バンドリ 甲賀 忍法 帖。 SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜Ⅲ

バジリスク2 甲賀忍法帖は家で打つべき機種という理由 / 中古パチスロ実機販売

バンドリ 甲賀 忍法 帖

忍者について [ ] このシリーズは、超人的な忍者や剣士たちが、奇想天外な忍法を用いて戦う。 各勢力が忍軍を擁している。 特に徳川家は、、剣士を公的に取り立てており、初期の時点では、出身のが江戸の甲賀組・伊賀組の総元締めである。 甲賀卍谷、伊賀鍔隠れなどの地名は、シリーズに共通して登場する。 主に戦国時代・江戸時代のどこかが舞台となる。 ただし各作品は独立しており、読む順番は発表順や時系列順を問わない。 テーマもバラバラであり、一人の剣士が多数の忍者を倒す話、剣士があっさり忍者に敗れる話、新兵器と忍法が戦う話、ただ一人の女に全員が振り回される話など、忍者の強さや立ち位置も一貫しない。 第一作の『』においては、他作品よりも特に強調される諸設定がある。 超常忍法は、里主導で人間の血を配合しているという負の面を持つ。 また甲賀卍谷と伊賀鍔隠れが致命的に仲が悪いとされ、敵里への憎悪を教育する。 そして戦国生き残りの甲賀・伊賀の里忍は、江戸の甲賀組・伊賀組を凌駕する魔人揃いであると言及される。 後続作品では、このように忍法習得の過程にフォーカスが当たることは少なくなるものの、総じて忍者たちは権力者に利用されて無残に死んでいくという展開がパターン化している。 忍法には、にて的知識に基づいた解説がつけられるものが多い。 作品一覧 [ ]• 時系列 [ ] 戦国時代、江戸時代の歴史的出来事に則る。 甲賀卍谷、伊賀鍔隠れなどの地名が共通して登場する。 ただし内容的には個々の作品は独立しており、両立しない設定もある。 1100年代:源平時代、伊賀甲賀の地に既に忍者がいたらしい。 『甲賀忍法帖』鍔隠れと卍谷の争いはこの時代まで遡ると伝わる。 1390年『』:南北朝時代、柳生に剣法(中条流)が伝わる。 伊賀に忍法(楠木正成伝来)が伝わる。 仲の悪かった柳生と伊賀が和解。 柳生三兄弟と服部三姉妹の間に子が産まれ、剣法・忍法双方のルーツとなる。 1562年『』:これより以前、によってに忍法が伝わる。 1565年『』:堺をとが攻撃。 は大幅に弱体化する。 1573年『』:死す。 1576年『』:が織田信長に滅ぼされる。 1581年:織田信長による伊賀甲賀攻め()。 は手勢を率いての下へ向かう。 家康は彼らを保護。 1582年:本能寺の変で信長死去。 家康の三河帰郷に際して、恩ある伊賀甲賀忍者が護衛する()。 1585年:が根来寺を焼き討ちにする。 1590年『』:でが滅亡。 は主君を失い流れ者となる。 1600年 中編『』:で家康が勝利。 1603年:成立。 1612年『』:が謀反の疑いをかけられ粛清される(家康との陰謀)。 1613年『』(『銀河忍法帖』の明確な続編)• 1613年『』:のが減封。 1614年『』:徳川の後継者が(家光)に決定。 1615年『』:で豊臣氏滅亡。 家康死去。 1623年:が三代目将軍に就任。 1632年『』:駿河大納言の切腹。 1637年:(魔界転生の前フリ)• 1642年『』:を経て会津藩主失脚。 大僧正死去。 1646年『』:紀州大納言に謀反の疑いが浮上。 1650年『』• 1650年『』(江戸):死去。 1651年:徳川家光の死去に際してが謀反()を起こすが失敗(魔界転生などの後日談)• 1680年『』:幕府内でによりが失脚。 1700年『』:の後継者騒動。 1702年『』:。 1732年『』:徳川。 の時代なので江戸幕府忍組にがある。 1836年『』:藤堂藩の後継者が突然死したので、将軍の息子を迎える。 1839年『』• 1841年『』• 1844年『』:大利根河原で任侠同士の抗争が発生。 1854年『』• 1868年『』:、の始まり。 1871年 短編『』:公儀忍び組が解散。 1964年 短編『』:忍者の末裔が先祖の忍法帖を発見。 