よみうりランド イルミネーション。 東京「よみうりランド」ジュエルミネーション。宝石に彩られた遊園地

よみうりランドイルミネーション2019

よみうりランド イルミネーション

よみうりランドのいいところ よかった点としては個人的に3つあります。 食べ物がおいしい• インスタ映えする• 普通に楽しい この3点ですね。 順番に解説していきます。 食べ物がおいしい やはりこういうところで食べる物はおいしいですね。 普段の3倍ぐらいおいしい) よみうりランドは意外と食べ物が多いです。 中でも おすすめはここでしか食べれないポテトですね。 こちらの写真です。 (実物じゃなくてすみません) 650円と少し高いのですが揚げたてで食べることができて、寒い中で食べるポテトは格別でしょう。 チーズが好きな人には絶対食べていただきたい。 ちなみに今年は食べてません。 今年ははこちらのラーメンを食べました。 これはおいしかった。 辛味噌ラーメンですね。 外は寒かったので身体に染み渡りました。 最&高 インスタ映え 間違いなくインスタ映えします。 普通にイルミネーションが綺麗でしたね。 夕方撮るのと夜撮るのでは全然違います。 こちらがその写真になります。 これが夕方に撮った写真です。 そして これが夜に撮った写真です。 全然違いますよね。 やはりインスタ映えを狙うのであれば夜にたくさん写真を撮った方がおすすめです。 インスタ初心者の僕でもこんな綺麗が写真が撮れますからね。 ある程度のインスタ力がある人はもっと綺麗な写真が撮れそう。 普通に楽しい 普通に歩いているだけでも楽しいです。 普段このようなイルミネーションを見る機会もないですし、喋っているだけでも普通に楽しめます。 (雰囲気を楽しめる) しかし、話のネタがなくなりますね。 元から話すネタは0なんですけど。 ある程度話のネタを作ってデートすればカップルはよりいっそう楽しめるかなと思います。 上記で書いたものは、複数人で行った場合に限ります。 ぼっちだとつまらないと思います。 悪かった点(失敗) ここからは 悪かった点と失敗した点を話していきます。 よみうりランドに悪かった点はほとんど無いですね個人的には。 悪かった点は全部個人の問題となっています。 では見ていきましょう。 祝日は混む 僕は11月9日の 土曜日によみうりランドに行ってきました。 ゴンドラと乗り物は結構混んでいましたね。 見た感じだと長くて40分待ちとかでしたね。 ディズニーと比べると短い感じがします。 (感覚麻痺) 僕自体混んでいるところはあまり好きじゃないので「なんで土曜にきたんだろう」って思いながら行きのゴンドラに乗っていました。 ですので混んでいるところが嫌いな同士は平日に行くことをおすすめします。 去年の平日に行ったことがあるので混まないことを保証します。 ちなみにクリスマスイブとかは地獄です。 観覧車に乗りたいカップルの群れがうじゃうじゃ湧いているので気を付けよう。 気温には注意 ここ最近になって寒くなってきましたのでしっかりと服装には注意した方がいいです。 薄着で行ったら終始寒かったです。 (完全自己責任) 乗物の待っている時間や止まっている時間が長いと確実に風邪ひきます。 僕は今若干風邪気味なので気を付けましょう。 もし薄着で来てしまったら 売店でホットチョコレートや温かい飲み物が買えるのでこれを買って、寒さをしのぎましょう。 ものすごくアツアツなので猫舌のみんなは注意が必要です。 飲んだこと無いけど。 個人的な雑談 ここからは個人的な雑談をしていきます。 1.ねこが餌を求めてくる 2.告白するなら 話すことはこの2つです。 感想だけで満足の人はここで閉じて貰って大丈夫です。 ここまで読んでくださってありがとうございました。 残ってくれた方ありがとうございます。 あと少しだけお付き合いください。 ねこはかわいい ベンチに座って売店で買った唐揚げを食べていたときでした。 1匹のねこがこちらを見ながら座ってきました。 もうこの時点でかわいい。 おそらく餌が欲しくて近寄ってきたんでしょうね。 しかし人間の食べ物をあげる訳にはいかないのです。 あげれない理由は人間の食べ物はねこちゃんにとっては身体に良くないんですよね。 みんなもかわいいからってあげたらダメだよ。 あげなかったのが原因か分かりませんが他の人のところに行き、餌をめがけて襲ってました。 ねこ怖い。 でも彼女の方が5倍ぐらい怖いかな。 告白するなら この記事をみている彼女がいない男性諸君こんにちは。 そんな君たちに告白する場所を教えてあげよう。 よみうりランドだったらこの2つかな• 観覧車• 公園 この2つのどっちかかなと個人的には思います。 (他にあるよっていうかた教えてください) 1番ベターなのは観覧車ですかね。 まあ、こんなこと言わなくても、男女で観覧車乗ったり、遊園地で遊びに行くような仲だったら場所はぶっちゃけ関係ないと思います。 (2人きりに限る) ジェットコースターに乗っている最中やトイレの前で告白しない限りほぼ成功すると思います。 僕がこう言うので100%成功しますよ。 失敗したら教えてくださいネタにするので。 待ってます。 最後に ここまで話しましたが、 書いている途中で感想系の記事ではなくてカップル系の記事にした方が需要があったんじゃないかと思ってしまった自分がいます。 でもこれを読んでいる 7割ぐらいは彼女なし、彼氏なしだと思うのでどっちもどっちか(笑) 今ので頭にきた人はそんなんだからできないと思います。 まだイルミネーションは始まったばかりなので頑張ってください。 今日はこの辺で終わります。 ここまで読んでくれた読者のみなさんありがとうございました。 また次の記事お会いしましょう。

