アカデミック ハラスメント 事例。 大学のアカハラの基準と事例!被害者にならない4つの対策まとめ

関西大学アカデミック・ハラスメント事件

アカデミック ハラスメント 事例

スクールハラスメントとは まずスクールハラスメントとは、主に教師から生徒に向けて行われる嫌がらせやいじめの総称の事で、体罰をはじめとしたものが挙げられます。 他にも、特定の生徒に対し厳しく指導したり、反対に特定の生徒にだけしっかり教育を行わないなどの教師としての職務を乱用、または放棄する事などの外に、教師からの性的な嫌がらせである 「スクール・セクシャル・ハラスメント」などもあり、表立って出る事はほとんどありませんが、先生から何らかの性的な被害を受けたことのある女性はかなり多いと言われています。 このように、学校でのセクハラ・パワハラ・モラハラなどの事を「スクールハラスメント」と呼び、あまり聞きなれないとは思いますが、多くの児童や生徒の悩みの1つだと言えます。 これとは逆に、教師に対する嫌がらせもあり、生徒から過度に不評を受け1人の教師に対し、クラスや学年単位で嫌がらせを行う事もあります。 また、義務う教育の現場では生徒の保護者が過剰に反応したり、過度の要求をするなど 「モンスターペアレント」などと呼ばれる保護者もいます。 学校では、生徒同士によるいじめや嫌がらせだけでなく、教師からの嫌がらせや不当な扱いを受ける事、生徒から教師に対する、嫌がらせや過度の拒否反応などに加え、保護者からの過度の要求やいちゃもんなどモンスターペアレントなど問題が山積みで、個人的には現在私は子供はいませんが、子供ができても通う学校にはかなり慎重に選ばなければいけないと感じます。 正直言えば、あまり学校に通わせるメリットがなくなってきているのではないかと感じています。 少子化問題もあり、教育問題も深刻で日本は先細りになっていく未来しか今の所見えないのが現状としてあり、早急に対処すべき問題だと言えるでしょう。 アカデミックハラスメントとは 次に、「スクールハラスメント」とパッと見似たようなハラスメントである「アカデミックハラスメント」についてですが、こちらは名前からも想像できるように、大学より上の問題で、教育者である教授が特定の生徒に対して嫌がらせを行う事や、部下である教員に対する嫌がらせなどの事を言います。 こちらも舞台が大学なだけで、やっている事はパワハラやセクハラの場合がほとんどです。 例えば、度々ニュースで目にする事件で、単位を与える代わりにわいせつな行為を求める事や、それに連なるような事を要求し、それを断ると単位を与えないなど職権を乱用し教育界にあるまじき行為を行う事など、所謂セクハラでありパワハラでもある事や、特定の者に対し、明らかに過剰に課題を与え、それができなければ単位を与えないなどや、論文を本人の名前ではなく教授の名義で出すよう指示するなどがあります。 これを会社内で例えると、上司である課長が部下の手柄を横取りする事や、評価を得るために性的な嫌がらせを我慢しなければならないなど、これが会社であればすぐに叩かれ問題となるもので、場所や認知度の違いだけでやっている事は同じです。 にもかかわらず、大学内の問題と言うだけで明るみに出ず泣き寝入りするしかない人もいる事でしょう。 世間では芸能人のスキャンダルなどのエンタメ情報ばかり報道されていますが、このような学校でのあるまじき行いや、会社内での問題など、もっとこう言った仕事や生活に関わる問題を報道し、問題を浮き彫りにしなければいけないのではないかと思います。 社会問題の根 正直な話、福山雅治が誰と付き合おうと結婚しようと関係のある人はほとんどいません。 ですが、こう言った問題を抱える人は芸能人のスキャンダルよりももっと身近で直接かかわりのあるものです。 このような身近な問題を解決していかなければ、ニートなどの働く意思のない若者や、未来を悲観した消費活動の減少や、出生率の低下などはどうしようもないほどにバカでない限り国民のほとんどが悲観的に考える問題だと思います。 ニートがなぜ働きたくないと感じるのか、それは働く事に異議を見いだせないからです。 消費活動の低下は、将来生きていけるか不安が強いため貯蓄に回す分が多いからです。 出生率の低下は、子供が安全に暮らせて幸せに生活できるように思えないから低下しているのです。 