池袋 初 体験。 TOHOシネマズ 池袋オープン!小さいこだわりを積み重ね...

【女性目線】BOOK AND BED TOKYO 池袋で非日常体験を味わってきた。写真50枚以上掲載【宿泊レポ】

池袋 初 体験

2019年10月15日 いつの時代も、ソープは童貞の男性にとってひとつのあこがれでした。 プロの女性からセックスの手ほどきを受けることは後ろめたいことではなく、むしろ自慢できることだったのです。 平成の今でもソープで初体験をすませる男性は少なくありませんが、初めての風俗利用にあたってはいくつかの注意事項を意識する必要があります。 年齢やプロフィール写真でソープ嬢を選ぶ時のポイント 今の時代はウェブ媒体が発達しているため、わざわざ風俗情報誌を頼りにしなくてもネットサーフィンによっておすすめのソープ情報を手軽にリサーチできます。 ほとんどの風俗店のウェブサイトにはコンパニオンのプロフィールが写真つきで掲載されていますが、ほとんどの場合、公開されているプロフィールは虚々実々であると思っておいたほうがいいでしょう。 特に年齢についてはプロフィールよりも若干上であることがほとんどで、女の子の見た目がプロフィール年齢よりも明らかに老けて見えても決して怒ってはいけません。 それでも、プロフィール上に年齢が書かれている場合はサバを読むにも限度がありますからまだ良心的なほうで、プロフィールに年齢が書かれていない女の子では写真のイメージと似ても似つかないことがざらにあります。 これがいわゆる「パネルマジック」とよばれるもので、風俗初心者が引っかかりやすい手法です。 写真と実物のギャップにがっかりしたくないのなら、慣れないうちはプロフィール上で年齢を公開している女の子を選ぶようにするとリスクを軽減できます。 年齢以外に注目したいのがスリーサイズです。 スリーサイズについても若干の修正が入っていると考えたほうが良く、Eカップと思って指名したのに実際に見てみたらDカップだった、という程度の誤差は生じるものです。 また、同じ85cmのバストでも体型によってカップ数が変わってきます。 普通に考えれば85cmというとEカップやFカップに相当するサイズですが、筋肉質の女性の場合は脂肪が少なくなるためBカップとなり、見た目には胸板が厚い印象になります。 風俗のプロフィールには大人の事情が入り込んでいると理解して、あまり期待せず、予想以上の美女に出会えた時には儲けものと思っておきましょう。 入浴料とサービス料の支払いにおけるタイミング ソープならではの文化に、入浴料とサービス料があります。 入浴料はお店そのものに支払う料金で、数千円単位であるところがほとんどです。 一方のサービス料は女の子自身に支払うお金で、現行の風営法ではお店が直接受け取ってはいけないことになっています。 お店側が入浴料とサービス料をまとめて受け取ってしまうと売春を斡旋したと見なされてしまい、法律違反になってしまうのです。 そのため、ほとんどのソープでは受付で入浴料を支払い、個室に入るタイミングでサービス料を女の子に支払うというパターンになっています。 ただし、最近ではソープでもクレジットカードが使えるようになっており、その場合は入浴料とサービス料を合わせた金額を受付の段階で支払うことになります。 サービス料は入浴料の3倍から4倍が相場であると言われ、入浴料だけで遊べると思っているといざという時に持ち合わせが足りず困ることになります。 ちなみに、ウェブサイトでサービス料そのものについて調べることはできません。 風営法の規定により、サービス料を直接公にすることは禁じられているからです。 お店によっては料金が総額表記になっているところがあり、その場合は表示された金額ですべてのサービスが受けられるという意味になります。 ウェブサイトに入浴料しか書いていなければ、予約時に電話で問い合わせれば直接教えてもらえます。 風俗で初体験をすませる男性はクレジットカードを使うことに不安と抵抗を覚えるかもしれませんが、結論を言うと、ソープだからあぶない、ということはありません。 入力したカード番号がお店側に直接知られることはなく、あくまでも代行業者によって決済情報が管理されることになります。 プレイ前にソープ嬢に伝えておくべきこと 初心者にとっては夢のない話ですが、風俗の女の子はお客側が思っているほど客の顔と名前を覚えていません。 何しろ1日に何人もの男性の相手をするわけですから、よほどの常連でもないかぎり、そう簡単には名前を覚えてもらえないのです。 ソープで初体験、という男性はプレイに入る前に女の子に自分の希望について細かく伝えておく必要があります。 特に包茎の男性の場合、フェラチオなどで亀頭が露出する程度の仮性包茎であれば良いのですが、どうやっても皮がむけない真性包茎となると場合によっては挿入はNGとなり、手コキのみでのサービスとなる可能性があります。 包茎は見た目でわかりますが、外見では伝わりにくいのが早漏です。 早漏の場合、あいさつがわりの手コキだけであっという間に射精してしまうこともあります。 男性の場合、1回射精してしまうと一気にボルテージが下がり、その後のサービスが楽しめなくなってしまいます。 通常、2度目の射精は最初よりも確実に快感レベルが落ちてしまいますので、膣内でしっかり放出して気持ちよくなりたい場合は、スタートの時点できちんと早漏であることを伝え、必要以上の前戯をひかえるようにお願いしましょう。 ただ、風俗童貞の場合、ただでさえ興奮して刺激に敏感になっているため多少早漏気味になるのはむしろ普通のことです。 男性にとって早漏や包茎は深刻なコンプレックスかもしれませんが、プロの女の子にとってはいたって当たり前のことです。 ソープに行くからには女の子にすべてを委ねるような覚悟で、余裕をもってプレイを楽しむと案外早漏も克服できるかもしれません。 風俗嬢はなかなかお客の顔と名前を覚えないとかきまSたが、いやなお客のことだけはいつまでもはっきりと覚えています。 女の子のブラックリストに載ることがないように、初心者のうちからきちんとマナーを守り、女の子との信頼関係をつくっていきましょう。 まとめ 時代は変わっても、ソープがモテない男子のセーフティネットであることに変わりはありません。 ソープで初体験をすませることにより、プロの女性からエッチの手ほどきを受けることができ、彼女とのセックスでも余裕をもってリードすることができます。

