鬼滅の刃 いそうな柱。 鬼滅の刃ネタバレ190話最新確定!義勇実弥悲鳴嶼も赫刀で無惨を追い詰める?

【鬼滅の刃】『柱』の名前と由来は?『柱』は何人?

鬼滅の刃 いそうな柱

『柱』とは、鬼を滅する組織『鬼殺隊』の最高位の剣士たちのことを指す。 その剣士が使用している呼吸に応じて『水柱』『炎柱』のように名称が変わる。 柱となった者の日輪刀には「悪鬼滅殺』という字が刻まれる。 他の位の隊員とは比べ物にならないほどの力を持っている。 実質、上弦の鬼を相手できるのは柱だけである(炭治郎は猗窩座と戦った時には『柱と同等』と評されており、それ以前は柱のサポートがなければ到底敵わなかった)。 しかし、柱でも上弦の鬼を100年以上倒せておらず、炭治郎・善逸・伊之助・宇髄が初めて上弦の鬼を倒した剣士である。 『鬼滅の刃』に登場するキャラクターの中で、一際異彩を放っているのが柱の隊員である。 初登場時では過激な発言や奇怪な行動をしており、その人間性が疑問視された。 しかし、深く掘り下げられると、過酷な過去を持ちながらも、身を挺して戦っている者が多く、ファンから大人気のキャラクターとなった。 左右で柄が違う羽織を着用している。 炭治郎が鬼舞辻無惨に家族を惨殺され、鬼となった禰󠄀豆子と山を降りようとした時に現れた。 鬼となった禰󠄀豆子を問答無用で斬り捨てようとしたが、炭治郎の決死の行動と、鬼になっても自分を律して人を喰べようとしない禰󠄀豆子を見て刀を収める。 そして二人を鬼殺隊の隊員を育てる『育手』の鱗滝左近次のもとへ導く。 義勇も鱗滝に師事している。 鬼に家族を殺され、天涯孤独となっていたところを鱗滝に拾われて鬼殺隊に入った。 表情に起伏がない上に無口。 そして単独行動を好む。 その協調性の無さから、他の柱に嫌われているらしい。 こういった行動は、義勇の過去の経験に原因がある。 クールな義勇だが、どこか抜けている一面を持っている。 蟲柱である胡蝶しのぶから、他の柱から嫌われていることを告げられた時は、「俺は嫌われてない」と否定し、全く自覚していなかった。 ナチュラルに煽ってしまうこともあり、柱の中でも凶暴な不死川実弥とは揉めることが多かった。 しかし、義勇は「俺は上手く喋れなかったし、不死川はずっと怒っていたから」と言い、原因を把握していなかった。 嗅覚に優れる炭治郎が不死川の好物がおはぎだと見抜いた時には、「今度から懐におはぎを忍ばせておいて、不死川に会う時あげようと思う。 そうしたらきっと仲良くなれると思う」と発言して笑った。 そんなキャラではない不死川にそんなことをしたら揉めるのは必至である。 炭治郎と同じく鱗滝左近次に師事しており、炭治郎の兄弟弟子である。 『水の呼吸』は本来十の型しかないが、義勇は独自に『拾壱ノ型 凪』を編み出している。 使用する呼吸:蟲の呼吸 誕生日:2月24日 年齢:18歳 身長:151cm 体重:37kg 出身地:東京府 北豊島郡 滝野川村(現:北区 滝野川) 趣味:怪談話 好きな物:生姜の佃煮 蟲の呼吸の使い手で、蟲柱。 蝶の髪飾りと、蝶の羽を模した羽織を着用している。 善逸が「それ(容姿)だけで食べていけそう」というほど美人である。 那多蜘蛛山での戦いで初登場となった。 幼少期に鬼によって家族を惨殺された。 そこを鬼殺隊の隊員に助けられ、姉に胡蝶カナヲと共に鬼殺隊へと入った。 しかし、姉は上弦の弐である童磨に殺害されてしまう。 姉は「鬼と仲良くしたい」という考えを持っており、しのぶはその意思を受け継ごうとする。 しかし、鬼への憎悪を払拭できず、カナヲの意思は歪な形でしのぶに受け継がれている。 那多蜘蛛山で鬼に命乞いをされた際には、「正しく罰を受けて生まれ変わるのです。 