国民が本当に思っている事の多くはこのような事が不安で、不満を感じているから問題として浮き彫りになっているのではないかと思いますが、これらを解決するには何が悪いのかを国や企業、各都道府県や市町村などがそれぞれ考え、協力し合う必要があります。 もちろんこれだけで簡単に解決する事はできませんし、それをする事で新たな問題が出る事はあるでしょう。 しかし、今ある問題をまずは明るみに出し、何が問題で根はどこまで続いているのかを把握しなければ、今見えている問題だけ解決しても、また別の所から芽を出します。 問題の根を除去しなければ、単なるいたちごっこで、こっちを解決すれば今度はあっちで発生し、あっちを解決すれば今度はそっちから出てくるのです。 しかし、人は自分の問題も解決できてないのがほとんどで、多くの人が自分の根っこまで問題を解決できていません。 それができなければ、より大きな問題である会社や学校など、人の集まりである団体の問題を解決できるわけがありません。 つまり、人が自分の問題を解決する事ができるようになり、それが当たり前の状況にならない限りはこう言ったハラスメントなどの問題は無くならないでしょう。 昔は食料の問題が深刻であったり、医療技術が今よりも低かったため落とす命も今よりも多くあったと思いますが、現代はそれらの問題は少なくなった替わりに、別の問題であるこのような人間関係や経済問題が新たに生まれたのかもしれません。 いずれにせよ個人で解決できる問題は、自分個人の問題の根を解決していくことです。 1人1人が自分の問題を解決していく事ができれば、その輪はどんどん大きくなりやがて社会に広がっていきます。 そのためには心を強くする事を始め、自分の問題を見付けるために偏った見方など主観的に物事を考えるのではなく、広い視野で客観的に考える事も必要です。 その根本にあるのが執着を無くす事、つまりこだわりを無くす事です。 こだわりがあるからこそ人は苦しみます。 変にこだわるからこそいじめや嫌がらせが発生するのです。 問題を解決するだけでいいなら他にも方法はあると思いますが、問題をなくすには問題を問題だと感じるのを辞める必要があると思います。 その1つがこだわりをなくすと言う事です。 私自身完全ではありませんが、こだわりをなくしていった事で、怒りや悲しみなどを感じる事は少なくなりました。 その分喜びも減ったと言えますが、今はそれが喜びと感じていたのは単なる思い込みだったように思います。 このように、執着している時はそれがとても大切で捨てられるものではないと思うかもしれませんが、いざ捨ててみると大したことではなかった、またはくだらない事に捉えられていたと感じるでしょう。 おわりに 今回の「スクールハラスメント」であれ「アカデミックハラスメント」であれそれを嫌がらせと思うのも自分次第ですし、どう捉えるかは自分の考え方次第です。 もし嫌だと感じるなら、署名を集めるなど戦えばいいのです。 また反対に、そうされる事を恐れるならそうされないように署名を集めるなどすればいいのです。 おわかりですか、このようにハラスメント問題はなくそうと頑張れば頑張るほどどちらか一方が生きずらくなるのです。 結局何が悪く、何が問題なのか原因をハッキリさせなければ、抑えられた方の不満が爆発し、今度は逆に反旗を翻し襲い掛かってくる事でしょう。 その事を表しているのが、セクハラ問題で、セクハラセクハラとうるさすぎる社会になった反動により、今度はセクハラ被害を訴えられる事に対するハラスメントまで生まれています。 最初は確かにセクハラと言われても仕方ないなと思う物もたくさんありましたが、一方を強く支持しすぎたために、今度は何でもかんでもセクハラだと言うようになり、小さな事でも過剰にセクハラだと騒ぎ立てる事による嫌がらせ、セカンドハラスメントと言うものまで出てきました。 これは序の口にすぎないでしょう。 モンスタークレーマーなども、最初は商品やお店に期待を裏切られた事に対するものだったのが、だんだん下手に出ている事に調子に乗り、クレームをつければ下手にでて謝ってくれる事を期待し、クレームをつけるようになるのです。 本来の目的が何だったのかを忘れ、それをする事が目的になってしまうのはおかしな話です。 このように、結局は根っこの部分をどうにかしなければ、新たな問題が生まれその新たな問題もさらに新たな問題により上書きされていくだけです。 