ほしい 敬語。 「見てください」の正しい敬語の使い方|手紙/ビジネスなど

間違いも多い「行ってください」の意味と敬語表現・使い方と例文

ほしい 敬語

送ってくださいは、「ください」がつくので一見敬語のように見えますが、ビジネスシーンでは「送ってください」という表現はあまりおすすめできません。 相手に何かを送ってもらうときは、「ご送付ください」という表現にした方が失礼にあたりませんので、こちらの表現を使うようにしましょう。 上記でご紹介した「ご送付ください」よりもややくだけた感じになりますが、「送ってください」と書くよりも丁寧になります。 「ご送付ください」という表現がやや堅苦しいかもしれない、と感じたときは「お送りください」という表現で文章を書いた方が良い印象を与えることができます。 送ってもらうものが郵便物の場合に限る表現ですが、送ってもらう必要がある場合は、「送ってください」よりも「ご郵送ください」と表現した方が印象が良くなります。 郵送するとなると、郵便局もしくは宅配業者に依頼しに行く手間を相手にかけることになります。 なのでご郵送くださいという文言の前に一言「お手数おかけしますが」など相手に対して気づかいをする表現を入れておくとより印象が良くなるでしょう。 いただけますでしょうか、という表現と「お」という丁寧表現を追加することで、より丁寧な印象を与えることが可能になります。 「ご送付ください」や「ご郵送ください」に比べると、やや稚拙な表現ですが「送ってください」という文言よりは丁寧な表現になります。 送ってもらう相手に送ってもらえるかどうかわからないときに、訪ねる表現としても使用できるでしょう。 送ってください、という表現を使わずに「ご送付」という表現を使うことで、よりビジネスシーンらしい表現にすることができます。 また、語尾を謙譲語にすることでより丁寧な言い回しにすることが可能です。 「メールに添付してご送付ください」の丁寧表現• ・メールに添付してご送付いただけますでしょうか• より丁寧に表現する場合は、語尾に「いただけますでしょうか」「いただきたく存じます」といった文言をつけると良いでしょう。 どの程度丁寧にするかは状況に応じて使い分けるようにしてください。 「下記住所までご送付ください」の丁寧表現• ・下記住所までご送付いただけますでしょうか• 郵便物を物理的に送って欲しい、送ってもらうときの表現としてよく使われます。 より丁寧に表現したいときは、「ご郵送いただけますでしょうか」など丁寧語の表現も使うと良いでしょう。 「返信用封筒にてご郵送ください」の丁寧表現• ・返信用封筒にてご郵送いただけますようお願い申し上げます• 期限までに郵送してもらいたい郵便物がある場合によく用いられる表現です。 より丁寧な表現としては「期限までご郵送いただけますようお願い申し上げます」などがあります。 「期限までにご郵送ください」の丁寧表現• ・期限までにご郵送いただけますようお願い申し上げます• 語尾に「いただけますでしょうか」とつけることで、より丁寧な印象を与えることができます。 ビジネス文書の形式を指定するときなどによく用いられる表現です。 「ワードでお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・ワードでお送りいただけますようお願いいたします• 何かしらのアンケートや質問票を贈った時の回答を送って欲しいときに、よく使われる表現になります。 もう少しくだけた感じの文章にしたいときは、「お送りください」だけでも良いでしょう。 「回答をお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・回答をお送りいただけますと幸いです• ファイル形式を指定してファイルを送って欲しいときの表現としてよく使われる文章です。 丁寧な印象を与えたいときは語尾を「いただけますでしょうか」や「いただけますと幸いです」といった表現にすると良いでしょう。 「メールで圧縮してお送りください」の丁寧表現• ・メールで圧縮してお送りいただけますでしょうか• 送付期限があるときによく使われる表現です。 