いただけますと幸いです。 「ご連絡いただければ幸いです」の意味と使い方・例文・返信方法

「いただければ幸いです」の意味は?ご連絡いただければ幸いですの使い方と英語も

いただけますと幸いです

I would appreciate if you could V. 〜していただければ幸いです。 V(動詞)にしてもらいたいことを入れて文章をつくってみてね。 〜コピペ専用 よく使う例文10選〜 I would appreciate it if you could reply as soon as possible. I would appreciate it if you could inform when you find it. 分かり次第教えていただければ幸いです。 I would appreciate it if you could send us more detailed information about it. 詳細情報が分かり次第お送りいただければ幸いです。 I would appreciate it if you could investigate with this matter. この件に関してご検討いただければ幸いです。 I would appreciate it if you could answer my questions. 質問にお答えいただければ幸いです。 I would appreciate it if you could call me when you have a time. お時間がある時にお電話をいただければ幸いです。 I would appreciate it if you could spare time for meeting. お打合せのお時間をいただければ幸いです。 I would appreciate if you could give me feedback on meeting. ミーティングのフィードバックをいただければ幸いです。 I would appreciate it if you give me instructions. ご指示を頂ければ幸いです。 I would appreciate it if you could inform us whether you will attend or not. 出欠席に関わらず、ご返信をいただければ幸いです。 できるだけ早く.

次の

回答いただければ幸いですなどの言葉を使うのは正しいですか?