そうすれば私たちは仲良しになれます。 」と笑顔で話し、目玉をほじくり出したり、腹を切って内臓を引き摺り出したり、拷問を行おうとした。 自身の考えが歪んでいるのは自覚しており、炭治郎に鬼への憎悪が捨てられないことを打ち明けた。 その際、鬼の境遇を理解して同情する炭治郎に、「自分の代わりに君が頑張ってくれていると思うと私は安心する。 気持ちが楽になる。 」と話した。 か細い女性であり、柱の中でも最も非力である。 鬼の頸を斬り落とす力を持っていないが、鬼が嫌う藤の花から抽出した毒で鬼を滅する。 この毒はしのぶが独自に作り上げたものである。 鬼の頸を刎ねる必要がないので、しのぶの日輪刀は刀の中間部分だけが極端に細く、先端が鉤爪のようになっている。 この部分を敵に刺して毒を注入する。 刀を鞘にしまう際に毒の配合を変えることができる。 その際には「バチン」という特殊な音がなる。 鬼と戦う場合には頸を斬らなければならない為、ほとんどの呼吸の技が切断する技になっているが、しのぶが使う蟲の呼吸は刺突技が多い。 医学にも精通しており、しのぶが所有する『蝶屋敷』では鬼殺隊士の手当てが行われている。 炭治郎たちも那多蜘蛛山での戦いの後に蝶屋敷へと運ばれた。 それ以降、炭治郎たちにとって蝶屋敷は拠点のような場所になっている。 それ故、しのぶと炭治郎たちの距離は近く、母親のことを忘れてしまっている嘴平伊之助は、しのぶのことを母親と重ね合わせていた。 継子に炭治郎と同期である栗花落カナヲがいる。 カナヲは親が人買いに売り渡されており、しのぶとカナエが保護した。 使用する呼吸:炎の呼吸 日輪刀の色:赤 誕生日:5月10日 年齢:20歳 身長:177cm 体重:72kg 出身地:東京府 荏原郡 駒沢村(現:世田谷 桜新町) 趣味:能や歌舞伎、相撲観戦 好きな物:さつまいもの味噌汁 炎の呼吸の使い手で、炎柱。 金髪に所々赤みがかった髪。 炎を模した羽織を着用している。 炭治郎が鬼となった禰豆子を連れていたことが議題となった柱合会議で初登場となった。 単純明快な性格をしている。 むしろ真っ直ぐすぎて少しズレてさえもいる。 柱合会議で炭治郎が無惨を倒すと息巻いて産屋敷耀哉に「今の炭治郎にはできないからまず十二鬼月を一人倒そうね。 」と冷静にツッコミをいれられた時、ほとんどの柱が笑いを堪えていたが、煉獄だけは「うむ!いい心掛けだ!」と感心していた。 その後、『ヒノカミ神楽』のことを聞きにきた炭治郎に「うむ!そういうことか!だが知らん!『ヒノカミ神楽』という言葉も初耳だ!この話はこれでお終いだな!」と即座に話を終了させた。 そして、会って間もないにも関わらず「俺の継子になるといい。 面倒を見てやろう!」と炭治郎を継子へと誘った。 剣士としての腕前は超一流。 煉獄が敗れた際には、多くの柱たちがその事実を簡単に信じられずにいた。 炭治郎達と共に、無間列車にて下弦の壱である魘夢と戦い、そして続け様に上弦の参である猗窩座との戦いを繰り広げた。 炭治郎、善逸、伊之助に多大な影響を与えた人物である。 使用する呼吸:音の呼吸 誕生日:10月31日 年齢:23歳 身長:198cm 体重:95kg 出身地:不明 趣味:嫁と温泉巡り、秘湯探し 好きな物:ふぐ刺し 音の呼吸の使い手であり、音柱。 左眼の独特な紋様や、輝石がついた額当てが特徴。 遊郭へ潜入するために女性の鬼殺隊員を探しており、『蝶屋敷(しのぶが持つ屋敷。 隊員の治療施設)』にいる女の子を無理やり連れて行こうとしていた。 そこを炭治郎たちに見つかり、罵声を浴びせられる。 女性の代わりに炭治郎たちが遊郭に同行することになる。 