語尾の表現には「いただきたく存じます。 」「いただけますと幸いです。 」などがあります。 状況によって使い分けると良いでしょう。 「期日までにお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・期日までにお送りいただきたく存じます• 送り届けるという表現も、送ってくほしいという意味の表現です。 送り届けるの敬語表現としては、「送り届けていただけますでしょうか」などがあります。 「送り届けてください」の例文• ・誕生日までに送り届けてください• ビジネスシーンで使われることはあまりありませんが、送ってもらいたいものがあるときに使われる表現のひとつです。 芸術的な文章表現や歌の歌詞などに使われることが多いでしょう。 「差し出してください」の例文• ・あなたのハートを差し出してください• こちらもビジネスシーンや丁寧な文章を要求される場面では、使われることがない表現です。 どちらかといえば日常会話で多く用いられます。 「そこのティッシュをこっちによこして」などの使われ方が多いでしょう。 「よこしてください」の例文• ・醤油をこっちによこしてください• 「郵送してください」と意味が同じで、郵便物を送って欲しいときに使われます。 丁寧な表現としては「ご発送ください」や「ご発送いただけますでしょうか」などがあります。 「発送してください」の例文• ・指定された期日までにご発送ください• 移送というと、A地点からB地点まで移動させるという意味合いがあります。 こちらの手元に送って欲しいというより、物を移動させてほしいときに使われる表現です。 「移送してください」の例文• ・A工場まで移送してください• ・大阪まで移送してください また、下記の記事は「ご連絡差し上げます」の敬語表現について書かれた記事です。 「ご連絡差し上げます」の敬語表現のほか、「ご連絡申し上げる」や「ご連絡いたします」の使い方についても紹介されています。 「ご連絡差し上げます」の使い方について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語を使う時の注意点は? 「送ってもらう」の丁寧語を使うときは「ご送付」「ご郵送」を使う ビジネスシーンで「送ってください」を丁寧な表現で使うときは、「ご送付」や「ご郵送」といった単語を使うようにしましょう。 より丁寧で失礼のない文章を書くことができます。 状況に応じて「いただけますでしょうか」「いただければ幸いです」などの語尾にするとより印象が良くなります。 「送ってもらう」の敬語は状況に応じて表現を変える ビジネスシーンであっても、状況に応じて丁寧な文章を使い分けることが大切です。 過剰に丁寧な言い回しをし過ぎても違和感を覚えられることがあります。 適度に丁寧な言い回しをして、印象の良い敬語を使えるようになりましょう。 また、下記の記事は「どういたしまして」の語源と意味について紹介した記事です。 語源や意味のほかにも、類語や「どうたしまして」の使い方、敬語での言いかえについても紹介されています。 「どういたしまして」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語表現は「ご送付ください」を使おう 「送ってください」は「ください」が語尾についているので、一見敬語表現に見えます。 しかし、口語表現では大丈夫でも、ビジネスシーンなどでメールに文章を書くときにはあまりふさわしい表現ではありません。 「送ってください」という意味の文章をビジネスメールで使う場合は、「ご送付ください」や「ご郵送ください」といった表現を使うようにすると、メールを受け取った側の印象が良くなるでしょう。 また、下記の記事は「お変わりございませんか」の例文と、敬語表現などを紹介した記事です。 例文や敬語表現のほか、手紙やメールでの返事の書き方についても書かれています。 「お変わりございませんか」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の