その根本にある原因が、私たちの心です。 それをどうにかしなければどうにもならないのです。 何かに悩み迷っている事があるのなら、自分の考えをしっかり把握し、それをする事のメリットデメリットを考えどうなのかを決める事です。 過度の課題や宿題をあなたにだけ与えられ、それをしなければ単位や成績を与えられない事に対し、何が問題で、それをする事やしない事のメリットやデメリットを考えてみましょう。 義務教育の学生なら、教育委員会などの機関に相談する事や、その学校の校長などその先生の上司に抗議する事。 大学であれば、それは義務ではありませんので、学校を変える事も検討し、その学科を諦める事や被害者を集め抗議する事なども考えられます。 あくまでお金を払って受けている講義ですから、あまりにも過剰な行動は単位を与えない事でまた講義を受けさせる事とも考えられます。 つまり、金儲けのためにそうしているのではないかと言う疑惑が生まれ、評価が下がり自ずと淘汰されていく事でしょう。 いろいろ案はあると思いますが、それが本当に嫌なら嫌がるだけじゃなく、行動をこちらからも起こさなければなりません。 その行動のメリットとデメリットを考え、どちらが自分としていいかを吟味すると良いでしょう。 動かない選択をしたとしても間違いではありません。 しかし、動かないと言う事は現状維持を選択したと言う事ですから、変わらない事に対し、文句を言ったとしても自分の責任でもあります。 何かを変えたければ、自分が変わる事です。 自分はそのままで、相手だけ動かす事はできません。 問題をどうにかしたいなら、そのあたりをしっかり認識し、選択する事が大事です。 それに対し責任をもって行動する事が大人や子供に限らず必要な事です。 責任を持てないのなら、それに対する異議も持てないと言う事です。 本当に変えたいなら何か行動する事から始めるのが重要です。 最後に、その他のハラスメントについてまとめてみたので、良ければこちらも目をとして見てください。 sponsord link.

次の

ハラスメントの定義

アカデミック ハラスメント 事例

この記事の目次• アカハラとは? アカハラとは、アカデミック・ハラスメントの略です。 教育・研究の場で、教員など学生に対し優位な立場を利用して、正当性のない嫌がらせやいじめ、研究妨害をすることがアカハラです。 秋田大学では、アカハラを次のように定義しています。 アカデミック・ハラスメントは、教育・研究の場における優位な地位や権限を利用した客観的正当性のない嫌がらせや差別です。 引用: 電気通信大学によるアカハラの定義は、次の通りです。 大学において、教育・研究上の優越的地位や影響力に基づき 相手の人格や尊厳を侵害する不当な言動を行うこと 引用: 大学などの学校では、教員が学生に対して非常に強い権限を持っています。 教員は学生に単位を与えるかどうか、卒業・進級させるかどうかを決めることができます。 また、大学は閉鎖的な環境であり、大学においては教員である教授や准教授は、社会的な有力者であり、社会的な信用が高いため、1人の学生では太刀打ちできない、泣き寝入りするしかないということが多いという問題があります。 関連記事 ・ ・ アカハラの基準 アカハラは教育現場での教員から学生に対して嫌がらせのことですが、実はアカハラかどうかはグレーな部分が多いのが現実です。 教員から学生に対しては、教育・指導が行われるので、教育・指導をどのように受け取るか、どのように行われるかによって、大学・学校で行われることはすべてアカハラになる可能性がありますし、逆に「あくまで教育・指導である」と主張すればどんなこともアカハラにならないこともあるからです。 先ほどご紹介した秋田大学の定義を見てください。 「客観的正当性のない嫌がらせ」としていますよね。 電気通信大学では「不当な言動」とあります。 一般的に、ハラスメントは意図的かどうかは関係なく、相手が不快に思い、精神的に傷つけばハラスメントは成立しますが、アカハラの場合は違います。 アカハラは、客観的に正当性がないと判断された場合にのみ成立します。 「不快」かどうかではなく、「不当」かどうかが基準になるのです。 客観的に正当性がないかどうかは、次のようなことで総合的に判断されます。 1.その言動は指導をする上で必要だったか(感情的になっていないか) 2.