次の

「芸者とオンライン飲み会」のMeet Geisha、日本初の「NO密」芸者遊び体験を7月より開始!

池袋 初 体験

だから 、コンセプトは泊まれる本屋。 あ 、本は売らないです。 言うなればってやつです。 「映画を観てたら寝ちゃった 」とか 「友達とLINEしてたら寝ちゃった 」とか 、 とにかく 「好きなことをしてたら 、うっかり寝ちゃった 」って 最高の 「寝る瞬間 」の体験じゃないですか? そんな 「寝る瞬間 」に至福の体験を用意してくれるホステルを 、 本をテーマに自分たちで作る事にしました。 by BOOK AND BED TOKYOの店舗について 現在(2017年12月)は、本店池袋、浅草、京都、福岡に店舗があります。 全ての店舗に宿泊して、泊まり比べてみたいものです。 今回、私は本店池袋に宿泊しましたので、そちらの様子をお伝えします! BOOK AND BED TOKYO 池袋へのアクセス 池袋駅のC8出口からとても近く、2分もあれば受付へ行くことができます。 C8出口は、池袋駅西口方面です。 東武東上線の先にある地下通路から行くとわかりやすいですよ! エレベーターに乗って地上へ出ると、このような風景のところに着きます。 右手にジョナサンがあります。 道なりに進んで行くと、すぐにビルの案内が目に入ります。 この建物の7階と8階がBOOK AND BED TOKYO 池袋です。 受付は8階になりますので、まずは8階へ行ってください。 着きました。 受付とbarが一緒になっています。 お洒落な雰囲気です。 7階と8階へはエレベーターを使ってのみ移動が可能という新しい感じ。 従業員さんも個性的なファッションでお洒落な方が多かったです。 ここでチェックイン・チェックアウトをします! タブレットで館内の説明を受けて、いざ。 7階のお部屋に泊まります。 ワクワクしますー オープンザドア! 本がたくさん。 図書館のように静かです。 カーテンに隠れていたりで見づらいのですが、番号が寝床の所に書かれているので、自分の番号を見つけてください。 私は、BOOK SHELF COMPACTの寝床を選びました。 土曜日に宿泊して、料金は、5,184円(税込)でした。 ちなみに上のベッド! 階段の上り下りが大変で、金属的な音をさせてしまうので、結構気を使います… そこまで親しくない友人の家に泊まりに来ました!って感じです。 狭い、こじんまりとした寝床です。 シーツもセルフで、 シーツとシーツの間に挟まるようにして寝ます。 寝心地は正直悪くて、狭さから、体をぶつけてしまいます笑 コンセプト通りですね。 私の身長が153cmでキツかったので、大柄な男性はおすすめできません! お金をケチらず、ちょっと高めのスタンダードの寝床を選んでください!笑 カプセルホテルが大好きで色々行くのですが、寝ることが目的の人は素直にカプセルホテル行った方がいいと思います。 ただし、本好きは別!! 寝床に本が置かれている粋な計らい。 読んだ本! 夜な夜な言葉にハマりまする ルームライト。 トイレとシャワールームをご案内します! 壁は薄い青と灰色が混ざったような色味。 女性のみのトイレもちゃんとあります。 シャワールームは3つあり、そのうち1つが女性専用です。 シャワーは、お湯が出るまでに3分くらいはかかります。 こんな感じです。 清潔でした。 