1965年『』 人物・勢力 [ ] 作品背景を理解するために必要な歴史的人物を記す。 個別の忍者については各作品項目を参照。 の過程で忍者に命を狙われ、1581年ので伊賀甲賀の国を徹底的に破壊した。 1582年のにて49歳で没。 信長に弾圧された伊賀甲賀の忍者を匿い、江戸に幕府を開いた後は正規徴用する。 1616年に73歳で没。 幼名竹千代。 乳母は。 1623年に3代将軍となり、1651年に48歳で没。 一族 代替わりしながら徳川家に仕える。 伊賀の名門出身で、江戸の伊賀組甲賀組の頭領。 主要作品:『』など多数 戦国時代の幻術師。 正体不明に暗躍する。 主要作品:『』、『』 の地は伊賀・甲賀の隣国。 戦国時代のから、とに分かれる。 江戸のは徳川将軍家剣術指南役。 主要作品:『』(ルーツ)、『』(石舟斎)、『』(兵庫助、宗矩) 柳生宗矩の長子。 隻眼の天才剣士。 3作品で主人公を務め、特に『魔界転生』では剣豪7人と戦う。 1650年没。 主要作品:『』、『』、『』(室町時代の先祖・十兵衛 満厳も登場) 鍔隠れの里が代表的。 服部半蔵を輩出したほか、一部作品ではなども登場。 敵役が多い。 主要作品:『』(主役)、『』(抜け忍が主役)、『』(ヒロイン陣営)、『』(敵。 鍔隠れの掘り下げがある。 武術寄り)など多数 卍谷の里が代表的。 敵役が多い。 主要作品:『』(主役陣営)、『』(敵)など多数 の忍法僧。 僧侶だが髪を剃らない総髪姿が特徴。 古くはに仕え、1585年にに潰されたが再建。 特に敵役が多い。 再建が終わった時期や徳川家に仕えた時期の設定は、作品ごとに異なり一貫しない。 主要作品:『』(敵)、『』(敵。 設定上3万人いる)、『』(敵)、『』(主役) 能登忍者 以来、上杉家に仕える忍者。 男忍者とくノ一のほか、男女を自在に変えられる忍者や女装のくノ一もいる。 輪島一族など能登組の分派もある。 ほとんどが主人公サイド の立ち位置。 主要作品:『』(主役陣営)、『叛旗兵 』(主人公サイドだが脇役)など。 短編『胎の忍法帖』(主役)では、信長の侵攻に抵抗する。 に仕える忍者。 などが有名。 男装の忍者も存在する。 北条氏滅亡後の消息は定かではない。 主要作品:『』(男が敵、くノ一は味方)、『』(敵)。 忍者 元はに仕えた。 の知略、や忍者など。 1615年のでの豊臣家滅亡に伴い壊滅。 主要作品:『』、『』、『』(主役)。 1937年ので大弾圧を受けるも、西洋魔術を用いる残党が潜伏。 主要作品:『』(主役)、『』、『』 者。 1651年に幕府転覆を図るも失敗して自刃()。 主要作品:『』、『』 幕末から明治初期の幕臣。 操練所の教授方頭取。 べらんめい調で語るが学問に優れ、登場人物に助言を与える事もある。 主要作品:『』(飛騨幻法帖)、『』など。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

「バジリスク ~甲賀忍法帖~」を1話から最終話まで全話完全無料で視聴できる方法を紹介〜アニメ〜

バンドリ 甲賀 忍法 帖

もくじ• バジリスク ~甲賀忍法帖~のあらすじ 「U-NEXT」で全話無料で視聴できるバジリスク ~甲賀忍法帖~のあらすじを紹介します。 甲賀と伊賀。 時代に翻弄された忍術使いたちの非情な戦いが繰り広げられるアクション! バジリスク ~甲賀忍法帖~を完全無料でお得に視聴する方法 ココではアニメ「バジリスク ~甲賀忍法帖~」を1番お得に視聴できる動画配信サイトを紹介します。 一部の有料動画に使えるポイントが毎月1200円分もらえるので、実質は月額約800円なので更にお得です。 それでも月額の有料ってなると悩んでしまいますよねー。 なんか、値段の問題じゃないっていうか・・・ ほんとに観るのかな? 観る暇あるかな? なんていろいろ考えちゃいますよね。 でも、安心してください! そんなあなたの不安を解消するためにU-NEXTでは初回登録から 31日間の無料体験が用意されています。 無料で使ってみて「やっぱり観ないな」とか「課金はしたくないな」って思ったら31日以内なら完全無料で解約できるので安心です。 