言動が指導の範囲を超えていないか 3.言動が陰湿だったり、高圧的ではないか 4.指導の場は適切か(みんなの前で罵倒するようなことはしていないか) 5.普段から教育環境に配慮はあったのか この5つの基準から、不当かどうか、客観的に見て正当性はないかを確認し、アカハラかどうかを判断されるのです。 大学におけるアカハラの事例 大学は閉鎖的な場所です。 特に、ゼミや研究室は閉鎖的で、外部から干渉される機会が少なく、さらに単位や卒論、研究などに直接関係するので、教員から学生に対してアカハラが起こりやすいのです。 大学ではどんなアカハラが起こっているのか、具体的な事例をご紹介します。 ここでの事例は、、、を参考にしています。 学習・研究活動の妨害 ・文献・図書や機器類を使わせない ・机を与えない ・研究費の申請を妨害する 卒業・進級の妨害 ・正当な理由なく単位を与えない ・不真面目だなどの理由で留年させる ・卒論を受け取らない 就職・進学等の選択権の妨害 ・本人が希望しない研究テーマを押し付ける ・進学や就職に必要な推薦書を書かない ・就職活動を禁止し、会社に圧力をかけて内定を取り消させる• 指導の放棄 ・卒論の指導を全くしない ・質問しても答えない 研究成果の搾取 ・学生の研究成果を自分のものにする ・助手の研究論文を無理に共著にさせる ・加筆しただけなのに、教授が第一著者となる 精神的な虐待 ・「お前はバカだ」のように暴言を吐く ・「こんな研究、幼稚園生の遊びだ」と非難する ・大勢の人がいる前で、大声で怒鳴りながら罵倒する 暴力 ・お酒の席で暴力をふるう ・普段から殴る、蹴るなどの暴力を行う 誹謗・中傷 ・「あいつは本当に使えない」などの批判を周囲の人に発言する ・事実に反したことを言いふらす 不適切な環境下での指導 ・不必要に長い時間に及ぶ指導 ・徹夜での実験を強制する 経済的な負担 ・研究費を学生にすべて負担させる ・実験に失敗したら、その費用は自費で負担させる 権力の濫用 ・先輩の実験を無償で手伝うことを強制する ・アルバイトを禁止する ・飲み会に参加しないと留年させる ・送り迎えを強要する ・自分の研究室を掃除しないと単位を与えない ・特定の宗教への入信を強制する プライバシーの侵害 ・彼氏の有無や家族構成を根掘り葉掘り聞く ・彼氏がいるとわかると、しつこいほど別れるように言う アカハラ加害者の2つの責任 最近は、アカハラの相談件数が増えてきています。 これは、大学でアカハラが横行していたけれど、今まではアカハラの被害を相談できる環境が整っていなかった。 でも、ここ数年でアカハラという概念の認識が広がったため、アカハラの被害者が「アカハラを受けています」と声を上げることができるようになったのです。 だから、大学や学校で働いている教員・職員は今までと同じようにしていても、突然アカハラで訴えられる可能性があります。 アカハラの加害者に課せられる可能性がある2つの責任を説明します。 民事上の責任 アカハラでは、民事上の責任を問われます。 アカハラでは、正当に教育を受ける権利を侵害され、それによって精神的な損害や経済的な損害を被っているのですから、加害者は損害賠償責任が生じるのです。 そのため、次のような訴えを起こされる可能性があります。 ・指導を受けていた助教授から教授との共著にするよう強要されたとして提訴 ・指導していた准教授が博士論文を受理せず、指導もしなかったことから将来を悲観して自殺した院生の両親が大学と准教授を相手に提訴 ・9人の学生に対し暴言や論文放置などをしたとして提訴 このようにアカハラで提訴される可能性があるため、大学の教員・職員は加害者にならないように気を付けなければいけません。 刑事上の責任 アカハラは、場合によっては刑事責任を問われることもあります。 アカハラのケースによっては、名誉毀損罪や侮辱罪、強要罪などが適用されることがあります。 そのため、アカハラをすると、刑事罰を受ける可能性があるのです。 アカハラの加害者にならないための4つの対策 アカハラは自分では意識していなくても、いつの間にか不当な指導・教育をしていて、アカハラの加害者になる可能性があります。 大学・学校の教職員は、アカハラの加害者にならないように、きちんと対策をしなければいけないのです。 