宮迫 ギャラ 飲み 写真。 宮迫博之がフライデーなど提訴に向け法的措置検討。金塊強奪犯とのギャラ飲み疑惑を完全否定、重要な目撃証言も相次ぐ

【宮迫博之】宮迫博之の契約解消で飛び火?NEWS手越祐也の消せない過去|日刊ゲンダイDIGITAL

宮迫 ギャラ 飲み 写真

宮迫 引退 重大発表 宮迫 引退のニュースは、次のように報道されています。 闇営業問題で謹慎中のお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)の進退について、重大な発表がされることがわかった。 早ければ7月18日中にも何らかの発表が行われる。 宮迫は、カラテカ・入江慎也(すでに所属事務所の吉本興業から解雇)やガリットチュウの福島善成らとともに詐欺グループが主催するパーティに、事務所を通していない「闇営業」で参加し、ギャラを受け取っていたことが報じられていた。 ギャラの額は100万円で、吉本興業は7月13日にホームページで「修正申告及び寄付の実行に関するご報告」として、ギャラを税務申告していなかったため修正申告したこと、「公益社団法人全国被害者支援ネットワーク」に寄付したことなどを発表。 また、同社は「現在の吉本興業においては、あらゆる反社会的勢力との関係は一切有しておらず、今後も一切の関わりをもたないことを固く誓約・宣言いたします」とする「決意表明」を発表していた。 闇営業問題をめぐっては、当初、宮迫をはじめタレント本人が「ギャラは受け取っていなかった」などと事実と異なる説明をしていたことが問題視されていた。 今回の重大発表では、宮迫本人が一連の問題について何らかの責任を取ることになると見られる。 大物芸人の進退は、同じ問題を抱える他の芸人たちの今後にも影響することは必至。 余波は広がりそうだ。 引用www. news-postseven. html.

次の

【衝撃事実!】宮迫の半グレとのギャラ飲みは嘘!?第三者からの有力証言も…|IDOBATA(イドバタ)

宮迫 ギャラ 飲み 写真

宮迫博之の右隣上が野口和樹被告。 全員で、宮迫の決めポーズをとっている。 野口被告と左端の男性は入れ墨を隠すためのサポーターを着用 7月23日、午前10時15分。 本誌記者は福岡拘置所の門をくぐった。 7億5800万円相当の金塊を強奪した容疑で逮捕・起訴され、1審判決で懲役9年の判決を受けた野口和樹被告 43・現在控訴中 に接見するためである。 面会受付窓口で手続きを済ませると、接見申請書が拘置所職員によって受理され、番号札を渡された。 拘置所内にある待合室で待機すること50分。 番号が呼ばれて、面会室に入るようにアナウンスがされた。 本当に野口被告は接見に応じるのか。 そして、本誌が報じた「宮迫博之 半グレ金塊強奪犯との『ギャラ飲み』現場写真」についてどんな発言をするのか。 拘置所職員付き添われて面会室に入ってきた野口被告は、本誌記者を値踏みするようなまなざしで様子をうかがったあと、開口一番、激しく詰め寄ってきた。 「自分のプライベートの写真が勝手に載せられたことは腹立たしい気持ちですよ」 本誌記者が野口被告に接見したのは、ほかでもない。 先週号で報じた「宮迫博之 『ギャラ飲み』現場写真」の真偽を確認するためである。 本誌は本件写真を入手するとともに、当日、店内の目撃者の証言を得て記事を掲載した。 ところが、7月20日の会見で宮迫博之は本誌の記事内容を全面否定、「トイレから出てきたところで無理やり撮影させられた」「ギャラは受け取っていない」と反論した。 ここまで証言が食い違うとなれば、一緒に写真に写っている野口被告に当日の様子を聞くしかあるまい。 「一緒に乾杯した」 以下、本誌記者と野口被告の一問一答である。 「無理やり自分たちの席に連れてきたとは思っていません。 「それについては話せません」 だが本誌があらためて目撃者に「現金授受」の様子を取材すると、こう証言する。 「彼(野口被告)らと宮迫さんは別の席でそれぞれの仲間たちと飲んでいました。 途中で席を立った宮迫さんのほうが彼らのグループに自分の知人がいることに気づいて、一緒に呑もうということになったんです。 宮迫さんと彼らはシャンパンで乾杯し、記念撮影をした後、しばらく談笑していましたよ。 しかも自分の席に帰る際、宮迫さんは同席者から現ナマで5万~10万円を渡されていました」 なぜ、野口被告は現金受け渡しの状況について「話したくない」と言うのか。 「野口は半グレ集団のリーダーで、指定暴力団との付き合いもある。 野口の背後には闇社会の複雑な人間関係があるのでしょう」(福岡県警関係者) 本誌は宮迫の会見を受けて、前号の記事を精査した。 その結果、写真が撮影された時刻について、正確な事実が判明した。 改めて証言や各種の記録を確認したところ、撮影時刻は7月27日の午前1時37分だった。 宮迫は本誌記事を否定する材料として、「会合の日時が違う」と主張していたが、こうした事実を踏まえて記憶を喚起してもらいたい。 宮迫が闇営業での100万円のギャラ受け取りをなかなか認めなかったため、多くの後輩芸人まで巻き込んで謹慎処分を受けたのは周知の通りである。 同じ過ちを繰り返すべきではないのだ。 福岡市内の住宅地にある福岡拘置所。 この場所に野口和樹被告は収容されている 『FRIDAY』2019年8月9日号より.