いただけますと幸いです

幸いと幸甚の違い 幸いと幸甚の違いを分かりやすく言うと、 「幸い」は、相手に対してありがたく思う気持ちを丁寧に表現したものであり、「幸甚」は、幸いをさらに丁寧に改まった言い方で表現したものであるという違いです。 「幸い」という言葉には、様々な意味があります。 その人にとっての幸せを意味したり、運の良い様子を意味したりする場合もあります。 しかし、「幸甚」という言葉と比較する際には「~してもらえたらありがたいです」という意味の言葉になります。 幸いという表現を使用するのは、主に手紙やメールなどの文面上でのことになります。 会話の中で、口語体として使用されることはあまりありません。 例えば、手紙などで「~していただけますと幸いです」などのように使用されるものです。 これは、強要の意味を持たない、柔らかなお願いの表現です。 「もしできたら、~してもらえたら、とても助かります」というような意味になり、相手の忙しさなどを配慮しながら依頼をするような表現になります。 この「幸いです」という表現を、さらに丁寧に改まった形にした表現が「幸甚です」というものです。 例えば「幸甚に存じます」や「幸甚の極みです」などのように使用されます。 これは「この上なく幸せです」「最上級の幸せです」という意味の言葉です。 「幸いです」という表現も「幸甚です」という表現も、どちらもプラスの意味を持つものですし、目上の人にも使える表現です。 しかし、柔らかな依頼の表現なので、緊急性を要するような物事を伝える際には使用しないようにしましょう。 また、幸甚というのは、非常に改まった表現でもあります。 親しい間柄で使用するのには重すぎる表現になりますので、注意が必要です。 社外のお客様や目上の人などを対象にして使用するようにします。 使用する際には、「幸甚です」という言葉を連発しないようにも注意しましょう。 何度も繰り返して使うことで意味が薄れてしまい、かえって気を悪くしてしまう人もいます。 一度のメールや手紙に対して、一回使えば十分である表現です。 幸いの意味 幸いとは、 相手に対して何かを頼み、それを叶えて貰えたら幸せだという気持ちを伝える言葉を意味しています。 主に手紙やメールなどの文面で使われる表現であり、目上の人や立場が上の人に対しても使用できる表現です。 またその他にも、相手に対して、もし自分の行いが喜んでもらえたら嬉しいですという気持ちを伝える際にも利用される表現です。 この場合にも、使用されるのは主に手紙やメールなどの文面です。 幸いという言葉は、「幸い」という単語として使用する場合には、他にも様々な意味を持つものですが、ここで言うところの幸いというのは、書面などで「~していただけましたら幸いです」と使う際の表現です。 この「~していただけましたら幸いです」や「~いただけると幸いです」という表現は、もっと簡単に表現すると「~してもらえたら、とても嬉しいです」「~してもらえると、とても助かります」というような意味になります。 この表現を使う際には、相手に対して遠慮のある状態を意味しています。 相手側に何かを頼んでいる状態ではありますが、「幸いです」を使う場合には、「絶対に~してもらいたい」と強要するような気持ちを含まない依頼となります。 もし万が一、出来そうだったらやってもらえたら嬉しいです、助かります、というような消極的なお願いの場合や、相手の立場が自分よりも上であり、強くお願い出来ない場合などに「~していただけたら幸いです」というような表現を使います。 その他にも、自分の行為などが相手の役に立っていたら嬉しいというような気持ちを表すために「お気に召していただけましたら幸いです」というような表現で使用されることもあります。 どういった表現で使用するにしても「~幸いです」というのは、相手のことを思い遣る気持ちを示すための表現だと言うことが出来ます。 立場が上の人はもちろん、自分と同等の立場の人に対しても使用できる言葉であると覚えておくようにしましょう。 しかし、これらの表現は、強要しない範囲での依頼、お願いごとになります。 絶体にして欲しいことがある場合や、必ずして欲しいことがある場合には、この表現は使わないように注意しましょう。 幸いの「幸」という字を使った言葉としては、運がよいことや巡り合わせがよい様子を意味する「幸運」、非常に幸せなことや、その様子を意味する「多幸」、不平や不満がなくて楽しいことを意味する「幸福」などがあります。 幸甚の意味 幸甚とは、 「~していただけたら幸いです」という意味の言葉をもっと丁寧にした表現のことを意味しています。 幸いと同じように、主に手紙やメールなどの文面で使用される表現であり、この上なく幸せであることを意味しています。 幸甚という表現は、「この上なく幸せである」「非常にありがたく思う」というような意味を示す言葉です。 実際に使われる際には「幸甚の至りに存じます」「幸甚の極みです」というように使用されます。 「幸いです」という表現よりも、より改まった表現であり、目上の人や立場が上の人に対して使用する言葉です。 丁寧ではありますが、固いイメージのある言葉なので、ビジネスシーンなどでは、社内や同僚などに使用するのは控える方が良いでしょう。 社外のお客様や目上の人、明らかに立場が上である人に対して使用される表現であると覚えておくようにします。 また、連発して使用してしまうと、相手に軽率なイメージを与えることもあります。 連続して使用することは避ける方が良いでしょう。 幸甚の「甚」という字は、はなはだしい、度を超えているとい意味を持つ言葉です。 つまり、幸甚というのは漢字の意味だけで考えると、「幸せがはなはだしい」「幸せが度を超えている」というような意味になります。 喜びの最上級を相手に伝えるための言葉であると覚えておくと使いどころも分かりやすくなります。 親しい間柄で使用するのには、かえってよそよそしい印象を与えますが、改まった場では上手に使うようにしましょう。 幸甚の「甚」という字を使った言葉としては、程度のきわめて大きい様子を意味する「甚大」、非常に激しく、はなはだしいことを意味する「激甚」、意味や気持ちなどが非常に深いことを意味する「深甚」などがあります。 幸いの例文 5.お時間のあります際に、資料をご確認いただけますと幸いです。 この言葉がよく使われる場面としては、何かの物事を実行してもらえると幸せです、と人に頼む気持ちを表現したい時などが挙げられます。 「幸いです」という表現は砕けた言い方をすると「助かります」「ありがたいです」と同じような意味になります。 幸いです、という言葉は、誰かに何かを頼む意味の他にも、喜んでもらえたら嬉しいです、という気持ちを表現する際にも利用される言葉です。 どちらにしても、プラスの意味で使用される言葉であり、目上の人や立場が上の人にも使用できるものです。 ただし、これらの表現は、絶体に何かをして欲しい時や、必ずどうにかして欲しい時などには使用しないようにしましょう。 強要するような意味を含まないので、緊急性に欠ける表現になってしまいます。 幸甚の例文 5.今後も末永くお付き合いをいただけましたら、幸甚の極みに存じます。 この言葉がよく使われる場面としては、非常にありがたく、幸せに思うことを最上級の表現で相手に伝えたい時などが挙げられます。 「幸甚です」という表現は「幸いです」という言葉をさらに丁寧に表現した言い方でもあります。 「幸甚です」と「幸いです」という表現は、意味合いとしては同じものですが、より丁寧で改まった言い方が「幸甚です」という言葉です。 社外のお客様や目上の人、立場が明らかに上の人に対して使用する表現です。 親しい間柄で使用するには、少し改まり過ぎている表現でもあるので、使用する際には相手を選ぶようにしましょう。 プラスの意味を持つ言葉ですが、強要するような表現ではないため、絶体にしてもらいたい事がある際には使用しない方が良いでしょう。

次の

回答いただければ幸いですなどの言葉を使うのは正しいですか?