タオル、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯磨きセットは有料です。 540円(税込)でした。 寝床紹介の時の写真に写っている、ミニバックに入っていて、それが可愛いから迷わず購入しました。 ちょっと高いけれど。 シャンプー、コンディショナー、ボディソープはまあまあいい香り。 洗面所のコーナーです。 ドライヤーは、23時から朝7時は撤去されますのでご注意を。 喉が渇いたのなら、7階のエレベーター横に自販機あります。 コーヒーも飲める。 紅茶だよ〜! 瓶ビール! ひざ掛けもありました。 天井の本たちが可愛いです。 夜中の4時くらいまで本読んだり、漫画読んだりしていたの久しぶり。 池袋の眺め。 特に景色は良くない笑 ソファ。 じゃがりこ食べている人もいた。 私が宿泊した日の利用層は、女性6割、男性4割くらいで、 外国の方は思ったよりも少なかったです。 お一人様が多かったです。 私も一人で行きました! 他の寝床はどんな感じなんだろうと拝見させていただいた。 BOOK SHELFは、誰かが寝ている横で別の誰かは本を選んでいるので落ち着かなかったりします。 けれど、その他の寝床はその心配は無さそう! 人の気配が好きな人はBOOK SHELFの方が好みなのかしら? 置かれている小説・漫画・雑誌・写真集etcがどれも厳選されていて、1泊ではとてもとても時間が足りませんでした。 時間に余裕があって、図書館や本屋を歩いていても手に取る本ってせいぜい数冊くらいですが、BOOK AND BED TOKYOに置かれている本はどれも手に取りたくなる本ばかりで、面白みがありました。 ハズレがない!全部当たりの本しかないようです。 吸収したい、知りたい情報が多すぎて、せめてもの思いで本棚の写真を撮りまくりました。 私のこのブログ読んでいる人ラッキーかもですね笑 定期的に本の入れ替えがあるのかなあーと考えたり。 絶妙な塩梅でジャンルごとに本が分類されています。 文庫本の棚。 食べ物関係の棚。 外国の日本のガイドブック。 一度見てみたかったのです。 外国の方からみた日本のイメージとは?どんなかなーって。 観光スポットは、日本人でもどこだかわからない場所が多そうでした笑 フェアリー系なのかは怪しいですが、ロリィタちゃん発見! 寿司の本とかあっておもろい。 天井撮りたくなる。 人生についての本がずらり。 単行本の小説。 自然系メインの本棚。 本が苦手な方は漫画も色々あるので楽しいです。 外国語で書かれた本たち。 スヌーピーの本やピーターラビットの本もありました。 本の装丁が青色で統一された本棚。 素敵でした。 絵本も色々と。 その他にも、女優さんの写真集やら、大型の書籍やらとバラエティ豊かな本が揃っていました。 BOOK AND BED TOKYOの魅力って1泊でささっと帰るのではなくて、長期滞在することによって何かがみえてきそうな感じがしました。 1ヶ月以上宿泊し続けたことのある方がいたら是非お話お伺いしたい。 本と一緒に暮らすってこういうことなのかなぁ。 私は1泊だけだったので、それはそれで、がっつり非日常で楽しかったです。 そんなことを考えていました。 近くに大戸屋があるのでご飯! 駅に近くて嬉しい。 リフレッシュできた休日でした。 ここに行くって夢を叶えたよ。 最後までお読みいただき、ありがとうございます。

次の

池袋の初体験は当欠とか規則緩くて働きやすい!でも稼げるの?