情報開示請求されれば、違法動画を楽しんでいた視聴者も簡単に特定することができます。 特定されてしまえば簡単に逮捕されてしまいます。 最近、検挙や家宅捜査の取り締まりが特に厳しいようなので気をつけてください。 また、そのような動画共有サイトは安全性の面でも危険です。 スマホが使えなくなったり、最悪の場合自分が犯罪者になるリスクがあります。 違法動画配信サイトが危険な理由• 違法ダウンロードの厳罰化• スマホやPCのウイルス感染• スマホやPCの故障• スマホやPCの遠隔操作• 個人情報の漏洩• スマホ写真の拡散 月額2000円程度をケチってウイルス感染や数百万の罰金の対象になるのはアホらしいよ! Twitterの口コミとネタバレ 私も、めっちんさんに同意です。 ブラックスのチャンテで、尚且つ世間の皆さんから見てもメジャーな部類に入るバジリスク 甲賀忍法帖は適曲かと思います。 マクロスプラス 32位. 獣兵衛忍風帖 34位. バジリスク-甲賀忍法帖- 35位. 電脳都市OEDO808 36位. メイドインアビス 37位. 機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 38位. 東京ゴッドファーザーズ 39位. クレヨンしんちゃん モーレツ! オトナ帝国 40位. バジリスク~甲賀忍法帖が放送されていた頃、「バジリスク面白よねー!」と語ったところ、シカトされてR指定ゲームにアニメ化作品について熱く語られました…。 きつかった思い出ですね。 単なるタイアップじゃなくて 歌を聴きながら、この歌詞はあれを揶揄してるんだなー!と感じ取って1人悦に浸る 至高は、バジリスクの「甲賀忍法帖」(陰陽座) 異論は認めない 原作超面白いしそれとのコラボ感と歌の上手さの両方が群を抜いている — がき IT・メカ・地方エンジニア gakisan8273 ついでにちょっと『夜蝶の檻』について 愛する者よ死に候え これは『バジリスク~甲賀忍法帖~』の有名なキャッチコピーですが、私がファンタジーに求めるモノの一つがまさにコレなのです。 このキャッチにぎゅっと詰まってるんです。 『夜蝶の檻』、これがやりたくて書いたみたいなところあります。 バジリスクも原作の甲賀忍法帖(山田風太郎)も大好きです。 その頃、徳川家康は世継ぎ問題に悩んでいた。 混乱を極める世継ぎ問題に決着をつけるべく、非情な忍法闘争の幕が開ける。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第2殺 胎動弐場 駿府城にて不戦の約定が解かれ弾正とお幻が相打ちとなる。 その頃、祝言を控える弾正の孫・甲賀弦之介とお幻の孫・朧は「長き宿怨を断ち切り、両家に和睦を。 」と誓う。 だが、忍法闘争の命が記された人別帖が渡り…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第3殺 凶蟲無惨 伊賀十人衆が薬師寺天膳の指揮の下、甲賀殲滅のために動き出していた。 そして異変を予知し、駿府へとかごを飛ばしていた甲賀組十人衆・地虫十兵衛と、巻物を携え駿府から戻る風待将監を相手に、忍法闘争が始まる。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第4殺 妖郭夜行 甲賀の地虫十兵衛と風待将監が伊賀の天膳たちに討たれ、巻物は燃やされた。 その晩、伊賀・お幻屋敷では、弦之介たちを迎えての宴が催されていた。 夜更け、雨夜陣五郎は弦之介を、朱絹は丈助を討つべく動き出し…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第5殺 忍者六儀 伊賀屋敷にて、お供の丈助の姿が見えなくなったことを不審に思いながらも、朧を不安にさせまいと明るく振る舞う弦之介。 一方、甲賀卍谷では留守を預かる十人衆たちが戻らない仲間の身を案じ集まっていた。