いただけますと幸いです

・・・幸いです は本来「幸せになっていただけたら嬉しい」という意味です。 つまり相手に何かをしてもらって「私が幸せになって嬉しい」ということになるので ビジネスで相手(基本的にお客様)に使う言葉ではありません。 ・・・していただければ助かります。 という言葉もありますがこれもお客様相手に使う言葉としてはあまり適切ではありません。 お忙しいところ申し訳ございませんが・・・をお願い申しあげます。 お忙しいところ申し訳ございませんが・・・までご連絡お願い申しあげます。 になるかと思います。 (まだちょっと言葉が足りないように思いますが) 同僚相手ならば「助かります」程度でいいように思います。 ユーザーID: 4700524631• ・・・いただきたくお願い申し上げます。 同じことを考えてる方がいてうれしいです。 【幸い】って、なにが?とか、あなたの幸いに私が貢献しないといけないの?とか、つい余計なことを考えてしまうんですよ。 ようするに、【してくださいね】ってことなんですものね。 だからわたくし考えました!内容はそもそも【依頼】なのですから、丁寧にお願いします、と書けばよいのだと。 ビジネス文章、マナーと考えてしまうから難しく感じるので、お手数をおかけすることが大変心苦しいのですが、お願いします、助かります、ってことで全体の内容でわかっていただけるように。 私個人の意見ですが【幸いです】って口先だけの感じがするんですよねー、、、これつけときゃいっか、みたいな。 あんまり考えてない感じ。 ユーザーID: 9931148450• 控えめな 言いかたでは ないでしょうか?? ビジネス用語であったとしても 「幸い」という単語、ものものしい(気持ちが感じられない)感じがするし 勝手に相手に期待する表現がおかしいですよね。 「たいへん恐縮ですが・・・していただけますでしょうか」 そこまでへりくだらないとしても 「・・・いただけますようお願いいたします。 」を使うかな。 「ご連絡いただけると幸いです」??? こういう依頼がきても、私なら連絡したくない・・・ 別にあなたを幸いにするために連絡なんかしたくねーよって! 私ならご連絡いただけますでしょうか、って言ってほしいな。 もっといいのは「またこちらからご連絡いたします」だけどね! ユーザーID: 2356089619• 違和感を感じる? 他の言い回しだと、ありがたいですとか、、、うれしいです? 私は、お願いするときは、連絡ください。 とか〜して下さい。 又は、再度こちらから連絡します。 とハッキリした文章を使います。 幸いですは、相手に期待するけど、やってくれなくても仕方ないと言う言い回しですよね。 なので仕事上で使う時は、期待半分です。 なので、軽々しく使う事に違和感のある貴方に違和感があります。 私なら、幸いですとあったら、やらなくても良いのかなとか、空いた時間に連絡すれば良いか、もしくは、また連絡をくれるだろうと軽い扱いになります。 私の考え方が間違えで、正しい使い方は、軽々しく扱ったらダメなのかな? 辞書か何かで調べて報告していただけたら幸いです。 ユーザーID: 4924285575• 日本語としては間違っていません。 誰に対して使うか?で、たまに違和感を覚えることはあります。 社内への発信なのか、取引先なのか。 社内でも同じ部署から別部署、支社・支店なのか。 それから取引先と一言で言っても大口の顧客からベンダーまで様々ですしね。 このあたりの使い分けはネット検索すると、かなりの数がヒットするようです。 曖昧になると何かあった場合にお互い嫌な思いをするので。 強制でもないし期限もない、緩いお願いというニュアンスで書きたいので。 いろいろな考え方はあると思いますが、誰に何をどのように伝えたいか?で使い分ければよいのではないでしょうか。 ユーザーID: 5441491931• そういう用法の「幸いです」は、本来の形は 「幸甚に存じます」 だと思いますが。 「ご高覧頂ければ幸甚に存じます」 等々。 この言い回し自体がおかしいということですか? それともこのように固い言い回しに戻すべきだということですか? 「幸甚に存じます」では固すぎるという意識が働いて、 「幸いに存じます」 という表現が発生したと思うのですが。 「ご笑納いただければ幸いに存じます」 等々。 これもダメですか? それとも、「存じます」がつけば大丈夫ですか? それとも、使用場面が問題であって、 返事を要求するときに使うのはおかしい、 「ご笑納いただければ幸いです」 なら大丈夫だ、ということでしょうか。 もうとにかく何もかもひっくるめて「幸」はダメだということでしょうか? ユーザーID: 5178154383• 日常ではないですよね 親しい人には使わないし 社内連絡にも使わない ビジネス関係で社外の人に対して、返事無くても良い場合限定ですよね ご連絡いただけると幸いですより ご連絡いただければ幸いですの方がしっくり? ご連絡いただけましたら幸いです、やり過ぎかな? どれにしましても 連絡をもらえるとうれしいのですが、私の為などと わざわざ気に掛けて連絡してくれなくても結構です 貴方様のご都合だけを考慮して 連絡されるかどうかお決め下さい うーん、上手く敬語に出来なかったけれど 上記の意味を一行で表すのですから これ以上良い言い回しってあるのかな? 他の方の回答を私も楽しみにします 連絡ほしいときは ご連絡下さい、かな ご連絡くださるようお願い申し上げます、もあり ユーザーID: 2251517246• 私は特に違和感を感じませんが.

次の