べ物以外での対策方法 何度もヘルペス経験がある私が書けることをは、 ・早く寝て ・安静にし ・人ごみを避けること です。 これが、早く治すためには食べ物と同じで大切なことです。 本来は免疫力が下がる原因となる「 疲れ」や「 ストレス」をなくすことは、社会人になるとなかなか難しいです。 口唇ヘルペスが出来てしまうということは、 体が弱りSOSを出している状態。 出来る限り気持ち早めに寝たり、きちんと家で食事をする、休日は家でのんびりするなど「体を休ませる」ことが重要となります。 ヘルペスの栄養素を効率よくとるには 仕事が忙しかったりすると、バランスの良い食べ物を取るのが難しい人も多いと思います。 そんな時に栄養を効率よくとるのに便利がサプリメントです。 今は というものもあります。 リジンなどの成分の他にもヘルペスに必要な栄養を補給ができるので、私含めできやすい人は愛用している人が多いです。 ヘルペスは油断するとすぐに再発してしまいます。 その主な原因は疲れや栄養不足にあります。 疲れてなくてもビタミン不足で口内炎になりやすいように、 栄養不足でも皮膚が弱くなりなりやすくなります。 (例えば紫外線とか) そのため日ごろからこういうサプリを飲んでおくことで、あのいや~な思いをしなくて済みます。 ちなみに、ヘルペスの人が絶対に飲まなければいけないというわけではありません。 むしろヘルペスができやすい人でも、興味がなければ飲まない方がいいです。 ただ ヘルペスができやすい人はそれだけ栄養素が足りてないということも大きな理由なので、食事と合わせて補給するにはもってこいだと実感はしています。 ヘルペスに必要なリジンなどの成分が入っているサプリに、「 」というサプリメントがあります。 ちなみに私も飲んでいます。 リジン以外にも皮膚粘膜を維持するビオチン、ビタミンC、腸内環境を整えることで免疫力をUPさせる善玉菌が3粒あたり3億個が手軽にとれるヘルペスケアサプリです。 しかもこれ、小粒で飲みやすいんですよ。 ヘルペス向けだと外国産のサプリメントもあるのですが、大きすぎて日本人だと粒が飲みにくかったりします。 これは栄養素もしっかりとれて、善玉菌入りなので腸内環境ケアもできれば 免疫力アップにもつながっていいですよ。 ヘルペスケアをしたい人や繰り返しできやすい方は向いています。 今なら初回がお手頃価格なので、まずは試しに合うかどうか飲んでみるのもありだと思います。 りぷりサプリは のみの販売なので、興味があればチェックしてみてくださいね。 口唇ヘルペスを早く治すための食べ物【まとめ】 口唇ヘルペスは免疫力低下や栄養不足などが原因となっています。 そのためヘルペス早く治すためにも、ヘルペスに効果がある「リジン」が含まれている食べ物を積極的に食べてみて下さい。 悪化してしまった場合は、病院で薬を処方してもらうのが良いと思います。 できるだけ口唇ヘルペスを早く治すためにも、バランスの良い食べ物と、休息をして1日でも早く治すのを目指してみて下さいね。

次の