次の

よみうりランド駐車場混雑とイルミネーション渋滞。臨時駐車場の場所について

よみうりランド イルミネーション

東京都稲城市矢野口4015-1 電車だと 京王相模原線の「 京王よみうりランド駅」か 小田急小田原線の「 読売ランド前駅」が最寄駅となります。 京王線からだと駅からゴンドラのスカイシャトルが出ていて往復500円で直接訪れることができオススメです。 ゴンドラを使わない場合は京王線・小田急線共に小田急バスに乗り換え訪れます。 今回は車でよみうりランドに訪れました。 訪れる前は遠いイメージがあったのですが、横浜駅を起点に車で訪れたと考えても下道で1時間くらいで到着し非常に近く感じました。 駐車場 よみうりランドには 専用の駐車場があります。 実際に利用しましたが、立体駐車場となっていて上の階に駐車した場合でも下に降りるための歩行者専用スロープが設置されているのでベビーカーでもお困りません。 イルミネーションの特徴 宝石がテーマになっている よみうりランドのイルミネーションは「 ジュエルミネーション」というテーマで開催されていて 宝石がコンセプトになっています。 このテーマを元に 世界的に有名な照明デザイナーが監修してつくられているだけあり、全体から見渡すとまるで宝石箱のように光り輝くイルミネーションを見ることができます。 また 宝石のような輝きを出すためにオリジナルのLEDが使われているそうです。 今まで関東三大イルミネーションになっている「さがみ湖イルミリオン」や「江の島湘南の宝石」、さらにドイツ村のイルミネーションなどに訪れたことがあるのですが、よみうりランドのイルミネーションは確かに他とは違う宝石のような輝きを楽しむことができました。 子供たちもイルミネーションが綺麗だったと今でも話していて記憶に刻まれたようです。 噴水ショーがすごい よみうりランドでは噴水ショーが楽しめます。 噴水ショーといっても以下の3種類あり、時間によって開催されるショーが異なります。 ・エーゲ海の輝き ・ラ・フォンテーヌ ・シルエット〜光りと影のダンスショー〜 15分毎に何れかの噴水ショーが行われるので長時間待つ必要がないですし、連続して別の噴水ショーを観ることもできます。 以下でそれぞれのショーの特徴を簡単にまとめます。 エーゲ海の輝き エーゲ海をテーマに行われる噴水ショーで、ギリシャ神話に出てくる泉の守護神であるポセイドンの力強さを炎や光、音楽や映像そして水を使ってダイナミックに表現しています。 ラ・フォンテーヌ ラ・フォンテーヌは大迫力の噴水が魅力のショーです。 噴水の高さはなんと15mにまで及び、数も242本と多くなっています。 ウォータースクリーンを使った演出も魅力です。 シルエット〜光りと影のダンスショー〜 噴水ショーとダンスがコラボしたショーで光と陰を楽しむことができます。 ダンスを行うのは光をまとった本物のダンサーで炎の演出もあります。 ダンス好きな子供が増えていますが、子供も一緒に楽しめるショーなのではないかと思います。 1日に行われるのは2回のみと他の噴水ショーと比べて少なくなっているため、観たい方は時間を調整して訪れるようにしてください。 アトラクションが多く楽しめる 遊園地だけあり イルミネーションが行われている時間でもアトラクションに乗ることができます。 よみうりランドには40以上のアトラクションがあります。 それぞれのアトラクションには年齢制限や身長、さらに付き添いが必要かどうか細かく決められています。 一つ一つ異なっているので 入場時に園マップとアトラクション一覧が載ったガイドブックをもらうことをオススメします。 ちなみに 幼児連れであれば保護者も一緒に乗る必要があるアトラクションが多かったです。 