教員は自分がアカハラ加害者になりやすい立場であることを認識する 大学や学校で働いている教員・職員は、自分がいつでもアカハラの加害者になる可能性があることを認識しておきましょう。 アカハラの加害者になる可能性があることをわかっていれば、学生に対しての接し方にも注意するようになりますし、不当な指導・教育を行わないように日ごろから気を付けることができるはずです。 ちょっとした気のゆるみがアカハラを招く可能性がありますので、アカハラを他人事と思わずに、教育現場で働いている以上、常にアカハラ加害者にならないように注意しなければいけないのです。 ハラスメントの研修に参加すること アカハラの加害者にならないための対策の2つ目は、ハラスメントの研修に参加することです。 最近は、どの大学もアカハラ、セクハラ、パワハラの防止に真剣に取り組んでいます。 ハラスメント防止の研修を行っている大学も多いので、できるだけそのような研修に参加するようにしてください。 どのようなことをすると、アカハラになるのか専門家の説明を聞いておくと、アカハラに対する意識が高まり、アカハラを防止することができます。 人権意識を強く持つこと アカハラの加害者対策、3つ目は人権意識を強く持つことです。 自分が指導する学生だからといって、なんでもして良いというわけではありません。 当たり前のことですが、学生にも人権はあります。 また、1人1人能力が違いますし、価値観も違います。 考え方が違います。 その違いをきちんと認めていかないと、アカハラは起こりやすくなるので、注意が必要です。 研究室でも、院生や助手はあなたの研究を手伝ってくれる存在ではありません。 彼らは彼らで研究をしているのです。 あなたが昔、教授や准教授からそのような扱いを受けてきたとしても、時代が違いますので、あなたはそのような扱いをしてはいけません。 人権意識を強く持つようにしましょう。 相手の立場に立ち、サインを見逃さないようにする アカハラの加害者対策、4つ目は相手の立場に立ち、サインを見逃さないようにすることです。 常に、相手の立場に立って物事を考えるようにすると、あなたの指導方法が万が一アカハラに該当しても、すぐに気づくことができます。 また、アカハラに該当することをしてしまった場合、相手が嫌がっている表情・態度に気づくことができれば、すぐに撤回して謝罪ができますが、相手のサインに気づかなかったら、アカハラはどんどん助長して、悪化してしまいます。 大学・学校の教職員は学生のサインを見逃さないようにしなければいけません。 アカハラの被害者にならないための4つの対策 学生はアカハラの被害者にならないように注意する必要もあります。 アカハラの被害者になると、適切な教育を受けることができませんし、精神的にも傷つきます。 さらに、将来に影響することもあるため、学生はアカハラの被害者にならないように、日ごろから対策をしておく必要があります。 勇気を出してNoと言う アカハラの被害者にならないためには、「No」と言う勇気を持ちましょう。 教授だから逆らえないというのはわかります。 でも、教授に言われたからと言って、すべてそれに従ってしまうと、アカハラはどんどん悪化していくのです。 「できない」、「それはアカハラ」、「さすがに無理」と思ったら、勇気を出して「No」とはっきり言いましょう。 Noと言えば、教授もそれで気づいてくれることがあります。 悪気がなくてアカハラをしていた場合、学生から「No」と言われれば、ハッと気づくことがあるんです。 他人のアカハラを見逃さない アカハラの被害者にならない対策の2つ目は、他人のアカハラを見逃さないことです。 もし、友人が教授や教員からアカハラと思われるような行為を受けていたら、見て見ぬふりをせずに、救いの手を差し伸べてあげましょう。 相談に乗ってあげるのも良いですし、ちょっとした助け舟を出して上げるのも良いですね。 他人のアカハラを見て見ぬふりをしていると、いつか自分にもアカハラの被害が及ぶ可能性もあります。 だから、同級生や同じゼミ・研究室の人がアカハラを受けていたら、見て見ぬふりをしないようにしましょう。 大学に相談する アカハラの被害者にならないためには、大学に相談するのも有効です。 アカハラを受けていると感じたら、大学のハラスメント相談室のようなところに相談しましょう。 