次の

宮迫引退も…重大決意 金塊強奪犯とギャラ飲み報道

宮迫 ギャラ 飲み 写真

宮:100万 亮:100万 入:10万 などと書かれています。 これが意味するところはつまり、渦中の闇営業騒動において• カラテカ入江慎也:ギャラ10万円• ロンドンブーツ1号2号の田村亮:ギャラ100万円• 雨上がり決死隊・宮迫博之:ギャラ100万円 というものです。 この情報が真実なのかどうかは定かではありませんが、仮に本当だとした場合、また別の問題が浮かび上がってきます。 宮迫博之とロンブー田村らはノーギャラだと主張 カラテカ入江さんの闇営業騒動を受けて、雨上がり決死隊・宮迫博之さん、ロンブー田村亮さんらは「ギャラは受け取っていない」と主張しています。 2014年12月27日に都内のホテルで開いた詐欺グループの忘年会に出席していた事実は認めたものの 「反社会的勢力とは知らなかった」 「ギャラはもらっていない」 と話しているのです。 なお、この闇営業の参加者は• カラテカ入江• 宮迫博之• レイザーラモンHG• ガリットチュウの福島善成• ロンドンブーツ1号2号の 田村亮• ザブングル らが確認されています。 しかし、カラテカ入江さん以外のメンバーは、「入江に頼まれて出席しただけ」ということで、吉本興業を解雇・芸能界引退とはならず厳重注意にとどまっています。 この件で契約解除になったのは、カラテカ入江さんのみ。 以上で事態は収拾するかのように思えましたが・・・ 真実ならばアメトーク降板や引退もありえる? ここにきて、宮迫博之さんらがノーギャラを主張したことに違和感の声があがっています。 「雨上がり決死隊」の 宮迫博之ら参加者が「ギャラは受け取っていない」と主張していることに、改めて疑問の声が上がっている。 今後、万が一ギャラを受け取っていることが明らかになった場合、番組降板などの仕事への影響は避けられず、「ノーギャラだったとは言わない方が良かったのでは」とまで言われているのだ。 アメトークをはじめとした番組の降板はまぬがれられないのかもしれません。 ただ芸能界引退については、いまのところ現実的にはありえない、可能性は薄いのではないかとみられています。 兵庫県神戸市出身で父親はサラリーマンの一家に育つ。 父親の転勤のため中学3年のときに上京すると大学では経済学部に入学するが、その頃日本は好景気だったこともあり、 大学は2年生のときに中退し、先輩が勤めていた大阪の不動産会社に勤める。 バブルがピークを迎える頃、東京の証券会社で働いていた先輩から誘われる形で、4人の仲間とともに投資会社を持つことになる。 バブルの波に乗って順調に稼ぐも、25歳くらいだったころの1989年に事業を失敗して会社は倒産・・・個人資産5億円を失い、逆に2億円ほどの負債ができる。 このとき仕事の関係で知り合ったのが債権者の1人でもあった山口組系組長。 彼を頼ったことでヤクザ人生が始まり、構成員18人ほどの山口組系団体の組長を務めることに。 2015年12月にヤクザ引退後は、評論家や執筆かとして活躍する。 つまり、猫組長は闇営業など界隈のことに詳しくてもおかしくない人物ということ。 そんなカリスマ的人物・猫組長 55才 は、今回のツイートをする前にも、 「出席者全員が受け取ってるの裏取れてる」 といった発言をされていたとのこと。 あくまでも、まだ証拠のある話ではないですが、裏は取れてるということで、ギャラを支払った証拠が出てきたら、また問題になるのは否めません。

次の