その先で上弦の陸と遭遇し、戦うことになる。 忍だったが、今は抜け忍となっている。 元忍という経歴を持っているのに、大の派手好き。 炭治郎たちには「派手を司る神」「祭りの神」と自称した。 その突拍子な発言に、善逸は「アホを司っている」と思っていた。 伊之助と同じようなノリを持っているが、伊之助が「俺は山の王だ。 よろしくな祭りの神。 」と挨拶した時には「何言ってんだお前…気持ち悪いやつだな。 」と引いていた。 それに対し善逸から「どっこいどっこいだろ!」とつっこまれていた。 髪が見えずに判断しづらいが、端正な顔立ちをしており、妻が三人いる。 それを知った善逸からは大きく顰蹙を買った。 特に妻のことが知れた時の反応は凄まじく「三人!?嫁…さ…三!?テメッ…テメェ!!なんで嫁三人もいんだよざっけんなよ!!」と言われ、鉄拳制裁を下した。 妻は全員元くノ一である。 妻である「須磨」「まきを」「雛鶴」のことを大切に思っており、任務よりも自身の命を大事にするように命じている。 忍の一族が衰退していくことに焦った父から過酷な訓練を課される。 その訓練で9人いた姉弟が7人死亡した。 生き残った弟は、部下を駒としか思わず、妻は後継を生むためなら死んでも良いと思っていた。 他人の意思を尊重せず、感情がないその様は、父親そっくりだった。 宇髄は、父や弟のような人間になりたくないという一心で抜け忍となった。 その後、鬼殺隊の長である産屋敷耀哉に拾われる。 産屋敷耀哉は、自身の過去を否定しながら人の命を守る戦いに身を置く宇髄に感謝の言葉を述べた。 それは、命をかけて当然、全てのことを出来て当然、矛盾や葛藤を抱える者は弱者、という環境で育った宇髄の心を強く打った。 鎖で繋がれた2本の日輪刀を使って戦闘を行う。 他に強力な爆薬を使用する。 使用する『音の呼吸』は、斬撃時に爆薬を使って爆発を引き起こす。 忍であったゆえに毒に耐性を持っている。 しかし、毒が効かないわけではなく、毒の回りが遅い、という程度の能力である。 『譜面』という独自の先頭計算式を持っている。 『譜面』は、敵の攻撃や行動を音に起こす。 時間がかかるが、完成すれば敵の行動や隙を先読みすることができる。 使用する呼吸:恋の呼吸 誕生日:6月1日 年齢:19歳 身長:167cm 体重:56kg 出身地:東京府 麻布區 飯倉(現:港区 麻布台) 趣味:料理、メンコで負け知らず 好きな物:桜餅 『恋の呼吸』の使い手で、恋柱。 露出の多い隊服に、頭頂部が桜色、髪先が草色という特徴的な髪型をしている。 甘露寺はこの露出の多い隊服が普通だと思っており、しのぶがこの隊服を着ていなかったことに驚愕していた。 甘露寺が勘違いしていた理由は、隊服を仕立てている隊員が甘露寺を騙した為である。 しのぶにも露出の多い隊服が渡されたが、しのぶは燃やして拒否している。 髪は本来黒色だったが、好物の桜餅を食べ過ぎたあまり、色が変わってしまったらしい。 非常に可愛らしい容姿をしている。 炭治郎は耳打ちされた際に鼻血を出し、玄弥は話しかけることさえ出来なかった。 『恋柱』の名に違わず、誰に対しても心ときめいている。 感情的に行動し、玄弥に無視された時は、泣いてその事を炭治郎に訴えた。 また、異空間・無限城で上弦の肆である鳴女と遭遇した際には「他の鬼殺隊員が頑張っている」という理由で、敵の能力も分からないのにもかかわらず突撃し、蛇柱である伊黒小芭内に注意されている。 刀鍛冶の里で炭治郎と交流を深め、禰豆子とは非常に仲が良い。 その後も炭治郎と文通をしている。 口下手で、柱合会議で痣の発現方法を聞かれた時には「ぐあああ〜」「ばくんばくん」「メキメキメキィッ」と擬音でその時の状況を説明し、誰にも理解することができなかった。 