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第6殺 降涙恋慕 伊賀へ偵察に向かっていた甲賀十人衆・お胡夷は卍谷襲撃から戻る天膳たちと出くわし、奮闘するも捕らわれの身となる。 左衛門と刑部の二人が様子を窺いに伊賀へ向かうことになり、その途中、夜叉丸と遭遇する。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第7殺 人肌地獄 蝋斉がお胡夷に尋問を始めていた。 蝋斉の尋問に恐怖するお胡夷だが、彼女の吸血能力により、逆に蝋斉は倒される。 その頃、夜叉丸に変化した左衛門は伊賀屋敷へ潜り込み、婚約者の蛍火でさえも欺くことに成功する。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第8殺 血煙無情 天膳から不戦の約定が解かれたことを告げられ、朧は驚愕する。 その頃、塩倉では捕らわれのお胡夷が陣五郎を倒そうとしていたが、塩に溶けた陣五郎に逃げられてしまう。 お胡夷は脱出を試みるが、そこに念鬼が現れ…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第9殺 哀絶霖雨 左衛門、刑部により不戦の約定が解かれていたこと、仲間たちが次々と討たれていたことを知る弦之介。 そんな弦之介たちを帰すまいと、取り囲む伊賀忍者たち。 だが、弦之介の迫力に天膳は攻撃の指示をためらう。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第10殺 神祖御諚 弦之介が伊賀を去り、悲しみに暮れる朧を天膳たちはどう喝。 迷った朧はかつてお幻に渡された闇七夜の秘薬で両目をふさいでしまう。 駿府城では、半蔵の息子・響八郎が徳川家康たちにこれまでの闘いの過程を報告する。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第11殺 石礫無告 これからの闘いを懸念する天膳たちの元へ、甲賀へ戻った弦之介から、果たし状と共に奪われた人別帖が届けられる。 駿府へ向かう弦之介ら甲賀組を追い、盲目となった朧を引き連れて伊賀十人衆一同も旅に出る。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第12殺 追想幻燈 蛍火、念鬼の奇襲を受けた弦之介は闇七夜の秘薬により、朧と同じく両目をふさがれてしまう。 しかし、同じ瞳術の使い手でその師匠でもある豹馬によって、念鬼を返り討ちにする。 逃げた蛍火を追う左衛門だが見失い…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第13殺 胡蝶乱舞 渓流を前に立ち往生する蛍火に、念鬼が弦之介ら3人を討ち取ったと語る。 しかし、夜叉丸の仇である左衛門は取り逃がしたという言葉に蛍火は激高し、念鬼を激しく責め立てる。 だが、念鬼の正体はその左衛門自身で…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第14殺 散花海峡 蛍火が非業な最後を迎え、甲賀、伊賀共に残りは5人ずつとなった。 天膳は闘う意志を見せない朧を説得するために胴の間へ呼び出す。 そして、身も心も我がものにするべく無理やりに手込めにしようとするが…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第15殺 波涛獄門 殺したはずの天膳が現れ、刑部は驚愕する。 船上の闘いが始まり、無関係の者たちまで巻き込んでしまう。 刑部は切り殺してしまった旅芸人の息子の姿に自分の過去の姿を重ねて動揺し、朱絹の攻撃を受けてしまう。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第16殺 懐抱淡画 刑部が天膳に討たれ、残るは4対4。 駿府を目指し命を削る旅は続く。 そして時は半年前、平和だった日々を穏やかに過ごす甲賀卍谷の面々。 