ゆっくり 実況 作り方 スマホ。 【コンパス】自分のことマルコスだと思い込んでるアタリ【ゆっくり実況】

実況動画の作り方は、録画と編集が重要

ゆっくり 実況 作り方 スマホ

すべては、ゲームを録画(撮影)することから始まります。 ゲームを録画する方法 ゲーム実況で重要なのは、 ゲームの録画方法を理解することです。 これがわからないと始まりません。 すべての土台となる部分です。 下記ページに 録画方法をまとめました。 実況動画の作り方 必要な機材・ソフト どのような 機材・ソフトが必要になるのでしょうか。 重要なのは、 ゲームを3種類に分けて考えることです。 TVゲーム• PCゲーム• スマホゲーム 詳細については、下記ページをご覧ください。 大まかな流れ 声を録音する方法 マイク音声(自分の声)を録音する方法については、下記ページをご覧ください。 ただ、細かいことも書いたため、「余裕があれば読む」という程度でかまいません。 マイクの接続方法や、 マイクテストの行い方については、下記ページにまとめました。 ゲーム機ごとのやり方 TVゲーム PCゲーム iPhoneゲーム 動画編集の方法 動画を編集するためには、 編集ソフトが必要です。 始め方 もし動画編集が初めてなら、最初に下記ページをご覧ください。 おすすめの動画編集ソフトについてもまとめました。 AviUtl 無料の動画編集ソフトといえば、 AviUtlが定番中の定番です。 少しハードルが高い部分はありますが、とても奥の深い編集ソフトです。 実況動画の編集を前提とした場合、基本的な編集方法をマスターすればじゅうぶんです。 PowerDirector 効率性を重視するのであれば、有料ソフトの PowerDirectorでしょう。 AviUtlよりも圧倒的に簡単に編集でき、時間を節約できます。 DaVinci Resolve プロ仕様の編集ソフトを使いたいなら、 DaVinci Resolveを使ってください。 無料です。 Premiere Pro 有料の編集ソフトのなかで、知名度で頂点に君臨するのが Premiere Proです。 動画サイトごとのやり方 YouTube Twitter 最近のコメント• に SHIN より• に ttttt より• に 管理人 より• に 管理人 より• に ttttt より• に がんぽん より• に 管理人 より• に がんぽん より• に がんぽん より• に 管理人 より アーカイブ•