自身が何を発言したのかは理解しているようで、赤面しながら「穴があったら入りたいです。 」と言って顔を隠した。 鬼殺隊に入った理由は「添い遂げる殿方を見つけるため」である。 鬼と全く関わり合いになっていないのに鬼殺隊へ入った珍しい経歴の持ち主である。 守ってもらいたい願望があるために圧倒的な強さを誇る柱の男性に憧れているが、なかなか柱の男性に会うことができなかった。 甘露寺は自らが柱になることで接点が作れると考え、それを実現した。 甘露寺が使用している日輪刀は非常に薄く長い鞭のような形状をしている。 使い方を誤れば自身を傷つけかねない代物で、甘露寺にしか扱うことができない。 甘露寺の肉体は華奢に見えるが、筋肉密度が常人の8倍という特殊体質で、一歳二ヶ月の時に漬物石を軽々と持ち上げていた。 また、女性特有のバネと柔軟な体を持つ。 その肉体から繰り出される技は、音柱の宇髄よりも速い。 食欲も凄まじく、力士3人よりも食べる。 上弦の肆である半天狗と、上弦の伍である玉壺が刀鍛冶の里を急襲し、その応援として駆けつけ、半天狗と戦う。 また、無限城では、半天狗の代わりに上弦の肆となった鳴女と遭遇し、伊黒と共に戦う。 霧柱・時透無一郎(ときとう むいちろう).

次の

『鬼滅の刃』で最強の柱キャラとは?強さランキングTOP9!

鬼滅の刃 いそうな柱

概要 漫画・アニメ『』における、古よりから人を守ってきた鬼狩りの組織、『』の最高位に立つ剣士達の総称。 「柱」という漢字の画数が九画である為、 定員は九名。 一般隊士とは隔絶した強さを持っており、文字通り鬼殺隊を支える柱となっている。 彼ら・彼女らのには、刃元に『 悪鬼滅殺』の四文字が刻まれた特別な意匠が施されているため、一目でその席位を周囲に知らしめる事ができる。 柱合会議でのお館様への挨拶は早い者勝ちらしく、会議の前はソワソワしているらしい(アニメ第22話次回予告、大正コソコソ噂話より)。 最上級隊士の特権として、給料は 無限に欲しいだけ貰うことができる。 また、独自の屋敷を都合されている者もいる。 戦死や引退等の理由で空席となった場合、階級が甲で、実力を持つ者の中から選ばれる。 なお、その実力の選定基準については『 を倒す』、もしくは『 鬼を五十体倒す』、この二つが存在する。 現風柱の不死川実弥の回想から推察するに、この内の十二鬼月を倒すという基準については、必ずしも一人で達成する必要はないようであるが、実際のところは不明。 一面では十二鬼月と対となる剣士たちであり、この百余年間、柱がの六鬼を狩っては、の六鬼が柱を敗死させている。 アニメ第23話において、当代の柱達は産屋敷耀哉から 「始まりの呼吸の剣士達」に匹敵する精鋭が揃っていると評されており、実際に多数の犠牲者を出しながらも、百年来一鬼も倒す事が出来ていなかった 上弦の六鬼全てを殲滅する成果を挙げた。 彼と弟の千寿郎を跡継ぎとして育てていたが、ある出来事がきっかけでやる気を無くし、やさぐれてしまう。 (つぐこ) 柱にその才覚を見込まれ、次期柱として期待をかけられた若輩の剣士。 柱と行動を共にし、直々に修練が行われる。 基本的には柱と同じ呼吸を扱うことが望ましいが、違う呼吸の使い手であっても認められれば継子になることは可能。 恋柱である甘露寺蜜璃は継子から柱になっており、胡蝶しのぶの継子であるは柱に近い高い戦闘力を有している。 痣(あざ) 遊郭での戦でが最初に発現させ、続いて刀鍛冶の里での戦いでとが発現させたのを契機に、柱合会議にて達の知る所となった。 