朧との見合いのため、弦之介と弾正が伊賀鍔隠れの里へやって来る。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第17殺 昏冥流亡 なぜか目の開いている弦之介と、陽炎、そして頭巾を被った男が二人。 その頭上を巻物を抱えた朧の鷹が飛び去り、弦之介と陽炎はそれを追う。 残る頭巾の男たちの前に、待ち伏せた天膳が立ちはだかるが…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第18殺 無明払暁 弦之介たちの前に立ちふさがる小四郎。 弦之介の迷いを察した豹馬は、陽炎に弦之介を連れて逃げるよう命じる。 瞳術を仕掛ける豹馬だが、小四郎には無効だった。 その隙に小四郎の吸息旋風かまいたちが豹馬を襲い…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第19殺 猛女姦謀 小四郎の術によって豹馬は倒されたが、立ち往生をしたことからそれが分からず、消えた敵の気配を探して混乱する小四郎。 そこへ小四郎を呼ぶ朱絹の声が。 聞けば朧は左衛門の手に掛かりなぶり殺しにされたという。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第20殺 仁慈流々 左衛門と陽炎の手により討たれた小四郎の遺体を見つけ、嘆き悲しむ朧と朱絹。 天膳の行方も分からず途方に暮れていた朧と朱絹は、阿福一行に出会い合流する。 天膳に化けた左衛門は、朱絹をおびき出すが…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第21殺 魅殺陽炎 朱絹をおびき出し、討ち取った左衛門。 しかし、そこへ阿福の家来衆がやって来て、左衛門を取り囲む。 罠にかけられた左衛門は家来衆に刺され、絶命する。 そうとは知らない陽炎は天膳たちの待つはたごへやって来る。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第22殺 鬼哭啾々 天膳が生き返り、負傷により身動きが取れずにいた陽炎は捕らえられる。 天膳は荒寺で陽炎を柱にくくりつけ、非道な拷問を続ける。 陽炎の悲鳴に耐えかねた朧を、またも手込めにしようとする天膳の前に弦之介が現れ…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第23殺 夢幻泡影 天膳を討ち倒し、朧と向き合う弦之介。 死んでいった仲間のため、「そなたを討たねばならぬ。 」と言い放つ弦之介に対し、朧は「私を斬ってほしい」と告白。 そんな朧の思いを知り、弦之介は苦悩葛藤にさいなまれる。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 第24殺 来世邂逅 陽炎が悲しい最期を遂げ、天膳は朧の破幻の瞳の力により壮絶な人生に幕を閉じた。 そして服部半蔵らが見守る中、お互いを思い合いながらも、弦之介と朧は対峙する。 朧は目を開き、決意を秘めた瞳で弦之介を見つめ…。 Downlod視聴可能 ChromeCast対応 アニメ「バジリスク ~甲賀忍法帖~」のキャストと製作陣は? 声の出演: 甲賀弦之介 声の出演: 陽炎 声の出演: 甲賀弾正 声の出演: 風待将監 声の出演: 鵜殿丈助 声の出演: 地虫十兵衛 声の出演: 室賀豹馬 声の出演: 霞刑部 声の出演: お胡夷 監督: 原作: 原作: アニメーション制作: キャラクターデザイン: 音楽: バジリスク ~甲賀忍法帖~の視聴で迷ったらU-NEXTの一択 動画配信サービスはたくさんありますが、サービスの内容や無料お試し期間を考えると「バジリスク ~甲賀忍法帖~」の視聴はU-NEXTがダントツでおすすめです!.

次の

忍法帖シリーズ

バンドリ 甲賀 忍法 帖

