あかるい よる に 歌詞。 第16話 第1章終了 あかるいよるに

back number あかるいよるに 歌詞&動画視聴

あかるい よる に 歌詞

主人公は人と異なる個性を 出したっていいと言っています。 1番では控えめな主人公と 主張の強い主人公の心(本音)が 描かれていました。 しかし実は 主人公自身も 個性を出したいと思っているのです。 「色味や形も人と違っていい」 というフレーズからも Aメロでは全く違った 主人公と主人公の心(本音)の 価値観がサビでは近くなっている ことが分かりますね。 人と違ったらいけないなんて もう決めつけないから心(本音) の価値観はなくならないでほしい• 心(本音)の価値観も大事にする という決意が込められているように 見えますね。 ここでの育てるという行為は 自分自身の心を満たすこと と解釈できます。 主人公は主人公の心(本音)を そっと満たしていきたいと言っています。 もし主人公の心(本音)だったら 「そっと」なんて控えめには 言わないですよね。 サビの中にもAメロで描写されていた 控えめな主人公の価値観は しっかりと存在しています。 決して自分の好きなことを やりたいようにやっていくぞ! という感じにはしていないんです。 2番Aメロ 好きになろう 嫌いになれたなら 努力してもダメね結局は 嫌いなものを好きになろうとすること 好きなものを嫌いになろうとすることは 努力しても無理だということ。 誰にも自分の「価値観」があって その「価値観」は隠すことも 偽ることもできないということです。 2番Bメロ 恋も愛も憧れも夢も信念も 呼び方が違うだけ かかった人にだけ価値が生まれる魔法 の話 2番ではAメロに続きBメロでも 「価値観」について歌われています。 実は『あかるいよるに』が 収録されているアルバム「MAGIC」は 当初 「価値」というタイトルにしようと していたとインタビューで話しています。 「価値が生まれる魔法の話」 アルバムのタイトルにしようとしていた 「価値」と実際にタイトルとなった 「魔法(=MAGIC)」が一緒になっています。 つまり『あかるいよるに』の 2番Bメロ部分は アルバム『MAGIC』のキーと考えても 過言ではないでしょう。 手品とかで良く言われるやつ? 3番Bメロ これからも毎日ずっと一緒にいるんだし どうせなら楽しい方がいい そこは同じね 2番では「価値観」について 歌われていましたが3番で再び 心(本音)と向き合っています。 主人公も主人公の心(本音)も 楽しい方がいいというのは同じだから まあ楽しく生きていこうということです。 ラストサビ なにも恥ずかしい事じゃないのに 羨む必要なんてないのに ああリズムも匂いも 誰と似ていたっていいんだよ だからもうどこにも行かないでね 私も離さないようにするから ああ芝生の緑に 寝転ぶようにそっと育てられたなら 言う事は聞かないまでも 少しくらい仲良くなれたら ラストサビの前半部は と同様な内容を角度を変えて 言っています。 1番サビではやりたいことが 人と違ってもいいという内容でしたが ラストサビでは やりたいことが 既に誰かがやっていることでもいい という内容になっています。 どうして『あかるいよるに』 というタイトルなんだろ〜 「あかるいよる」という状況をイメージしてみよう 実は「夜」に関連する言葉も ほとんど使われていないんです。 月に掛かっていた雲が避けて 月の光がアスファルトを照らす 情景が浮かびますね。 この情景こそ「あかるいよる」と 解釈できます。 月が明るい夜って 人によっては夜なのに明るいと感じるし 月が明るくても夜だから暗いは暗いと 感じる人もいますよね。 つまり『あかるいよる』は 価値観によって印象が異なるものです。 曲をとおして主人公が価値観の違う 主人公の心(本音)と向き合っています。 『あかるいよるに』というタイトルには 価値観によって感じ方が異なるものの象徴 という意味が込められていると解釈しました。 うぇあミュ〜的まとめ 曲をとおして、 主人公は価値観の異なる 自分自身の心(本音)に寄り添おうと しています。 うぇあミュ〜的に 『あかるいよるに』という楽曲から 本音が持つ価値観との距離感を 上手く取っていくことが大事という メッセージを受け取りました。 『最深部』の歌詞の考察も してるから是非見てみてね〜• しかし 別の候補曲として『あかるいよるに』が あって結構ギリギリまで揉めたらしいです。 『あかるいよるに』と 『オールドファッション』は 同時期に作られていて 最終的に『オールドファッション』の方が キラキラした感じがドラマに合っている という話になったとのこと。 ボーカル清水依与吏さん的に 『オールドファッション』は良い曲ができた という感覚があって 『あかるいよるに』はやりたい曲ができた という感覚があったそうです。 『あかるいよるに』を推すのは 自分の意地になってしまうというのもあり 結局『オールドファッション』に 落ち着いたとのこと。 確かに『オールドファッション』の方が 王道のラブソングでドラマに合っている 気がしますね。