池袋 初 体験

は入浴料と入浴料の2~3倍のを取られると聞いていたけど、に総額が書いてあったのでそのままのを出すだけで済んだ(それ以降のやりとりはない) 待合室呼ばれてを開けると、がの脇に立っていて、「〇〇です!よろしくね~」といい、指を絡めながら手を握ってを上がっていった。 個室に案内されると、浴槽のお湯をためている途中で、ベッドに座りながらウェルを飲み、少し談笑しながら緊張をほぐしてくれた。 ここで「初めてなんです」と素直に言えたのが結果として良かったのかもしれない。 「それじゃあ上脱ぎましょうか!」と言われ脱ぎ、次にお姉さんののファスナーを開ける。 肉つきは多ずとも少ながらず、そして何より初めての生にめちゃめちゃ興奮して、この辺りでようやく性欲が緊張に勝った。 「じゃあ下も脱ごうか…」と言われ、、と脱いでいく。 洗い場の方に移ると、まずは歯磨き! これはエ。 「じゃあ座ってくださ~」とすけべ凹に座らされると、あわあわの手で両腕、両足と洗ってもらう。 そしてお尻のの裏筋までを指でツツーっとなぞられるんだけど、これがまあいいのなんのって。 そしていよいよお! 何を隠そう俺はなんだけど、「すいませんなんです…」と言うと「だよ剥いてあげる」といい、を撫でながらの周りをニュコニュコと現れる。 今まで皮オナ、床オナばかりしていた俺にはとっても貴重なだった(良かった)。 で泡を洗い流してもらうと、「それじゃあ湯船の方どうぞ~」と言われ、湯船に浸かる。 1番安いだったので、あとはベッドで脱いて終わりだろうなあと思っていたけれど、違った。 も「失礼~す」といって湯船に入ってきてくれた! の足を挟んで、おを湯船浮かせたにすると、おをいっぱい舐めて、咥えてくれた。 なんか比べ物にならない良かったし、何よりだった。 湯船上がるとベッドに仰向けに寝かされ、まずを顔に埋めさせてくれた。 がな男のであった。 そこしたによいしょっと下がると、をしてくれた。 の中には口同士のを嫌がる人もいるらしいが、もうがっつり舌も入れてくれた。 も俺が予約したのはの1番の帯、最高であった。 に下に下がると、こんどはを舐めてくれた。 俺の性感帯の都合もあるが、これはほど効いた。 本当にいきかけた。 (やべえよやべえよ…)と思っていると、が「ズリとかしてみる?」と言ってくれた。 生涯の夢が叶った。 浴槽の時と同じようなになると、ローションをつけながらるようにぎゅううっと乳圧をかけてくれた。 とんでもない充実感が俺を襲った。 「じゃあ動かすね」と言い、に、まばらに、グチュグチュといじられる。 「いいです」と言うと、「そう?よかった~」と言い、で挟みながら先っぽをチロしてくれた。 みたいだった。 乳圧を緩めると、「…そろそろいれよっか」と囁かれた。 「位でしていい?」と言われ、いいもなにも正常位はし、何より好きなだったのでもちろん了承した。 お口でをニューって被せててもらった。 みたいだった。 (2度目) は、段々と激しく、ロデオのようにともされた。 ベッドの脇の大きな鏡を見ると、とお姉さんが繋がっているのがに訴えかけてきて、グググっと込み上がってきた。 にしてはよく耐えたと思う。 「すいません、もう出そうです」と言うと 「いいよ、しないでね」とをぎゅうっっと胴体に押し当てられながらをかけられ、あえなくした。 情けないことに残りが少し余ってった。 少し悔しさを感じていると、「はみんなそんなもんだよ、気にしないで!」とが言ってくれて、に余ったは顔に埋めながらをしてくれた。 に体を洗い流して(ここでもなぞったり触られたりする余裕で立ちそうになる)、部屋を出る時も両頬にをしてくれた。 とても柔らかかった。 手を繋いでを降りると、のの前でもまたをしてくれた。 店の人求められたには、もちろん満点をつけた。 50分16000円の、忘れられない夏になった。

次の