ワンデーパスやナイトパスではなく 入園料のみのチケットを購入した場合は、保護者の分もチケットが必要なので倍料金がかかります。 詳細は以下の公式ページをご確認ください。 アトラクションチケット自動販売機 入園料のみのチケットの場合はアトラクションに乗るためのチケットを園内で購入する必要があります。 エリア毎にチケット自動販売機が設置されていて、こちらで購入することができます。 チケットは100円券と300円券があり1枚から購入することができますが、 100円券3枚と300円3枚がセットになった回数券が1000円で売られていてバラで購入するより200円お得です。 幼児が楽しめた乗り物 ここでは実際に幼児が楽しめたアトラクションを紹介します。 スピンドライブ スピンドライブという名の通りドリフトを楽しむことができる乗り物でイルミネーションが始まる前の明るい時間に訪れました。 こちらは2人乗りになっていて、 2歳以上で身長90cm以上だと子供一人でも乗ることができます。 料金は300円で一周3分となっています。 娘は3歳で一人でも乗れる身長があり、大人の付き添いは必要ありませんでした。 スピンドライブは楕円形のコースになっていて、 カーブを曲がる際にスピードが上がりドリフトします。 このドリフトが怖くて泣いてしまうのではないかと心配していましたが、お友達と一緒に乗ったこともあってか楽しめたようです。 あっという間に終わってしまうので、2度3度と連続して乗り楽しんでしました。 ぐるぐるドライブ ぐるぐるドライブは小さな自動車に乗りコース内を走るアトラクションです。 2人乗りで3歳以上でかつ身長が90cm以上130cm未満であれば乗ることができます。 料金は1回300円で、 大人の付き添いはできず子供専用の乗り物ですのでご注意ください。 自動車は全て種類が異なり、ピンクの可愛らしい車から働く車、スポーツカーなど好みの自動車を選んで乗車することができます。 コースは8の字になっていて上に登ったり下に降りたりするのでスピード感も楽しめます。 イルミネーションが始まる前と始まってからそれぞれ乗りましたが、 イルミネーション時はメリーゴーランドのように光が付き綺麗でした。 ちびっこ消防隊けしっぴー 消防車に乗って実際に水を発射し、消火活動を行うアトラクションです。 身長や体重制限はありませんが、 5歳未満は大人の付き添いが必要です。 1回300円で、3歳の娘を持つ我が家は大人の付き添いを入れて600円でした。 まず消防車に乗り込む前に消防隊員の衣装と帽子を被り、まるで消防士になった気分になります。 スケートが楽しめる イルミネーションを楽しみながらスケートをすることができます。 スケートはワンデーパスやナイトパスの乗り放題チケットは使用することができず別途料金が必要です。 幼児の場合でも付き添い者がいれば楽しむことができます。 子供はヘルメットやひざ当て、ひじ当てを無料で借りることができるので安心です。 もし訪れる予定であれば 手袋を持参するようにしてください。 忘れた場合は300円から販売しています。 詳細は以下の専用ページをご確認ください。 感想とまとめ よみうりランドのイルミネーションは他にはない輝きが特徴のイルミネーションで楽しむことができました。 遊園地の敷地すべてが会場なので特定の場所に混雑が集中せず、比較的余裕を持って観ることができたのも良かったです。 アトラクションの数も豊富でイルミネーションをいろんな角度から楽しめる魅力がありました。 そして噴水ショーは規模も大きく、遠方から訪れてでも観る価値があります。 来年も行きたいイルミネーションになりました。