次の

ニコニコでゲーム実況

ゆっくり 実況 作り方 スマホ

人気ゲーム実況YouTuber「キヨ。 」は顔出しはしていないものの、軽快なトークを交えたゲーム実況が人気を呼んでおり、 2019年4月現在チャンネル登録者数は195万人と非常に人気のあるYouTuberです。 このように 顔出しをするゲーム実況YouTuberや、顔出しせずにトーク音声を入れながらゲーム実況するYouTuberなど、そのやり方はさまざまです。 基本的にはゲームをプレイしながら、音声を吹き込んでいく、また顔出ししたい場合は自撮り録画をしながらが、ゲーム動画を編集する必要があります。 ではYouTuberなどのゲーム実況動画を投稿するまでの流れはどのようなものなのでしょうか?具体的に、どのようにゲーム実況動画を動画共有サイトに投稿するかを解説していきます。 撮影したゲーム実況動画の編集が完了したら、 動画共有サイトに投稿する前に、事前にゲーム実況動画を見直しましょう。 より良いゲーム実況動画コンテンツを作成するには、視聴者を多く獲得する必要があります。 多くの視聴者を獲得したら、動画チャンネルを収益化し、より良いゲーム実況動画コンテンツを作成できます。 そのためには、 作ったゲーム実況動画を再度見直して、視聴者がより楽しめるコンテンツになっているかを確認することが大事です。 YouTubeやニコニコ動画などの、動画共有サイトへのアップロードは非常に簡単です、本記事最後の章「ゲーム実況動画の作り方」で投稿方法を紹介しているので、そちらを参照にしてください。 iPhoneの「画面収録機能」は「コントロールセンター」から起動しますが、 iPhone出荷状態 初期状態 では、コントロールセンターに「画面収録機能」は設定されていません。 コントロールセンターに「画面収録機能」を追加する場合は、下記の手順を実行してください。 iPhoneの「 設定」アプリを起動してください。 「 設定」画面のメニュー一覧から「 コントロールセンター」をタップします。 「コントロールセンター」画面のメニュー一覧の「 App使用中のアクセス」の スイッチをONにして「 コントロールをカスタマイズ」をタップしてください。 コントロール機能の一覧が表示されます。 前にも述べたとおりで、 iPhoneやAndroidスマホだけで実況音声を録画しながら、ゲーム映像を録画することができません。 この場合は 、2つのスマホを用意して、片方のスマホでアプリのゲーム映像を録画しながら、もう片方のスマホで音声録音をする必要があります。 または一度ゲーム実況映像を録画してから、動画を再生しながら音声録音アプリを利用して、実況音声を別撮りする必要があります。 実況音声とゲーム映像を編集する必要があるので、 最終的にはPCが必要になるので注意してください。 PCを使ったゲーム実況動画の編集方法は本記事後半の章で紹介していますので、そちらの章を参考にしてください。 ゲームアプリの撮影方法は、「画面収録」機能を起動して、ゲームアプリを開始するだけです。 ゲーム実況動画を録画する準備として、 最初にPCにインストールする必要があるのが「デスクトップキャプチャーソフト」です。 Mac PCを利用している方は、パソコン自体にキャプチャー機能が搭載されているので、そちらを利用します。 Macのキャプチャー機能はiPhoneと同様「画面収録」が利用できます。 「選択部分を収録」をクリックすれば、PCゲームのウインドウのみを録画し、音声も同時に収録することが可能です。 Macの「画面収録機能」の使い方は、下記のApple公式ヘルプページで詳しいやり方が明記されているので、そちらを参照にしてください。 家庭用ゲーム機を利用してゲーム実況動画を撮影するために必要な機材は、下記のとおりです。 PC ゲーム機と接続してゲーム動画を録画するために必要• キャプチャーボード 家庭用ゲーム機を使ってゲーム実況動画を作り際に必須• デスクトップキャプチャーソフト 画面に表示されるゲーム映像を録画するソフト• 実況音声録音用ソフト• 録画したゲーム実況動画の編集ソフト• ゲーム機本体・ゲームソフト• 実況音声録音用のマイク• Webカメラ 顔出ししたい場合• Game Pad ゲームパッド (ジョイパッド・コントローラーなど)• ステレオミキサー(ミキサー・オーディオインターフェース) ゲーム実況動画におすすめのキャプチャーボード GV-USB2 MonsterX U3. 0R GC550 C988 目安価格 約4,000円 約18,000円 約22,000円 約23,000円 PCとの接続 USB 2. 0 USB 3. 0 USB 3.