先ほども言いましたが、最近はアカハラなどのハラスメントに真剣に取り組んでいる大学が増えていますので、大学に相談し、アカハラであることが認定されれば、大学側がすぐに動いてくれます。 訴えることを視野に入れて行動する アカハラの被害者にならない対策、最後は訴えることを視野に入れて行動することです。 Noと言ってもアカハラを止めてもらえない場合、民事で訴えることを宣言してしまうのも良いと思います。 大学教授は名誉のある仕事ですので、裁判を起こされるのは自分の名声を傷つけることになりますので、裁判を起こすと伝えただけで、相手にダメージを与えることができるのです。 また、黙っていると、「どうせ何もできないんだから」のように思われて、アカハラがどんどん悪化していきますが、裁判を起こすくらいの気概を持っていれば、なかなか手出しはできなくなります。 大学のアカハラについてのまとめ ・アカハラの定義は「不当」になるかが基準 ・アカハラの加害者にならないための対策 「教員は自分がアカハラ加害者になりやすい立場なのを認識する」「ハラスメントの研修に参加する」「人権意識を持つ」「相手の立場に立ってサインを見逃さないようにする」 ・アカハラ被害者にならないための対策 「勇気を出してNoといえる」「他人のアカハラを見逃さない」「大学に相談する」「訴えることを視野に入れて行動する」 アカハラの基準や事例、責任、加害者・被害者にならないための対策をまとめました。 アカハラは、立場が弱い学生が被害者になり、立場が強い教授などの教職員が加害者になります。 教育現場で働く人、また学生は加害者・被害者にならないように注意して、アカハラ対策をしていきましょう。

次の

関西大学アカデミック・ハラスメント事件

アカデミック ハラスメント 事例

教職員とは、常勤・非常勤、専任・契約・臨時等雇用形態を問わず、本学で就労する全ての者をいう。 なお、派遣職員や業務委託による者も含む。 学生とは、本学の学部生、大学院生、研究生、科目等履修生、聴講生など本学の教育を受ける全ての者をいう。 ハラスメントが本学構成員同士の関係において問題となる場合には、学外でのできごとであっても、また、勤務・授業・課外活動の時間外であっても、ガイドラインを適用する。 本学構成員と学外者との関係においてハラスメントが問題となる場合には、被害者の早急な救済という観点から、ガイドラインを準用して対応する。 本学を離れた場合でも、在学中又は在職中の被害について相談をすることができる。 ただし、相談が遅れたことがやむを得ない場合に限る。 ハラスメントの定義と解釈 説明• 上記Iについては、例えば、職務上の地位を利用して、又は教育上、研究上、雇用上の利益の代償若しくは対価として性的要求をすること、及び陰に陽に不利益な取扱いをすることをもって性的要求をすること(地位利用型、対価型)をいう。 上記IIについては、性的な言動によって職務に専念することができなくなる程度に就労上の環境が不快なものになること、又は学業に専念することができなくなる程度に修学上の環境が不快なものになること(環境型)をいう。 「不快感」の基準は、受けた側の性格や考え方、背景となる宗教・文化などによっても異なる。 行為者本人が意図するとせざるとにかかわらない。 行った側にセクシュアル・ハラスメントの意図がなくても、受けた側が不快に感じた場合には、受けた側の判断が尊重される。 以下のような事例は、セクシュアル・ハラスメントに該当する可能性がある。 言葉の問題として、例えば 容姿や身体の事柄に関する不必要な発言をしたり、性的な冗談を言ったり、あるいは、性的プライバシーに関する事項を聞いたりすること。 視覚的な問題として、例えば 身体をじろじろ見ることや、共用の場でわいせつなヌード画像などを閲覧したり、掲示したりすること。 行動として、例えば 性的なうわさを流したり、性的なプライバシーを侵害する情報を流布させること、身体に不必要に接近したり触れたりすること、執拗に食事やデートに誘ったり、つきまとったり待ち伏せること、本人の許可無く性的意図をもって画像を撮影するなど性的プライバシーを侵害すること、性的な内容の電話をしたりメールや手紙を送ること、あるいは、交際や性的関係を強要すること。 セクシュアル・ハラスメントは、異性間のみならず同性同士でもおこりうる。 また、性的指向又は性自認にかかわらない。 上記(2)及び(3)については、おおむね次のようなことが考えられる。 