『心拍数が二百を超える』『体温が三十九度以上になる』という一定の条件を満たすと身体に鬼の紋様に似た『痣』が発現する。 痣が発現した者は身体能力が飛躍的に上がり、鬼から受けたダメージが通常では考えられない速さで回復する。 これにより、上弦の鬼のような強力な鬼とも戦えるようになる。 『階級が甲である』と『鬼を五十体倒す』という目標こそ達成していないため厳密には柱という階級にはあてはまらない。 しかし、三人は宇髄と共に百年以上鬼殺隊が滅することができなかった上弦の鬼、を倒し、生還している。 その時の死闘で炭治郎は痣を発現させ、その後の刀鍛冶の里での戦いでは蜜璃、無一郎と共に上弦の鬼たちを討ち果たした。 更に無限城でのとの交戦時、共闘していた冨岡義勇が心中で炭治郎の実力を認めていることから、非公式ながらも事実上、炭治郎は柱と同格の戦力であると思われる。 同様に善逸、伊之助も上弦の鬼とそれぞれ交戦して辛くも勝利しており、痣は発現していないものの、その実力は柱の戦闘力に近しいものと考えられる。 関連イラスト 関連動画 アニメ アニプレックスがYouTubeにアップしてくれた鬼滅の刃関連動画の中で柱揃い踏みのものを掲載。 柱解禁PV 二十二話次回予告 関連タグ () 関連・類似する組織とキャラクター• …鬼滅の刃のファンであり、TV番組で 「酒柱」を自称している。 …似たような立ち位置の最上位陣(特に勢。 もっとも数的に見るならば、に近いとも言える)。 …作中の最高位の剣士達が組織する最高機関。 こちらも定員は12名と人数的には十二鬼月に近い。 結果、開始時点では2人を残して 崩壊している。 …名前や強さは似ているが、役割はむしろ 鬼や鬼舞辻無惨に近い。 主人公と戦った数は4体と十二鬼月よりも少数。 …似たような立ち位置で必須条件が何個かあったり、がいたりと、色々と共通部分がある。 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 22:39:00• 2020-07-17 22:38:59• 2020-07-17 22:38:34• 2020-07-17 22:38:06• 2020-07-17 22:37:58 新しく作成された記事• 2020-07-17 22:38:06• 2020-07-17 22:25:38• 2020-07-17 22:22:22• 2020-07-17 22:19:32• 2020-07-17 22:17:35•

次の

鬼滅の刃の柱まとめ

鬼滅の刃 いそうな柱

『柱』とは、鬼を滅する組織『鬼殺隊』の最高位の剣士たちのことを指す。 その剣士が使用している呼吸に応じて『水柱』『炎柱』のように名称が変わる。 柱となった者の日輪刀には「悪鬼滅殺』という字が刻まれる。 他の位の隊員とは比べ物にならないほどの力を持っている。 実質、上弦の鬼を相手できるのは柱だけである(炭治郎は猗窩座と戦った時には『柱と同等』と評されており、それ以前は柱のサポートがなければ到底敵わなかった)。 しかし、柱でも上弦の鬼を100年以上倒せておらず、炭治郎・善逸・伊之助・宇髄が初めて上弦の鬼を倒した剣士である。 『鬼滅の刃』に登場するキャラクターの中で、一際異彩を放っているのが柱の隊員である。 初登場時では過激な発言や奇怪な行動をしており、その人間性が疑問視された。 しかし、深く掘り下げられると、過酷な過去を持ちながらも、身を挺して戦っている者が多く、ファンから大人気のキャラクターとなった。 左右で柄が違う羽織を着用している。 炭治郎が鬼舞辻無惨に家族を惨殺され、鬼となった禰󠄀豆子と山を降りようとした時に現れた。 