焼き かりんとう。 かりんとう

揚げない「焼きかりんとう」菓寮 花小路 [和菓子] All About

焼き かりんとう

ここ数年のドーナツ人気と競うかのように新店の進出が目立つ和の揚げ菓子「かりんとう」。 油で揚げない「焼きドーナツ」が人気を博す中、「かりんとうにも油で揚げないものがある」、と耳にし、試してみたのは「菓寮 花小路」の「焼きかりんとう」。 ふんわり、そしてさくりとした軽い食感にコクを補う黒糖の力強さ。 何よりも「あっさり」という表現がしっくりくるかりんとうがあるとは思いませんでした。 (目次) P1 「かりんとう」今昔 P2 江戸時代から庶民のおやつ「かりんとう(花林糖)」 浅草の の かりんとう 江戸時代には既に庶民的な雑菓子(駄菓子、黒糖を使ったお菓子)としても親しまれていたとされる「かりんとう(花林糖)」。 遣唐使が伝えた唐菓子に始まるとも、16世紀頃中国から伝来したとも、南蛮菓子の一種とも言われています。 黒糖がたっぷりついた素朴なものや、以前ご紹介した浅草ののような高級感のあるものなど、流行とは関係のないところで愛されているかりんとうがある一方で、最近は、東京駅エキナカGRANSTAのかりんとう専門店のように味に工夫を凝らすだけでなく、パッケージや店構えにファッション性を持たせたものも多く、かりんとうの世界も華やぎを見せています。 揚げない「焼きかりんとう」 「菓寮 花小路」荏原店。 オンラインショップでも 購入可能。 (写真提供;菓寮 花小路) さて、今回ご紹介するのは「菓寮 花小路」の油で揚げない「焼きかりんとう」。 母体はパッケージの会社ですが、沖縄の知人の黒糖工場を生かすべく5年前に同店を立ち上げたとのこと。 作っているのは今のところ「焼きかりんとう」と「黒糖のゴーフレット」の2種類のみ。 黒糖ありきで始まったお店だけあって、どちらも良質の黒糖が主役です。 揚げない「焼きかりんとう」。 一見かりんとうとは 様子が異なる。 「焼きかりんとう」は一見スナック菓子のようでもあり、かりんとうとは違う様子。 封を切ると食欲を刺激する黒糖の鄙びた香りが広がります。 「油で揚げずにかりんとうの食感とコクが出るのだろうか。 」と未知なる味への期待を高めながら1口カリリ。 軽さが「麩菓子」と似ていなくもありませんが、それよりも歯応えがあり、かりんとうを食べているのだと納得できる食感。 固すぎないところがむしろ、年配の方には喜ばれそうです。 使っているのは 沖縄県伊江島産の黒砂糖。 現地に専用の製糖工場を構える。 (写真提供;菓寮 花小路) べた付かず、くどさもなく、油で揚げていないからこその美味しさ。 さくさくとした食感の良さもさることながら、黒糖のコクと風味がいいのです。 黒糖は、専用の黒糖工場を構える沖縄県伊江島産のサトウキビから作られたもの。 味にも香りにも力強さを感じます。