「欲しい」はビジネス敬語で「頂戴したい」?メールと英語例文も

ほしい 敬語

相手に何かして欲しい時、なんと言いますか? 「~してください」 単純に考えるとこうですよね。 ですが、この「~ください」という形、「命令に聞こえる」と言われることも多いのです。 「~ください」という側の気持ちとしては、もちろん命令ではなくお願いしているわけです。 「~してね!」などと言うよりも丁寧に、「ください」と敬語を使っているつもりです。 でも、それが上から目線の命令に聞こえてしまっては逆効果ですよね。 本当に「~ください」は命令の言い方なのか、代わりになんと言えばいいのか、よく確認しておきましょう。 今回は、「~ください」は命令に聞こえる?~してほしい時の敬語表現は?【例文つき】についてご説明いたします! 目次• 「~ください」は命令形? 結論から言うと、「~ください」は命令形です。 動詞「くださる」の命令形となります。 驚いた人もいるかもしれませんね。 命令形というのは、普通は「~しろ!」とか「~しなさい!」、あるいは「行け!」「書け!」「見ろ!」みたいな、いわゆる命令ですよね(笑)。 ですが、「~ください」は命令ではなく、お願いする、依頼する意味で敬語のつもりで使っていると思います。 なぜ命令形を敬語として使うのか? 実は、「~ください」は「くれ」の尊敬語なのです。 そのため、「~(して)くれ」というよりも「~ください」と言ったほうが尊敬の意を表すだろうということで、多くの人が使っていると思います。 「電話してください」「添付してください」「送ってください」「教えてください」などなど、「~ください」はビジネスシーンでも頻繁に使う機会のある言葉ですよね。 「~ください」は依頼や要望を表す言葉なので、同僚や親しい先輩などに対してはこれで十分かもしれません。 ですが、社外の人や目上の方に対してこのように言うと、命令口調のように受け取られるかもしれませんよね。 あとで述べますが、他のもっと丁寧な言い方にかえたほうがよいでしょう。 「~ください」は「くださる」の命令形「くだされ」の音変化であると言われています。 また、「くださいませ」の略であるとも言われています。 「~してください」「来て下さい」「見てください」などという使い方は、「ください」を使っていて丁寧語ではありますが、敬語とは言えません。 親しい関係の人や、買い物の時の店員さんとのちょっとしたやりとりなどにはこれで十分ではあります。 ですが、ビジネスシーンで仕事相手に使うには不十分です。 そのような時は、 「~なさってください」「お越しください」「ご覧ください」、あるいは「お電話ください」「ご検討ください」のように、 「~ください」の前にも尊敬語を使うことで「~ください」も敬語として使うことができます。 (買い物で)ショートケーキを三つ、持ち帰り用にしてください。 (恋人に)結婚してください。 (ビジネスシーンで)お手元の資料をご覧ください。 こちらまでお電話ください。 どうかお許しください。 「~ください」と「~下さい」の違い 「~ください」を「~下さい」と書くことがありますよね。 この「ください」と「下さい」には実は違いがあります。 「ください」は相手に何かの行動を促す、依頼するとき• 「下さい」は相手から何か物をもらいたいとき に使うと言う点です。 つまり何かをしてほしい時は「~ください」とひらがなで、「水を下さい」「メモ帳を下さい」など、実際に物がある時には「下さい」と漢字で書くのです。 じゃあ「時間をください」「思い出をください」というような形のないものが欲しい時はどうするのか?という話になりそうですね(笑)。 ちょっと使い分けがややこしいせいか、最近ではどちらもひらがなで書くように統一されてきているようです。 本来はこのような違いがあると、知識として知っておきたいですね。 ~してほしい時の敬語表現は? 「~ください」は、使い方によっては、また相手の受け取り方によっては命令的になってしまうので注意が必要な言葉でしたね。 では、相手に何かしてほしいとき、「~ください」をどのように言いかえればよいのでしょうか。 いくつかあげてみましたので、例文で使い方を確認してくださいね。 「~いただけますか」 「~ください」の代わりに「~いただけますか」と相手の意向を尋ねる形にすることで、より丁寧な敬語とすることができます。 「~ください」と言い切りの形にするとどうしても命令口調に聞こえてしまいますが、「~いただけますか」と尋ねることで婉曲に依頼ができるわけです。 疑問形で丁寧な依頼を表す言い方には• いただけますか• くださいますか• よろしいでしょうか などの形があります。 【例文】• お手元の資料をご覧いただけますか?• 恐れ入りますが、品番を教えてくださいますか?• ご連絡先を伺ってもよろしいでしょうか? ただし、相手にたずねる形で依頼する、とは言っても• ~してもらってもいいですか というのは間違いです。 自分が何かをしてもらう、ということを依頼しているということになりますのでおかしいですね。 若い人がよく使いがちな間違った敬語ですので気をつけましょう。 「~をお願いいたします」 「~ください」の代わりに「~をお願いいたします」とすると、相手に願い出るという形になります。 これも「~ください」よりも婉曲で丁寧な敬語になります。 お願いいたします• お願い申し上げます• 願います などの形があります。 【例文】• ご確認をお願いいたします。 こちらにご記入願います。 ご指示いただきますようお願い申し上げます。