鬼となった禰󠄀豆子を問答無用で斬り捨てようとしたが、炭治郎の決死の行動と、鬼になっても自分を律して人を喰べようとしない禰󠄀豆子を見て刀を収める。 そして二人を鬼殺隊の隊員を育てる『育手』の鱗滝左近次のもとへ導く。 義勇も鱗滝に師事している。 鬼に家族を殺され、天涯孤独となっていたところを鱗滝に拾われて鬼殺隊に入った。 表情に起伏がない上に無口。 そして単独行動を好む。 その協調性の無さから、他の柱に嫌われているらしい。 こういった行動は、義勇の過去の経験に原因がある。 クールな義勇だが、どこか抜けている一面を持っている。 蟲柱である胡蝶しのぶから、他の柱から嫌われていることを告げられた時は、「俺は嫌われてない」と否定し、全く自覚していなかった。 ナチュラルに煽ってしまうこともあり、柱の中でも凶暴な不死川実弥とは揉めることが多かった。 しかし、義勇は「俺は上手く喋れなかったし、不死川はずっと怒っていたから」と言い、原因を把握していなかった。 嗅覚に優れる炭治郎が不死川の好物がおはぎだと見抜いた時には、「今度から懐におはぎを忍ばせておいて、不死川に会う時あげようと思う。 そうしたらきっと仲良くなれると思う」と発言して笑った。 そんなキャラではない不死川にそんなことをしたら揉めるのは必至である。 炭治郎と同じく鱗滝左近次に師事しており、炭治郎の兄弟弟子である。 『水の呼吸』は本来十の型しかないが、義勇は独自に『拾壱ノ型 凪』を編み出している。 使用する呼吸:蟲の呼吸 誕生日:2月24日 年齢:18歳 身長:151cm 体重:37kg 出身地:東京府 北豊島郡 滝野川村(現:北区 滝野川) 趣味:怪談話 好きな物:生姜の佃煮 蟲の呼吸の使い手で、蟲柱。 蝶の髪飾りと、蝶の羽を模した羽織を着用している。 善逸が「それ(容姿)だけで食べていけそう」というほど美人である。 那多蜘蛛山での戦いで初登場となった。 幼少期に鬼によって家族を惨殺された。 そこを鬼殺隊の隊員に助けられ、姉に胡蝶カナヲと共に鬼殺隊へと入った。 しかし、姉は上弦の弐である童磨に殺害されてしまう。 姉は「鬼と仲良くしたい」という考えを持っており、しのぶはその意思を受け継ごうとする。 しかし、鬼への憎悪を払拭できず、カナヲの意思は歪な形でしのぶに受け継がれている。 那多蜘蛛山で鬼に命乞いをされた際には、「正しく罰を受けて生まれ変わるのです。 そうすれば私たちは仲良しになれます。 」と笑顔で話し、目玉をほじくり出したり、腹を切って内臓を引き摺り出したり、拷問を行おうとした。 自身の考えが歪んでいるのは自覚しており、炭治郎に鬼への憎悪が捨てられないことを打ち明けた。 その際、鬼の境遇を理解して同情する炭治郎に、「自分の代わりに君が頑張ってくれていると思うと私は安心する。 気持ちが楽になる。 」と話した。 か細い女性であり、柱の中でも最も非力である。 鬼の頸を斬り落とす力を持っていないが、鬼が嫌う藤の花から抽出した毒で鬼を滅する。 この毒はしのぶが独自に作り上げたものである。 鬼の頸を刎ねる必要がないので、しのぶの日輪刀は刀の中間部分だけが極端に細く、先端が鉤爪のようになっている。 この部分を敵に刺して毒を注入する。 刀を鞘にしまう際に毒の配合を変えることができる。 その際には「バチン」という特殊な音がなる。 鬼と戦う場合には頸を斬らなければならない為、ほとんどの呼吸の技が切断する技になっているが、しのぶが使う蟲の呼吸は刺突技が多い。 医学にも精通しており、しのぶが所有する『蝶屋敷』では鬼殺隊士の手当てが行われている。 炭治郎たちも那多蜘蛛山での戦いの後に蝶屋敷へと運ばれた。 それ以降、炭治郎たちにとって蝶屋敷は拠点のような場所になっている。 