確定拠出年金 退職金 違い。 【図解】企業年金制度とは? 制度の種類、iDeCo、確定申告、退職金と何が違う?

確定拠出年金(401k)とは何か?概要やメリット・デメリットをわかりやすく解説

確定拠出年金 退職金 違い

確定拠出年金と中退共 中退共という制度を知っていますか?退職金制度のひとつで、昭和34年に誕生しました。 似た制度に確定拠出年金というものがあり近年はこちらが注目されていますが、中小企業にとっては中退共のほうが馴染みがあるのではないでしょうか。 中退共 中退共の目的は、従業員の福祉増進や企業の振興、そして発展に寄付すること。 この根底には、企業側の相互共済、そして国の援助退職金制度が確立することにあります。 しくみは、• 事業主が中退共と退職金共済契約を結ぶ• 事業主は掛け金を支払う• 従業員が退職すると退職金が支払われる。 一番のメリットは、 安全であり確実、有利であることでしょう。 しかも管理が簡単ですから利用しやすい点もメリットになります。 掛け金は毎月口座振替になりますが、加入後は面倒な手続きがいりません。 事務処理も不要なので、管理が簡単といわれています。 また 掛け金の額は16種類から選択可能。 そのうえいつでも変更できるため、状況に合った掛け金の支払いができるというわけです。 ちなみに、 掛け金の最低月額は5,000円。 最高30,000円になります。 パートやアルバイトでも2,000円〜4,000円で加入できるので助かります。 確定拠出年金 以上が中退共になります。 では、 確定拠出年金はどうでしょうか?2014年からスタートしたこの制度は、加入することで老後の資産に役立てることができるようになります。 個人型と企業型に分類されますが、個人型であれば老後の自分年金が充実しますし、所得税を支払っている方であれば住民税と合わせた税金の負担が軽減されます。 企業型であれば、万が一会社が倒産しても従業員の年金資産を保護してもらえます。 企業型の場合、会社より従業員の掛け金を増やすことができますから、会社側の負担を減らしてはじめることができます。 また 退職金や福利厚生などに充てることができるため、従業員が安心・満足に働けるというメリットもあります。 メリット・デメリット では、 確定拠出年金と中退共ではどちらが良いのでしょうか?こればかりはそれぞれの運用次第になりますから、やはりきちんとメリットとデメリットを理解する必要があります。 たとえば、2つに共通しているのは払ったときの 経費化や福利厚生の充実などです。 これらはどちらも共通しています。 しかし、退職してからすぐに退職金として受け取れる中退共に対し、 確定拠出年金は60歳を過ぎるまで給付を受けることができません。 ですから、どちらが良いとは一概に決めることはできないでしょう。 2017年現在•