次の

【AviUtl】ゆっくりムービーメーカーの導入方法と使い方(2/2)【解説実況】

ゆっくり 実況 作り方 スマホ

実況を入れるための動画を用意する• 制作ソフト「ゆっくりMoviemaker」で実況を入れる• 動画編集ソフト「AviUtl」で仕上げをする ソフトの設定で少しややこしいところがありますが、それさえクリアすれば、どなたでもたのしく「ゆっくり実況」をつくることができます。 というわけで、さっそくつくってみましょう。 実況を入れるための動画を用意しよう ゆっくり実況をつくるには、最初に 実況を入れるための動画を用意します。 今回は例として、「 ロイロゲームレコーダー」というフリーソフトを使ってゲームのプレイを録画してみます。 ちなみに名前に「ゲームレコーダー」とついていますが、パソコン上で行う作業であれば、ゲーム以外のものでも録画ができます。 ロイロゲームレコーダーの導入方法 1. ロイロゲームレコーダーのにアクセスします。 「ダウンロード」をクリックして、ソフトをダウンロードします。 ダウンロードした ファイルをダブルクリックして実行します。 セットアップ画面になります。 「インストール」をクリックするとインストールがはじまります。 インストールが完了すると、ソフトが自動で起動します。 「歯車アイコン」をクリックします。 「互換性」の 「フレームレートを固定する」にチェックを入れます。 この設定をしておくと、 動画と音がずれる現象(音ズレ)を防ぐことができます。 これでロイロゲームレコーダーの導入ができました。 さっそくゲームを録画してみましょう。 ゲームを録画してみよう 1. 録画したいゲームを起動します。 ロイロゲームレコーダーの 「参照」ボタンをクリックします。 先ほど起動したゲームを選択します。 録画ボタンを押すと録画がはじまります。 あとはゲームをプレイして、任意のところで停止を押せば、 自動で動画が保存されます。 初期設定では、パソコンの ライブラリの「ビデオ」に保存されるようになっています。 ちなみに、 動画はあとで編集できますので、前や後ろに余分な部分が入っていても大丈夫です。 ゆっくりMovieMakerで実況を入れてみよう つづいて、ゆっくり実況を入れるためのソフト「 ゆっくりMovieMaker」を導入します。 「ゆっくりMovieMaker」は「4」が開発中ですが、今回は正式版が公開されている 「ゆっくりMovieMaker 3」を導入します。 配布場所とインストール方法 1. 「ゆっくりMovieMaker」の配布サイトにアクセスします。 「ゆっくりMovieMaker3(正式版)」の「ダウンロード」をクリックします。 今回はzip版をダウンロードしてみます。 exe」をダブルクリックし、 「ゆっくりMovieMaker3」を起動します。 exe」は「ゆ」というアイコンがついたものです。 最初はいろいろなファイルが開きますが、本体以外のファイルは閉じてOKです。 キャラクター素材を入手しよう つづいて、ゆっくり実況に使う キャラクター素材を導入します。 まずは、デスクトップなどに キャラ素材を入れるためのフォルダを作成します。 このフォルダは わかりやすいところにつくると便利です。 フォルダ名はお好みでOKです。 キャラ素材を配布しているサイトはいろいろあります。 ここでは「」を例に紹介します。 使いたいキャラをみつけたら 「ダウンロード」をクリックします。 ここでは例として、「」から 「まりさ」をダウンロードしてみます。 ダウンロードしたファイルを展開すると、 「まりさ」というフォルダが表示されます。 最初につくっておいた「キャラクター素材」フォルダに、この「まりさ」フォルダをいれます。 入れ方はドラッグでも、コピー&ペーストでもOKです。 別のキャラ素材をダウンロードしたときも、必ずこの 「キャラクター素材」フォルダにいれます。 今回は「まりさ」のほかに「れいむ」もダウンロードして、「キャラクター素材」フォルダに入れてみました。 キャラクター素材フォルダの中身 このようにして、キャラ素材をダウンロードするたびに「キャラクター素材」フォルダに入れていきます。 素材の読み込み設定をしよう つづいて、「ゆっくりMoviemaker」で キャラクター素材を使えるようにします。 「ゆっくりMovieMaker3」の 「ファイル」をクリックします。 「設定」をクリックします。 「キャラ素材」タブをクリックします。 キャラ素材フォルダの 「参照」をクリックします。 先ほどつくった 「キャラクター素材」フォルダを指定します。 設定できたら「OK」をクリックします。 キャラクターの表示設定をしてみよう つづいて、キャラクター素材の表示設定をします。 「ファイル」から 「キャラクターの設定」をクリックします。 素材を登録したいキャラクターを選択します。 ちなみに、初期設定で入っていないキャラは、 「新規追加」から追加することができます。 「キャラ素材」タブをクリックします。 「素材名」のタブをクリックすると、「キャラクター素材」フォルダに入れた素材名が表示されます。 登録したいキャラを選択します。 これで「大和・ゆっくり」の素材が登録できました。 実況で「大和・ゆっくり」を選ぶと、このキャラクターが表示されます。 ほかのキャラも同様の手順で登録していきます。 ゆっくり実況で字幕を表示したい時は、「字幕」タブから 「字幕を表示する」にチェックを入れます。 また、「全般」タブからは、キャラクターのしゃべる速度や音程を調整できます。 動画の設定をしよう つづいて、動画の設定をします。 「ファイル」から 「動画の設定」を選択します。 画面サイズのタブをクリックします。 すると、画面のサイズ(解像度)が選べるようになります。 作りたい動画のサイズを設定します。 FPSはフレームレート(1秒あたりのコマ数)です。 作りたい動画のフレームレートを設定します。 よくわからない場合は、デフォルトのままでOKです。 動画編集ソフト「AviUtl」を導入しよう つづいて、動画編集ソフト「AviUtl」を導入します。 「ゆっくりMoviemaker3」は、 「AviUtl」とセットで使用するようになっています。 というわけで、さっそく「AviUtl」を導入してみましょう \ つづきはこちら /.

次の