ここでは、アカデミック・ハラスメント及びパワー・ハラスメントの防止を図る観点から、それぞれの場面に応じて分かりやすく示すこととする。 教育上の問題例 ・ゼミなどにおける必要な指導・教育の拒否や放棄 ・客観的に見て著しく過大なレポートなどの課題の押し付け• 研究上の問題例 ・研究費の執行に際し、正当な理由なく承認しないなどの研究妨害 ・指導している学生の研究成果を不当に自分の研究成果とすること• 職務上の問題例 ・職務上義務のない業務の強要 ・恣意的に仕事を与えないこと、あるいは過大な業務の強要• 全般的な問題例 ・人格を否定するような暴言 ・相手方をおとしめるような誹謗中傷や噂の流布• 行為者本人が意図するとせざるとにかかわらない。 行った側にアカデミック・ハラスメントやパワー・ハラスメントの意図がなくても、受けた側が不利益、環境悪化と感じた場合には、受けた側の判断が尊重される。 「不利益」とは、精神的・身体的損害を含むものであり、また、「環境を悪化させる」とは、その言動によって就学・教育・研究又は就労・職務遂行に専念することができなくなる程度に環境が悪化することをいう。 アカデミック・ハラスメント及びパワー・ハラスメントと正当な理由のある厳格な指導・指揮命令とは区別されなければならない。 そのためにも、教育・研究上又は職務上優越的な地位にある者においては、その指導等を受ける立場の者との間で、相互の人格を尊重した日常的なコミュニケーションを通じて相互理解を深めていく取組みが重要である。 職場において、上司や同僚などにより、妊娠・出産・育児等をする した ことが業務上支障をきたすかのように、本人に対して精神的・肉体的な嫌がらせ等を行うことは、就業環境の悪化につながるものである。 例えば、次のようなことが考えられる。 妊娠・出産に関する休業や母性健康管理上の勤務時間短縮などの各種制度等の利用の相談や申出に対して、上司や同僚などが、請求しないように言ったり不利益な取扱いを示唆したりする言動、また、利用したことに対して、繰り返し又は継続的に嫌がらせを言ったりする言動。 妊娠したこと又は出産したことを事由に、上司や同僚などが、不利益な取扱いを示唆したり、繰り返し又は継続的に嫌がらせを言ったりする言動。 育児・介護に関する各種制度等の利用の相談や申出に対して、上司や同僚などが、請求しないように言ったり不利益な取扱いを示唆したりする言動、また、利用したことに対して、繰り返し又は継続的に嫌がらせを言ったりする言動。 上記(5)については、上記の(1)から(4)のそれぞれのハラスメントの個別類型に直ちに該当するものでなくても、本学はハラスメントを決して容認しないという基本姿勢の観点から、これに準ずる不適切な言動やこれに類する言動もハラスメントとして取り扱うというものである。 ここでいう被害者とは、ハラスメントを受けたと考えている者、あるいはハラスメントによって職務の遂行や学習の遂行を妨げられていると考えている者をいう。 ここでいう相談とは、相手方の処分を求めない、被害者本人が、人権コーディネーターに対し、適切な助言やその他の支援等を求めることをいう。 相手方の処分を求める場合は、「6.人権委員会による被害者支援と相手方の処分」による。 ここでいう支援とは、被害者の求めに応じ、人権コーディネーターが被害者の話しを聴くこと、適切な助言をすること、関係窓口や外部機関等に同行すること等をいう。 なお、相手方の処分を求めることは含まない。 学生課、学生相談室、研究課、医務室及び学習センターを窓口とする。 これらの窓口は人権コーディネーターへの取次ぎを行う。 被害者は、4の窓口を経由せず、直接人権相談室に連絡し、人権コーディネーターに相談することができる。 ハラスメントの支援を求めることは、その者自身の人としての尊厳を傷つけられたことを訴えることであり、他者に内容を話すこと自体、きわめて勇気のいることである。 ハラスメントの支援を求めた者が、たらい回しにされたり、複数回同じ話をさせられたりすることは避けなければならない。 このような事態を避けるために、特定の者が一貫して事案を取り扱うことができる仕組みを準備しておく必要がある。 ハラスメントの被害者又はその事実を把握した第三者は、人権委員長に対して、相手方の処分を申し立てることができる。 