それ故、しのぶと炭治郎たちの距離は近く、母親のことを忘れてしまっている嘴平伊之助は、しのぶのことを母親と重ね合わせていた。 継子に炭治郎と同期である栗花落カナヲがいる。 カナヲは親が人買いに売り渡されており、しのぶとカナエが保護した。 使用する呼吸:炎の呼吸 日輪刀の色:赤 誕生日:5月10日 年齢:20歳 身長:177cm 体重:72kg 出身地:東京府 荏原郡 駒沢村(現:世田谷 桜新町) 趣味:能や歌舞伎、相撲観戦 好きな物:さつまいもの味噌汁 炎の呼吸の使い手で、炎柱。 金髪に所々赤みがかった髪。 炎を模した羽織を着用している。 炭治郎が鬼となった禰豆子を連れていたことが議題となった柱合会議で初登場となった。 単純明快な性格をしている。 むしろ真っ直ぐすぎて少しズレてさえもいる。 柱合会議で炭治郎が無惨を倒すと息巻いて産屋敷耀哉に「今の炭治郎にはできないからまず十二鬼月を一人倒そうね。 」と冷静にツッコミをいれられた時、ほとんどの柱が笑いを堪えていたが、煉獄だけは「うむ!いい心掛けだ!」と感心していた。 その後、『ヒノカミ神楽』のことを聞きにきた炭治郎に「うむ!そういうことか!だが知らん!『ヒノカミ神楽』という言葉も初耳だ!この話はこれでお終いだな!」と即座に話を終了させた。 そして、会って間もないにも関わらず「俺の継子になるといい。 面倒を見てやろう!」と炭治郎を継子へと誘った。 剣士としての腕前は超一流。 煉獄が敗れた際には、多くの柱たちがその事実を簡単に信じられずにいた。 炭治郎達と共に、無間列車にて下弦の壱である魘夢と戦い、そして続け様に上弦の参である猗窩座との戦いを繰り広げた。 炭治郎、善逸、伊之助に多大な影響を与えた人物である。 使用する呼吸:音の呼吸 誕生日:10月31日 年齢:23歳 身長:198cm 体重:95kg 出身地:不明 趣味:嫁と温泉巡り、秘湯探し 好きな物:ふぐ刺し 音の呼吸の使い手であり、音柱。 左眼の独特な紋様や、輝石がついた額当てが特徴。 遊郭へ潜入するために女性の鬼殺隊員を探しており、『蝶屋敷(しのぶが持つ屋敷。 隊員の治療施設)』にいる女の子を無理やり連れて行こうとしていた。 そこを炭治郎たちに見つかり、罵声を浴びせられる。 女性の代わりに炭治郎たちが遊郭に同行することになる。 その先で上弦の陸と遭遇し、戦うことになる。 忍だったが、今は抜け忍となっている。 元忍という経歴を持っているのに、大の派手好き。 炭治郎たちには「派手を司る神」「祭りの神」と自称した。 その突拍子な発言に、善逸は「アホを司っている」と思っていた。 伊之助と同じようなノリを持っているが、伊之助が「俺は山の王だ。 よろしくな祭りの神。 」と挨拶した時には「何言ってんだお前…気持ち悪いやつだな。 」と引いていた。 それに対し善逸から「どっこいどっこいだろ!」とつっこまれていた。 髪が見えずに判断しづらいが、端正な顔立ちをしており、妻が三人いる。 それを知った善逸からは大きく顰蹙を買った。 特に妻のことが知れた時の反応は凄まじく「三人!?嫁…さ…三!?テメッ…テメェ!!なんで嫁三人もいんだよざっけんなよ!!」と言われ、鉄拳制裁を下した。 妻は全員元くノ一である。 妻である「須磨」「まきを」「雛鶴」のことを大切に思っており、任務よりも自身の命を大事にするように命じている。 忍の一族が衰退していくことに焦った父から過酷な訓練を課される。 その訓練で9人いた姉弟が7人死亡した。 生き残った弟は、部下を駒としか思わず、妻は後継を生むためなら死んでも良いと思っていた。 他人の意思を尊重せず、感情がないその様は、父親そっくりだった。 