次の

【FP解説】退職金と確定拠出年金は何が違う?私はもらえるの?わかりやすく説明します

確定拠出年金 退職金 違い

確定拠出年金と退職金の違いは? 確定拠出年金も退職金も老後の生活のために使える蓄えや制度である点は共通しています。 会社を退職するときにまとまったお金を受け取ることができます。 これを退職金と呼び、老後の生活のために活用することが多いでしょう。 一方、 確定拠出年金は会社や個人で積み立てをし、60歳以降に一時金または年金の形でまとまったお金がもらえる制度です。 確定拠出年金という言葉を、聞いたことある人とない人がいるかもしれません。 今までは、退職金をもらうのが当たり前だったため、この言葉を気にしたことがないという人もいて当然です。 日本の企業においては、何十年もの間退職金制度が用いられてきました。 しかし、景気が悪くなり、従来の退職金制度だけでは老後の生活が保障できない場合が出てきました。 そのため、会社でまとまったお金を退職金として社員に渡すのではなく、働いている人たち自身が、自らの責任で資産形成を行うことを進めたのが確定拠出年金です。 確定拠出年金と退職金の具体的な違い デメリット 確定拠出年金は、預けている間、常に運用しています。 もし一時金で60歳の退職と同時にすべて受け取った場合、その金額から増えることはありません。 もし、一部でも残していた場合、そのまま運用続けるため、多少の運用益が出るかもしれません。 確定した金額から増えないという点は一時金で受け取ったときのデメリットでしょう。 しかし、退職金が少ない人は、税制メリットを活用した一時金受取の方が良いかもしれません。 確定拠出年金を年金受取にする 確定拠出年金を年金として受け取ることができます。 65歳以上であれば、公的年金等の収入が120万円以下であった場合、課税されません。 年金として受け取る場合には、区分は雑所得となります。 そのため、給与所得や事業所得などの他の所得と合計して、総所得金額を求めてから税額の計算をします。 その際に、公的年金や他の所得の金額によって納める税も変わってきます。 デメリット 確定拠出年金を運用しながら受け取ると、毎年、受け取るたびに税金がかかってしまうことです。 運用して、増えた場合は問題ありませんが、減った場合は受取金額も減る上、税金がかかるため、実際の受け取りはもう少し減ってしまいます。 運用リスクに応じて税率が変わるわけではありませんので、損をする年も出てくることもあるでしょう。 確定拠出年金への加入と退職金前払いはどちらが良い選択? 会社によって、確定拠出年金への加入が絶対であるところとそうでないところがあります。 しかし、 基本的には加入したほうがお得になる場合が多いでしょう。 入らない場合、定年退職時にまとまったお金が全く受け取れません。 老後の生活保障が何もないので少し不安でしょう。 もし、 退職金を前払いでもらった場合は、所得税や住民税、社会保険料等がひかれます。 そうすると、手元に残るのは7割くらいといわれています。 各々が置かれている状況にもよりますが、基本的には、確定拠出年金に加入した方が後々もらえる金額は増えるでしょう。 確定拠出年金のまとめ• 退職金は、会社を退職するときにまとまったお金を受け取ることができる制度のことである• 確定拠出年金は、会社や個人で積み立てをし、60歳以降に一時金または年金の形でまとまったお金がもらえる制度のことである。 退職金は会社主導であるのに対し、確定拠出年金は自分の責任で行う資産運用である• 確定拠出年金の受け取り方には3種類あり、それぞれにかかる税金や受取時期、期間、受取額が異なる.

次の

確定拠出年金と退職金の違いとは?