次の

揚げない「焼きかりんとう」菓寮 花小路 [和菓子] All About

焼き かりんとう

ここ数年のドーナツ人気と競うかのように新店の進出が目立つ和の揚げ菓子「かりんとう」。 油で揚げない「焼きドーナツ」が人気を博す中、「かりんとうにも油で揚げないものがある」、と耳にし、試してみたのは「菓寮 花小路」の「焼きかりんとう」。 ふんわり、そしてさくりとした軽い食感にコクを補う黒糖の力強さ。 何よりも「あっさり」という表現がしっくりくるかりんとうがあるとは思いませんでした。 (目次) P1 「かりんとう」今昔 P2 江戸時代から庶民のおやつ「かりんとう(花林糖)」 浅草の の かりんとう 江戸時代には既に庶民的な雑菓子(駄菓子、黒糖を使ったお菓子)としても親しまれていたとされる「かりんとう(花林糖)」。 遣唐使が伝えた唐菓子に始まるとも、16世紀頃中国から伝来したとも、南蛮菓子の一種とも言われています。 黒糖がたっぷりついた素朴なものや、以前ご紹介した浅草ののような高級感のあるものなど、流行とは関係のないところで愛されているかりんとうがある一方で、最近は、東京駅エキナカGRANSTAのかりんとう専門店のように味に工夫を凝らすだけでなく、パッケージや店構えにファッション性を持たせたものも多く、かりんとうの世界も華やぎを見せています。 揚げない「焼きかりんとう」 「菓寮 花小路」荏原店。 オンラインショップでも 購入可能。 (写真提供;菓寮 花小路) さて、今回ご紹介するのは「菓寮 花小路」の油で揚げない「焼きかりんとう」。 母体はパッケージの会社ですが、沖縄の知人の黒糖工場を生かすべく5年前に同店を立ち上げたとのこと。 作っているのは今のところ「焼きかりんとう」と「黒糖のゴーフレット」の2種類のみ。 黒糖ありきで始まったお店だけあって、どちらも良質の黒糖が主役です。 揚げない「焼きかりんとう」。 一見かりんとうとは 様子が異なる。 「焼きかりんとう」は一見スナック菓子のようでもあり、かりんとうとは違う様子。 封を切ると食欲を刺激する黒糖の鄙びた香りが広がります。 「油で揚げずにかりんとうの食感とコクが出るのだろうか。 」と未知なる味への期待を高めながら1口カリリ。 軽さが「麩菓子」と似ていなくもありませんが、それよりも歯応えがあり、かりんとうを食べているのだと納得できる食感。 固すぎないところがむしろ、年配の方には喜ばれそうです。 使っているのは 沖縄県伊江島産の黒砂糖。 現地に専用の製糖工場を構える。 (写真提供;菓寮 花小路) べた付かず、くどさもなく、油で揚げていないからこその美味しさ。 さくさくとした食感の良さもさることながら、黒糖のコクと風味がいいのです。 黒糖は、専用の黒糖工場を構える沖縄県伊江島産のサトウキビから作られたもの。 味にも香りにも力強さを感じます。

次の

【新潟直送計画】大豆焼きかりんとう

焼き かりんとう

Contents• しっとりとした、かりんとうとな? 近所の激安スーパーで、とても気になるお菓子を見つけた。 それがコレ、 かりんとうなのに、うっとりとする程のしっとり感と謳っている。 かりんとうと言えば、歯の強度を試しているのかと思うほど固いお菓子。 それでも、あの独特の食感と、固さを乗り越えた先にある、黒糖の甘さは、ちょっと幸福感さえもたらしてくれるものがある。 オッサンも若いころには、かりんとうが大好きで、ガリガリと食べていたが、年を重ねると共に、歯も音を上げ始め、とんと疎遠という仲になった(笑) そんな中、しっとりとした柔らかいかりんとうがあると知れば、そりゃあ買うでしょ。 という事で、今回は、かつての旧友と感動的な再会が出来るのかという思いを馳せながらレビューしたいと思う。 こだわりの黒糖蜜をしみこませ、まるで半生のような、しっとりとした食感に仕上げました。 黒糖蜜の香ばしさと深いコクが味わえる贅沢な焼きかりんとうです。 ここまで食べやすいかりんとうは初めて! お皿に移しさっそく食べてみました。 まず、写真をご覧になられた方もお気づきになられたと思いますが、姿形から、よく知るかりんとうとは違う。 しかし、そこは、しっとりタイプのかりんというコンセプトなのだから、形状に変化があっても当然。 問題は、ちゃんとかりんとうを楽しめるのかという事だ。 で、食べてみました。 …これは、 確かに、しっとりとして、歯に年々、自信が持てなくなっているオッサンでも安心して食べられる食感だ。 うっとりするほどではないが、かりんとうに持っている恐怖心を和らげてくれるホッとするものはある。 何より、黒糖蜜による香ばしさや、癒されるような甘さもあり美味しい。 だが、 これって、ふとこれってかりんとうなのかという思いがよぎる。 と言うのも、食べてみての印象が、かりんとうと言うより、黒糖麩菓子に近いものを感じたからだ。 でも、麩菓子よりは歯応えがあるし、かりんとうの味わいも楽しめる。 食べ終えて不満らしいものはなく、むしろ久しぶりの旧友と会えた喜びがある。 ただ、久しぶりに会った旧友から頑固さが消え、柔和な人になっていたと言う表現があうのかもしれない。 ともかく、私の様に、好きだがあの固さに付き合えなくなったという、かりんとう好きの人には、一度試して頂きたいと思う。

次の