宇髄は、父や弟のような人間になりたくないという一心で抜け忍となった。 その後、鬼殺隊の長である産屋敷耀哉に拾われる。 産屋敷耀哉は、自身の過去を否定しながら人の命を守る戦いに身を置く宇髄に感謝の言葉を述べた。 それは、命をかけて当然、全てのことを出来て当然、矛盾や葛藤を抱える者は弱者、という環境で育った宇髄の心を強く打った。 鎖で繋がれた2本の日輪刀を使って戦闘を行う。 他に強力な爆薬を使用する。 使用する『音の呼吸』は、斬撃時に爆薬を使って爆発を引き起こす。 忍であったゆえに毒に耐性を持っている。 しかし、毒が効かないわけではなく、毒の回りが遅い、という程度の能力である。 『譜面』という独自の先頭計算式を持っている。 『譜面』は、敵の攻撃や行動を音に起こす。 時間がかかるが、完成すれば敵の行動や隙を先読みすることができる。 使用する呼吸:恋の呼吸 誕生日:6月1日 年齢:19歳 身長:167cm 体重:56kg 出身地:東京府 麻布區 飯倉(現:港区 麻布台) 趣味:料理、メンコで負け知らず 好きな物:桜餅 『恋の呼吸』の使い手で、恋柱。 露出の多い隊服に、頭頂部が桜色、髪先が草色という特徴的な髪型をしている。 甘露寺はこの露出の多い隊服が普通だと思っており、しのぶがこの隊服を着ていなかったことに驚愕していた。 甘露寺が勘違いしていた理由は、隊服を仕立てている隊員が甘露寺を騙した為である。 しのぶにも露出の多い隊服が渡されたが、しのぶは燃やして拒否している。 髪は本来黒色だったが、好物の桜餅を食べ過ぎたあまり、色が変わってしまったらしい。 非常に可愛らしい容姿をしている。 炭治郎は耳打ちされた際に鼻血を出し、玄弥は話しかけることさえ出来なかった。 『恋柱』の名に違わず、誰に対しても心ときめいている。 感情的に行動し、玄弥に無視された時は、泣いてその事を炭治郎に訴えた。 また、異空間・無限城で上弦の肆である鳴女と遭遇した際には「他の鬼殺隊員が頑張っている」という理由で、敵の能力も分からないのにもかかわらず突撃し、蛇柱である伊黒小芭内に注意されている。 刀鍛冶の里で炭治郎と交流を深め、禰豆子とは非常に仲が良い。 その後も炭治郎と文通をしている。 口下手で、柱合会議で痣の発現方法を聞かれた時には「ぐあああ〜」「ばくんばくん」「メキメキメキィッ」と擬音でその時の状況を説明し、誰にも理解することができなかった。 自身が何を発言したのかは理解しているようで、赤面しながら「穴があったら入りたいです。 」と言って顔を隠した。 鬼殺隊に入った理由は「添い遂げる殿方を見つけるため」である。 鬼と全く関わり合いになっていないのに鬼殺隊へ入った珍しい経歴の持ち主である。 守ってもらいたい願望があるために圧倒的な強さを誇る柱の男性に憧れているが、なかなか柱の男性に会うことができなかった。 甘露寺は自らが柱になることで接点が作れると考え、それを実現した。 甘露寺が使用している日輪刀は非常に薄く長い鞭のような形状をしている。 使い方を誤れば自身を傷つけかねない代物で、甘露寺にしか扱うことができない。 甘露寺の肉体は華奢に見えるが、筋肉密度が常人の8倍という特殊体質で、一歳二ヶ月の時に漬物石を軽々と持ち上げていた。 また、女性特有のバネと柔軟な体を持つ。 その肉体から繰り出される技は、音柱の宇髄よりも速い。 食欲も凄まじく、力士3人よりも食べる。 上弦の肆である半天狗と、上弦の伍である玉壺が刀鍛冶の里を急襲し、その応援として駆けつけ、半天狗と戦う。 また、無限城では、半天狗の代わりに上弦の肆となった鳴女と遭遇し、伊黒と共に戦う。 霧柱・時透無一郎(ときとう むいちろう).

次の