次の

よみうりランドイルミネーション2019|料金を割引するお得情報や混雑状況など

よみうりランド イルミネーション

東京都稲城市矢野口4015-1 電車だと 京王相模原線の「 京王よみうりランド駅」か 小田急小田原線の「 読売ランド前駅」が最寄駅となります。 京王線からだと駅からゴンドラのスカイシャトルが出ていて往復500円で直接訪れることができオススメです。 ゴンドラを使わない場合は京王線・小田急線共に小田急バスに乗り換え訪れます。 今回は車でよみうりランドに訪れました。 訪れる前は遠いイメージがあったのですが、横浜駅を起点に車で訪れたと考えても下道で1時間くらいで到着し非常に近く感じました。 駐車場 よみうりランドには 専用の駐車場があります。 実際に利用しましたが、立体駐車場となっていて上の階に駐車した場合でも下に降りるための歩行者専用スロープが設置されているのでベビーカーでもお困りません。 イルミネーションの特徴 宝石がテーマになっている よみうりランドのイルミネーションは「 ジュエルミネーション」というテーマで開催されていて 宝石がコンセプトになっています。 このテーマを元に 世界的に有名な照明デザイナーが監修してつくられているだけあり、全体から見渡すとまるで宝石箱のように光り輝くイルミネーションを見ることができます。 また 宝石のような輝きを出すためにオリジナルのLEDが使われているそうです。 今まで関東三大イルミネーションになっている「さがみ湖イルミリオン」や「江の島湘南の宝石」、さらにドイツ村のイルミネーションなどに訪れたことがあるのですが、よみうりランドのイルミネーションは確かに他とは違う宝石のような輝きを楽しむことができました。 子供たちもイルミネーションが綺麗だったと今でも話していて記憶に刻まれたようです。 噴水ショーがすごい よみうりランドでは噴水ショーが楽しめます。 噴水ショーといっても以下の3種類あり、時間によって開催されるショーが異なります。 ・エーゲ海の輝き ・ラ・フォンテーヌ ・シルエット〜光りと影のダンスショー〜 15分毎に何れかの噴水ショーが行われるので長時間待つ必要がないですし、連続して別の噴水ショーを観ることもできます。 以下でそれぞれのショーの特徴を簡単にまとめます。 エーゲ海の輝き エーゲ海をテーマに行われる噴水ショーで、ギリシャ神話に出てくる泉の守護神であるポセイドンの力強さを炎や光、音楽や映像そして水を使ってダイナミックに表現しています。 ラ・フォンテーヌ ラ・フォンテーヌは大迫力の噴水が魅力のショーです。 噴水の高さはなんと15mにまで及び、数も242本と多くなっています。 ウォータースクリーンを使った演出も魅力です。 シルエット〜光りと影のダンスショー〜 噴水ショーとダンスがコラボしたショーで光と陰を楽しむことができます。 ダンスを行うのは光をまとった本物のダンサーで炎の演出もあります。 ダンス好きな子供が増えていますが、子供も一緒に楽しめるショーなのではないかと思います。 1日に行われるのは2回のみと他の噴水ショーと比べて少なくなっているため、観たい方は時間を調整して訪れるようにしてください。 アトラクションが多く楽しめる 遊園地だけあり イルミネーションが行われている時間でもアトラクションに乗ることができます。 よみうりランドには40以上のアトラクションがあります。 それぞれのアトラクションには年齢制限や身長、さらに付き添いが必要かどうか細かく決められています。 一つ一つ異なっているので 入場時に園マップとアトラクション一覧が載ったガイドブックをもらうことをオススメします。 ちなみに 幼児連れであれば保護者も一緒に乗る必要があるアトラクションが多かったです。 