次の

「backnumber/あかるいよるに」歌詞自分と向き合うMAGIC

あかるい よる に 歌詞

主人公は人と異なる個性を 出したっていいと言っています。 1番では控えめな主人公と 主張の強い主人公の心(本音)が 描かれていました。 しかし実は 主人公自身も 個性を出したいと思っているのです。 「色味や形も人と違っていい」 というフレーズからも Aメロでは全く違った 主人公と主人公の心(本音)の 価値観がサビでは近くなっている ことが分かりますね。 人と違ったらいけないなんて もう決めつけないから心(本音) の価値観はなくならないでほしい• 心(本音)の価値観も大事にする という決意が込められているように 見えますね。 ここでの育てるという行為は 自分自身の心を満たすこと と解釈できます。 主人公は主人公の心(本音)を そっと満たしていきたいと言っています。 もし主人公の心(本音)だったら 「そっと」なんて控えめには 言わないですよね。 サビの中にもAメロで描写されていた 控えめな主人公の価値観は しっかりと存在しています。 決して自分の好きなことを やりたいようにやっていくぞ! という感じにはしていないんです。 2番Aメロ 好きになろう 嫌いになれたなら 努力してもダメね結局は 嫌いなものを好きになろうとすること 好きなものを嫌いになろうとすることは 努力しても無理だということ。 誰にも自分の「価値観」があって その「価値観」は隠すことも 偽ることもできないということです。 2番Bメロ 恋も愛も憧れも夢も信念も 呼び方が違うだけ かかった人にだけ価値が生まれる魔法 の話 2番ではAメロに続きBメロでも 「価値観」について歌われています。 実は『あかるいよるに』が 収録されているアルバム「MAGIC」は 当初 「価値」というタイトルにしようと していたとインタビューで話しています。 「価値が生まれる魔法の話」 アルバムのタイトルにしようとしていた 「価値」と実際にタイトルとなった 「魔法(=MAGIC)」が一緒になっています。 つまり『あかるいよるに』の 2番Bメロ部分は アルバム『MAGIC』のキーと考えても 過言ではないでしょう。 手品とかで良く言われるやつ? 3番Bメロ これからも毎日ずっと一緒にいるんだし どうせなら楽しい方がいい そこは同じね 2番では「価値観」について 歌われていましたが3番で再び 心(本音)と向き合っています。 主人公も主人公の心(本音)も 楽しい方がいいというのは同じだから まあ楽しく生きていこうということです。 ラストサビ なにも恥ずかしい事じゃないのに 羨む必要なんてないのに ああリズムも匂いも 誰と似ていたっていいんだよ だからもうどこにも行かないでね 私も離さないようにするから ああ芝生の緑に 寝転ぶようにそっと育てられたなら 言う事は聞かないまでも 少しくらい仲良くなれたら ラストサビの前半部は と同様な内容を角度を変えて 言っています。 1番サビではやりたいことが 人と違ってもいいという内容でしたが ラストサビでは やりたいことが 既に誰かがやっていることでもいい という内容になっています。 どうして『あかるいよるに』 というタイトルなんだろ〜 「あかるいよる」という状況をイメージしてみよう 実は「夜」に関連する言葉も ほとんど使われていないんです。 月に掛かっていた雲が避けて 月の光がアスファルトを照らす 情景が浮かびますね。 この情景こそ「あかるいよる」と 解釈できます。 月が明るい夜って 人によっては夜なのに明るいと感じるし 月が明るくても夜だから暗いは暗いと 感じる人もいますよね。 つまり『あかるいよる』は 価値観によって印象が異なるものです。 曲をとおして主人公が価値観の違う 主人公の心(本音)と向き合っています。 『あかるいよるに』というタイトルには 価値観によって感じ方が異なるものの象徴 という意味が込められていると解釈しました。 うぇあミュ〜的まとめ 曲をとおして、 主人公は価値観の異なる 自分自身の心(本音)に寄り添おうと しています。 うぇあミュ〜的に 『あかるいよるに』という楽曲から 本音が持つ価値観との距離感を 上手く取っていくことが大事という メッセージを受け取りました。 『最深部』の歌詞の考察も してるから是非見てみてね〜• しかし 別の候補曲として『あかるいよるに』が あって結構ギリギリまで揉めたらしいです。 『あかるいよるに』と 『オールドファッション』は 同時期に作られていて 最終的に『オールドファッション』の方が キラキラした感じがドラマに合っている という話になったとのこと。 ボーカル清水依与吏さん的に 『オールドファッション』は良い曲ができた という感覚があって 『あかるいよるに』はやりたい曲ができた という感覚があったそうです。 『あかるいよるに』を推すのは 自分の意地になってしまうというのもあり 結局『オールドファッション』に 落ち着いたとのこと。 確かに『オールドファッション』の方が 王道のラブソングでドラマに合っている 気がしますね。