概要 [ ] シリーズ第1作のため、『』や『』ほど大部ではなくシンプルではあるが、「風太郎忍法帖」の基本パターンは既に確立されており(ただし、忍法の名前を詠唱する描写がない)、20人のたちが秘術を尽くして死闘を繰り広げる。 小説家のは「ストーリー上にチーム対決の要素を盛り込んだのは山田風太郎が初めてであり、山田風太郎という作家が漫画界に与えた影響は計り知れない」と評しており、今日「バトル物」と分類される漫画やアニメ作品の始祖的な存在と言っても過言ではなく、日本のエンターテイメント界にとって極めて重要な作品である。 第一作である本作品においては、他作品よりも特に強調される諸設定がある。 超常忍法は、里主導で人間の血を配合しているという負の面を持つ。 また甲賀卍谷と伊賀鍔隠れが致命的に仲が悪いとされ、敵里への憎悪を教育する。 そして戦国生き残りの甲賀・伊賀の里忍は、江戸の甲賀組・伊賀組を凌駕する魔人揃いであると言及される。 後続作品では、このように忍法習得の過程にフォーカスが当たることは少なくなるものの、総じて忍者たちは権力者に利用されて無残に死んでいくという展開がパターン化している。 あらすじ [ ] 卍谷と鍔隠れに潜む一族は、ともにに率いられる忍者群同士でありながら、源平の昔より数百年、互いに憎悪を抱く不倶戴天の敵同士でもあった。 服部の統制下、両門争闘の禁制によりかろうじて和平を保っていた。 そのような中、甲賀組の首領 甲賀弾正の孫 弦之介と伊賀組の頭目 お幻の孫娘 朧は恋仲にあり、両家の縁組がすめば長きに亘った甲賀と伊賀の確執も解けるかと思われた。 そんな事情を知ってか知らずか、19年4月末、両首領を駿府城に呼び出したと半蔵(2代目)が甲賀・伊賀の忍びに与えた使命は実に戦慄すべきものであった。 徳川第3代将軍となる後継者選びに悩んでいた家康は、天海の提言を受け入れ、その選定を甲賀対伊賀の忍法争いによって決めることにしたのだ。 方法はそれぞれから10人ずつの「選手」を出し、最後まで生き残った者が託された巻物を再び家康の前に持ち帰ること。 後継者は、伊賀が勝てば竹千代、甲賀が勝てば国千代と決まる。 甲賀・伊賀とも選ばれた10人は皆、驚くべき肉体や技を持った者ばかり。 そして、その中には祝言間近の弦之介と朧の名もあった… 開戦直後、まずは伊賀が先手を取り、伝令の甲賀者を殺して、巻物2巻の片方を焼却し残った唯一巻を独占する。 副頭領の天膳が指揮を取り、争いを好まぬ朧にはあえて知らせないままとする。 こうして甲賀は開戦そのものを知らぬまま、伊賀者の奇襲を受けることになる。 両陣営が何人もの犠牲者を出した後に、開戦の事実がついに甲賀弦之介の知るところとなる。 弦之介は家康と半蔵に開戦を解いた理由を問うべしと宣言し、仲間と駿府へと赴く。 伊賀の天膳たちも甲賀一行を追撃する。 登場人物 [ ] 甲賀卍谷衆 [ ] 甲賀弦之介(こうが げんのすけ) 本作の主人公にして弾正の孫。 彼に殺意を帯びて襲いかかった者を自滅させる「瞳術」の使い手。 伊賀鍔隠れの朧とは恋人同士であり、甲賀と伊賀が手を取り合う未来を夢見ている。 誠実で温厚な平和主義者だが、知らぬ間に多くの仲間が討たれていたことを知った際、襲い掛かかってきた伊賀衆を平然と皆殺しにするなど、容赦のなさも併せ持っている。 甲賀弾正(こうが だんじょう) 甲賀卍谷衆頭領。 かつて伊賀のお幻とは恋仲だったが、彼女とは引き裂かれる運命にあった。 長毒針の使い手。 合戦の開始直後、お幻と相討ちとなり倒れる。 風待将監(かざまち しょうげん) 蜘蛛のような外見を持つ男。 口から吐き出す痰はの粘着力をはるかに上回り、蜘蛛の糸のように操ることで、敵を絡め取ることが出来る。 また、急ぐ時は両手両足を使って文字通り蜘蛛のように這い回り、直角の壁面に苦も無く張り付き駆け登ることが出来る。 将監自身が痰の糸の粘りに絡め取られることはなく、むしろ足場として利用することすら可能であるなど、外見から戦闘スタイルに至るまで正しく蜘蛛のそれである。 鵜殿丈助(うどの じょうすけ) 弦之介の従者。 丸々と太った体を持ち、柔軟性に富むその肉体はあらゆる衝撃を包み込んで吸収するため、直接攻撃はほぼ通用しない。 