ワンデーパスやナイトパスではなく 入園料のみのチケットを購入した場合は、保護者の分もチケットが必要なので倍料金がかかります。 詳細は以下の公式ページをご確認ください。 アトラクションチケット自動販売機 入園料のみのチケットの場合はアトラクションに乗るためのチケットを園内で購入する必要があります。 エリア毎にチケット自動販売機が設置されていて、こちらで購入することができます。 チケットは100円券と300円券があり1枚から購入することができますが、 100円券3枚と300円3枚がセットになった回数券が1000円で売られていてバラで購入するより200円お得です。 幼児が楽しめた乗り物 ここでは実際に幼児が楽しめたアトラクションを紹介します。 スピンドライブ スピンドライブという名の通りドリフトを楽しむことができる乗り物でイルミネーションが始まる前の明るい時間に訪れました。 こちらは2人乗りになっていて、 2歳以上で身長90cm以上だと子供一人でも乗ることができます。 料金は300円で一周3分となっています。 娘は3歳で一人でも乗れる身長があり、大人の付き添いは必要ありませんでした。 スピンドライブは楕円形のコースになっていて、 カーブを曲がる際にスピードが上がりドリフトします。 このドリフトが怖くて泣いてしまうのではないかと心配していましたが、お友達と一緒に乗ったこともあってか楽しめたようです。 あっという間に終わってしまうので、2度3度と連続して乗り楽しんでしました。 ぐるぐるドライブ ぐるぐるドライブは小さな自動車に乗りコース内を走るアトラクションです。 2人乗りで3歳以上でかつ身長が90cm以上130cm未満であれば乗ることができます。 料金は1回300円で、 大人の付き添いはできず子供専用の乗り物ですのでご注意ください。 自動車は全て種類が異なり、ピンクの可愛らしい車から働く車、スポーツカーなど好みの自動車を選んで乗車することができます。 コースは8の字になっていて上に登ったり下に降りたりするのでスピード感も楽しめます。 イルミネーションが始まる前と始まってからそれぞれ乗りましたが、 イルミネーション時はメリーゴーランドのように光が付き綺麗でした。 ちびっこ消防隊けしっぴー 消防車に乗って実際に水を発射し、消火活動を行うアトラクションです。 身長や体重制限はありませんが、 5歳未満は大人の付き添いが必要です。 1回300円で、3歳の娘を持つ我が家は大人の付き添いを入れて600円でした。 まず消防車に乗り込む前に消防隊員の衣装と帽子を被り、まるで消防士になった気分になります。 スケートが楽しめる イルミネーションを楽しみながらスケートをすることができます。 スケートはワンデーパスやナイトパスの乗り放題チケットは使用することができず別途料金が必要です。 幼児の場合でも付き添い者がいれば楽しむことができます。 子供はヘルメットやひざ当て、ひじ当てを無料で借りることができるので安心です。 もし訪れる予定であれば 手袋を持参するようにしてください。 忘れた場合は300円から販売しています。 詳細は以下の専用ページをご確認ください。 感想とまとめ よみうりランドのイルミネーションは他にはない輝きが特徴のイルミネーションで楽しむことができました。 遊園地の敷地すべてが会場なので特定の場所に混雑が集中せず、比較的余裕を持って観ることができたのも良かったです。 アトラクションの数も豊富でイルミネーションをいろんな角度から楽しめる魅力がありました。 そして噴水ショーは規模も大きく、遠方から訪れてでも観る価値があります。 来年も行きたいイルミネーションになりました。

次の