確定拠出年金 退職金 違い

確定拠出年金と退職金の導入企業の割合 退職金の導入企業は年々下降の一途を辿っており、厚生労働省の「」を参照すると退職金が支給される企業は75. 5%となっております。 この退職金を支給している企業の内、 確定拠出年金(企業型)を採用している企業の割合は35. 9%となっております。 この比率は年々高まっており、加入者数の推移を厚生労働省の「」を参照すると 平成13年では8. 8万人の加入者だったものが平成25年では462. 4万人と加入者数が増加していることが分かります。 確定拠出年金と退職金の違い それでは確定拠出年金と退職金にはどのような違いがあるのか確認してみましょう。 端的に説明すると 退職金は会社が運用し従業員に分配する仕組みになり、確定拠出年金は個人の運用次第。 となりますので、一見、不安も大きいと思いますが、退職時した際も転職先で運用することができるなどメリットもあります。 項目 退職金 確定拠出年金(企業型) 掛金• 会社が掛金を負担する• 会社のみ、個人のみ、共同での負担の3つの種類がある 勤務先企業の倒産時の扱い• 社内積立(内部留保)の場合は保全されない可能性あり• 社外積立になるため倒産時も保全される 積立金の運用主体• 基本的には会社が運用方針を決定する• 運用方針、商品共に個人が決定する 転職時の対応• 勤続年数に応じて支給されるが、転職の場合は金額が少なくなる可能性がある• 転職先にもそのまま持ち運びができる 将来の受給額• 社内規定に準じ配分される• 拠出額と運用実績に応じて受給可能 税制優遇• 退職所得控除の対象(受給時)• 掛け金は全額所得控除• 利息・配当・運用益は非課税• 受給時は一時金であれば退職所得控除、年金であれば公的年金等控除の対象 確定拠出年金の掛金は全額所得控除の対象 確定拠出年金(企業型)はもともと企業が掛け金を負担する制度でしたが、2012年1月の法改正で加入者も一定の範囲で掛け金を拠出することが可能になりました。 (これをマッチング拠出と呼びます。 ) そしてこの 掛け金は全額所得控除になるのです。 会社の掛け金が2万7500円未満の場合は本人掛け金はその金額の半額まで となり、会社掛け金が2万円7500円以上の場合は本人掛け金が5万5000円と会社掛け金の差分となります。 確定拠出年金の利息・配当・運用益も非課税 確定拠出年金で得られる利息・配当・運用益についても非課税扱いとなります。 そのため、通常の資産運用では税金として徴収されてしまう金額も再投資に回すことができますので複利運用が可能になります。 複利運用とは? 複利運用とは、運用で得られる利子を元本に組み入れ再度運用していく手法になります。 運用期間が長く1年複利より半年複利など複利期間が短いほど元本に組み入れられる収益が増えるため収益率が高まるのです。 受給時は退職所得控除または公的年金等控除の対象 退職金の受け取りは退職所得控除の対象になります が、確定拠出年金は一時金の場合「退職所得控除」、年金であれば「公的年金等控除」が対象になります。 以下の表で受け取り時のフローを解説しておりますのでご確認ください。 確定拠出年金と退職金のメリット・デメリット 双方の違いを理解したところでメリットとデメリットも比較してみましょう。 項目 退職金 確定拠出年金 メリット• 自分で運用する必要がないので手間がかからない• 長く勤めれば一定の金額が支給される• 会社の業績に関係しないので自分の資産を守ることができる• 運用益など随時確認ができる• 運用ノウハウがあれば一定のリターンが期待できる デメリット• 会社の業績や運用次第では退職金が減額される• 会社を転職すると減額支給され転職先では勤続年数がリセットされる• 元本割れのリスクがある• 60歳まで引き出しができない• 転職の際の移行手続きが面倒 どちらが良い悪いを一概にお伝えすることは難しいのですが、 退職金の場合は「手間がかからない」というのが最大の特徴になり、確定拠出年金は「自分次第」と言えるでしょう。 自分自身でしっかりと運用できる方であれば確定拠出年金の方がメリットを感じる方も多いと思いますが、そこまで運用など行いたくはないという方であれば退職金の方がおすすめです。 確定拠出年金の運用ポイント とは言え、確定拠出年金の制度を導入している企業であれば否応でも運用は必要になるでしょう。 そこで確定拠出年金の運用ポイントについてお伝えしたいと思います。 ポイント1. 元本確保商品と投資信託の割合を決める まずは、資産配分について決めましょう。 一般的には元本確保商品6割、投資信託4割程度で配分する方が多いようですが、これは年齢によっても変わると思います。 50代で定年が迫っている方であれば冒険するのではなく元本確保商品で確実に資産を増やす方が懸命かもしれません。 一方で、 まだ若い方であれば投資の勉強も兼ねて投資信託の割合を高くするの1つです。 投資とは、リスクとリターンで成り立っておりますので、当然ながら元本確保商品よりも投資信託の方がリスクが大きい分リターンも期待できるという訳です。 ポイント2. 投資信託内の配分を決める 投資信託で一定額の運用をすること決めた方は次にどのような配分にするか決める必要があります。 ここでは、 投資の大原則である「分散投資」の考えのもと1つに集中投資するのではなく資産を分散して投資を行うようにしましょう。 配分の種類は一般的に「国内株式・国内債券・海外株式・海外債券」の4種類でしょう。 このあたりをバランスよく資産配分しましょう。 ポイント3. 適当に資産配分は元本割れのリスクしかない 確定拠出年金(企業型)を採用している企業に入社した以上はしっかりと運用するも適当に運用するも個人の自由ではありますが、 計画性のない資産運用は元本割れのリスクを引き上げるだけです。 従って、適当に投資するのではなく社会情勢を読みながらしっかりと考えて運用したいところです。 その際、 大切なことは運用方針を決めることです。 年間で3%の利回りを確保したい。 なるべく低リスクで長い目で資産運用したい。 など個人の考えに沿って方針を決めることで、選択する商品や学ぶべき内容が異なりますのでまずは方針を策定しましょう。 まとめ 退職金と確定拠出年金の違いや税金と控除に関して解説を行いました。 どちらが良い制度であるかは本人次第でもありますが、これからの時代は 会社で働くだけでは十分な資産を形成することは難しい可能性が高いでしょう。 そのため、企業型確定拠出年金などは良い機会だと思い資産運用の一歩を踏み出してみましょう。

次の