また、弾性を活かしてスーパーボールの要領で跳ね回ることで高速移動を行う他、体を風船のように膨らませることで水に浮かんだり、一時的な飛翔すら可能。 外面的には女好きでお調子者な性格だが、伊賀での酒宴中では大笑いしながらも内心では全く油断しておらず、伊賀方の幹部たちが出席していないことを訝しむ冷静な一面もある。 地虫十兵衛(じむし じゅうべえ) 四肢が無い異形の忍者。 普段は駕籠に乗っているが、有事の際には腹に密生している蛇の鱗のようなものを利用し、並の忍者よりも遥かに速く移動することができる。 また、喉奥に大型の槍の穂を仕込んでおり、それを食道の筋肉の特殊な動きで噴出する不意打ちを必殺の切り札とする。 星占いが得意で、弾正の星に凶兆を見出し単独で駿府に向かう。 室賀豹馬(むろが ひょうま) 甲賀卍谷の重鎮で、弦之介を支える冷静沈着な参謀役。 盲目だがその代わり他の感覚が発達しており、遠方の敵に対して人数、歩き方からの素性、殺気の有無まで察知できる。 弦之介の瞳術の師であり、夜間のみ瞳が開き同等の術を使用出来る。 霞刑部(かすみ ぎょうぶ) 体毛の無い大柄な男。 片腕でも人を容易く絞め殺せるほどの怪力を誇る。 壁や地面などに自由に溶け込んで姿を隠すことができ、それを利用した攻撃が得意。 伊賀への潜入作戦では左衛門と行動を共にする。 如月左衛門(きさらぎ さえもん) お胡夷の兄。 温厚で物静かな男だが、任務のときは忍者らしい冷酷な面も見せる。 他人の顔を自分の顔に写し取ってその人物に成り済ますことができ、声帯模写と併用して敵を欺く(体格もある程度変えられる様子)。 斬り掛かってきた複数の侍の肘を手刀で一瞬で脱臼させるなど、体術の腕前も高い。 陽炎(かげろう) 女忍者。 妖艶な美女だが、彼女が情欲に身を任せる時は吐息が猛毒を帯びるため、抱いた者は死に至る。 弦之介を一途に想い、また本来は弦之助と同等の家柄のため結婚できるはずが、その体質のため弦之助とは決して結ばれないことを思い悩んでおり、同時に朧に深い憎悪と嫉妬を抱いている。 お胡夷(おこい) 左衛門の妹。 豊満な体と無邪気な性格を持つ。 ひとたび相手の皮膚に吸着すれば離さない肌を持ち、さらに口からは相手の血を吸い取り、たちまちの内にミイラにしてしまう。 伊賀鍔隠れ衆 [ ] お幻(おげん) 伊賀鍔隠れ衆頭領。 かつて甲賀弾正とは恋仲だったが、2人が結ばれることは無かった。 鷹を使役する。 朧(おぼろ) お幻の孫。 おっとりした温和な性格で、少しそそっかしいところがある。 その性格のせいか忍術も剣術も体術もまったく身に付けることができなかったが、見るだけであらゆる忍法を強制的に破る「破幻の瞳」を生まれつき備えている。 小豆蠟斎(あずき ろうさい) 才槌頭で長い白髭を伸ばした小柄な老人。 厳格で短気な性格。 手足を自在に伸縮、屈折させることができ、触れるものを刃物のように切り刻む。 朱絹(あけぎぬ) 朧の世話役を務める女忍者。 理知的で仲間想いな性格。 皮膚から血を吹き出して霧を生み出し、敵の目をくらます。 視力を失った小四郎の世話をする内に、次第に特別な感情を抱くようになる。 蓑念鬼(みの ねんき) 全身毛むくじゃらの男。 棒術の使い手。 髪の毛をはじめとする全身の体毛を伸ばしたり、或いは針のように硬化させたりすることができ、自由自在に動かして移動や攻撃などに威力を発揮する。 伊賀一党の中で最も凶暴勇猛な男と言われ、不戦の約定を解かれたことを祝着にたえないと言い放つ自信家。 血気に逸る行動を天膳に制止されることも多い。 夜叉丸(やしゃまる) 容姿端麗な若い忍者。 実力は高いが、経験の浅さ故か迂闊な面もある。 女の毛髪をより合わせ獣油を染み込ませた細い縄を武器とし、自在に操ることで鋭利な刃物の如く人間の肉を斬り裂く威力を生み出す。 蛍火とは恋人同士。 蛍火(ほたるび) 若い女忍者。 虫や小動物を使役し、大量の蝶を用いた幻術を得意としている。 常に白い蛇を連れており、攻撃などに使うこともある。 夜叉丸とは恋人同士。 雨夜陣五郎(あまよ じんごろう) 水死体のような風貌の中年の忍者で、伊賀鍔隠れ衆の参謀。 