次の

「backnumber/あかるいよるに」歌詞自分と向き合うMAGIC

あかるい よる に 歌詞

この歌詞のここが好き もうとにかく、 依与吏 さんの書く歌詞言い回し、ワードセンスも大好きなんだけど 今回の曲で特に好きな歌詞を紹介していきます。 すごくいつもよきタイミングで入ってくるよね。 共に1番と2番のサビに出てくる言葉だけど、二つは対比されていますよね。 逆のこと言っています。 つまりどっちでも良いんだよね。 ってことですかね。 自分の気持ちが良ければいいんだ 大事なのは自分らしく他人と比べず心地よくいられることなんじゃないかななんて解釈しています。 今回のツアー初日の「あかるいよるに」の前のMCでもいよりさんがMCで自問自答しながらそんなことを伝えてくれていました。 こんな人に聴いて欲しい• 人間関係に悩む人• 自分ってなんだろうって考えてる人• ありのままの自分ってなんだろううて思ってる人• POPな曲が好きなひと• backnumber好きなひと• ビールが好きな人 この曲から学べて日常に活かしたい事 僕は介護の仕事や接客業を長くやっていたこともあって人間関係を上手くいかせるコツみたいなことにすごくきょうみがあってコミュニケーション術みたいなのを学んだ時に 一番最初に教わったのがやっぱり、まずは自分と仲良くなることだったんですよね だから他人とうまく付き合えなくてとかで悩んでる人は まずこの曲聴いて自分との付きあい方を知るってことをしてみるといいと思います。 一見難しいようなことも実はとってもシンプルで ありのままの自分を受け入れて許せるようになったとき 人生が楽になる魔法のようなものなんだってことを知ることが出来ると思います。 まとめ いかがだったでしょうか?? backnumberの「あかるいよるに」 この曲がこのアルバムの中でとてもキーになってる曲であることは分かりますよね 僕自身いつも自分のこと、自分との付きあい方が分からなくなります。 そんな時はもう一度この曲を聴いて自分との距離を縮めていきたいですね。 あかるいよるに。

次の