人権委員長が人権コーディネーターからハラスメントに関する相談・支援の申し出を受けた旨作成した報告書を受け取った後は、以下の手続をできる限り速やかに行わなければならない。 委員長は人権委員会を開催し、報告書に基づき、速やかに必要な調査を行い、被害者に対する援助及び必要な措置を定め、さらに法令や別に定める防止規程に則り、相手方に対する処分手続を進めるか否かの意見を決定する。 委員会は、iにおいて処分手続を進めるべきとの意見を決定したときは、直ちに人権コーディネーターにその旨を通知するとともに、委員会としての報告書を作成して、学長に報告する。 人権コーディネーターは、処分手続においても被害者の支援を行うことができる。 ハラスメントに対する対応としては、被害者の支援をすることが第一であるが、同時に、ハラスメントを容認しない本学は、それを行った者を処分することもまた、このような言動を防止するために必須の手段と考える。 とりわけ、地位を利用したセクシュアル・ハラスメント、地位を利用したアカデミック・ハラスメントやパワー・ハラスメント等に関しては、それが服務規律違反に該当し、処分の対象となる行為とされなければならない。 また、性的関係の強要等をはじめ特に悪質な行為については懲戒解雇・退学というきわめて重い処分が課せられるべきである。 処分の対象となる言動の要件及び処分の内容については、教職員の場合は、「東京経済大学教職員のハラスメントの防止等に関する規程」による。 学生の場合は、個別の案件を精査し、本ガイドラインや学則等に照らしたうえで、その言動が学生の本分に反する行為であると認められる場合に処分の対象となる。 人権委員会は、啓発用のパンフレットを作成する。 人権委員会は、学生に対し、関連委員会と連携し、ハラスメントの内容、問題点、対応の方法及びハラスメントに対する本学の取組みについて、オリエンテーションや講義あるいは啓発活動等を通じて、理解を促す。 人権委員会は、教職員に対して、ハラスメントの内容、問題点、ハラスメントに対する本学の取組み等について理解を深めるよう、啓発活動を行う。 人権委員会は、役職者や管理職等に対しては、ハラスメントの問題が発生した場合に、これを単なる個人的問題として、その苦情を放置したり、事実を認めなかったり、ささいなこととして大目に見たりするなど、消極的な対応により問題をより重大かつ深刻なものとさせないよう、啓発活動を行う。 啓発活動は、以下のことを目的として行う。 ハラスメントの防止のためには、それを許さない全学的な土壌が前提となることを理解させる。 どのようなことがハラスメントにあたるかという理解を徹底させる。 ハラスメントは、性差別のみならずさまざまな差別に起因すること、あるいは文化の多様性や人権に対する理解の不足に起因することを理解させる。 大学におけるハラスメントが、教育・研究に対する権利や働く権利を侵害するという本質を理解させる。 本学のハラスメントに対する政策やガイドラインを理解させる。 啓発用のパンフレットでは、事例などを含めながら、ガイドラインをわかりやすく解説する。 啓発活動に当たり、ハラスメントの発生防止とともに、発生した場合の仕組みについても広報に努めるものとする。 処分等の公表• 窓ロ ハラスメントについて相談のできる窓口は、学生課、学生相談室、研究課、医務室、学習センターです。 窓口は人権コーディネーターに連絡をとるだけで、内容には立ち入りません。 また、窓口を通さずに、被害を受けた本人が直接人権コーディネーターに相談をすることも可能です。 人権コーディネーター 特別なトレーニングを積んだ専門家で、カウンセラーやソーシャルワーカーのような役割を担います。 学内の職員とは一線を画した立場で、被害を受けた人の相談に対応します。 また、必要に応じて様々な機関や専門家とも連絡を取りながら、あくまでも被害を受けた人の側に立った援助に努めます。 人権委員会 4名の教員と3名の職員から構成され、ハラスメントに関わる手続のすべてに責任を持ちます。 人権コーディネーターと協力し、ハラスメントを起こさないための予防・啓発活動を行います。 ハラスメントが起きた場合には、被害者には人権コーディネーターが対応しますが、人権委員会はその他の必要な調査を行い、被害の救済及び加害者の処分など必要な措置を行うよう学長に答申します。

次の