ナメクジのように塩に溶けて、体を小さく縮めることが出来、更に水に浸かると元に戻るという特異体質を持つ。 そのため海を極端に怖がっている。 薬師寺天膳(やくしじ てんぜん) 伊賀の副首領。 170年以上も生きているはずだが外見は青年~中年のままで、何度殺されてもその度に蘇る不死の術を持つ。 冷酷、卑劣な性格であり、伊賀の勝利のためには手段を選ばない。 剣術の達人ではあるものの、その能力による慢心から初手では殺害されることが多い。 しかしこれによって相手の忍術を見破り、再戦時に対応して相手を詰ませる戦法を得意とする。 筑摩小四郎(ちくま こしろう) 薬師寺天膳の子飼いの従僕。 血の気は多いものの、実直な性格の若者で朧を慕っており、身分の低さもあって伊賀鍔隠れ衆で唯一朧を「姫様」と呼ぶ。 大鎌を武器とするほか、吸息によって前方の虚空に(真空刃)を作り出し敵を内部から切り刻むという非常に強力な術を使う。 その他 [ ] (とくがわ いえやす) 大御所。 3代将軍となる跡継ぎを決めるために甲賀と伊賀の不戦の約定を解いた張本人。 (なんこうぼう てんかい) 家康に忍法合戦を進言した徳川幕府のブレーン。 (やぎゅう むねのり) 将軍家剣術指南役。 冒頭の忍法上覧に徳川家重臣の1人として立会い、常識を超えた忍者の戦いに驚愕する。 阿福(おふく) 竹千代の乳母。 伊賀衆の勝利のためにルール違反ながら助勢をする。 翻訳 [ ] の長編として唯一、英語版が2006年12月により発売された。 また、両方において中国語版も発売されている。 漫画 [ ]• 貸本漫画時代ににより漫画化された(、にはより復刻)が行われている。 による『』が『』()でからまで連載された。 2004年、第28回(平成16年度)一般部門を受賞している。 また、にはテレビアニメとして放送された。 による『甲賀忍法帖・改』が2003年に『』()で連載、2004年に『』(角川書店)に掲載誌を移したが同誌が2005年に休刊し、未完となっている。 映画 [ ] SHINOBI -HEART UNDER BLADE- 監督 脚本 製作総指揮 出演者 音楽 主題歌 「」 撮影 編集 配給 公開 2005年9月17日 上映時間 101分 製作国 言語 興行収入 14. 1億円 2005年に『 SHINOBI-HEART UNDER BLADE-』(シノビ-ハート・アンダー・ブレイド-、仮称: 忍-SHINOBI-)として映画化。 人物設定の変更、原作と異なる展開と結末、忍法争い勃発に映画オリジナルの動機を追加など、大胆なアレンジが施されている。 松竹映画としては珍しく、当時の若手人気タレントを多数起用している。 のレビューによると、「日本初の個人向け映画ファンドによる作品なんですけど、これで投資家に利益配分できるのか? もし私が投資してたらぶち切れるネ。 」と評価している。 スタッフ [ ]• 監督:• コンセプトデザイン:• 脚本:• 撮影:近森眞史• 美術:磯見俊裕• 照明:渡邊孝一• 録音:鈴木肇• 編集:川瀬功• 音楽:• アクション監督:• 衣裳デザイン:小川久美子• VFXプロデューサー:浅野秀二• CGディレクター:林弘幸• テクニカルスーパーバイザー:横石淳• 主題歌:「」()• 製作:「忍 SHINOBI」パートナーズ(松竹、、、、) キャスト [ ]• 朧 伊賀 :• 甲賀弦之介 甲賀 :• 蛍火 伊賀 :• 夜叉丸 伊賀 :• 蓑念鬼 伊賀 :• 薬師寺天膳 伊賀 :• 陽炎 甲賀 :• 室賀豹馬 甲賀 :• 筑摩小四郎 甲賀 :• お幻 伊賀 :• 甲賀弾正 甲賀 :• 荷車を引く男:• : 関連項目 [ ]• - の小説。 本作へのオマージュ。 - 山田正紀の小説。 本作および『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』の続編。 外部リンク [ ]• - 脚注 [ ]• Yahoo! 2020年3月25日閲覧。 シネマトゥデイ. 2020年3月25日閲覧。

次の