次の

敬語をビジネスシーンで正しく使う!言葉遣いの一覧や注意点 [ビジネスマナー] All About

ほしい 敬語

あなたは、どのような場面で「ご承知おきください」の表現を使いますか。 自分が説明する内容に対して、「知っておいてほしい」という意味合いで使うことが多いのではないでしょうか。 では、敬語としての「ご承知おきください」を細かく紐解いて、正しい使い方について考えてみましょう。 「知っておいてほしい」の丁寧語 敬語には3種類あります。 尊敬語は目上の人の行為などを一段高くして表現する敬語です。 「おっしゃる」などが尊敬語です。 謙譲語は、自分の行為などを言う時に一段低く表現する敬語です。 「申す」「いたす」などが謙譲語です。 丁寧語は「です」や「ます」を語尾につけて、丁寧な言い方をする敬語です。 「ご承知おきください」はどの分類になるでしょうか。 「~ください」の表現は丁寧語ですが、「ご承知」はどうでしょうか。 「ご承知おきください」は正しい敬語か 「承知する」の「承」は「承る(うけたまわる)」ということで、これは謙譲語です。 「承知しました」とうのは相手の言ったことが「わかりました」、相手の言ったとおりに「いたします」という意味で謙譲語として使う場合は問題ありません。 謙譲語としての「承知いたしました」は使えますが、目上の相手に対して「ご承知おきください」と言ったら、「承知」に「ご」という尊敬を示す接頭語がついていても尊敬語にはなりません。 取引先や上司に使うと失礼にあたる 尊敬語ではない「ご承知おきください」という表現は、したがって、目上の人にお願いするために使う表現としては不適切だと言えそうです。 それでは、目上の人にお願いするにはどのような言い方が適切か、いくつか例を挙げて考えてみましょう。 目上の人への「ご承知おきください」の言い換え 「ご承知おきください」は、目上の人にそのまま使って良い言葉ではありません。 「ご承知おきください」と同じ意味で使うことのできる敬語表現はないのでしょうか。 次に、いくつか「ご承知おきください」の言い換え表現をあげてみることにします。 それぞれの言い方について例文もつけておきますので参考にしてみてください。 「お含みおきください」 「ご承知おきください」というのは、言葉の意味としては「覚えておいてください」ということです。 そのものズバリ「覚えておいてください」などと目上の人には言えません。 そこで「お含みおきください」という言い換え表現を提案します。 敬語表現の特徴の一つは、事実をすこしぼかして表現することです。 「覚えておく」を「含みおく」とぼかした表現にして「お含みおきください」とすれば、丁寧に伝えることができます。 」 「大変恐れ入りますが、18時以降にいただくメールの返信は翌営業日になりますことを、お含みおきください。 」 「ご了承ください」 「承る」という文字が入っている表現ですが、「承知する」と「了承する」では謙譲語と尊敬語で区分が異なります。 「了承する」という表現は「相手の言うことを理解し納得した上で承知する」という意味になります。 目上の人に対して「了承しました」と言うのは不適切ですが、「ご了承ください」とお願いするのは適切な表現です。 「ご了承ください」の例文 「来週の定例ミーティングは、参加人数の増加により会議室20から第1会議室に変更になりましたので、ご了承ください。 」 「先日お伝えした通り、今後のご連絡はメールにてお送りさせていただきますので、ご了承くださいませ。 」 「ご容赦ください」 「知っておいてほしい」と伝えたい内容が相手に迷惑をかけそうな場合には、「迷惑をかけるかもしれないので事前に知っていてほしい」「許してほしい」という意味合いを込めて「ご容赦ください」を使う場合もあります。 あることに対して「許容し」「赦して」もらうことをお願いするので、尊敬語として取引先など目上の人に対して使用するのに適切な表現と言えます。 状況に応じて使い分けてみましょう。 ご不便をおかけしますが、何とぞご容赦くださいますようお願い申し上げます。 」 「5月連休中は繁忙期につき、連絡がつながりにくくなることがあります。 ご不便をおかけいたしますが、ご容赦くださいますようお願いいたします。 」 「何卒お願い致します」 「ご承知おきください」のもとの意味からすると「覚えておく」「知っておく」という言い方の適切な敬語表現にすることが考えられるので「お含みおきください」や「ご了承ください」が言い換え表現の候補になりました。 「ご承知おきください」が何を言いたいのかを考えて、少し発想を変えた言い換えを考えてみます。 「何卒お願い致します」の例文 「これから私が貴社の担当者になりましたので、何卒よろしくお願い致します。 」 「ご依頼の見積書をお送りいたします。 〇〇のお見積もりも追加いたしましたので、何卒よろしくお願い致します。 」 「敬語「そのまま使える」ハンドブック」は多種多様な状況・相手への挨拶に始まり、「対応に困った場合の敬語」など、ビジネスシーンで「そのまま使える」敬語表現が豊富に掲載されています。 Kindle版もあるので、通勤時間などの隙間時間にも読めて便利です。 敬語を使っているつもりでも、その使い方を間違えるとかえって相手に失礼になってしまいます。 「ご承知おきください」は間違えやすい敬語表現ですので、注意してください。 言葉は、その人の気持ちや人格を表すものですが、より適切な言い方ができるようになるためには、それなりに勉強しておく必要があります。 日本語独特の敬語表現が正しくできるように、日頃から心がけてみてください。 「知っておいてください」の敬語表現とは 目上の人に「知っておいてください」とお願いするのは、ビジネスシーンではよく遭遇する場面ですが、意外と正しい敬語表現で「知っておいてください」を伝えるのは難しいです。 ここで挙げた、「お含みおきください」「ご了承ください」については、下のリンクでより詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

次の